埼玉西北

2019年8月 7日 (水)

エコプロダクツ川越2019

 8月4日(日)10時〜15時、川越市環境プラザ「つばさ館」にて環境の取り組みについて紹介する「エコプロダクツ川越2019」が開催されました。

コープみらいの環境の取り組みや、リサイクルの取り組み、秩父の森の紹介、エシカル環境タペストリーの掲示を行いました。

西北ブロック委員会では環境マークとコープ商品を結ぶクイズを出題し、真剣に考えて答え合わせをし「全問正解!」と喜んで帰る親子の姿もありました。

毎年大人気のコープハウジングによる間伐材を使ったエコプレート作りには、230人の親子が参加しました。参加者からは、「昨年は混雑していて出来なかったので今年は楽しみにしていました。できて良かった」「いろいろな飾り付けができて嬉しい」などの感想が寄せれらました。

コープデリ川越南センターと連携し「コープデリでんき」の紹介をすることができ、多くの方にお立ち寄りいただきました。

工作やクイズを通して親子で環境やリサイクルについて考える一日になりました。

 

A873bd1bec2c49f7ae02c20ad8c531bc

41ae74b587b243dd8c5f25fc6c5320bf

2c6b0601b502458c897061fba0bec822

 

埼玉西北ブロック委員会

2019年7月18日 (木)

コープみらいカレッジ第6期川越キャンパス第8回「災害に備える〜家族と地域のためにできる事~」

7月17日(水)コーププラザ川越にてコープみらいカレッジ最終プログラム第8回「災害に備える~家族と地域のためにできる事~」 が開催されました。
受講生13人 卒業生5人、ブロック委員7人、合計25人が参加しました。

午前は まちかど防災「減災塾」塾長の水島重光さんを講師に お迎えし、昼はカップ麺とアルファー米の水戻しの試食。午後は地域支えあいマップ体験担い手の加々良則子さんとクロスロードゲームをおこないました。

阪神淡路大震災を体験された水島さんは自助と共助の重要性や一人一人の危機管理の意識が必要など熱く語って戴きました。

Photo_20190807160601

 

参加された方の中には、「日頃なんの準備もしていない」「とても参考になった」「携帯用水のパックはどちらで購入するのか?」「カップ麺は水で戻しても美味しく食べられる」などの感想が寄せられました。

災害時のことを考えるのは誰しも気が進みませんが、災害時に何が必要か どんな心構えでいるのか 普段の生活の中でも考えることの大切さを学びました。

水島家では、トイレにハザードマップや家族の行く避難場所にシールをして家族全員が承知している事。7日分の非常事態に耐えられる食の確保が出来ている事 。紙おむつ一枚はいつもカバンに入れておく事。などの話はとても印象に残りました。

この学びで我が家でも足りない事は すぐ取り入れ 共助に行ける準備も必要なのだと心改める時間となりました。

 

321ba24a47c9445bb20716dd095ba755

加々良さんの「間違いもなく 正解もないゲームをします」の声で午後はクロスロードゲームをしました。

クロスロードゲームは 、岐路や分かれ道に立たされた時の選択や、決断を ジレンマの問題に YESかNOを選び お互い何故その答えなのかを話し 理由を聞きあいました。多くの価値観や視点に出会いみんな違っていて良いのだという認識を持ちました。

埼玉西北ブロック委員会

2019年7月12日 (金)

コープみらいの食育「たべる、たいせつ」田んぼのがっこう(川島会場)〜生きものさがし〜

7月7日(日)JA埼玉中央の川島カントリーエレベーターにて「田んぼのがっこう(川島会場)〜生きものさがし〜」を開催し、32組114人が参加しました。
小雨が降る中、6月に植えた稲の成長を確認しました。参加者からは「大きくなってるネ」と嬉しそうな声があがり、自宅で育てているバケツ稲の育て方についてもJA埼玉の方からアドバイスをいただきました。

Fb0fe717636340378e7775a27a86c720

 

その後、田んぼわきの用水路にて生きものさがしです。埼玉県環境科学国際センター 金澤先生から「各家族、3種類以上の生きものを探しましょう」の合図とともに開始!「ザリガニが獲れたよ!」「メダカかな〜」と大人も子どもも夢中になっていると、雨もあがりました。

 

4c77bc9602994f62879ac4e57c413696

 

1406ec15c640427c82e68560f952deb0

 

金澤先生から、今日獲れた13種類の生きものについて説明をしていただき、子どもたちは、目を輝かせながらお話を聞いていました。参加者からは、「身近にたくさんの生きものがいることに驚きました」「子どもが、魚について知りたい気持ちがめばえたようです」「大人も子どもも楽しめました」などの感想が寄せられました。

 

916f697d2d9a4d7382f6225d2340c7ab

 

次回は、10月6日(日)、成長した稲を刈るのが楽しみですね。

 

埼玉西北ブロック委員会

 

2019年7月10日 (水)

コープみらいカレッジ第6期川越キャンパス第7回「子ども食堂と学習の現場から」

  7月5日(金)、コーププラザ川越にてコープみらいカレッジ第6期川越キャンパスの第7回講義「子ども食堂と学習支援の現場から」が開催されました。
受講生11人、卒業生7人、ブロック委員20人、合計38人が参加しました。

 

講師はチームひだまり会長上蓑礼子さんです。チームひだまりは地元かわつる商店街でコミニティカフェを営み、2016年度コープみらいかがやき大賞を受賞している団体です。
*地域の拠点を作り、地域住民の絆を強める
*住みよい地域を自らの手で作る
というこころざしで、大きく分けて3つの活動(①子育て支援事業②シニア世代支援事業③地域の絆を強める事業)をされています。

Photo_20190710122901

今回は主に③の中で「子どものためできること」から、「学習支援」と「子ども食堂」について話していただきました。子どもは地域の次世代を担う仲間=生活困難の子どもに手を差し伸べる→地域の安定につながるという考えから始めた活動ということでした。学習支援は「ひだまり塾」を開き、学力をつけることで本人の自信回復をし、支援し理解する者が自分のまわりにいることで自己肯定感を高めることを目的に、小学生から高校生までを指導をしています。子ども食堂は、自分で食べていける力をつけるということで、会場作りから配膳、調理、片付けまで一緒に行います。「学習支援」と「子ども食堂」は共に取り組むということに意義がある、教育は子どもにとっての最大の社会保障、持続可能にするために無理はしないという言葉が心に残りました。

Photo_20190710122902

支えてくれる協力者への感謝をいつも忘れず前向きに活動に取り組む上蓑さんの姿に頭が下がると共に、私たちには何ができるだろうと考える機会をいただく有意義な講義でした。

 

埼玉西北ブロック委員会

2019年6月28日 (金)

コープみらいカレッジ第6期川越キャンパス第6回 蕎麦打ち体験

6月25日(火)、コーププラザ川越にて、コープみらいカレッジ第6期川越キャンパス第6回目 蕎麦打ち体験を行ないました。
講師に浦和そば研究会の秋谷信一さんをはじめとする7人の講師を迎え、受講生15人、卒業生1人、ブロック委員3人の合計26人が参加しました。

まず始めに講師のデモストレーションの解説を聞きながら見て学び、その後、5グループに分かれて実際にそば粉をふるいにかけるところから、ゆで方まで行ないました。

 

809d4aba28454648a48876df51952bdf

 

 

受講生も蕎麦打ちが初めての方が多く、講師にお手本を見せていただきながら一生懸命、生地をこねたり練ったりしました。
受講生からは、自分たちで作った手打ち蕎麦の味は格別で「とてもおいしかった!」「見ているだけだと自分でもできると思ったけれど、実際やってみると本当に難しいし、練りの工程など力が必要で重労働だとわかった」などの感想が寄せられました。

 

 

4d92a737e17e4faf8432a68996b39fc0

 

 

C433701baad2468caeb42b8799312f12

 

埼玉西北ブロック委員会

2019年6月25日 (火)

ベビーマッサージ 〜ママも赤ちゃんもリフレッシュ〜

6月18日(火)、コーププラザ川越にて、ベビーマッサージ〜ママも赤ちゃんもリフレッシュ〜を開催し、7組14人の親子が参加しました。
ベビーマッサージセラピストと保育士資格をお持ちの方を講師に迎え、ベビーマッサージを教えていただきました。
我が子に声をかけながら、話しかけながら、小さくて可愛い手や足や体をマッサージしました。
「初めてのこどもで、やり方がわからなかったので助かりました」「思ったより簡単で、楽しく出来ました」などの感想をいただき、短い時間でしたがたくさんスキンシップをし、ふれあいを楽しんでいただけたと思います。

 

A6a95b76023d4e659fef20fa88f11278

 

「きらきらステップシリーズ」商品の国産米ふっくら炊いた白かゆ・国産野菜で作ったなめらかキューブ ほうれん草と小松菜&おいも・国産若鶏のスティックナゲットと国産ストレート果汁使用のりんごジュースの紹介をし、試食していただきました。
「素材の味が濃いですね」「いつも利用していますが、購入していなかったものが試食できて嬉しい」「30年前には無かったので便利になりました。忙しいママたちには助かりますね」などの声が寄せられました。

 

5181be58e075424d93c04c4d019551a2

 

 

埼玉西北ブロック委員会

2019年6月15日 (土)

コープみらいカレッジ第6期川越キャンパス第5回元気に笑おう〜笑いヨガ体験〜

6月14日(金)、コーププラザ川越にて、コープみらいカレッジ第6期川越キャンパスの第5回講義 元気に笑おう〜笑いヨガ体験〜が開催され、受講生14人、卒業生7人、ブロック委員10人が参加しました。
講師は、医療生協さいたま 常務理事 笑いヨガリーダーの磯﨑悦子さんです。
「笑いヨガ」とは、1995年インドのDr.マダン・カタリアが考案した、笑いの体操とヨガの呼吸法を組み合わせたもので、誰でもできる健康体操です。

110848d5e2d746d68059865daf54193c

始まるまで、皆さんどんな事をするのか、興味津々。
初めに、あいさつ・コミュニケーションのナマステ笑い、アロハ笑い、静電気笑い?
そして、1メートル笑い、ミルクセーキ笑い、昆布笑いなど、ネーミングにも笑いと驚きが湧き起こりました。
また、笑う動作をしていると、顔の表情筋、横隔膜、声帯、胸筋、腹筋が鍛えられ、大変健康的。

58ea815965de453587253442273c48de

「日常生活の中で、笑い種を見つけて実践していきたい」「みらいひろばで伝えたい」「夫婦2人きりで笑うことが少なくなって来ていたので、今日参加して笑う事が出来て良かった」などの声が寄せられ、大変盛り上がりました。

1人でも多くの方に知っていただきたい健康法だと思いました。

「笑う門には福来たる」

 

埼玉西北ブロック委員会 

 

 

 

2019年6月14日 (金)

コープみらいの食育「たべる、たいせつ」 田んぼのがっこう(川島会場)〜田植え体験〜

6月9日(日)、JA埼玉中央の川島カントリーエレベーターにて、田んぼのがっこう(川島会場)〜田植え体験〜を開催しました。39組152人の方にご参加いただきました。
朝方パラついていた雨も、皆さんの願いが空に通じたのか開会時間には無事上がりました。JA埼玉中央の方より田植えの説明をしていただき、大人も子どもも裸足になって、おそるおそる田んぼの中に入りました。
「うわあ、不思議な感触」「うまく歩けない」「気持ち悪いけど気持ちいい」などの声が上がり、初めての泥の感触にとまどいながらも、楽しそうです。
参加者全員田んぼに一列に並び、いざ田植えの開始です。張った糸に沿って一直線になるように植えていきます。皆さん、田んぼの泥に悪戦苦闘、泥んこになりながらも一生懸命植えていました。植えていくうちに、慣れてきて手つきも良くなってきました。
参加者からは「泥が思った以上に気持ちよかったです」「家族みんなで初めて田植えを経験できたことは、宝物となりました」「苦労して植えたことで、食べ物の大切さを感じることができました」などの感想が寄せられました。
田植え終了後にバケツ苗の説明があり、多くの方が苗を持ち帰られました。
「このバケツ苗を子どもの夏休みの宿題にします」という方もいらっしゃいました。
次回は7月7日(日)。がんばって植えた苗がどれだけ成長しているか、楽しみですね。
C2d87785a97e41ad97ebf9a060b8e2a891d25970df9d47a093af0d9ebf714873 埼玉西北ブロック委員会

2019年6月 3日 (月)

託児の担い手子育てサポーター募集説明会

5月28日(火)コーププラザ川越にて、みらいひろばやブロック委員会の取り組み、会議などで託児を担う子育てサポーターの募集説明会を開催しました。

 

西北ブロック委員会からは「2019年度組合員上の託児の手引き」をもとにコープみらい埼玉エリアの託児の考え方や運用基準、どのようにして託児をお願いするのかと当日の託児を受け入れるまでの流れ、書類の説明などをしました。

 

講師のコープみらい地域子育て支援拠点職員長谷部裕子さんからは、託児を行う時に気をつけること、年齢別の発達とあそび、託児での危険についての研修を受け、歌・手遊び・新聞遊びの紹介もしていただきました。
否定的な言葉使いではなく「○○しようね」などの声掛けの仕方や、目線を子どもの目の高さにすることは危険なところがわかるなどのお話がとても参考になりました。

 

Ee39c7a701fd4d618ef4ad808c131461

 

参加していただいた5名の方全員に登録していただきました。
これからも子育てサポーターの方と協力して子育て中の方が安心して参加できる活動を行なっていきたいと思います。

 

埼玉西北ブロック委員会

2019年5月30日 (木)

ミニコープお茶山店29周年

5月26日 (日) 東松山市のミニコープお茶山店にて、29周年祭を行いました。

 

西北ブロック委員会も参加し、店舗のおすすめ商品「 CO・OP九州の芋けんぴ」の試食をしていただき、「甘くて美味しい」「自宅にも買い置きがあります」などの感想をいただきました。

 

お菓子すくいでは、大人の方々からお子さんにも喜んでいただきました。

 

店舗では、玉ねぎ、人参、ピーマンの詰め放題や抽選会などで 賑わい、来店者の方々には暑い日ながらも楽しんでいただきました。

 

Ce7d1ba7428d4b01b25424639d8924f0

 

767d0b1ce3514e9797b8aa253aea2acf

 

埼玉西北ブロック委員会

より以前の記事一覧