埼玉北部

2017年10月 7日 (土)

コープデリ本庄センター秋祭り

10月7日(土)コープデリ本庄センターにて、秋祭りを行いました。
前日から降り続いた雨が心配でしたが、、当日は天気も回復して、約250人の方が来場してくれました。
会場では、焼きそばやフランクフルトなどの販売や(株)ヨコミゾのギョウザ試食販売、ゲームや抽選会などたくさんの催し物があり、埼玉北部ブロック委員会ブースでは、牛乳パックを使った工作、ハッピーミルクプロジェクトのお知らせをしてユニセフ募金を募りました。

Photo

普段見られない宅配センター内を探検できる「エコたんけん隊」では、センター職員さんから直接リサイクルについてのお話を聞き、環境について学んだり、冷凍庫の中に入り、マイナス22度の寒さを体験したりしました。参加者からは、「普段、体験をすることのない貴重な経験が出来ました。」などの声をいただきました。

Photo_2

良い機会にもなり、たくさんの方と交流することが出来ました。
また、コープのことを地域の方々にも知ってもらうとても良い機会にもなりました。

埼玉北部ブロック委員会

2017年10月 4日 (水)

みらいひろば寄居

9月20日(水) 寄居町総合社会福祉センター かわせみ荘にて みらいひろば寄居を開催し、4人が参加しました。
コープデリ本庄センターの職員も参加し、コープデリでんきのミニ学習会を行いました。
また、持参した検針票で、料金の違いをシミュレーションしました。
参加者からは、 「同じ料金を支払うなら 環境に配慮した電気を使いたい。」 「コープデリでんきが地球に優しい電気だと言うことが説明を聞いて理解できた。」 「電気について考える良い機会になった。」 などの感想が寄せられました。
Yorii1

試食は 防災月間と言うことで、保存のきく3種類のレトルトカレー ①CO・OPきのこのカレー ②CO・OPビーフカレー ③CO・OPクオリティ焙煎スパイス仕立てのインド風チキンカレー の食べ比べをしました。
参加者は、普段個々に購入することはあっても3種類を一度に食べる事はしないので、それぞれのカレーを試食し味の違いを確かめていました。

✳︎10月の埼玉北部ブロックのみらいひろばのご案内✳︎

10月16日(月)
・みらいひろば三峰 荒川農村環境改善センター

10月17日(火)
・みらいひろば深谷 コープ深谷店 コープルーム(会議室)

・みらいひろば本庄 本庄市共和公民館

10月19日(木)
・みらいひろば寄居 寄居町総合社会福祉センターかわせみ荘

10月20日(金)
・みらいひろば行田 行田市男女共同参画推進センターVIVAぎょうだ

10月23日(月)
・みらいひろば熊谷 コープ熊谷店コープルーム(会議室)

・みらいひろば秩父 コープデリ秩父センター

開催時間は全会場10時〜12時です。皆さんのご参加をお待ちしております。

埼玉北部ブロック委員会

商品学習交流会 日本生協連 国産うなぎ

9月29日(金) 長瀞町中央公民館にて
日本生協連 国産うなぎの商品学習交流会を開催し、
23人が参加しました。

スライドや資料で養殖の様子、うなぎが育つまで、うなぎ蒲焼の加工工程
コープデリ連合会と大隈地区養まん漁業組合とともにうなぎの資源回復への
取り組みや、商品購入で産地の活動へ寄付の取り組み等を学習しました。
質問も活発に出て、試食交流も和やかに楽しい場となり良かったです。

Image_9


参加者の感想
「25年来の大隈産うなぎのファンです。コープのうなぎが何故安全なのかが理解でき、安心してうなぎを食べられます。実際に産地に行ってみたいです。」
「北部ブロックニュースのほくほくは見ていましたが、今回初めて企画に参加しました。みらいひろばに参加してみたいです。」

新しい会場で学習会ができ
様々な地域の方が参加してくださり、今後に繋げられる学習会になりました。

埼玉北部ブロック委員会

2017年9月20日 (水)

商品学習交流会 株式会社Mizkan

9月14日(木) 寄居町総合社会福祉センター かわせみ荘にて、
株式会社Mizkanの商品学習交流会を開催し、22人が参加しました。

スライドや資料を使用して、お酢の歴史・製法・特徴・効果・使用方法を学びました。 お酢の「利き酢」をして、お酢を使った簡単な漬け物を試食しました。

紀元前5000年頃にはお酢が存在していた事、原料から酒を作り酢酸菌の作用でお酢になる事、酸味が塩味を強く感じさせる特徴があり減塩につながる事、料理にお酢を取り入れ美味しく頂くコツなど分かりやすい説明があり、皆さん熱心に聞き入っていました。

Image1_2


参加者の感想
・色々な酢があり勉強になった。用途により使い分けていきたい。
・日頃、疑問に思っていた事を聞く事ができて良かった。
・資料にレシピが載っているので、作ってみたい。 

生産メーカーと直接交流し、お酢について様々な知識を得られた有意義な時間となりました。

埼玉北部ブロック委員会

2017年9月 5日 (火)

みらいひろば三峰

8月30日水曜日、荒川農村環境改善センターにてみらいひろば三峰を開催しました。
新しい方含め3人の参加がありました。

秩父のご家庭で週に1度は登場すると言う郷土料理の味噌ポテトを作りました。家庭それぞれの味があるようで、参加者同士お互いのレシピを聞いたりし、和気あいあいと交流しました。

コープみらいからのヒバクシャ国際署名のお知らせでは、終戦まもなく物や食料がなくて大変だった秩父地方の話なども聞けて、改めてこの平和を守っていくことが大切だと感じました。

9月は防災月間として災害時に役立つパッククッキングを予定しています。

Photo_3   

✳︎9月の埼玉北部ブロックのみらいひろばのご案内✳︎

9月19日(火)
・みらいひろば熊谷 コープ熊谷店コープルーム(会議室)
・みらいひろば本庄 本庄市 共和公民館
・みらいひろば深谷 コープ深谷店 コープルーム(会議室)
・みらいひろば秩父 コープデリ秩父センター

9月20日(水)
・みらいひろば寄居 寄居町総合社会福祉センターかわせみ荘

9月21日(木)
・みらいひろば行田 行田市男女共同参画推進センターVIVAぎょうだ
・みらいひろば三峰 荒川農村環境改善センター

開催時間は全会場10時〜12時です。皆さんの参加をお待ちしております。

埼玉北部ブロック委員会

2017年9月 4日 (月)

バスで行く!親子で学ぶ コープみらい 秩父の森

8月25日(金)、埼玉北部ブロック委員会主催『バスで行く!親子で学ぶ コープみらい 秩父の森 竹の器作りと流しそうめん』をコープみらい秩父の森にて開催しました。
参加者は子ども19人を含む34人でした。
まず最初に森のたんけんを行い、森に関するクイズに答えながら、葉っぱに触れたり、生き物を観察したり、今まで知らなかった自然に関する知識を学びました。
次に竹の間伐をしました。間伐の作業を体験した参加者は、竹の固さに驚きながらノコギリを動かしていました。 間伐した竹をみんなで運び、流しそうめんで使う竹の器作りに挑戦しました。暑い中、ノコギリを引くたびに汗が流れます。スタッフ(認定NPO法人JUON NETWORK)の指導のもと、みなさん自分の器を頑張って作り上げました。
いよいよ流しそうめんです。そうめんと一緒にプチトマトとキュウリも流しました。大人も子どもも笑顔でいっぱいでした。参加者からは、 「普段はできない経験ができて楽しかったです」「ノコギリを使うのが難しかったですが、自分が作った器で食べられたのが嬉しかった」などの感想がありました。
最高気温36度の予報だったので水分補給を心がけ、ケガもなく、楽しい1日となりました。

埼玉 北部ブロック委員会

Img_1156Img_1108

2017年8月24日 (木)

コープデリ秩父センターまつり

8月19日(土)コープデリ秩父センターにて、夏まつりを行いました。
会場では、焼きそばやフランクフルトなどの販売や埼玉産直センターの新鮮野菜販売、(株)ヨコミゾのギョウザ試食販売、ゲームや工作コーナー、ほぺたんスタンプラリーなどたくさんの催し物があり、みなさん、夏休みのひとときを楽しんでいました。

普段見られない宅配センター内を探検できる「エコたんけん隊」では、マイナス22度の冷凍庫の中に入ったり、ペットボトルや発泡トレーなどを分別してリサイクルしながら、親子で楽しくコープみらいの環境の取り組みについて学びました。

Photo                     
Image

しばらく雨が続いていましたが、当日は夏らしいお天気になり、たくさんの組合員さんや地域の方が遊びに来てくれて、とても賑やかな夏まつりになりました。
Image_2

埼玉北部ブロック委員会

2017年8月21日 (月)

宿題応援「熊谷空襲」について学ぼう!

8月10日(金)コープ熊谷店コープルーム(会議室)にて、平和のための埼玉北部戦争展実行委員会と共催で、平和の学習会を開催しました。
子ども13人を含む20人の参加がありました。

熊谷空襲について学習し、お二人の戦争体験者からは「小学生の時の戦争体験」「旧満州からの引き揚げ」について、当時の貴重なお話を伺いました。
普通の生活が少しずつ戦争に侵されていく様や、自分の意思とはうらはらに戦争に巻き込まれてしまう恐ろしさなどの体験談は、とても迫力があり、真剣に聞き入る参加者の姿が印象的でした。 「戦時中クイズ」などで交流しながら平和について考え、最後に折り鶴を折り、翼に平和のメッセージを書きました。体験者の方の「絶対に戦争はしてはいけない」という言葉や、次世代に伝えなくてはという想いを、子供たちもしっかりと受け止めたようでした。

  Photo_3Image_3

体験者の言葉
•戦争は、始まってしまったら止められない
•国民同士は仲良くしなくちゃいけない
•武力ではなく話し合いで解決するように

参加者の感想
•広島や長崎だけでなく、熊谷も大変だったんだと思った
•戦争はやってはいけない

平和の大切さを考える貴重な時間となりました。

埼玉北部ブロック委員会

2017年8月 9日 (水)

エコたんけん隊・コープ深谷店

8月3日(木) コープ深谷店コープルーム(会議室)にて、エコたんけん隊を開催し、元気な小学生13人が参加してくれました。

まず「みんなでいっしょにでかけよう!コープみらいリサイクルの旅」DVD視聴し、その後探検開始!

店内では環境に配慮した商品の説明を受け、マークを探したり、普段見られないバックヤードでは、食品残さの保管庫やきちんと仕分けされたリサイクル品を熱心に見学しました。

その後、ペットボトルを使用したエコ工作にチャレンジし、楽しみながらリサイクルの大切さを学びました。

Photo_3

Cid_c41c46a119d04741942c044d3eee4c7

pencil参加者の感想

・エコを続けるとゴミが減って環境に良い生活ができると思います。

・エコは未来につながると思いました。

・毎日のエコで、地球を熱くしないように頑張りたいです。

・無駄なことがないようにしようと思います。

等、改めてエコを実践していくことの大切さを全員で学んだ時間となりました。

埼玉北部ブロック委員会

2017年8月 6日 (日)

エコたんけん隊 コープ熊谷店

8月3日(木) 10時〜12時、コープ熊谷店コープルーム(会議室)にてエコたんけん隊を開催し、小学生16人がお店の探検とエコ工作にチャレンジしました。

まずはコープ熊谷店大澤店長からのお話。
環境配慮のキーワード「3R」やお店の省エネなどについてDVDやパンフレットを使い、低学年の子どもたちにもわかりやすい言葉で説明がありました。

Image_9

次にエコたんけん隊に出発!
大澤店長手作りの「エコたんけん隊Coopleマップ」を手に、店内とバックヤードに分かれて時間を多めに取り探検しました。マップに示されたマークを探し、商品を見ながらマークの説明を聞くことで、理解が深まりました。冷蔵庫•冷凍庫の見学では、「扉を開けることにより内部の温度が上昇するのですばやく開け閉めした方がいい」と聞き、エコ活チャレンジの短冊に「冷蔵庫を開け放しにしないようにする」と書いてくれた子どももいました。

エコたんけん隊の後は、ペットボトルを使ってエコ工作にチャレンジ。
細かな作業もありましたが集中して取り組み、シールやテープで飾ったオリジナルなペンケースと小物入れが完成しました。

子供たちからは「リサイクルの話がためになった」「いつもは見られないバックヤードに入れたのが楽しかったです」「エコ工作がおもしろい」などの声が寄せられました。

埼玉北部ブロック委員会