埼玉西北

2017年10月19日 (木)

総代学習会 「コープみらいの電気小売事業について」

10月18日(水)西北ブロックの総代*を対象にコープみらいの事業を学んでいただくことを目的に学習会を開催し14人が参加しました。昨年の一般家庭への電力自由化に、多くの会社が電気小売事業を始めましたが、コープみらいも今年の秋に事業を開始しました。ブロック別総代会議の分散会で「コープみらい電気って何?安いの?」と関心が高かった事を受けて、そのニーズに応え、ブロック委員・総代同士の交流も深めることができました。

*総代とは 組合員の代表として通常総代会での生協の意思決定に参加します。ブロック別総代会議に出席し、コープの報告や提案を聞いて話し合います

コープみらい電気小売事業推進室の職員を講師に迎え、「コープみらいがなぜ電気事業に取組んだか?」という話からはじまり、エネルギー政策の基本的な考え方やエネルギー創出の取り組みと電気の種類、コープみらい電気の特徴について2時間たっぷりと学習しました。「電気は奥が深く、請求書も見ずにしまいこんでいました。難しい内容ですが、私達の生活に直接関係していることです。これを機会に主人と考えます」「コープ電気は、使用料が単に安いと事前知識しかなかったが、エネルギー問題、環境問題も学び、考えていくきっかけになると思いました。ためになる情報が聴くことが出来てよかった」などの感想をいただきました。その後の昼食交流では、各家庭の電気のお話で、盛り上がりました。Image_10
埼玉西北ブロック委員会

2017年10月10日 (火)

親子でクッキング

10月7日(土) 10時〜13時「 親子でクッキング」の講師に武蔵丘短期大学 健康生活学科の永島伸浩教授をお迎えし、東松山市の松山市民活動センターにて開催し、親子7組(16人)が参加しました。初めに、食品から栄養を摂ることが大切な事や、消化器官のもつ意味など教えていただきました。

Image_13

調理のレシピは、①にんじんケーキ、②花巻(中華風蒸しパン)、③春餅(具材のみ)豚肉とニラの炒め物・炒め卵・炒めもやし を先生にデモンストレーションしていただいた後、参加者みなさんで調理しました。


Image_17

Image_18


「にんじんケーキはにんじんが1本入っているけど、味も匂いもないので子どもも食べられました」「中華風蒸しパンは、ほんのり甘みがあっておいしいです」などの感想が寄せられました。

Image_19

親子で一緒に食について考え、楽しくクッキングをしていただきました。

埼玉西北ブロック委員会


2017年10月 3日 (火)

コープみらいの食育「たべる、たいせつ」「田んぼのがっこう 稲刈り体験」

10月1日(日)JA埼玉中央川島カントリーエレベーターにて「田んぼのがっこう 稲刈り体験」が、37組131名の参加者で開催されました。昨年は悪天候のため、開催できませんでしたが、今年度は、秋風の吹く真っ青な空の下、手に鎌を持ったご家族が意気揚々と田んぼに移動しました。
鎌を取り扱う時の「鎌は、振り回さない 」「左手で稲をつかむ時、親指をきちんと上にして、鎌は、振り下ろさず稲の根元にあて、いっきに引く」などの諸注意を、大人も子供も真剣に聴いていました。
いよいよ稲刈りが始まり「思ったより硬い!」「すんなり刈れた!」「僕が、全部刈ってあげる!」など様々な声が聞かれました。残りの稲を、コンバインであっという間に刈り上げると
歓声があがりました。
稲刈りが終わると、各家庭で、育てることに挑戦し、会場に持参いただいた「バケツ稲」の品評会が始まりました。
どの家庭の稲も、立派に育っていましたが、埼玉県から参加された御家族の稲が、1番大きく、たくさん身をつけていると評価され表彰されました。
次回は、いよいよ収穫祭です。みなさん、どれくらいお米が取れたか、楽しみに帰られました。

Image_14

西北ブロック委員会

2017年9月20日 (水)

商品学習交流会ホクト株式会社 きのこで簡単ヘルシー料理

9月20日(水)ホクト株式会社東京営業課島田さんによる商品学習交流会「きのこで簡単ヘルシー料理」をコーププラザ川越にて、参加者32人で学習しました。スライドを見ながら、きのこの衛生的な生産方法や安全性、栄養価について学びました。「きのこに他の菌が混ざらないように食事から気をつけなければいけない」という話にみなさん驚いていました。きのこの保存期限は1~2週間位(目安)ですが、冷凍すると3週間保存することができるそうです。ただし、冷凍したまま調理しないと風味が劣りますので気をつけてお試しください。(冷凍したまま調理してください)簡単ヘルシー料理は、「ブナピーの超簡単混ぜご飯」「きのこの浅漬け」「霜降りひらたけと茄子の甘酢炒め」「うまみたっぷりきのこ汁」の4品を作りました。
参加した皆さんに「本日のメニューの中で、どれが美味しかったですか?」という質問に「すべて美味しいです」と、いうお返事で、「とても楽しく、有意義なきのこの学習会でした」という感想もいただきました。

Photo_5


Photo_6

埼玉西北ブロック委員会

2017年8月23日 (水)

エコたんけん隊 コープデリ東松山センター

8月21日(月) 10時30分~12時30分 子どもたちが環境について学び・考える「エコたんけん隊」をコープデリ東松山センターにて参加者12人で開催しました。

初めにDVDを見ながらコープみらいの環境の取り組みについて学習した後、センター長を隊長に施設内の冷蔵庫や冷凍庫見学をし、組合員さんから回収されてきたカタログ等のリサイクルする手順を実際に見て学習しました。
たんけん後は、牛乳パックを使って万華鏡作りをしました。それぞれの思いで描いた作品にみんな満足していたようです。
「リサイクルのことがよくわかりました」「これからは、リサイクルしやすいように、出す時は気をつけます」などの声があり、環境について考えるきっかけになればうれしく思います。

Photo

Photo_2

埼玉西北ブロック委員

2017年7月25日 (火)

エコプロダクツ川越2017

7月23日(日)10時〜15時 川越市の環境プラザ「つばさ館」にて、いろいろな企業・団体がエコについての取り組みを紹介する環境イベント「エコプロダクツ川越2017」が開催されました。
西北ブロック委員会では、コープみらい環境の取り組みポスター、エシカルタペストリー、環境マーククイズを掲示しました。
クイズにチャレンジしていた小学生のお子さん達は、どのようなCO・OP商品にどういう環境マークがついているのか、パネルをみながら答えをさがしていました。
間伐材を使ったウェルカムボード作りには、151人の参加があり、終始長い列ができていました。
短冊には、「私のエコ宣言メッセージ」を記入し、用意した笹に下げていただいたので、みなさんの想いで笹の葉が重そうでした。
このイベントをきっかけに、生活の中で環境に配慮する工夫やエシカル消費について考えていただければうれしく思います。

Photo

Image_5

埼玉西北ブロック委員会

2017年7月20日 (木)

産地工場見学 (株)タカキベーカリー つくば工場

7月13日(木) (株)タカキベーカリー つくば工場見学に23人が参加しました。

手作りに近いパンを作るため少量しか作らない。人の手でこねる。そして、石窯オーブンで焼き上げる事にこだわり、安心・安全で美味しいパンが私たちの手元に届く事を学びました。

見学通路から製造ラインを見学後、調理実習で「石窯で焼いたライ麦パンを使ったパングラタン」「プチトマト&オリーブオイルで作る簡単ソース」を作りました。
焼成冷凍パンの焼き戻し方も教えていただき、パンの美味しさと食べ方をみなさんに伝えたいと思いました。

参加者からは、
「説明がわかりやすく、丁寧な仕事ぶりがわかった」「調理しながら試食でき、食事としてのパンの活用の幅が広がりました」「学んだ事を伝えたいです」などの感想をいただきました。

Photo  Photo_2

               Image_7

埼玉西北ブロック委員会

2017年7月11日 (火)

商品学習交流会『株式会社スクロール』

7月10日(月)㈱スクロールさんによる商品学習交流会「カタログ商品について」をコーププラザ川越にて開催し、6人が参加し、普段はカタログで見ることしかできない商品について学びました。
スクロール社製の「盛田屋豆乳よーぐるとぱっく玉の輿」を体験した参加者からは「しっとりした感じ」「白くなった」「すべすべした」「アトピー性皮膚炎でも大丈夫なことが試せて嬉しかった」などの感想を聞くことができました。なかでもいちばん参加者全員が驚いたのは、スクロール社の方が顔の右半分に塗りその右半分がリフトアップしたことでした。
フレグランスヘアミストは「ミスト状で少量でも髪がサラサラする」「少量なのに香りが持続していい」「経済的」などの感想が寄せられました。
また、「スクロールは、洋服だけだと思っていたが、いろいろな商品があることがわかった」「いままで洋服のカタログは全く見なかったけど、次回から見てみようと思った」などの声をいただきました。

         Image_2

埼玉西北ブロック委員会

  

          

          

   

みらいひろば鳩山

7月10日(月) 埼玉県比企郡鳩山町の鳩山町ふれあいセンターにて、「みらいひろば鳩山」を参加者7人で開催しました。
初めの自己紹介では好きな季節をお聞きしました。1番多かったのは秋で、「景色がいいですね」「気候がちょうどいいです」「食べ物も美味しいです」などの理由でした。
コープのエシカルについてお話し、ゴミの分別についての話題となり「鉄くずの日があり缶詰のふたなどはその日に捨てます」「びんは色分けをして出します」「びんと缶は一緒の袋に入れて出してます」など地域によってごみの出し方は違いますねとお話が盛り上がりました。
今回の試食は、サラダにCO・OP濃厚シーザーサラダドレッシングとCO・OPピンクのたまねぎドレッシングをかけて試食しました。濃厚シーザーサラダドレッシングは「ちょっと高級感のある味ですね」ピンクのたまねぎドレッシングは「見た目の印象より美味しかったです」などの感想をいただきました。

Image_18

Image_19

次回は8月24日(木)10時〜12時の開催です。みなさんの参加お待ちしています。

埼玉西北ブロック委員会

2017年7月 3日 (月)

コープみらいの食育「たべる、たいせつ」「田んぼのがっこう 生きものさがし」

7月2日(日)JA埼玉中央川島カントリーエレベーターにて、田んぼのがっこう生きものさがしが開催され、40組の家族計152名の方が参加されました。6月に植えた稲の成長観察を行ない、生きものさがしをおこないました。Image

今年は、タモロコ、ミナミメダカをはじめとする13種類の生きものを見つけました。生きものさがしの後、埼玉県環境科学国際センターの金澤光先生から生きものの説明をしていただきました。環境豊かな田んぼだからこそ、生きものが生息できていることや、外来種が多くなっていることを学ばせていただきました。

参加者からは「稲が大きくなっていて安心しました」「田んぼの生きものも外来種が多くなっている現実を知り、私たちも責任を持って生きものを育てなければいけないと感じました」などの感想が寄せられました。
稲の成長を見守りながら、田んぼに生きものが生息している意義や命の大切さをお伝えすることができました。

Image_2

埼玉西北ブロック委員会