埼玉北部

2019年4月 8日 (月)

バスで行く!「彩の国くらしプラザ」埼玉県生活科学センター

4月3日(水)川口市SKIPシティーにある「彩の国くらしプラザ」埼玉県生活科学センターを36人で見学してきました。

春休み中で親子一緒に参加できる企画だったので、10人の元気な子供たちも参加してくれました。

「彩の国くらしプラザ」埼玉県生活科学センターは消費生活をテーマにした、全国唯一の参加体験型施設で、展示ゾーンやシアター、図書ゾーンがあり、消費生活に関する知識を、ゲームやクイズ形式で楽しく分かりやすく学べます。

シアターでは、「彩の国くらしプラザ」のマスコットキャラクターのくらっしーが映像の中で、リアルに “消費” についての問題を出題したり、私達の質問に答えてくれたりして、子供も大人も大興奮でした。

その中で、商品を買うこと、食べること、そしてゴミを出すことの全てが “消費” で、1人の人間が1日に出すゴミの量は、平均1kgにもなるという問題では、8割の方がもっと少なく答えてしまい、驚いていました。

展示ゾーンでは、様々なゲームやクイズに挑戦したり、買い物体験や訪問販売と電話による悪質商法などの対処法を学習することができ、皆さん真剣に取り組んでいました。

Fc6f93040f584526b6d4672115d81d32 2a6ada96964a47cf9da4eab917cf06e8 78b6a623267d4e9eb3ce8c336dfa991f

参加者からは、「 “消費” の意味について改めて学べて良かった」「日頃から取り組むことの大切さがわかった」などの感想をいただきました。

子供たちからも、「シアターやゲームで楽しく勉強できた」「また来たい」などの感想が寄せられました。

大人も子供も、“消費” について楽しく学べたとても有意義な時間となりました。

北部ブロック委員会

 

2019年4月 3日 (水)

バスで行く! 産地工場見学 榛名酪農業協同組合連合会(牛乳工場)

 3月28日木曜日、風が強く吹く1日でしたが37人元気に見学してきました。春休みの子どもも参加できる企画で2倍近い応募があり、地域のニーズが高いことがわかりました。車中の自己紹介でも、「春休みに親子で楽しい思い出にしたい。」「牛乳が大好きなので応募した。」などの声が多く聞かれました。

榛名牛乳の大きな看板の工場に着き、最初にDVD を視聴して搾乳から工場に運ばれ検査を経て製品になるまでを学習しました。次に2つのグループに分かれて工場内のラインを見学しました。見上げるほど大きなサイロタンク(貯蔵タンク)や製品検査について、また牛乳パックの組み立てとパック詰めの様子を見ることができました。特に検査項目は多種多様で、成分、抗生物質、体細胞などさまざまな検査をして安心安全な牛乳だけがパック詰めされて届けられていることが良くわかりました。参加した子ども達はバスの中でも見学中も真剣に話を聞き、感想も全員が発表して良い体験ができた1日となりました。

参加の方からは、牛乳という身近な商品の工場見学で子どもも興味を持って参加できたことや、たくさんの検査を経て安全な商品が届いていると分かったなどの声が寄せられました。

2b68eeacd05e4f82b4ecc53d978d820d
3ccdf285e4c14c47a329b3b882c5b2a4
埼玉北部ブロック委員会

2019年3月23日 (土)

憲法カフェ

 3月20日(水)コーププラザ深谷にて「明日の自由を守る若手弁護士の会」の竪 十萌子氏を講師に迎え
憲法カフェを開催しました。
資料「憲法ってなあに?」をもとに日本国憲法のイロハから、大日本帝国憲法との相違点、今の政治(法律制定)の
流れなどを踏まえて、憲法が私達の権利や生活を守ってくれている事などを学びました。
テーブルに花を飾り、お菓子とお茶を飲みながら和やかに始まったカフェですが、講師のテンポの良い熱く的確な
講義に、参加者は引き込まれとても勉強になった2時間でした。
参加者からは、「疑問に思っていた事が晴れやかにクリアになった気がする」
「もっと憲法を知り、無関係ではいけないと思った」「今日学んだことを周りの人に伝えていきたい」
など、前向きな意見が多数寄せられました。
A91a160a0ce74b78a12fd77bff3461b4
埼玉北部ブロック委員会

 

2019年3月22日 (金)

東日本大震災復興支援募金

3月10日(日)、「忘れない、伝える、続ける、つなげる」を合言葉に
コープ熊谷店とコープ深谷店にて東日本大震災復興支援募金の呼びかけを行いました。
またローリングストック
(普段から使っている缶詰やレトルト食品などを使ったら買い足して常に備えておくこと)
に適したコープ商品の展示や
3日分のメニュー例の提案などが掲載してあるパンフレットも配布しました。


76565038d6004620a87a3c8410ef3a92

「ローリングストックと聞いてもピンとこなかったけど、パンフレットの献立を見て参考になった」
などの声があり関心が高い様子がうかがえました。


110ad557b6ab4b3b8a036a1a251853a7


また、「試してみて!この商品アンケート」の商品でもあり、ローリングストックにも最適な

「co-op国産素材 フルーツポンチ」の試食も行いました。

39213023bcd74fa192061e271d7c8a8f


頑張ってね、ありがとうね」などの温かい言葉もいただきました。

たくさんのご協力ありがとうございました。

埼玉北部ブロック委員会

2019年3月 5日 (火)

産地工場見学 雪印メグミルク(株)川越工場

2月21日(木)、37人の参加者のみなさんと雪印メグミルク(株)川越工場の見学に行ってきました。
バスの中での自己紹介では、健康のために毎日牛乳やヨーグルトなどの乳製品を摂ってます、という声が多く聞かれ、とても期待している様子がヒシヒシと伝わってきました。

工場では、まずDVDを観ながら「工場の歴史と概要」「ヨーグルトが出来るまで」「ヨーグルトが固まる仕組み」についてお話を聴いた後、ヨーグルトやコーヒーゼリーが充填・包装・箱詰めされる様子を見学しました。

Photo_2


社員の方の説明はとてもわかりやすく、質問にも丁寧に答えてくれました。
参加者からは「乳酸菌と言ってもたくさんの種類があるんですね」「ヨーグルトは今まであまり気にせず選んでいましたが、これからはもっと良く考えて選ぼうと思います」「保存の仕方にも気をつけます」
など様々な声をいただき、たくさんの学びがあったようでうれしく思います。

Photo_3


ここで、出た質問の中から2つ紹介します。
Q1. ヨーグルトはいつ食べるのが効果的ですか?
A1. 朝昼晩、いつでも効果に変わりはありませんが、乳酸菌の種類によっては
   胃酸に弱いものもあるので、食後に食べていただくのが望ましいです。
Q2. ヨーグルトの上に出ている水のようなものは何ですか?
A2. ホエイ(乳清)と言ってヨーグルトの水分が分離したものです。
   栄養が豊富なので混ぜて食べたり、飲み物や料理に利用してください。

よかったら、みなさんも参考にしてください。

北部ブロック委員会

2019年2月26日 (火)

みらいひろば熊谷

2月26日(火)コープ熊谷コープルーム(会議室)にてみらいひろばを開催し、8人の参加者が集まりました。この日は食に関する商品グループインタビューで、テーマは「フリーズドライスープ、味噌汁」です。

まずはモデレーターからフリーズドライ味噌汁の製造工程について説明があり、実際に食べたことがあるか、また、どんな時に利用しているかなどの意見交換をしました。試食はCO-OP豚汁です。まずは開封するところから手に取って試してもらい、使い勝手について意見を出し合いました。味、濃さ、具材の量についても、それぞれの家庭の好みや感想などを活発に意見し、賑やかで楽しいグループインタビューとなりました。
最初は緊張気味の参加者が多かったですが、話が進むにつれ意見や感想をどんどん出してくれました。

60886fcfa78741489339e0bb13466d39

B099893944d748748f328e73cfa0c119
参加者からは「こんな風にして商品が改善されていくのね」「自分の意見に耳を傾けてもらえて嬉しかった」などの感想が出ました。

✳︎3月の埼玉北部ブロック みらいひろばのご案内✳︎

3月4日(月)
・みらいひろば深谷 会場: コープ深谷店 コープルーム(会議室)
・みらいひろば本庄 会場: 本庄市 市民活動交流センター はにぽんプラザ
・みらいひろば秩父 会場: コープデリ秩父センター

3月7日(火)
・みらいひろば熊谷 会場: コープ熊谷店 コープルーム(会議室)

3月8日(金)
・みらいひろば行田 会場: 行田市男女共同参画推進センター VIVAぎょうだ
・みらいひろば寄居 会場: 寄居町総合社会福祉センター かわせみ荘
・みらいひろば三峰 会場: 荒川農村環境改善センター

みらいひろばの開催時間は全会場10時〜12時です。皆さんのご参加をお待ちしております。

埼玉北部ブロック委員会

2019年2月22日 (金)

託児の担い手子育てサポーター交流会

2月22日(金)、コーププラザ深谷で「託児の担い手子育てサポーター交流会」を開催し、22人が参加しました。
最初に子育て応援コーディネーターから子育てサポーターとして今後も安全に活動を行えるよう注意事項等をお伝えした後、
「しゅうまいdeかんたん肉まん」を作りました。薄力粉、牛乳他を混ぜた生地の中にco・opお米育ち豚入り大粒肉焼売を入れ包み、強火で10分蒸すとあっと言う間にふっくらした肉まんが出来上がり。想像以上の出来ばえに思わず大歓声。自分で作った肉まんを味わいながら、活動をして困った事や、要望、エピソードを語り合い交流しました。参加者の方から「子どもを預かるので事故が無いことが一番大切だと改めて実感した」「子育てサポーター制度はすごく良いものなので、これからもつながりを大切にしたい」「試食をしながら、色々な遊びの工夫やエピソードが聞け勉強になった」などの感想が寄せられました。肉まんを蒸している待ち時間に行なった「すずらんテープを使っての様々な遊びの紹介」も大好評で、楽しく有意義な交流会となりました。


C80b7cc31bec4bf2ab567d31ea971c8e
「しゅうまいdeかんたん肉まん」実習

B6bbacded9924e2bba44e5c61bc37142
「すずらんテープを使っての様々な遊び」

北部ブロック委員会

2019年1月28日 (月)

みらいひろば深谷

1月22日(火)コープ深谷店コープルーム(会議室)にてみらいひろば深谷を開催しました。
参加者、ブロック委員含め5人で行った今回のみらいひろばでは、最初に「お米育ち豚を知ってもらう」学習会として
ipadで動画を視聴し、リーフレットの資料も使い理解を深めました。その後、お米育ち豚を使った調理をしました。

Img_3025_2

●お米育ち豚ロース(生姜焼用)と産直豚小間切の食べ比べ
●お米育ち豚肩ロース(しゃぶしゃぶ用)を使ってミルフィーユかつ
●お米育ち豚小間切(ちょっと厚め)を使って一口カツ
の調理をしました。
「お米育ちシリーズは、鶏肉とかたまごもあるんだね」
「試食してみて、臭みがなくさっぱりしていた。焼いたり揚げたりしてもお肉が柔らかくておいしい」
などの声をいただきました。

Img_3030

次に、子どもの未来アクションについてもipadで動画を視聴し、リーフレットの資料も使い学習しました。今回も、充実した内容の濃いみらいひろばとなりました。

✳︎2月の埼玉北部ブロック みらいひろばのご案内✳︎

2月19日(火)
・みらいひろば行田 会場: 行田市男女共同参画推進センター VIVAぎょうだ
・みらいひろば本庄 会場: 本庄市 共和公民館
・みらいひろば秩父 会場: コープデリ秩父センター

2月21日(木)
・みらいひろば三峰 会場: 荒川農村環境改善センター

2月26日(火)
・みらいひろば熊谷 会場: コープ熊谷店 コープルーム(会議室)
・みらいひろば深谷 会場: コープ深谷店 コープルーム(会議室)

2月27日(水)
・みらいひろば寄居 会場: 寄居町総合社会福祉センター かわせみ荘

みらいひろばの開催時間は全会場10時〜12時です。皆さんのご参加をお待ちしております。

埼玉北部ブロック委員会

クロスロードゲーム

1月22日(火)行田市立中央小学校にてクロスロードゲームを開催しました。クロスロードゲームとは、災害時に起こり得る様々な場面を想定した設問に答えていくことで、災害対応力を身につけるカードゲームです。


防災の授業ということで6年生71人が4〜5人のグループに分かれて行いました。先生も子どもたちもクロスロードゲームの目的、やり方を熱心に聞いていました。設問に対して、自分ならどうするかをyes no カードで示すと、グループには色々な考えの人がいる、そんな中で自分の考えを発表し、相手の考えにも耳を傾けている姿が見られました。


感想として「自分とは違った考えがあること、なぜそう思ったかを聞き、なるほどと思った」「家に帰って家族と設問のことやハザードマップのことを話し合いたい」などの声が寄せられました。

ゲームの目的である、自分で考え行動することの大切さが分かってもらえたのではないかと感じました。クロスロードゲームを体験したことを家庭に持ち帰って家族でも話し、防災意識が高まるきっかけになれたら嬉しいです。


Img_2988

Img_3016

埼玉北部ブロック委員会

2019年1月25日 (金)

商品学習交流会(株)ニッキーフーズ「目からウロコの冷凍食品」

2019年1月18日(金)寄居町総合社会福祉センターかわせみ荘にて、(株)ニッキーフーズによる商品学習交流会 「目からウロコの冷凍食品」を開催しました。
16人の地域の方が参加し、会社概要や商品へのこだわり、コープ商品開発のご苦労を聞かせていただきました。 「コロッケは、電子レンジをかけた後2分程置いてから食べるとサクサクになる。」「ローストビーフは、半解凍の状態で切ると薄く切れる」など、解凍のコツやアレンジメニューなどを教えていただき、調理試食しました。
参加者からは「冷凍食品のイメージが変わりました。」「とても便利でこれからも使っていきたい。」「今まで食べた事のない商品も試せたので今度買ってみたい。」などの感想をいただきました。塩分を気にする方も多く、減塩の商品に対する期待の声も多く上がりました。
普段話を聞くことのできないメーカーさんと直接交流が出来、有意義な学習会となりました。

F03e2621eb0e4ccfa65d4141afec7107_2

1542758dedf84f38b507de8f1beb6422

埼玉北部ブロック委員会

より以前の記事一覧