埼玉西部

2019年1月10日 (木)

みらいひろば 富士見みずほ台

12月26日(水) コープみずほ台店(埼玉県富士見市)にて、みらいひろば富士見みずほ台を開催しました。
今回は、共通の商品『オーツ麦たっぷりフルーツグラノーラ』を使ったアレンジレシピで交流をしました。
食べながら、味やパッケージについてなど様々な感想や意見を出し合いました。

そして、年始に向けて折り紙でポチ袋と箸袋をつくりました。
ひさしぶりに折り紙をされるという方もいて、楽しい時間になりました。
年内最後のみらいひろばは、笑顔と笑い声で終わることができました。

これからも地域にひらかれた居場所を目指し、『また来たい』と楽しみにしていただけるようなみらいひろばを開催していきます。

C8b053d54beb4f499eb28ea0491c2521

埼玉エリア 西部ブロック委員会

2018年12月21日 (金)

ユニセフ ハンド・イン・ハンド募金 埼玉西部ブロック委員会

12月8日(土) コープ幸町店(埼玉県志木市)にて、ユニセフ ハンド・イン・ハンド募金活動を行いました。
幼稚園児から中学生までの子どもボランティアの参加がありました。

募金活動の前に、埼玉県ユニセフ協会の講師による学習会を行いました。
なぜ募金をするのか、募金はどのような形になって届けられるのか、小さいお子さんにも分かりやすくお話をしてくださいました。
世界の子どもたちの現状、普段自分たちが当たり前と思っていることができない国があるということなど、理解を深めたうえで募金活動に取り組むことができました。
最初は小さかった声もだんだん大きくなり、一生懸命募金活動をしました。

募金に協力してくださった多くの方々に感謝します。
ご協力いただいた募金は、日本ユニセフ協会へ寄付させていただきました。
ありがとうございました。

3fbefe58de2a4e9e9fad1d83b7592661

埼玉エリア 西部ブロック委員会

2018年12月11日 (火)

ユニセフ・ラブフィットネス

11月26日(月) 新座市中央公民館(埼玉県新座市)体育室にて「ユニセフ・ラブフィットネス」を開催しました。

ユニセフ・ラブフィットネスとは、「健康づくりのためのフィットネス」と世界の子どもたちの福祉に役立てる「募金」を結び付けたユニークな活動です。毎年楽しみに参加していただいている方も多く、3回目の今年は18人の参加がありました。

はじめに、ユニセフ協会のスタッフ松本さんによるミニ学習会で、ユニセフの活動内容や、実際にエチオピアで活動した時のお話を伺いました。

続いて、フィットネス講師の橋爪先生からは、軽いストレッチで体をほぐしたあとに簡単なフィットネスへ。
みんなで楽しく、心地よい汗をかくことができました。

参加者からは
「ユニセフについて具体的に知ることで、今の生活がどんなに恵まれているか改めてわかりました」
「毎回この企画で運動不足を痛感します」
「久しぶりに体を動かせてよかった」
などの感想をいただきました。

これからもさまざまな企画を通して、平和や世界の子どもたちのことを考えるきっかけつくりをしていきたいと思います。

222803718f8849a59195f7e6dec28b79

埼玉エリア 西部ブロック委員会

2018年12月 7日 (金)

元気な終活 プロが教える<生前整理>

12月7日(金)コーププラザ富士見(埼玉県富士見市)にて「元気な終活 プロが教える<生前整理>」を開催しました。

あんしんネットから整理コーディネーターの石見良教さんをお招きし、生前整理のコツを教えていただきました。
元気なうちに身の回りをきれいに。今持っている荷物をひとり1.5トンまで減らしましょう!
と言われ、えー!無理!と、会場からどよめきが起こりましたが、深刻でまじめな話題もあり、笑いもありのお話はどれも興味深くためになることばかりでした。

・なぜ部屋の整理ができないのか?
 →「もったいない」「いつか使うかも」といっても、その「いつか」なんてきません。
・なぜ片付けられないのか?
 →整理、整頓、片付けにはそれぞれ違いと順序があるから。
・この学習会が終わったら、まず遺影写真を撮って、帰宅したら冷蔵庫とトイレのお掃除をしましょう!
など、おもしろくわかりやすいお話で、あっという間の2時間でした。

参加者からは
・不要な物を捨てられる気持ちに切り替えられました
・整理整頓片付けの必要性、充分心に響きました
・残された者に迷惑をかけないように、実行します
・目からウロコでした。帰ってすぐに整理したいです
などなど…前向きで意欲的な感想をたくさんいただきました。

これからも、「参加してよかった」と思っていただける企画を開催していきます。

Ddeb98dcacd942b884ba6df5e4582e92

埼玉エリア 西部ブロック委員会

2018年11月20日 (火)

食と農林業ドリームフェスタ

11月17日(土)18日(日)の両日、朝霞の森(埼玉県朝霞市)にて、2018彩の国 食と農林業ドリームフェスタが開催され、大勢の来場者で賑わいました。

コープみらいの出展ブースでは、簡単なアンケートをお願いしながら、パンチングボールや大豆ドライパック、おしりふきウェットティッシュなどを配布し、コープデリ宅配をPR。
その隣では西部ブロック委員会も協力してCO・OP  CAFEをオープン。
レインフォレスト・アライアンス認証のブレンドコーヒーとカカオ70%チョコをセットで販売し、コープのエシカルの取り組みもご紹介。

20181119_180402

「なぜカエルのマークなの?」「カエルは環境の変化にとても敏感だからだそうですよ」
「コーヒー、いい香りね」「ちょっぴりビターなチョコがコーヒーにピッタリ」
「買い物に疲れたところに、ひと休みできて落ち着いたわ」
など、みなさんとの会話も弾みました。

天候にも恵まれ、組合員のお子さんのお手伝いの力も加わり予定数を完売。
コープの安全・安心をお伝えしつつ、地域のみなさんとのつながりを実感した2日間となりました。

1542618366569

埼玉エリア西部ブロック委員会

2018年11月 7日 (水)

みらいひろば三芳

11月7日(水)コピスみよし(埼玉県三芳町)にて、みらいひろば三芳を開催しました。

今回は「ユニセフ、環境」をテーマということで、ユニセフについてのお話をしました。
みなさんとても真剣に聞いてくださり、ユニセフ、平和について知り、考えるきっかけになったのではないでしょうか。

試食は「コープのおいしいクリスマス」をテーマに、サラダでリース、マッシュポテトでツリーを作りました。
今年のプレゼントはなににしよう?料理はなにを作ろう?など、クリスマスの話題で盛り上がりながらの楽しい時間となりました。
これからも、「また来たいな」と思っていただけるような、笑顔あふれる地域の居場所づくりを大切にしていきます。

3b54a2aed3064c8387a5154d6bffb697

埼玉エリア 西部ブロック委員会

2018年10月30日 (火)

埼玉西部ブロック総代施設見学「コープデリ商品検査センター」

10月30日(火)埼玉西部ブロック委員会主催 総代施設見学 コープデリ商品検査センターを開催し30人が参加しました。
総代の皆様からの『ぜひ、検査センターを見学したい』の要望もあり、生協の事業について実際に見て理解を深めていただく機会として開催しました。

このセンターでは、「食の安全」というバトンを「食卓」というゴールまでしっかり届けるために、さまざまな検査を行い、科学的なデータで食の安全の取り組みをバックアップしています。 今回は、総代の皆様に直接見て聞いて知っていただくことにより、コープの安全安心の取り組みへの理解をより深めていただくことができました。

38cfff09999142e7bdfd7871773e0f89

3a6f56df85f64a3581a32930829aa27b

9032d116dd884382b654b8458bbb8d87

参加した総代からは
「コープは安全安心!だけど、改めて食の安全を実感しました」「子どもも連れて来たい」「他の組合員にも伝えたい」
などの感想がありました。

今後も組合員の声を大切に、コープの安全安心やフードチェーンの取り組みなどを学ぶ機会をつくります。

埼玉エリア西部ブロック委員会

2018年10月24日 (水)

みらいひろば志木幸町

10月24日(水)コープ幸町店(埼玉県志木市)にて、みらいひろば志木幸町を開催しました。

10月のテーマより、コープみらい財団の奨学金給付事業の取り組みについてご紹介しました。

今回のお楽しみはちょこっと工作「小枝のリース」作り。
星の形に小枝を組み、花、木の実、リボンで飾ります。
同じ材料を使っているのに、星の組み方や飾りの位置で違いがでて、オリジナルなリースが完成しました。

リース作りの後はヨーグルトの食べ比べをしました。なかなか食べ比べをする機会のないヨーグルトですが、並べてみると味も見た目も違います。

工作や試食をしながら、埼玉県民の日の話題から、ディズニーランドの話、埼玉こども自然動物公園の話、お子さんを産んだ病院の話など、おしゃべりに花が咲きました。

これからも、楽しく作って、食べて、しゃべって、いろいろなことを知り、つながって、参加のみなさんがリフレッシュできるようなみらいひろばを開催していきます。

Photo

埼玉エリア西部ブロック委員会

2018年10月23日 (火)

商品学習交流会「株式会社ヨコミゾ」

10月23日(火)コーププラザ富士見(埼玉県富士見市)にて、商品学習交流会「株式会社ヨコミゾ 冷凍ギョーザのおいしい焼き方・食べ方」を開催し、21人の参加がありました。

映像を見ながら、会社説明があり、
「香港ギョーザができるまで」
「安全安心の取り組み」
「おいしさの秘密」
「香港ギョーザのおいしい食べ方」
を学びました。

その後、デモを見てコツを学んでから調理実習。
手際よく香港ギョーザとギョーザピザが焼き上がり、野菜たっぷりのスープギョーザとともに試食交流。

参加者からは
*簡単に焼けてジューシーで、冷凍ギョーザのイメージがアップ!
*説明にあった通り、いくら食べても飽きがこないおいしさ
*ギョーザピザは子どもも喜びそう
*ぜひ買って作ってみようと思う
*和気あいあいとした雰囲気で楽しかった
との嬉しい感想をいただきました。

これからも、「参加して良かった」と思っていただける商品学習交流会を開催していきます。

Img_2949

埼玉エリア西部ブロック委員会

2018年10月18日 (木)

なんでも相談会

10月15日(月)コープ幸町店コープルーム(埼玉県志木市)にて、志木市、高齢者あんしん相談センター館・幸町共催
「なんでも相談会」を開催しました。

なんでも相談会とは、自分の健康のこと、家族のこと、介護のこと、成年後見制度のこと、近隣のことなど、ちょっと困っているけど誰に相談したらよいのかわからないことを、なんでも話して相談できる会です。
地域の薬剤師会の協力もありお薬についての相談もできます。

今回は近隣の薬局から薬剤師と薬学部の実習生、さらに、志木市で実習中の立教大学生の参加もありました。

参加者からは
「じっくり話を聞いてもらえてよかった」
「日中に時間を割くのは難しいので、身近にこのような場があると助かる」

実習生からは
「コープが食品以外でもこのような活動をしていることを初めて知った」
「行政と地域をつなぐことの大切さを感じた」
との声がありました。

可能な限り住み慣れた地域で生活を継続することができるような、包括的な支援サービス提供体制の構築を目指す「地域包括支援システム」
組合員活動の場でも「自助・互助・共助・公助」の一端を担いつつ、行政と連携し、このような場・機会を継続して提供する必要性を感じました。

地域にコープみらいがあって良かったと思っていただける活動を今後も続けて行きます。

C466c7915db54e0b8d5a60d92bba2e5d

埼玉エリア西部ブロック委員会

より以前の記事一覧