埼玉西北

2020年11月24日 (火)

模擬ユニセフ・ラブウォークin川越願い事めぐり

埼玉西北ブロック委員会では、11月16日(月)に模擬ユニセフ・ラブウォークin川越願い事めぐりをブロック委員10人で行いました。
コロナ禍での感染予防対策の工夫をしながら、川越市内の寺社6ヶ所(川越八幡宮→出世稲荷神社→日除稲荷神社→熊野神社→成田山川越別院→喜多院)をコロナの終息を願い、途中、改装中のミニコープ仲町店の前も通りました。お天気にも恵まれ、少し色づき始めた紅葉も楽しみながら、約2、5kmを1時間30分で全員完歩!ユニセフ募金にも協力しました。

B271793695aa47f09ed1c77bb995edeeC63d4d64e4094ab2912a23a6bfd90e75

ユニセフ・ラブウォークは、世界の子どもたちの福祉に役立てる「募金」と健康づくりの「ウォーキング」を結び付けた取り組みです。
みなさんと一緒のユニセフ・ラブウォークの開催のめどがつきましたらお知らせいたします。

 

埼玉西北ブロック委員会

2020年11月12日 (木)

模擬みらいひろば川越高階

埼玉西北ブロックでは、みなさんがみらいひろばに安心して参加していただけるよう、より実践に近い形での模擬みらいひろばを10月28日コープ高階店コープルームにて行いました。
部屋の大きさを考慮し、参加人数は運営者2人と参加者5人として開催する設定。他のブロック委員はオブザーバーとして見守りました。
入り口には注意事項の掲示をしました。参加は申し込み制とし、受付で名前のチェック、手指の消毒をし、健康チェック表はソーシャルディスタンスを考慮した席を作り記入していただきました。
マスクを忘れた方、申し込み無しで来た方、遅れて来た方という想定もして対応の仕方も確認しました。
Ba101a02e4e54c41b61c48084d0ba34c

10月のテーマは体力作りと高齢者支援。
自己紹介では健康の秘訣をお聞きしました。
みらいひろばニュースからはコープたすけあいの会ミニハートを紹介し、コープの福祉事業や健康寿命の話をして交流しました。
おすすめ逸品クイズ、ロコモ度チェック、店舗で耳にするコープみらいのメロディに乗って筋トレをし、模擬だということを忘れるくらい楽しく盛り上がりました。
Bc330a057c104616ab1018a50fa1e199

試食はCO・OPファミリーチョコレートとCO・OPミックスキャロット。配るときには手袋を着用、その間に換気。飲食の時にはマスクを外さず、おしゃべりをしないことをお願いしました。
7f0b8deea6b741f3a6c301f95490889a

終了後にオブザーバーのブロック委員からの意見を元に改善点を話し合いました。

新たな気づきを改善工夫しながら、安心で楽しいみらいひろばを実開催できるように準備を進めていきます。

埼玉西北ブロック委員会

 

2020年10月 8日 (木)

埼玉西北ブロック『いちご便り かわら版』No.2

みなさん、こんにちは。
新型コロナウイルス感染拡大により、今までのように活動ができない状況下でも地域のみんなさんと早くお会いできることを待ちつつ、活動を進めています。今回は、西北ブロック委員会の活動を紹介している「いちご便り」の【かわら版No.2】を発行しました。
内容は、 ブロック委員会でおこなった『エシカル消費の勉強会』です。

04decce5719b4c3f8d26255da79c7c09

この【かわら版】は、コープ高階店、ミニコープ仲町店、千代田店、脚折店、薬師町店、お茶山店でご覧いただけます。
活動が再開できるようになりましたら、いちご便りやコープみらいホームページでお知らせいたします。

埼玉西北ブロック委員会

2020年10月 5日 (月)

模擬みらいひろば薬師町

空気が清々しく、さわやかな秋晴の季節となりました。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

9月28日、ミニコープ薬師町店コープルームにて、模擬みらいひろばをブロック委員11人で開催してみました。
コロナ禍、初のコープルーム使用のため、部屋の広さ、机や椅子の配置、ソーシャルディスタンスなどの心配な点を実際に確認し、進行役の3人はマスクの代わりにフェイスガードを着用しました。
3fbb0a559eae49dab7fc58466a3ad886

みらいひろばニュース9月号のテーマは「防災・減災・被災地支援」

◇みなさんのおすすめの防災対策を自己紹介とともにに聞き、交流しました。
避難時には、枕元に懐中電灯、子供に付ける光るリングなど。
避難所では、保険証のコピー、お薬手帳の用意、トランプなど。
備蓄品では、長期保存水、レトルト食品、缶詰、ビタミン剤など。
その他、まだ対策ができていない方は、「今後真剣に考えなければいけないね」と話していました。

◇防災地震OXクイズ
10問のクイズにチャレンジしていただきました。さすがブロック委員、全員6割以上正解でした。
避難所と避難場所の違い、阪神・淡路大震災で亡くなった8割以上は、家屋や家具の倒壊によるものなどを伝えました。

◇チラシや新聞紙を使った容器作りと、防災時に役立つ試食紹介
火も水も使わない、ドライカレー、ヘルシーサラダ、きな粉と黒蜜のお麩スイーツのレシピを紹介しました。
980048b7ee4449f79dac7b6c43898f94

 

◇参加したブロック委員Bチームの感想
クイズが参考になり、ゲームみたいに学習できて楽しかった。容器作りなどためになる情報が多いと喜ばれました。よかったをたくさん言っていただけました。

「みらいひろば」に集う方々は十人十色、色々な思いで参加するのだと思います。みなさんの居場所作りのため、そして安全・安心な対策があるから参加しようと思っていただける場所になるように工夫していきたいと思います。

 

埼玉西北ブロック委員会

2020年9月28日 (月)

「ブロック委員のための4つのプロジェクト学習会」

暑さ寒さも彼岸まで…と言いますが、急に肌寒くなってきましたね。 皆さん、体調崩されてないでしょうか?

9月25日(金)コーププラザ川越にて「4つのプロジェクト学習会」をブロック委員10人で開催しました。
コロナ禍で通常の学習会ができないので、ブロック委員の引き出しを増やし、学び合うための学習会をしています。
7月にAチームが行ったエシカル学習会に続き、2回目はBチームが担当しました。

736237fd546240778facc7759fe14f8f

持続可能な社会を目指してコープデリグループが取り組んでいる4つのプロジェクト「美ら島応援 もずくプロジェクト」「佐渡トキ応援 お米プロジェクト」「お米育ち豚プロジェクト」「ハッピーミルクプロジェクト」をメンバー4人がそれぞれ担当し説明しました。

この日のために担当するプロジェクトについて、色々調べました。調べていくうちに楽しくなって、どんどん伝えたい情報が増え、持ち時間の10分があっという間に過ぎ、知らず知らずのうちに早口になっていました。時間配分など反省点もありましたが、ブロック委員それぞれに4つのプロジェクトについて学びを深めることができました。

コロナウィルス感染症が収束せず、皆さんにお会いできない状態が続いていますが、みらいひろばや通常の企画が再開された時に、皆さんにしっかりお伝えできるよう、ブロック委員一同がんばっています。

2918abd61b3b448ba50e31f7324417be

埼玉西北ブロック委員会

 

2020年9月 7日 (月)

いちご便りかわら版を発行しました

まだまだ残暑が続いておりますが、みなさまお元気でお過ごしでしょうか。

 

コロナ禍で活動自粛になってから、西北ブロック地域の組合員のみなさんに配布している西北ブロックニュース「いちご便り」はお休みしていますが、この度、「いちご便り」の【かわら版】を作成いたしました。
今回の内容は、ブロック委員でおこなった「模擬みらいひろば」についてです。

75828c9e9f27486d943ac09d95fb1753

この【かわら版】はコープ高階店、ミニコープ仲町店、千代田店、脚折店、薬師町店、お茶山店でご覧いただけます。
お買い物のときに、ちょこっと立ち止まって、私たちの活動の様子を知っていただき、みなさんに早くお会いしたいという気持ちが伝わるとうれしいです。

活動が再開できるようになりましたら、いちご便りやコープみらいホームページでお知らせいたします。

 

埼玉西北ブロック委員会

2020年8月 6日 (木)

「ブロック委員のためのエシカル勉強会!」

長い梅雨が明け、やっと夏空が広がってきましたが、みなさんお元気にお過ごしでしょうか?
今年はコロナの影響でマスク必須の文字通り暑い夏になりそうですね。人の少ないところではマスクを外し、しっかり水分を摂り熱中症対策をお忘れなく!
まだまだ活動が制限されており、みなさんともお会い出来ずもどかしい日々を過ごしています。
そんな中、西北ブロック委員会Aチームではメンバーの引き出しを増やすため「エシカル勉強会」を行うことにしました。
まずは講師役ブロック委員で《コープのエシカル》《エシカル消費の種》の冊子を使い学習しました。
当日は、ソーシャルディスタンス、アルコール消毒、換気に気を付け、ブロック委員11人で開催しました。

112529bbf64c459c90f82fcabd26d811Abe9034aa3f8446aaef1d503d6fb8b3f

はじめは、エシカルのマークに注目し、“海のエシカル”“森のエシカル”のほか、“カエルのマークのレインフォレスト・アライアンス″などを紹介。このカエルは赤目カエルと言い環境の良い所でしか生息しないそうです。
そして私たちの最も身近なプラスチック問題。7月1日よりレジ袋の有料化が始まりましたが、コープではエコバッグ推奨を以前から取り組んでいます。プラスチックと付き合うための5R リフューズ(断る)リデュース(少なくする)リユース(再利用)リサイクル(再生利用)リペア(修理する)を意識していきたいですね。
他にも子ども向けの分かり易いエシカルの絵本の読み聞かせをしました。

次に普段心掛けていることを発表しました。
「地産地消・旬の物・国産の物を買う」「調理時廃棄物を無くす・野菜の皮で出汁をとる・メニューをリメイクして次の日も食べる」
「古着でエコバッグを作る・傷んだ子ども服などはアップリケなどでリメイクする」などすぐに真似したいものばかりでした。

8618b731579346ecbff08bde79781b58 3526c0ae14f64638aad60f3affb79042

ここからはコープの60周年総選挙のチラシを使ったエシカル商品探しです。学習したマークを使い該当商品を答えたり、実際の商品を用意しマークの場所も確認しました。なんとチラシの60商品のうち、半分以上がエシカル商品でした。

次は60周年総選挙チラシのエシカル商品を使ったレシピを1人一品紹介しました。
おさかなソーセージで「スライスチップス」
ミックスキャロットの「炊き込みピラフ」
たまごスープの「あんかけ丼」「炊き込み炒飯」
エシカル商品を使ったお弁当はアイデア満載でした。

ブロック委員は、「誰かのためになる商品を選べるようにマークを見て買い物をしようと思った」「エシカルは遠い物と思っていたが勉強会に参加して身近なものに感じた」「コープは以前からエシカルを実践していたことを知った」「盛り沢山の内容で楽しく勉強できた」「できる範囲で続けることが大事だと思った」などの感想でした。

このように西北ブロック委員会では、みなさんにお会い出来る日を楽しみに待ちつつ、みらいひろば・商品交流会・勉強会をいかに安全・安心に開催出来るのか考えています。みなさんの笑顔は私たちの笑顔になります。もうしばらくお待ちくださいませ。

 

埼玉西北ブロック委員会

 

2020年7月28日 (火)

模擬 みらいひろばプラザ川越

梅雨明けも近づき、これから本格的な夏を迎えますが、みなさま、お元気にお過ごしでしょうか。
感染拡大防止の為、みなさまとお会いできないまま、みらいひろばや企画などをお休みさせていただいています。
7月21日(火)コーププラザ川越でブロック委員のみで「模擬みらいひろばプラザ川越」を行ってみました。
手の消毒や健康状態をチェックしてから、受付を済ませ、ソーシャルディスタンスを考慮した席の配置、マスクの着用はもちろんのこと換気にも配慮し、今後みなさまと気持ちよくお会いできるよう、感染予防の工夫を確認しながら行いました。
Db605fa2ff524c768e736cf8545816c0

自己紹介をし、我が家の鉄板メニューやCO・OP商品60周年総選挙について交流しました。
鉄板メニューでは、豚汁、タコライス、たこ焼き、手打ちうどん、ドレッシングを利用した焼肉など、CO・OP商品60周年総選挙では、野菜たっぷりドレッシング、卵スープ、炭酸水、スティックゼリー、鯖の味噌煮などで話が盛り上がりましたが、これを機に数年ぶりに商品を購入したブロック委員がいたり、おさかなソーセージにはまっているなどの話で盛り上がりました。
次に、美ら海応援もずくプロジェクト10周年について、紙芝居を見ながら説明をしました。
フコイダンやミネラルたっぷりで、美容や健康に良いもずくのアレンジレシピのみを紹介。
お子さんにも、ぜひ食べていただきたい食材ですね。
F7648974bfc64ad9996a691ffe0ea89f

*写真の試食品は、2019年12月に紹介したものです。

次に、それぞれが持ってきたバンダナや風呂敷を利用して、エコバッグを2種類作りました。
お気に入りの布を見つけて利用しやすい大きさにしたり、気兼ねなく洗えるのも感染予防に良いですね。
Ffc6fc10fed441e8b5854b393ea1c7ad

模擬で行ったみらいひろばでしたが、盛りだくさんでとても活気にあふれ、そして充実していました。
なによりも、とても楽しかったというのが一番の感想です。
通常のみらいひろばが再開されて、みなさまにお会いできる日を楽しみにしています。

 

埼玉西北ブロック委員会

2020年2月 8日 (土)

「簡単にわかる相続の進め方」学習会

2月6日(木)ミニコープ薬師町店2階コープルームにて、株式会社コープサービス コプセ案内センターによる「簡単にわかる相続の進め方」の学習会を開催し13人が参加しました。
まず始めに、㈱コープサービスの篠崎さんよりコプセは、コープの心をこめた葬祭サービスであるという説明の後、今回の講師である相続手続きセンター関東の佐藤さんによる講義が始まりました。
短い時間ながらも、相続手続きの進め方や民法の改正についてなど相続の基礎の部分を学習することができました。
相続争いの実情として、遺産争いは資産家ではなく普通の家庭で多く起きていること、相続争いの原因は相続人以外が口を挟むことや兄弟による不公平感が理由であることが多いことがあげられ、みなさんも頷いて聞いていました。
エンディングノートなど終活ブームの昨今、両親のためによかれと思って勧めたのに逆に嫌な思いをさせてしまったという例もあり、本当にデリケートな問題であり「元気なうちに笑いながらできるのが理想です」という講師の言葉が印象的でした。
参加者からは「相続の基本がわかりやすく学べて、参加してよかった」
「そろそろ考えなくてはいけない年齢になり、よい機会だった」
「もっと詳しく聞きたかったので、またこういう企画をしてほしい」
などの声が寄せられました。

8009510e13e64d2dabd5b410cbf15bee

その後、コープデリ坂戸センターによるデイリーコープの夕食宅配サービスの紹介や説明があり、今回は舞菜おかずコースとエネルギー塩分調整食コースのお弁当を試食しました。
参加者からは「減塩食と比べることができてよかったし、味もしっかりついていておいしかった」「初めて食べたが、おかずの種類が多くてよい」「今後の為に参考になったので、試食ができてよかった」との声が寄せられました。

7884b720374c449c905cdbf1f78c14a17a2f2dda41c843a89f1e28c08b468915

誰もがいつかは考えなくてはいけない相続の進め方の基本を学ぶ機会になりましたが、参加者からはもっと聞きたいという要望も多かったので、今回だけでは学習しきれなかったことは次の企画に活かしていきたいと思います。

埼玉西北ブロック委員

商品学習交流会 森永乳業株式会社〜ヨーグルト〜

2月5日(水)コープ高階店2階コープルームにて、森永乳業株式会社〜ヨーグルト〜の商品学習交流会を開催し、18人が参加しました。

ヨーグルトの定義・規格、種類、栄養的効果などのお話の後、さらに詳しく菌の種類や特徴、製造方法などを学びました。森永乳業のヨーグルトに入っているビフィズス菌BB536については特に詳しい説明があり、長年の研究に裏付けられた安全性や、様々な効果(免疫・肌状態改善・抗不安作用・腸のメンテナンス・血中コレステロール低下)にはみなさんの関心が集まり、試食をしながらラベルを熱心に見る姿も見られました。

B3170955f37043fd8fe425c508b9beb8

ビフィズス菌以外の機能性ヨーグルトやデザート性の高いヨーグルトの紹介、試飲・試食もありました。
参加者からは「試食、試飲をしながらお話を聞けたので、記憶に残りやすく良かった」、「ヨーグルトといっても色々な製造方法や使用されている菌があることを知り、とても勉強になった」、「ヨーグルトの試食で味を確認できて良かった」などの感想をいただきました。

 

0969c8f163b14fbd9bd82331cf860a1e

 

ひと口にヨーグルトといってもいろいろ違いがあることを学べ、今後の購入の参考になる学習会になりました。

 

埼玉西北ブロック委員会

 

より以前の記事一覧