埼玉北部

2020年3月 3日 (火)

みらいひろば三峰

2月18日(火)荒川農村環境改善センターにて開催しました。
参加者はブロック委員を含め4人でした。

今月は「超かんたん!リバーシブルティッシュboxカバー作り」を行いました。
このカバーは、2枚の正方形の布を縫い合わせてくるみボタンを付けるだけ、と作り方が簡単な上に、布の選び方で雰囲気をいろいろに変えることができるのも魅力の一つ。
皆さん、思い思いの生地を持ち寄り、おしゃべりしながらチクチク、チクチク !
途中で布の合わせ方を間違えたことに気づき、泣く泣くやり直しをした方も・・・簡単だからといって「油断大敵」ですね。
それでも、最後には全員がステキな作品を完成させ、今月も笑顔で「みらいひろば」を終わることができました。

E1c83538e7e94f81ae99d7f55d4ffeb0

Bc3d0948900040dbbf53b52bb2bf66bf 

埼玉北部ブロック委員会

 

2020年2月25日 (火)

バスで行く!産地工場見学 江崎グリコ㈱ グリコピア・イースト

2月19日(水)北本市にある、江崎グリコ㈱グリコピア・イーストの見学に41人で行きました。

まずグリコの歴史のわかる映像を視聴しました。社名グリコは、大正時代に創業者の江崎利一氏が、牡蠣に栄養素グリコーゲンが沢山含まれていることを知り、キャラメルに入れたことから名付けられたそうです。その後、ポッキーやプリッツの製造工程をガラス越しに見学、プリッツの長い生地が流れていく様子は圧巻でした。最後に今まで学んだことを思い出しながら、クイズチャレンジツアーに参加しました。正解率とスピードを競い、優勝者は賞品をもらえるということで、とても盛り上がりました。また、グリコのおもちゃの1500点にも及ぶ展示を見たり、隣接しているショップでゆっくり買い物もでき、世代を問わず楽しめました。

82d69edfa2d848ea98196ac283f9b3cb

参加者からは、「作業工程が見られて参考になった」「今度は子どもを連れて行きたい」など感想をいただき、ポッキーやプリッツがさらに身近に感じられる工場見学になりました。

埼玉北部ブロック委員会

2020年2月 6日 (木)

クロスロードゲーム

 

1月29日(水)行田市立中央小学校にて、6年生を対象にクロスロードゲームを行いました。

クロスロードゲームとは、カードゲーム形式の防災教材です。様々な場面を想定した設問に対して各自がyesかnoで自分の意見を示し、なぜそう思うのかを伝え合います。家族構成や地理的条件などにより判断が異なるため、これが正解!というものはありません。災害を自分事として考え、他の人の意見を聞くことで、視野が広がり災害対応力を高めることが出来ます。

 

講師よりルールの説明を受けた後、4〜5人のグループに分かれ早速スタート。
昨年の台風19号では、行田市内全域に避難勧告、夜には避難指示が発令され、実際に避難した児童が多くいた事もあり、みんな真剣そのもの。意見も活発に交わされ、時間が足りない!といったグループもありました。

ゲーム終了後には、ハザードマップ、ローリングストック、「自助・共助・公助」についてのお話しを聞き、災害には色々な備えが必要なこと、災害時には助け合いが大切なことなどを学びました。

子供たちからは「yesかnoかの決断が難しかった。災害時、少しの時間で決断することも大切だと思った」「共助という言葉の意味を教わり地域での挨拶なども大切だと感じた」「良い経験になった」などの感想が寄せられました。

また、「お家の人と話し合おう」と、今回のゲームとは別の設問を配りました。災害への備えの必要性を感じていても、何から手をつけていいのかわからない方も多いのではないでしょうか。これを機会に家族で話し合い、少しでも備えへのきっかけになってくれるとうれしいです。

 

 

6b6a07abc9cd4d16b9ed0d13971463b9Ca4fe371af7a4ebcbde2fb18fb459abd

 

埼玉北部ブロック委員会                                                

2020年1月27日 (月)

産直野菜を使った調理講習会「農研ねぎ」

1月22日(水) コーププラザ深谷で開催し、29人が参加しました。


地元野菜である『農研ねぎ』を知ってもらう機会として、(農)埼玉産直センターねぎ部会の方々の指導により調理、試食しました。


まず、『農研ねぎ』について説明を受けてから、ねぎが主役のレシピを4品調理しました。男性の参加もあり、皆さんソースを作ったりねぎを焼いたりと楽しそうに腕を振るっていました。


調理の後の試食タイムでは和気あいあいと交流し、
「初めて聞いた『農研ねぎ』、とても柔らかくて甘くておいしかった」
「ねぎの新しい使い方が勉強でき、主役になれる料理がこんなにあるんだとびっくりしました」
「自宅でも真似できそうなレシピなので、ぜひ作ってみたい」などの感想をいただき、『農研ねぎ』を知って、守って、広める大変良い機会となったことを実感できました。


Photo_20200127174401 


埼玉北部ブロック委員会 

2020年1月19日 (日)

みらいひろば熊谷を開催しました

1月16日 (木)、コープ熊谷店コープルーム(会議室)にて、みらいひろば熊谷を開催しました。参加者は8人でした。

今回は、グラノーラ、マシュマロ、チョコレートを使い、グラノーラバーを作りました。参加者の方に教えてもらいながら、みんなで「ああやってみよう」「こうやったらどうかな」と賑やかに調理しました。チョコレートを湯せんしたり、マシュマロを火にかけて溶かしたり分担して作業していきました。マシュマロが固まる前にグラノーラと混ぜるので、スピードが大事です。生地と格闘しながら混ぜ合わせ、クッキングぺーパーに移し、形を整えて固まるのを待ちました。切ってみるとザクッと音がして「いい感じ」と皆さんにっこり。マシュマロ生地と、チョコレートを混ぜた生地の二種類が出来上がりました。プロテインパウダーを入れて、子供のスポーツの試合に持たせている方もいました。甘くて食べ応えがあり、皆さん大満足でした。

 

90393dbae2a94846b604977113e0070b

 

10891712a87e4a9fa4dfda3c22428aa6

2月の各みらいひろばの開催日程と会場です。

2月13日(木)
  みらいひろば行田 行田市男女共同参画推進センターVIVA ぎょうだ
  みらいひろば熊谷 コープ熊谷店コープルーム(会議室)

2月18日(火)
  みらいひろば深谷 コープ深谷店コープルーム(会議室)
  みらいひろば本庄 本庄市共和公民館
  みらいひろば三峰 荒川農村環境改善センター

2月19日(水)
  みらいひろば寄居 寄居町総合社会福祉センターかわせみ荘

2月20日(木)
  みらいひろば秩父 コープデリ秩父センター

開催時間は各みらいひろばとも10時から12時です。

皆さんのご参加をお待ちしています。

 

埼玉北部ブロック委員会

 

2019年12月24日 (火)

第41回ユニセフ ハンド・イン・ハンド募金 熊谷駅

12月21日(土) JR熊谷駅北口と南口で募金活動を行いました。幼稚園児から大人まで、18人のボランティアが参加してくれました。
今年のテーマは「すべての子どもに生きるチャンスを」です。星形のオーナメントを配りながら、みんなで募金の呼びかけをしました。経口補水塩やプランピーナッツ、蚊帳などを展示し、お預かりした募金がどのように使われているのかお知らせしました。


D5359ccb0dff4333b959b8c32619a5fa

急いでいるにもかかわらず、足を止めて募金をしてくださる方々がいることは嬉しく、感謝の気持ちで一杯になりました。


905145dcd0c146a3925d35d2a21cbd03

終了後、ボランティアの子どもたちからは「寒かったけど募金をしてくれる人がいて心は温かくなった、また参加したい」「声を出すことに緊張したけど良い経験になった」などの声が寄せられました。

F189f4179c43445eba1185416dde417f

寒い中、たくさんのご協力をいただき、ありがとうございました。

 

埼玉北部ブロック委員会

2019年12月18日 (水)

みらいひろば行田

12月11日(水) 行田市男女共同参画推進センターVIVAぎょうだにて参加者5人とブロック委員2人で開催しました。
12月はウオームシェアの取り組みで、北部ブロックの7箇所のみらいひろばは「箸置きと箸袋作り」「お餅のアレンジレシピ」の内容で実施しました。
みらいひろば行田では10月に箸置きを作ったので、今回は箸袋🧧🥢作りをまず全員で進めました。好きな色の折り紙を組み合わせ、何種類かの箸袋に挑戦しました。箸置きは10月に参加したメンバーさんから今日初めて参加の方に作り方を伝授してもらい、2個ずつ完成しました。
お餅のアレンジレシピでは3つの味を楽しみました。おいなりさん用の煮含めた油揚げに薄く切ったお餅を入れてレンジで加熱。硬くならないうちにと熱々をいただきました。次に切り餅の上に玉ねぎ、ピーマン、パプリカ、ベーコンを細切りにして乗せ、塩コショウとトマトケチャップで味をつけて加熱。ピザ風の味わいになりました。最後は牛乳とチョコレートの中に小さく角切りしたお餅を混ぜて加熱。デザートにもなる一品でした。
お餅を食べながらユニセフの取り組みや熊谷駅でのハンド・イン・ハンドの募金活動のお知らせもしました。

16e53726a03c4d0585207be68c32f05a
Da3e6f3f612d4d659139ae01a43e0d6d

1月のみらいひろばの予定
1月16日 火曜日
*みらいひろば行田 行田市男女共同参画推進センターVIVAぎょうだ
*みらいひろば熊谷 コープ熊谷店コープルーム(会議室)
1月21日 火曜日
*みらいひろば深谷 コープ深谷店コープルーム(会議室)
*みらいひろば本庄 本庄市共和公民館
1月24日 金曜日
*みらいひろば三峰 荒川農村環境改善センター
1月28日 火曜日
*みらいひろば寄居 寄居町総合社会福祉センター かわせみ荘
1月29日 水曜日
*みらいひろば秩父 コープデリ秩父センター

 

埼玉北部ブロック委員会

行田市北河原公民館 ・自治会共催防災教室

12月14日(土)、行田市北河原公民館 で行われた公民館・自治会共催の防災教室に参加しました。

 

第1部は「災害に強い安全なまちづくり」をテーマに、行田市防災安全課からの講話がありました。

 第2部を私たちブロック委員が担当し、 1)ローリングストックの説明、2)災害食の試食を行いました。

行田市北河原地区は利根川の堤防沿いにあり、過去には浸水被害もあったようで、60人を超える参加者が私たちの説明を真剣に聞いてくれました。

試食は「水戻しco・opヌードル」と「切り干し大根とさば味噌煮の和え物」の2品。
参加者からは「カップ麺が水戻しで食べられるのにビックリ」「切り干し大根も煮ないで作れて簡単ですね。家でもやってみます。」
などの声が聞かれました。

 

 

3331a1e90bc24bc7ab33ece532ae73b1756cc23ee62b441d9a374c375c686965

 

今回の防災教室への参加は、11月9(土)・10(日)に開催された行田市防災訓練で水戻しカップ麺のおいしさに感激した自治会役員の、「地区のみんなにもぜひ体験してもらいたい」との要請から実現につながりました。主催者からは「食」という身近な話題を入れたことで今までより多くの参加があった、試食も好評でみんな喜んでいた、との声をいただきました。地域の人たちとの交流もできとても有意義な時間を共有できました。

 

埼玉北部ブロック委員会

 

コープみらいカレッジ深谷キャンパス第4回

今年度、北部ブロック委員会では、コープみらいカレッジ深谷キャンパスを開催することになりました。
テーマは「農研ねぎ」です。「農研ねぎ」は現在流通している深谷ネギの元祖ですが、栽培 が難しく一時期は絶滅の危機に瀕しました。農事組合法人埼玉産直センターの努力により復活しつつありますが、まだまだ流通量が少なく幻のネギと呼ばれています。そんな「農研ねぎ」を知って、守って、広める、を目的に4回コースで行います。

 

第1回の様子はこちら

第2回の様子はこちら

第3回の様子はこちら

 

12月10日(火)、コーププラザ深谷にてコープみらいカレッジ深谷キャンパス第4回を開催しました。
5月にスタートし、回を重ねてきましたが、今回がいよいよ最終回です。
今までは産直センターと畑で行なっていましたが、今回は「立派に育った農研ねぎを調理し味わう」ため、会場がコーププラザのクッキング室になりました。

クッキングスタート!
5月にはお互いに緊張していた受講生も、今ではすっかり打ち解けて、楽しくおしゃべりしながらも手早く調理をしていきます。
時間通りに調理を終え、いただきま〜す!!
1人当たり5本ほどの農研ねぎを使った料理が胃に収まり、身体がホカホカ。今年は農研ねぎで風邪知らずだね、などと言い合いながらごちそうさま。

 

4000208dd2444e27b9f6fac2505838ad

 

片付けの後は卒業式を執り行いました。
お一人ずつブロック委員お手製の卒業証書をお渡しして、感想を発表してもらいました。
地元でも知らなかった農研ねぎについて学べたこと・受講生同士知り合えたことへの喜び、産直センター及び生産者の皆さんへの感謝の気持ちなどにあふれ、私たちブロック委員もうれしくなりました。
せっかくのご縁、今後もつながりを大切に活動していきたいと思います。

 

 

C89f1f3122d3446bb5fb3db18ce9ee72

 

 

埼玉北部ブロック委員会

 

 

 

2019年12月11日 (水)

総代学習会「知ってる?再生!植物由来のプラスチック〜コープのエコ活〜」を開催しました

12月6日(金) コーププラザ深谷にて、総代学習会を開催し、総代21人が参加しました。
コープデリ連合会CSR推進室の宮川さんを講師に、総代のみなさんの関心が高かったプラスチック問題の現状と削減に向けた取り組みについて学習しました。
地球温暖化やプラスチックゴミに関して、スライドや資料を使い、コープ商品を通しての取り組みなどをわかりやすく教えていただきました。
8cd41a9585724872be7205a1c8656129

プラスチックは今の生活に欠かせない物になっています。参加者からも「宮川さんの『プラスチックが悪いわけではない、処理の仕方が悪いんだ』という言葉が胸に刺さりました」「スモールステップでもできる事をきちんとやっていこうと強く思いました」などの感想があり、上手な付き合い方が大切なんだと考えさせられました。

後半は、環境に配慮したプラスチック包材を使用した商品を使って調理をしました。
80a268d3ef4943168b8304772854389a

協力し合い、クリスマスランチがあっという間にできあがりました。

待ったなしの世界の現状を目の当たりにし、普段見過ごしているパッケージの表記を意識した買い物をするなど、次世代のためにできる事をみんなで考えられた貴重な時間となりました。

 

埼玉北部ブロック委員会

 

より以前の記事一覧