埼玉西北

2017年12月12日 (火)

みらいひろば東松山

12月12日東松山市にあるミニコープお茶山店にて参加者6人で開催しました。月間テーマの地球温暖化防止についてでしたので、家庭でどんな冬エコをしていますか?とお聴きしたところ、「節電に気をつけている」「入浴は続けて入るように心がけています」など参加者からお聞きしました。
森林の環境問題の話の時は、本日の試食商品のフェアトレード生産農園限定セイロン紅茶と全粒粉ミルクチョコビスを食べながらレインフォレストアライアンスの認証マークの商品を買うようにしましょうと話し合いました。その他に、食塩不使用のミックスナッツを使って、ナッツとリンゴ入りのケーキを作りました。甘さも程よくしっとりとした味わいで、好評でした。

Image_14_2

Image_15_2

次回は2018年1月17日10時~12時に同じ会場で開催します。 ぜひ、ご参加ください
埼玉西北ブロック委員会

2017年12月 8日 (金)

コープみらいプラザまつりin川越

12月3日(日)コーププラザ川越で「コープみらい プラザまつりin川越〜学ぼう!遊ぼう!楽しさいっぱいみらいの輪〜」を開催し、約230人の方に来ていただきました。

3階テーマ『楽しさいっぱい!』ステージ発表では、共済クイズ、地域クラブ「流音」「きりかぶ」によるオカリナ演奏・朗読劇、女子栄養大学〜ニコニコ会〜食育人形劇・科学ワールド実行委員会のロコモってなに?、ご当地ヒーロー「FPレンジャー 」体験会など盛り沢山な内容でみなさんに楽しんでいただきました。
来場された方の中には、FPレンジャー体験会の整理券をもらう為に朝早くから来てくれたお子さんがいて、とてもうれしかったです。

Image_20

2階テーマ『学びがいっぱい!』は、地域クラブ「折り紙コープの会」折り紙体験、「きつつきの会」点字体験、「医療生協さいたま」健康チェック、メディカルアロマハンドクリーム作り、「女子栄養大学 科学ワールド」によるロコモ度テストなど体験していただきました。

Image_8

1階テーマ『遊びがいっぱい!』は、釣りゲーム、牛乳パックつみつみゲーム、「コープハウジング」間伐材ネームプレート作り、「川越介護センター」脳トレゲームなど大人から子どもまで楽しんでいただきました。

Image_21

またフードドライブの取り組みでは6.6kgの食品が集まりました。ご協力ありがとうございました。
来年度も地域のみなさまに楽しく交流していただける内容を考えて開催できたらと思います。

埼玉西北ブロック委員会

2017年11月30日 (木)

認知症サポーター養成講座

11月29日(水)埼玉県比企郡吉見町民会館(フレサよしみ)にて認知症サポーター養成講座を参加者11人で開催いたしました。認知症ケア専門士の杉田芳枝さんに認知症についてや認知症の方と接する心構えを、介護福祉士の栗原寿昌さんに実務に基づいたお話を伺い、DVDで認知症の方と接する時の良い言葉掛けと悪い言葉掛けについて学習しました。参加者からは「認知症の方の自尊心を大切にすることをわかっていたようで忘れていました」「認知症の方の不安をできるだけ受け止めてあげることを心がけていこうと思いました」などの感想をいただきました。受講後、参加者にはオレンジリングと認知症サポーター証をお渡しし、多くのことを学べる有意義な時間となりました。

Image_6

埼玉西北ブロック委員会

2017年11月24日 (金)

商品学習交流会 サンスター(株)「エイジングケア」

11月21日(木)商品学習交流会サンスター株式会社「エイジングケア」をコーププラザ川越にて参加者21人で開催しました。スライドを見ながらエイジングケアの基礎知識を学びました。美容業界では、美しいお肌の条件を「うなはだけ」と言い、大事なことは『う』潤い、『な』滑らかさ、『は』ハリ、『だ』弾力、『け』血色がよいの4つの条件が揃った肌になるために、意識をもって肌ケアをすることだそうです。

Image_9

スカルプケアとして正しいシャンプーの仕方も教えていただきました。丁寧にブラッシングをしてから、地肌までよく濡らし、シャンプー剤をしっかり泡立て、頭皮をマッサージしながら洗うこと、いつもの2倍しっかり洗い流すことが大切だそうです。マイクロスコープで一人ずつ頭皮チェックした時は、ほぼ全員の方が初体験で大盛況でした。参加者からは「頭皮チェックは参考になりました」「購入する前に、クリームなどのお試しができてよかった」などの感想をいただきました。

Image_10

埼玉西北ブロック委員会

2017年11月22日 (水)

プチひろば鶴ヶ島西

11月17日(金) 鶴ケ島市西市民センターのロビーで5人が参加しました。
そのうち2人は、鶴ヶ島西市民センターで行っている体操の帰りに初めて立寄っていただいた方でした。

今月は、みなさんとポップアップクリスマスカードをおしゃべりしながら楽しく作り「素敵なカードができてよかったです」と喜んでいただきました。

参加者から「私も組合員だけど、ここでこんなことをしているなんて、知らなかったわ。次回も参加するわ。」と言っていただけました。

Image_27

来月は12月1日(金)10時30分〜12時の開催です。和紙でお正月用の祝膳袋を作ります。

是非、お立寄りください。happy01

埼玉西北ブロック委員会

2017年11月18日 (土)

産地工場見学「江崎グリコ㈱グリコピアイースト」

11月14日(火)江崎グリコ㈱グリコピアイーストの工場見学に行ってきました。埼玉県民の日ということもあり、たくさんの応募の中、大人29人子ども13人と幅広い年齢層の方に参加していただきました。はじめにグリコの創業者江崎利一物語の映像を見て、グリコキャラメルの素は牡蠣から取れるグリコーゲンという話にみなさん驚かれていたようです。

ポッキー・プリッツの原料から仕上げ、包装までの生産ラインの説明を聞きながらガラス越しに作業員の少なさ、機械の速さに食い入るように見ていました。

見学内容に沿ったクイズでは、正解とスピードで優勝を競い、みなさん真剣にボタンを押して楽しんでいました。

「チョコレートの匂いが良かった」「ポッキーやプリッツのことが良く分かり、クイズも楽しかった」「これから食べる時は、一味違う味わいで楽しめそうです」などの感想がありました。

Photo_4 江崎グリコ㈱工場を後にし、コープ桶川店へ移動しました。三村店長の案内で店舗内の見学をし、普段見ることのできない裏側を見せていただきました。店舗で購入した美味しい昼食とお買い物も楽しんでいただきました。

Photo_5 埼玉西北ブロック委員会

産直野菜を使った料理講習会「里芋」

11月17日、武蔵嵐山の国立女性教育会館(ヌエック)にて、参加者15人で里芋料理講習会が開催されました。
まず、生産者の川越地域生協出荷組合さんから、パンフレットを見ながら産直野菜の里芋の栽培方法や苦労談等をお話いただいた後、里芋のメニュー紹介があり、料理3品を7班に分かれて調理をしました。

Photo

10月から11月の季節が出荷の最盛期だそうです。“フライド里芋”を作る時は、皮をむき、出汁で煮てから、スティック状に切り、油で揚げると、柔らかくて美味しく、若い人にも喜ばれる一品になります。

“ゴマ焼き”は、小芋の皮をむいて薄くスライスし水けを拭いてぬめりを取り、油をしいたフライパンで中火から弱火で5分ほど焼き、黒ごま塩で味付けするだけのシンプル簡単料理。

“小芋の鶏そぼろかけ”は、ほんのり甘い鶏肉と野菜あんに包まれた優しい味わい。つい沢山食べてしまうほどの里芋レシピで参加者の皆さん絶讃でした。

試食後、収穫したばかりの大きな里芋の株を見ながら、親芋・小芋・孫芋の作りや、肥料の与え方、土寄せの仕方等細かく教えていただきました。

参加者の方から「おもいっきり里芋を堪能し、新鮮で美味しい里芋に感動しました」という感想がありました。

Photo_3

Image_23

埼玉西北ブロック委員会

2017年11月14日 (火)

コープみらいの食育「たべる、たいせつ」「田んぼのがっこう収穫祭」

11月12日(日)JA埼玉中央川島カントリーエレベーターにて「田んぼのがっこう収穫祭」を子ども57人を含む31組116人の参加で開催しました。会場には、大きな鍋で作った130人分ぐらいの豚汁のおいしい香りがただよい、みなさんが育てたお米で作ったおにぎり320個、つきたてのお餅も用意され、皆さん待ち遠しそうです。
JA埼玉中央センター長宇津木様よりご挨拶をいただき、お待ちかねの試食です。温かくておいしい物を食べると笑顔になるものですね。お腹も落ち着いたところで、西北ブロック委員会による“お米に関する数え方クイズ”を行い、みなさん元気に答えてくれました。「楽しかった」との感想もいただきました。
次に修了証とお米の授与式です。参加者は5kgのお米をしっかりと抱かえて満面の笑顔です。6月から苗を植え、7月に稲の成長を見ながら田んぼの生きもの探しをして、命の大切さを学び、10月に稲刈り体験をして、食べ物を作る大変さと大切さを学びました。
「お米を大切に食べます」という言葉に、今までの参加者の笑顔を思い出し、収穫の喜びと大変さを伝えることが出来たのだと実感し、皆さんを見送りました。
Photo

Photo_3 Photo_4

埼玉西北ブロック委員会

2017年11月10日 (金)

みらいひろば坂戸

11月9日(木) ミニコープ千代田店コープルームにて開催し、8人が参加されました。共通商品のCO・OP食塩不使用ミックスナッツを使ったスムージーと小松菜の和えものを作りました。「スムージーはナッツを入れたことがなかったので香ばしくておいしかった。」「小松菜の和えものはナッツをすりつぶさず、たたいたことにより歯ごたえもあり食感が残って小松菜のシャキシャキとあっておいしかった」などの感想をいただきました。

*「共通の商品」は、CO・OP商品を知っていただき、おしゃべりの輪を広げ、交流するために行っています

11_2 

11_4

皆さんと楽しく交流できました。次回は12月7日(木)に開催します。参加お待ちしています。

埼玉西北ブロック

2017年10月19日 (木)

総代学習会 「コープみらいの電気小売事業について」

10月18日(水)西北ブロックの総代*を対象にコープみらいの事業を学んでいただくことを目的に学習会を開催し14人が参加しました。昨年の一般家庭への電力自由化に、多くの会社が電気小売事業を始めましたが、コープみらいも今年の秋に事業を開始しました。ブロック別総代会議の分散会で「コープみらい電気って何?安いの?」と関心が高かった事を受けて、そのニーズに応え、ブロック委員・総代同士の交流も深めることができました。

*総代とは 組合員の代表として通常総代会での生協の意思決定に参加します。ブロック別総代会議に出席し、コープの報告や提案を聞いて話し合います

コープみらい電気小売事業推進室の職員を講師に迎え、「コープみらいがなぜ電気事業に取組んだか?」という話からはじまり、エネルギー政策の基本的な考え方やエネルギー創出の取り組みと電気の種類、コープみらい電気の特徴について2時間たっぷりと学習しました。「電気は奥が深く、請求書も見ずにしまいこんでいました。難しい内容ですが、私達の生活に直接関係していることです。これを機会に主人と考えます」「コープ電気は、使用料が単に安いと事前知識しかなかったが、エネルギー問題、環境問題も学び、考えていくきっかけになると思いました。ためになる情報が聴くことが出来てよかった」などの感想をいただきました。その後の昼食交流では、各家庭の電気のお話で、盛り上がりました。Image_10
埼玉西北ブロック委員会