埼玉北部

2018年8月 3日 (金)

お店の人に教えてもらおう!お魚のさばき方

7月21日(土)コープ深谷店コープルーム(会議室)にて開催しました。

子ども達にもお魚に慣れ親しんで欲しい、「食べるたいせつ」を体感して欲しい、との想いからの開催でしたが、小学生の親子連れから中高年までの参加があり、幅広い年代の方に体感していただくことができました。
まず、コープ深谷店鮮魚担当者によるアジの三枚おろしのやり方の説明とデモンストレーション。みなさん熱心に耳を傾け真剣な眼差しで見ていました。

Img_2669

その後はグループに分かれて、1人1尾アジの三枚おろしに挑戦しました。みなさん集中してさばいている姿が多くみられました。普段包丁を持った事のない子どもも、教わりながら上手に、また、ケガする
人も無くさばくことができ、その後、パン粉焼きにして試食しました。

参加者からは、
「いつも何となくさばいていたが、プロに教えてもらってとても勉強になりました」
「魚を一切食べないのに、今日は完食してくれました」
「宿題の絵日記に書きます」
などの感想がありました。
お店の協力を得て、無事に終えることができて良かったです。


Img_2670_4

北部ブロック委員会

2018年8月 1日 (水)

みらいひろば寄居 クールシェア

7月18日(水) 寄居町総合社会福祉センター かわせみ荘で開催しました。
今月は「クールシェア・・・家の電気を消して皆でみらいひろばに集まろう!」と題し、北部 ブロック全ひろばで、火を使わない簡単デザート「トライフル」の調理を行いました。

まず、トライフルの由来や作り方について説明し、調理スタート!
全ての食材を大きさを揃えてサイの目に切り、層状に重ね、最後に飾りつけ用にとっておいたフルーツを飾ったら、はちみつをかけてできあがり!

31e4012e29414c30833dd9704b444130

A6569602aa594c88bf9c3903291cba67

「あっと言う間にできて、とても美味しい!」「朝食にも良いかも!」と皆さんニコニコでした。

試食しながら消費者被害についての学習をしました。
自身や親族、知人の体験談で盛り上がり、「年々手が込んでいく騙しの手口に、お互い気をつけなくては!」と改めて感じました。

試食〔トライフル〕
⚫︎CO・OP国産玄米使用 玄米フレーク
⚫︎CO・OPプレーンヨーグルトビフィズス
⚫︎CO・OP毎日食パン
⚫︎CO・OPのおいしいフィリピン産高原バナナ
⚫︎山梨県産もも(中玉3個)
⚫︎愛媛のブルーベリー
⚫︎アルゼンチン産&カナダ産純粋はちみつ
試食〔試してみて!〕
⚫︎CO・OP真っ赤なトマトのスープ

☆ みらいひろば 8月の開催案内☆
21日(火)みらいひろば熊谷[コープ熊谷コープルーム(会議室)]
27日(月)みらいひろば三峰[荒川農村環境改善センター(調理室)]
28日(火)みらいひろば深谷[コープ深谷店 コープルーム(会議室)]
28日(火)みらいひろば本庄[本庄市共和公民館]
28日(火)みらいひろば秩父[コープデリ秩父センター(会議室)]
29日(水)みらいひろば行田[行田男女共同企画推進センターVIVAぎょうだ]
29日(水)みらいひろば寄居[寄居町総合社会福祉センター かわせみ荘]

みらいひろばの開催時間は全会場10時〜12時です。皆さんのご参加をおまちしています。
埼玉北部ブロック委員会

2018年7月 5日 (木)

美里町でじゃがいも掘り!

6月23日(土)児玉郡美里町との共催で、じゃがいもの収穫体験を行い、ご家族やグループで申込みの総勢74人の参加をいただきました。
まず、じゃがいもの生産者から、品種の説明や栽培過程、農薬や化学肥料を極力使わない栽培方法へのこだわりなどを伺った後、「きたあかり」「インカのめざめ」「ジャガキッズレッド」の3種類のじゃがいもを、参加者全員で掘りました。
次々に土の中から出てくる大小様々なじゃがいもに大人も子供も大興奮!一生懸命掘っていました。
掘った後は蒸したてのじゃがいも3種類を、味や食感の違いを感じながら試食しました。
参加者からは、「会場の周りには田んぼもあり、間近に見れて自然を満喫できた」「農業体験に興味があり、とても楽しめた」などの感想が寄せられました。

2ec0448c3bb84dd3bd52d9549ae885c2

1cbc74d946c94158b2f9deb3e469a763

埼玉北部ブロック委員会

2018年7月 2日 (月)

託児の担い手 子育てサポーター募集説明会

2018年6月19日(火)コーププラザ深谷にて託児の担い手 子育てサポーター募集説明会を開催し、28人参加がありました。

子育てサポーターとは、”組合員どうしの助け合い・預けあい”を制度化した、託児の有償ボランティアです。
子育てサポーターには、みらいひろばや学習会など、コープみらいの取り組みの託児を担っていただいています。

第1部では、コープみらい埼玉エリア北部ブロック事務局より、「2018年度組合員活動上の託児の手引き」をもとに託児の考え方や運営基準、託児依頼の流れなど細かく丁寧に説明受けました。
0cdd032e5f7247f5b306e8f2b2376cb3

第2部では、コープみらい埼玉県本部地域子育て支援拠点職員長谷部裕子氏より託児の注意点、年齢別の発達と遊びなどを学び、実際に手遊び歌やバンダナを使った遊びをしながら楽しく学ぶことができました。

B4e31a9536bd40c8af0aad1c1e07a05c

参加者からは
「自分も2人の子どもがいるので年齢別の発達のお話がとても参考になりました」
「小さい孫がいるので勉強になるかと参加しましたが、たくさん手遊び歌など教えていただき、思いきって参加して本当によかったです」
などの声がありました。

参加者全員に新規•継続登録をしていただきました。
子育てサポーターさんとともにこれからも子育て中の方が安心して参加できるように活動を行なっていきたいと思います。

北部ブロック委員会

2018年6月24日 (日)

みらいひろば秩父 お米育ち豚学習会

6月22日、秩父市歴史文化伝承館の調理室にてみらいひろば秩父を開催しました。
初参加5人を迎え総勢9人で行った今回のひろばでは、<お米育ち豚を知ってもらう>学習会として
リーフレットなどの資料を説明してからipadで映像視聴をし、理解を深めました。その後、お米育ち豚を使った調理に移りました。
●広報誌コープみらい6月号掲載の[豚肉となすのレンジ蒸し]
●お米育ち豚の粗挽き生ウインナー
●お米育ち豚とアメリカ産コマ切れの食べ比べ
の調理をしました。
「映像が優しい感じで、内容も知らない事ばかりで驚きました」
「試食してみて、臭みがなくさっぱりしていた。焼くとお米育ち豚から脂がたくさん出てきて甘さもあり、食べるとその分さっぱりしていて柔らかかった」

などの声をいただきました。
次回のひろばにも繋がり、内容の濃いみらいひろばとなりました。

Dd7445ece92f4694a13357b0c04b6245

☆ みらいひろば 7月の開催案内☆
13日(金)みらいひろば秩父[コープデリ秩父センター(会議室)]
17日(火)みらいひろば本庄 [本庄市共和公民館]
18日(水)みらいひろば行田[行田男女共同企画推進センターVIVAぎょうだ]
18日(水)みらいひろば寄居[寄居町総合社会福祉センター かわせみ荘]
19日(木)みらいひろば熊谷[コープ熊谷コープルーム(会議室)]
19日(水)みらいひろば深谷 [コープ深谷店 コープルーム(会議室)]
20日(金)みらいひろば三峰[荒川農村環境改善センター(調理室)]

みらいひろばの開催時間は全会場10時〜12時です。皆さんのご参加をおまちしています。
埼玉北部ブロック委員会

2018年6月 8日 (金)

産地工場見学(有)妙義ナバファーム

2018年5月29日(水)(有)妙義ナバファームの産地工場見学を開催しました。 しいたけを植え込む前の培地作りから、植え付け、成長、収穫、パック詰めして商品になるまでの過程を、実際にハウスや作業場を移動しながら、そばで見たり、触ったり、匂いを確かめたりしながら詳しく説明していただきました。
コープの安全基準やナバファームのこだわりなども話していただき、大切に時間をかけて育てられている事がわかりました。
説明を受けた後は、しいたけときくらげの収穫体験をしました。
たくさんのしいたけや、初めて見るきくらげの生え方に歓声が上がり、
皆さん大切に収穫していました。
参加者からは「生産者の熱い気持ちが伝わってきて良かった」「こういう機会がなければ生産の場や生産者の声、こだわっている事などを知ることができないので見学できてよかった」などの感想をいただき、有意義な産地工場見学になりました。

Photo_3

2

北部ブロック委員会

2018年6月 2日 (土)

「埼玉産直センター トマト・ズッキーニ料理講習会」を開催しました

5月24日(木)コープ熊谷店コープルームにて、埼玉北部ブロック委員会主催「埼玉産直センター トマト・ズッキーニ料理講習会」を開催し、20人が参加しました。
埼玉産直センターにご協力いただき、トマト・ズッキーニの特徴や調理法をお聞きした後、講師6人のご指導により「海澤家が作るトマトカレー」「ズッキーニとキノコのオリーブ炒め」を実習しました。

参加者から「産直センターの方に実際にお会いできて、コープの食材を身近に感じることができました。また生産者の方と直接お話しができて良かったです」「水を使わないでトマトをたくさん使ってのカレー、とても美味しかったです」「ズッキーニの簡単な調理法が分かったので、今後の食卓に取り入れていきたいと思います」また、生産者の方からは「消費者の方と話す機会が少ないので楽しかったです」などの感想が寄せられました。

Photo_2

今回の料理講習会を通して参加者同士の交流も深まり、「これからもこの様な講習会に参加したい」とのご希望も多く大変有意義な講習会となりました。

埼玉北部ブロック委員会

2018年5月31日 (木)

CO・OPきらきらステップ試食会&親子ヨガでリフレッシュ♪

5月30日(水)荒川農村環境改善センターにてCO・OPきらきらステップ試食会&親子ヨガでリフレッシュ♪を開催しました。 参加者親子12組

産後の骨盤の歪みを改善し腹直筋を鍛え、ママと子どものスキンシップを交えながらたくさん体を動かしました。
その後、センター職員さんから、コープの乳・幼児食シリーズ CO・OPきらきらステップの説明をしていただき 国産素材にこだわり、おいしさ・食べやすさを追求し研究を重ねて出来上がったという話に皆さん興味を持って、熱心に耳を傾けていました。

4c8b5ff169534962b0b73d7953612e58


●国産野菜で作ったなめらかキューブほうれん草
●国産米をふっくら炊いた白かゆ
●九州産小麦使用やわらかミニうどん
●国産若鶏のスティックナゲット
●3種の国産野菜としらすのおかゆ
5品を試食しました。皆さん、あっという間に完食し「とてもおいしかったです」「冷凍で小分けできるから便利ね」「気になっていたので今回試食しておいしかったから今度買います」というお声をいただきました。
みらいひろばのお知らせをしたところ、今後の参加に繋がりとても嬉しかったです。
これからも地域の皆さんと絆を深めていきたいです。


埼玉北部ブロック委員会


2018年5月17日 (木)

みらいひろば行田

5月16日、行田市男女共同参画推進センターVIVAぎょうだにてみらいひろば行田を開催しました。
消費者月間に因んで、ブロック委員が参加した埼玉県消費者被害防止サポーター全体交流会でのお話を伝えたり、カルタを使って騙されないための心構えについて学びました。
皆さんは「儲美頭信健(ちょびっとしんけん)」という言葉を知っていますか。儲け話や美容関係、教材・資格取得、信仰、健康食品などに関する話には要注意、という合言葉です。
また消費者ホットライン「188(いやや)」の確認もしました。参加者からは、こんな電話がかかってきたとか怪しいハガキがきたなどの実例が出され、内容の濃いみらいひろばとなりました。
D69c723826fb42d694ce5393cfba6969
                      ☆みらいひろば 6月の開催案内☆

18日(月) みらいひろば深谷  [コープ深谷店 コープルーム(会議室)]
20日(水) みらいひろば行田  [行田市男女共同参画推進センターVIVAぎょうだ]
          みらいひろば本庄   [本庄市共和公民館]
21日(木) みらいひろば熊谷   [コープ熊谷店コープルーム(会議室)]
       みらいひろば三峰   [荒川農村環境改善センター]
22日(金) みらいひろば寄居   [寄居町総合社会福祉センター かわせみ荘]
           みらいひろば秩父   [秩父市歴史文化伝承館(調理室)]

みらいひろばの開催時間は全会場10時〜12時です。 皆さんのご参加をお待ちしています。

埼玉北部ブロック委員会

続きを読む "みらいひろば行田" »

2018年5月 2日 (水)

「ユニセフ・ラブウォーク in 長瀞」を開催しました

4月28日(土) 埼玉県ユニセフ協会・社会福祉法人 長瀞町社会福祉協議会との共催で「楽しく歩いて国際協力♡ ユニセフ・ラブウォーク in 長瀞 〜新緑の長瀞へ Let’s Go! 〜」を開催し、94人(うち子ども31人)が参加しました。
新緑の中さわやかな風を受け、秩父鉄道野上駅から上長瀞まで約4.5kmの道のりを歩きました。
観光名所 岩畳からは長瀞町観光ガイドの皆さんに岩畳の成り立ちや自生するフジについて説明をいただきました。

D16eefb19f274f8895af225f49baf492

ゴールではコープみらいのユニセフの取り組みを紹介したボードの展示や、ユニセフクイズ、北部ブロック独自の「試してみて!この商品アンケート(co・opアップル100%スパークリング)」を実施しました。原爆死没者慰霊式に手向ける鶴も折っていただきました。

521346934d364f45919ff2e547921ebc

参加者からは「毎年参加しています。子供たちと歩くのにちょうどいい距離で、家族で来られてよかったです」「ふだん気づかないところを長瀞町観光ガイドさんが説明してくれてとても有意義だった」などの感想が寄せられました。
参加費など20,365円をユニセフ募金としてお預かりしました。

埼玉北部ブロック委員会

より以前の記事一覧