防災・減災

2018年2月 5日 (月)

6ブロックのつどい 2018

2月2日(金) 小金井宮地楽器ホールにて、6ブロックのつどいを開催しましたhappy01

雪が降る中、足をお運びいただいた皆様ありがとうございましたsign03

第一部の映画「0円キッチン」では、普段は捨てられる食材で美味しい料理をふるまう旅をする主人公とともに、食品ロスはどうすれば無くなるのか?を考えるきっかけになりました。
世界各国それぞれに問題は異なり、映画ではたくさんの国を旅しているような気分にもなれましたnotes

第二部では、様々なブースがオープンshine
ナリス化粧品の学習会をはじめ、くらしの助け合いプチトマトの会のブース、保健センターの職員さんによる健康チェックコーナーなど、どこから行こうか迷ってしまうような内容heart04

また、宅配職員コーナーでは、職員さんが考案した「さんちょクイズ(産直のクイズ)」がとても好評で、勉強になったとのお声が多数でした。
ガラポン抽選会でも、ハズレなしでお土産をたくさんいただき、みなさん大満足でしたcatface

そして、簡単手芸では色々な小物を作成し、出来上がると嬉しそうにお持ち帰りになる参加者さんに、準備を頑張ってよかった~と嬉しい気持ちにさせていただけたのでしたlovely

apple東京6ブロックapple

1_2

2

3

2018年1月24日 (水)

1/24 すくすくスクール出前講座

1月24日(水)、江戸川区の放課後教室であるすくすくスクールへ、出前講座に行ってきました。
インフルエンザの猛威によって学級閉鎖が相次ぐなか、お子さん33名と保護者1名が参加してくれました。
 
この日のテーマは「防災」ですdanger
 
最初にクイズ形式で非常時の対応を学び、次に「リュックサックに何入れる?」を6~7名の班に分かれて皆で相談してもらいました。
非常時に準備しておく防災リュックですが、もしもの時に何が必要か考え自分たちのオリジナルリュックを作ってもらいます。40枚のカードから10枚選んで並べていきます。
 
高学年のリードによってスムーズに進む班、女の子目線で考える班、DSにするかトランプにするかなかなか決まらない班と、様々な展開が面白いですhappy02
発表タイムでは、各班で選んだ物を理由を添えて発表してもらいました。

Img_4291

最後にブロック委員の私物である防災リュックの中身を見せましたが、真剣な眼差しで私語もせず見て聞いてくれたのが印象的shine

参加者の中で2名は自分の防災リュックを自宅に準備しているそうです。

それがもっと広がるように、自宅でもできるご家庭用「リュックサックに何に入れる?」をほぺたんのクリアファイルにセットしたものをプレゼントし、お別れです。
 

記録的寒波が続くなか、元気に参加していただきありがとうございました。

 

penguin東京1ブロック委員会penguin

2017年12月12日 (火)

鴻巣市職員出前講座防災セミナー

11月17日(金)、ミニコープ大間店2階コープルームにて、「鴻巣市職員出前講座防災セミナー」を開催いたしました。

この学習会は、みらいひろば鴻巣大間に参加している方々からの、「鴻巣市の市民向けに防災についての学習会をぜひ開催してほしい」という声から行うことにしました。
当日は、鴻巣市職員のお二人に来ていただき、過去の災害の経験を活かして将来に備えることの必要性と具体的な例や感震ブレーカーなどの活用の紹介、平成28年鴻巣市防災手帳とマップの配布がありました。

市内指定避難所(小学校19校)の役割や防災倉庫に実際入っている、防災食品(ビスケットやアルファ化米)の配布があり、実際に試食して交流しました。
コープからは、COOPクオリティのショートブレッドとコープデリ防災セットの中にある、
れもんDEちゅの試食をしました。

参加者の方々は、防災に対する意識がとても高く、沢山質問をされていました。
「地元の情報、避難所の優先順位がわかった。自助7割を改めて知り、自分で守る大切さを考えさせられました」などの感想が寄せられました。

Image_19

埼玉中部ブロック委員会

2017年12月 3日 (日)

立川市共催企画 防災料理講座

11/27(火)立川市女性センターアイムで、立川市との共催で防災料理講座を開催しました。notesこれは立川市が主催する4日間の「女性のための防災講座」の1コマをコープみらいで担当するという形での開催でした。防災意識の高い女性が集まり、皆さんとても熱心に取り組んでいました。shine
自宅での避難生活が長引いた時にも、食生活をできるだけ楽しみたいnote、ということで、「ごちそう」と「ぼうさい」を合わせた「ごちぼう」flairに取り組んでみました。

メニューは5つ。restaurant水戻しカップ麺 restaurantハイゼックス袋で作るプリン restaurantじゃがりこポテトサラダ restaurantアルファ化米で作る五平餅 restaurantクラッカー入り味噌汁です。
eye大きな箱でアルファ化米を戻す様子を実際に見たり、wink普段、防災食と思っていなかったものも防災食になること、また、good食材の意外な組み合わせなどから学ぶことが多かったlovely、などという感想が聞かれました。happy01今日覚えたことを家庭でも作ってみたい、地域でも広めたい、という意見も聞かれました。

Image_23

maple東京6ブロックmaple

2017年11月13日 (月)

防災出前講座(HUG体験)@板橋区の町会

11月11日、板橋区の中丸中(なかまるなか)町会の方からコープみらいにご依頼のあった防災出前講座に、担当エリアの2ブロック委員がスタッフとして参加しました。

 

土曜日の午前中にもかかわらず、会場の熊野地域センターにはご高齢の方から、赤ちゃんを抱っこした若い夫婦、小学生と、幅広い年代の方が50名以上も集まりました。

 

まず、コープみらいの職員による導入「東日本大震災や熊本地震の被災地の様子や被災者、避難所の実相報告」のお話。

___1

被災地で現実に起こっていること、被災者の置かれた状況や思いなどを知っていただくことで、より真剣に「HUG」に取り組めるようになります。

 

そして、いよいよ「HUG(避難所運営ゲーム)体験」

___2

自分たちが避難所運営を担うことを想定、特に避難所の立ち上げ時の混乱や課題をイメージできる「HUG」を体験いただき、そこで発生する課題を解決するためには

①普段からどのような準備や組織作り、訓練を進めて

②災害時にいかに運営を進めるかを考え、是非実際に取り組んでいただく「きっかけ」の体験としました。

 

「水戻しカップ麺」の試食をしながらの交流では・・

__

・はっきりとした基準がないので、受け入れた方たちの割り振りが難しい。

・経験のないことを、即座に判断することは難しい。

・細かいことを気にするより、全体を見ることが大切。

・避難所はみんなで運営していかなくちゃいけない。

・日頃から心構えが必要だし、ご近所の人とのふれあいが大切。

・地元の避難所になっている学校の公開授業の時には、地域の人も見に行っておくことといいのでは。

 

といった、たくさんの意見や感想が出ました。

ファシリテーターをしたブロック委員も、ゲームが終わるころには町会の方とすっかりうちとけて、とても有意義な出前講座になりました。

あなたの町でも「HUG体験」してみませんか。

                     東京エリア2ブロック委員会

2017年11月 2日 (木)

みらいひろば深谷

10月17日(火)コープ深谷店コープルーム(会議室)にて みらいひろば深谷を開催し、小さなお子さんも合わせて11人が参加しました。
当日は保冷剤を使ったハロウィン風消臭ポット作りました。
「普段は、小さい子がいてなかなか細かい作業ができないから楽しいわ」
「保冷剤にこんな使い方があるなんて知らなかった」など、皆さん楽しく作っていました。
試食は co•opコープヌードル4種の食べ比べ、 co•op期間限定 蜜がけしてない芋けんぴと co•op九州の芋けんぴの食べ比べなど行いました。
レッドカップキャンペーンのお知らせをしたところ皆さん知らなかったようで、広く知っていただける機会になりました。

Image_19

✳︎11月の埼玉北部ブロックのみらいひろばのご案内✳︎

全会場にて2017年度第2回共通商品「co・op食塩不使用ミックスナッツ」の試食交流をします。

11月15日(水)
・みらいひろば深谷 コープ深谷店 コープルーム(会議室)

11月21日(火)
・みらいひろば行田 行田市男女共同参画推進センターVIVAぎょうだ
・みらいひろば熊谷 コープ熊谷店コープルーム(会議室)
・みらいひろば寄居 寄居町総合社会福祉センターかわせみ荘
・みらいひろば秩父 コープデリ秩父センター

11月24日(金)
・みらいひろば本庄 本庄市共和公民館

11月28日(火)
・みらいひろば三峰 荒川農村環境改善センター

開催時間は全会場10時〜12時です。皆さんのご参加をお待ちしております。

埼玉北部ブロック委員会

2016年3月28日 (月)

コープみらい【イベント開催報告ブログ】

コープみらい【イベント開催報告ブログ】