埼玉中部

2018年11月19日 (月)

みらいひろば伊奈

11月12日(月)ゆめくる(伊奈町ふれあい活動センター)で、埼玉中部ブロック委員会主催「みらいひろば伊奈」を開催しました。
今月は共通商品「CO・OPオーツ麦たっぷりフルーツグラノーラ」の試食です。
日頃からグラノーラを食べている方は少数で、ほとんどの方は馴染みがないようでした。
栄養や効能をお話したら話題が広がり「おやつをグラノーラにしたら、ぐっと健康的になりそう」と興味を持たれたようです♪
今回はグラノーラを楽しみましょうと3つのメニューを作りました。
✳︎ そのまま試食
✳︎ オレンジクレープにグラノーラ
✳︎ フルグラポッキー
✳︎ グリーンサラダにグラノーラ

123695d2d1b34549a5116e9eecb93738

8474fc95e2c4461d99e07a310dfa8215

フルグラポッキーは、「CO・OP国産小麦のさつまいもバー」に溶かしたチョコレートを塗り、
フルーツグラノーラをぐるっと付けて完成です。
みらいひろばで皆さんと作ると、楽しさ美味しさがさらに増します♫
「デザートにもサラダにも合うのは発見でした」「コープのは甘さがほどよく美味しいです」など様々な感想をいただきました。
これからも、おしゃべりで和み、普段の生活にちょっとした彩りがプラスされるようなみらいひろばでありたいです。

埼玉中部ブロック委員会

みらいひろば 鴻巣大間

2018年 11月16日(金) ミニコープ大間店2階コープルームで埼玉中部ブロック委員会主催 みらいひろば鴻巣大間を開催し、12人が参加しました。
今月は、みらいひろば共通の商品「CO・OPオーツ麦たっぷりフルーツグラノーラ」を試食し交流しました。

まず始めに、グラノーラをそのまま食べていただき、他に2種類のアレンジをしました。
1種類めは、グラノーラを「CO ・OP国産大豆の調整豆乳」に、もう1種類はプレーンヨーグルトとバナナに入れて試食しました。
1番好評だったのはヨーグルトバナナで、次に調製豆乳、そのままがよいという方も1人いらっしゃいました。
今までは食べたことがなかった方が、「おいしかった。食べず嫌いだった。これから食べることにしよう」と言われました。また「サラダに入れるといいね」という意見もありました。
そのほかに、さつまいもときのこのごまみそスープをを作りました。簡単でおいしいと好評でした。

Fb9704dea1ec46779183db26cb7cc997

埼玉中部ブロック委員会

2018年11月 7日 (水)

コープみらいプラザまつりin大宮

11月3日(土・祝)、コーププラザ大宮にて埼玉中部ブロック主催『コープみらいプラザまつりin大宮 〜おいしい!たのしい!うれしい!みらい2018〜』 を開催しました。地域で活躍されている団体、地域クラブ、夏のバス見学会でつながりができた桶川西高等学校科学部の生徒さんにもご協力いただき、約300人の来場者を迎えることができました。

小春日和のポカポカ陽気の中、駐車場ではコープデリトラックの死角体験、野菜やポップコーンの販売、エントランスホールでは桶川西高校ハートフル水族館の魚たちのお出迎えがありました。来場者の方たちはブルーに輝くアーリーという魚たちに足を止めて、高校生からの説明を熱心に聴いていました。
あそびの部屋では地域クラブの方や高校生の生徒さんから折り紙を教えてもらい、真剣な眼差しで折り紙を折るお子さんや、的当てゲームやさかなつり楽しむお子さん、その他フェイスペインティング、スライム作りやネームプレート作り小物販売などで大変賑わいました。
また、コープカルチャーの作品や原市団地手芸クラブの作品の展示、カルチャー講師による足もみ健康法では家族連れのパパさんたちが日頃の疲れをほぐしている姿が見受けられました。
F8e78e0765d4449eaa1137d1a3af86f9
7fdb1a89f40f49c8a8135465fee32486

ステージではコープカルチャーのウクレレとフラダンスのコラボやこどもバレエ、また地域で活動されている団体の日本舞踊の発表や桶川西高校の生徒による紙芝居などを楽しんでいただきました。お楽しみのほぺたんとのじゃんけん大会では、多くのお子さんたちに参加し楽しんでいただきました。うどんの販売では長い行列もでき、カフェやお米育ち豚ウインナーの試食では豚10や産直の紹介することができ、まさに「おいしい!たのしい!」おまつりとなり地域の方ともよりつながりを深めることができました。

埼玉中部ブロック委員会

2018年11月 2日 (金)

商品学習交流会(株)ナリス化粧品

10月31日(水)、コープ桶川店にて埼玉中部ブロック委員会主催「商品学習交流会(株)ナリス化粧品」を開催し、17人が参加しました。
毎日のくらしの中で“素肌も”大切に!という思いから組合員さんと一緒に作られた低刺激スキンケア「スハダモ」の学習会で、子育て中のママやエイジングケアに興味のある方が参加されました。

まずはじめに美肌をキープするバリア機能や角質層についてを学習し、外部刺激から肌を守りキメの状態が整った肌を保つ方法を教わりました。そして、参加者全員のお肌のキメをチェックしてもらい、一人一人に合ったスキンケアを簡単にアドバイスしていただきました。スハダモパーフェクトジェルは植物由来の成分で小さなお子さんも使うことができるという商品です。お子さんが大人になってもずっと使い続けられるようにというスハダモシリーズは生協の宅配限定の商品だそうです。

2_2_2

そして、来年誕生から20年を迎えるフリーリアも紹介していただきました。国産の新鮮なバラを使用したフリーリアはほんのりバラの香りが漂い贅沢な気分になりました。フェイスクリアを使用し、パーフェクトジェルの浸透の違いを見比べ、改めてフェイスクリアの効果を実感しました。参加者の皆さんからは「古い角質を取り除く大切さを知りました」「肌荒れがあるので使ってみいたい」という感想がありました。また、新しい商品のカラーメイクも紹介していただき、次回はメイクの講習もあるといいねという声もありました。
埼玉中部ブロック委員会

身近な食材で かんたん おいしい おやつ作り〜卵・乳・小麦粉不使用レシピ〜

10月24日(水) コーププラザ大宮クッキングルームにて、埼玉中部ブロック委員会主催 さいたま市協力「身近な食材で かんたん おいしい おやつ作り」〜卵・乳・小麦粉不使用レシピ〜を開催し、19人の参加がありました。

さいたま市こども未来局の管理栄養士 福島さん、田部さんを講師にお迎えして、食物アレルギーについてお話を伺いました。
お話の後、実際にアレルギーフリーの食材を使った おやつ作り、折り紙で簡単ケーキ型作りを行いました。
“ごまみそもち”“米粉のケークサレ”“米粉のコスモス色 蒸しパン”の3品を1品ずつレシピの手順を確認し合いながら作りました。

「簡単にできて美味しい。家でも作ってみます。米粉や藻塩など使った事がなかったけど手軽に色々作れて良いですね。」「魚のアレルギー反応や、さいたま市の対応など知らなかったお話を聞き、とても参考になりました。」などの感想をいただきました。

食物アレルギーのある お子さんのお母様は、小学校の給食が心配である事や、普段のメニューの相談をされていました。
皆さん真剣にメモを取りながら聞かれていて、食物アレルギーについて正しい知識を学べる良い機会になりました。

講師の福島さんのお話が面白かったので、また違う企画で開催して欲しいなどの期待も寄せられました。
さいたま市協力の企画は初めてでしたが、皆さんに喜んでいただける企画となりました。

Cf98fcc1c1994da8b891acd94a9f54a6

埼玉中部ブロック委員会

2018年10月31日 (水)

みらいひろば上尾二ツ宮

2018年10月22日(月)コープ二ツ宮店で 埼玉中部ブロック委員会主催 「みらいひろば上尾二ツ宮」を開催しました。
今月のテーマは「SDGsを知ろう‼︎」
コープみらいの奨学金給付事業についてお伝えすると、子供の貧困についての話につながり、「埼玉では こども食堂などの取り組みもありますが、学習支援、塾のような直接教えてもらえる場もあったらいいですね」など話題が広がりました。

交流の後は、ハピデリのちらしを丸めて型にして 「はりこ人形」作りをしました。
型に お花紙 和紙などを水で薄めた糊で貼り付け、来年の干支のいのしし だるまなどを作りました。
皆さん 童心に帰って夢中になり、楽しく作ることができました。

Ef5132e40b6c4962a0239252a60ce248

10月はハロウィンということで、広報紙 コープみらいの表紙を参考にして 海苔でオバケの顔を切って 「とろけるスライスチーズ」の上に載せました。 ソースのトマトと5種の野菜のケチャップもとても美味しく好評でした。

044b63913c5141e7a4af5282ebd33d82

11月の「みらいひろば上尾二ツ宮」は21日(水)。グループインタビュー(冬の寝具)をテーマに開催予定です。たくさんの参加をお待ちしております。

埼玉中部ブロック委員会

2018年10月19日 (金)

みらいひろば大宮中川

2018年10月16日(火) コープ大宮中川店で 中部ブロック委員会主催 「みらいひろば大宮中川」を開催し、3人が参加しました。
2日前に開催した「コープみらいフェスタinさいたまスーパーアリーナ」に来場して下さったメンバーさんがいらっしゃり、感想をうかがいました。皆さん人混みをかき分け、お目当ての商品を安価で購入できた様子で、笑顔があふれていました。
今月のテーマは「SDGsを知ろう」ということで、SDGsとは何か、何の頭文字を繋げたものか等、再確認して、2030年はまだ遠いような気もするけれど、目標達成に向けて取り組んでいきましょうと呼びかけました。みなさん地球環境の問題にも関心があり、有意義な交流の時間となりました。
交流の後は、折り紙で「クリップ付きフラッグガーランド」を作りました。
メンバーさんの好みを考えて今回は和柄の折り紙を選んでみました。6種類ある柄から、思い思いの折り紙を選び、童心にかえって楽しんで下さったようです。
折り紙を、オレンジ.紫.茶色系にまとめるとハロウィンをイメージしたものに、赤.緑.黄色系にまとめるとクリスマスをイメージしたものに仕上がるので、アレンジ次第で一年を通して飾れるものができます。
来月は「CO・OPオーツ麦たっぷりフルーツグラノーラ」を試食します。

埼玉中部ブロック委員会

C95c2f8c9be448d88612edab63dc5b85

7fe4952cbb8e4742aed48eb3a9499c77

2018年10月12日 (金)

総代施設見学「コープデリ商品検査センター」

10月12日(金)埼玉中部ブロック委員会主催 「総代施設見学 コープデリ商品検査センター」を開催し、25人が参加しました。

この施設は、フードチェーンにたずさわる一人ひとりが食の安全確保に取り組み、それら全てがつながる「食の安全リレー」をイメージして「サークル=わ(和・輪)」をコンセプトにしています。 エントランスホールでフードチェーンの「安全」のバトンリレーのつながり、商品検査センターの役割について映像で学び、そのあと検査室を見学しました。検査室にはたくさんの検査機器が並び、みなさんとても熱心に見学していました。

「とても立派な施設でびっくり。組合員に見学してもらうことを前提にすべてデザインされていてさすがだと思った」「働いている方がきめ細やかに心を尽くして検査をしてくださっている様子が伝わり、ありがたいと思った」などのうれしい感想がよせられました。

1f1879d0000b43fb8c93cd051b0bd249

2階のトライアルキッチンでは、食品を購入した後の管理や流しのスポンジの処理方法など、身近なところに潜む菌について様々な気づきがありました。

最後は実験室で、「手洗いチェック」と「糖度実験」を行いました。

普段の手洗いではなかなか菌が落とし切れていないこと、改めて手洗いの大切さ、どこに見落としがあるかを知ることができました。また普段飲んでいるジュースや清涼飲料水に含まれている糖度についても、実際に目で見て知ることができ、生活の見直しのきっかけとなったようです。

99d16e7335ad4f5b87779ebbe70c97e3

商品検査センターでは一般の見学がスタートしました。今後もぜひ多くの方に見学していただき、コープの安全安心の取り組みを知っていただきたいです。

お申込みは⇒コープデリ商品検査センター

埼玉中部ブロック委員会

2018年9月25日 (火)

みらいひろば砂町

9月19日(水)ミニコープ砂町2階コープルームで、埼玉中部ブロック委員会主催
みらいひろば砂町を開催し、5人が参加しました。
今月のテーマ「防災・減災」について、今年の夏は自然災害が多かったことから、
日頃の備えが大切、防災セットも季節ごとに見直しが必要ね、
防災ポーチの中身はどうする…など意見を出し合いながら交流を行いました。
その後、災害時の水の制限を想定し、新聞紙で食器・牛乳パックを利用して
スプーンを作成し、試食時には実際、新聞紙食器にキッチン用ポリ袋をかけ、
スプーンを使用して食べてみました。
又、キッチンペーパーと輪ゴムを利用してマスクも作りました。
今回の試食は、ローリングストックに美味しく缶詰を消費しようと、
「CO・OPひじきドライパック」「CO・OPミックスビーンズドライパック」
「CO・OPさばのみそ煮缶」を和えて試食をしました。
「みそ煮のだし汁が豆とひじきに絡み、味も良く美味しいです」、
「時短で簡単!栄養満点!普段のおかずの一品としてもいいわ!」などの感想が
寄せられました。
また、新商品の「CO・OPスパイシー黒カレー」はレトルトとは思えない
本格的なスパイスの香りと風味の大人カレーで、ご主人にも食べさせたいと
皆さんに大好評でした。

Img_4096_2

Img_4097_2

埼玉中部ブロック委員会

2018年9月12日 (水)

商品学習交流会 株式会社トーアス

9月11日(火)ミニコープ櫛引店にて、埼玉中部ブロック委員会主催「商品学習交流会 株式会社トーアス〜CO・OPドライパック商品の活用方法を学ぼう!〜」を開催し、19人が参加しました。
ドライパックと普通の缶詰との違いについて学習し、「CO・OP大豆ドライパック」「CO・OPひじきドライパック」「CO・OPスイートコーンドライパック」「CO・OPミックスビーンズドライパック」を使って、炊き込みご飯やあえものなどを作り、試食交流しました。炊き込みご飯は、鶏肉と人参を「CO・OP野菜たっぷりドレッシング」で炊き込み、大豆とひじきをあえたもので、とても好評でした。ドライパックは水に浸かっていないため、旨味や風味が水に溶け出すこともなく、素材本来の風味・食感を楽しむことができます。パウチは賞味期限が1年ですがゴミ処理がしやすい、缶は賞味期限が3年で重ねて保管でき衝撃に強いという、それぞれの利点を知り、活用方法を学びました。また、組合員からの声をもとにプルタブの形状の改善を重ね、使いやすさを追求していることも分かりました。参加者からは、「簡単にできる新しいレシピを紹介していただいたので、すぐに作ってみたい」「非常食として常備していた缶詰を上手くローリングストックしていきたいです」などの感想が寄せられました。

26df9de56fe74b8c8e588e3b59a4c19a

0c3639612e974c1990b34467c58dc072

埼玉中部ブロック委員会

より以前の記事一覧