埼玉西部

2019年3月18日 (月)

ミニコープ羽沢店周年祭

3月9日(土)ミニコープ羽沢店(埼玉県富士見市)にて周年祭が開催されました。

店舗からはお楽しみ抽選会と野菜の詰め放題。共済コーナーでは血管年齢測定。
西部ブロック委員会では試食コーナーで温かいスープ3種と抹茶のバウムクーヘンを提供。
試食を通じて会話が弾みました。

また、3.11と日にちが近いということで、今年も、「忘れない、伝える、続ける、つなげる」の心をこめて災害復興支援募金の呼びかけもおこない、たくさんの支援をいただきました。

今年で27周年。
ミニだけど、ミニだから、地域の方々に愛され、支えられている地元密着のミニコープ羽沢店。
これからも、事業と組合員活動の両輪で協力し合い、この地域にコープみらいがあって良かったと思っていただけるような活動を続けていきます。
201939img_1566jpg27

埼玉エリア西部ブロック委員会


みらいひろば三芳

2月19日(火) コピスみよし(埼玉県三芳町)にて、みらいひろば三芳を開催しました。

時期柄、体調不良や幼稚園の行事などで少ない人数での開催となりましたが
まずはペーパーナフキンを使って写真立てや小物ケースをかわいくデコパージュしました。
初めて体験される方もいましたが、おしゃべりしながら手を動かし、楽しむことができました。

試食は、coopファミリーチョコレートを使ってチョコレートフォンデュをしました。
他社のチョコレートとも食べ比べをしながら、ここでもいろんな話に花が咲き、話題がつきることがありませんでした

これからも「来てよかった」「また来たいな」と思っていただけるようなみらいひろばを開催していきます。

46dab9b2e99c41bd87a5ffe4dad4e604

埼玉エリア西部ブロック委員会

みらいひろば プラザ富士見&富士見みずほ台

3月11日(月)コーププラザ富士見(埼玉県富士見市)にて、『みらいひろばプラザ富士見&富士見みずほ台』を開催しました。
みらいひろばプラザ富士見と富士見みずほ台は、通常別会場で開催しており徒歩で10分ほどの距離です。
今回は、プラザ富士見のクッキングルームのオーブンが新しくなったということで、オーブン設備のない富士見みずほ台と合同で開催をしました。
二つのみらいひろばは、参加者の年齢層が対照的であるため、異世代交流も果たすことができました。

そして、コープみらい地域かがやき賞受賞団体の『NPO ふじみの国際交流センター』(ふじみ野市)の理事さんが、みらいひろばを体験にきてくださいました。

とても賑やかな異世代交流と国際交流の場になりました。

これからも地域にひらかれた居場所を目指し、『また来たい』と楽しみにしていただけるようなみらいひろばを開催していきます。

5201a58431ac4749b5b1b50cafb9f39b

埼玉エリア 西部ブロック委員会

2019年3月15日 (金)

商品学習交流会「明治ケンコーハム株式会社」

3月2日(土)コープみずほ台店(埼玉県富士見市)にて、商品学習交流会「明治ケンコーハム株式会社」を開催しました。
ハム・ソーセージの基本知識、『co-op ポークウィンナー ブラウンマイスター』の特徴と製造工程について学びました。
実際にブラウンマイスターに使用している、香辛料の匂いを嗅いでみたり、羊腸を触ってみたりと、商品学習交流会に参加しないとできない、貴重な体験をしました。


ブラウンマイスターのほかに、『co-op 九州産豚肉で作った無塩せきのロースハム・ベーコン』『減塩あらびきウィンナー』と、『co-op 料理用カットベーコン』を使ったかぼちゃサラダを試食しました。

参加者からは
学習したことで、ますますファンになりました
楽しく学習ができました
無塩せきの意味がわかりました
アレンジレシピ、家でも作ります
などの感想をいただきました。

これからも参加して良かったと思っていただけるような学習会を開催していきます。

埼玉エリア西部ブロック委員会

Dfbbb87dff694bc3b5bf4e1cef1b9ad4


2019年3月14日 (木)

認知症の迷い人SOS声かけ模擬訓練

3月11日(月)コープ幸町店(埼玉県志木市)にて志木市高齢者にあんしん相談センター共催「認知症の迷い人SOS声かけ模擬訓練」を開催しました。参加者、スタッフ合わせて28人の参加がありました。


現在、85歳以上では2人に1人が認知症の症状があると言われています。
認知症になっても住み慣れた地域で暮らしていくためには、地域で認知症のある方や、その家族を温かく見守り、支えていくことが必要です。
認知症を正しく理解し、驚かせない、急がせない、自尊心を傷付けないという声かけのポイントなどを教わり模擬訓練にのぞみました。

認知症役の男性が道に迷ったという想定で、参加者は笑顔で、ゆっくり声を掛け、第2駐車場から安全な場所であるコープルームへ誘導します。誘導後は高齢者あんしん相談センターへの通報、家族のお迎えの良い例、悪い例も体験しました。

志木市では、徘徊時の早期発見・保護に役立つ『見守りSOSステッカー』(二次元バーコード付き)が交付されています。


参加者からは

・善意で声かけしたいが、逆に不審者に思われないか不安です
・急に高齢者に声かけるのは難しいので、まずは挨拶から始めてみたい
・近所の高齢の方を知ることも大切だと思った

などのご意見をいただきました。

最後に朝霞警察署、志木消防署、志木市長寿応援課の方々から講評をいただきました。

今後も地域をより豊かにするために、地域とのつながりを大切にしていきます。

埼玉エリア西部ブロック委員会


3e35fee49da84cdca7b1f465a603d189


2019年3月 5日 (火)

商品学習交流会 株式会社タカキベーカリー

2月22日(金)コーププラザ富士見(埼玉県富士見市)にて、『商品学習交流会 株式会社タカキベーカリー 〜冷凍パンをもっとおいしく、楽しく、食べよう!〜』を開催しました。
DVDを視聴しながら、タカキベーカリーの歴史やパン作りのこだわりなどを学習しました。
その後、家庭で簡単に焼きたての味を楽しめるコツを学んでから、実際にトースターで焼き試食をしました。
みんなでパンに合うディップと『石窯で焼いたライ麦ロール』でパングラタンを作りました。

・今まで知らなかった冷凍パンのおいしさを知ることができました
・材料にこだわりがあり、子どもに食べさせても安全だと思いました
・6種類の味が試せたので、気に入ったものを購入したいと思います

との嬉しい感想をいただきました。
これからも「参加してよかった」と思っていただけるような商品学習交流会を開催していきます。

Ac278f1a026342009ff6d77c437c892c

埼玉エリア西部ブロック委員会

2019年2月18日 (月)

認知症サポーター養成講座

2月18日(月)コープ幸町店(埼玉県志木市)にて、志木市高齢者あんしん相談センター館・幸町(地域包括支援センター)と共催の認知症サポーター養成講座を開催し、29人の参加がありました。

高齢化の現状を知り、認知症を正しく理解した上で、スーパーマーケットでの認知症の方への対応の仕方のDVDを観たあと、グループワーク「今、私たちにできること」をしました。

グループワークでは、
まずは知り学ぶことから始めたいと思う
認知症の方への対応は理解したが、実際にはなかなか難しいと思った
認知症の疑いのある方に声をかけたいが、お節介だと思われないか不安である
スーパーでのDVDを観て、自分の職場や団体でも共通のルールがあると良いと思った

など、たくさんの意見を共有しました。

埼玉県は認知症サポーターの人数は全国第4位だそうですが、人口比率では、全国ワースト3位だそうです。
認知症サポーター養成講座を開くことで、1人でも多くの方にサポーターになっていただき、より良い地域、安全安心な地域づくりに貢献することにつながると思います。

次回は3月11日(月)認知症の方への声掛け模擬訓練を開催します。

58c1ea879de546abaebf45792ee77d44

Fec2b3941000459f928a272a71311e65

埼玉エリア西部ブロック委員会

2019年2月12日 (火)

工場見学 江崎グリコ(株) グリコピアイースト

2月12日(火)、江崎グリコ(株)グリコピアイースト(埼玉県北本市)の工場見学を開催しました。

工場に着いてバスを降りるとすぐに甘い香りが漂ってきます。

グリコの歴史を映像で学んだあと、プリッツとポッキーの生産ラインへ。
焼成されたプレッツェルが袋詰めされるところや、箱詰めされるところなどを見学しました。

ちなみに、ポッキーのチョコをつける工程は、企業秘密とのことです…!

見学後はクイズチャレンジツアーへ。
テーマパークのようなスタジアムホールで、2人1組になってクイズにチャレンジしました。
正解率とスピードを競い、1位になると商品が…!ということで、とても盛り上がりました。

ミュージアムゾーンでは、歴代のグリコのおまけが並んでいたり、昔のグリコの自販機があったりと、楽しむことができました。

参加者からは
「楽しかったです。グリコの歴史に感動しました」
「内容がとても充実していた、知識が増えました」
「創業者の意思が伝わる工場でした」
などの感想をいただきました。

これからも、生産者やメーカーとつながり、学びの場となる見学や学習会を開催していきます。

282d4a885a0047b581cb6eca8cc1178a

埼玉エリア西部ブロック委員会

2019年1月29日 (火)

みらいひろば和光

1月15日(火)白子コミュニティセンター(埼玉県和光市)にて、みらいひろば和光を開催しました。
今回のテーマは「子育て支援」
co-opきらきらステップなどを試食しながら交流しました。

「うちの子は食が細くて・・・キューブタイプは少量でも必要な分だけ使えて便利」
「離乳食、幼児食としてだけでなく、塩分控えめだから大人にもいいわね」などさまざまな感想、意見を出し合い、子育て真っ最中の方も、すでに子離れした先輩方も一緒にワイワイがやがや。

少し季節を先取りした『和布の結び雛』も可愛らしく完成しました。

これからも、「また来たい!」と楽しみにしていただけるような、笑顔あふれる地域の居場所としてのみらいひろばを開催していきます。

2019115img_3096

埼玉エリア西部ブロック委員会

2019年1月15日 (火)

ホッと time in みよし ~芳香剤を作って、みらいひろばを体験してみよう!~

1月15日(火)三芳町立中央公民館(埼玉県三芳町)にて、ホッと time in みよし~芳香剤を作って、みらいひろばを体験してみよう!~を開催しました。

みらいひろば三芳がスタートして約2年。さらなる参加の広がりや地域ニーズを探るべく、いつもみらいひろば三芳に参加している方たちからも意見をいただきながら企画しました。

初めて参加される方もいらしたので、まずは「みらいひろばってなに?どんなところ?」の説明をしてから、全員でプチ工作。
保冷剤に絵の具で好きな色をつけ、空き瓶に詰め、ビーズ状の芳香剤を乗せると、かわいらしい芳香剤の完成♪
皆で協力しながら、どれもすてきな作品になりました。

工作のあとは、みらいひろばニュースおすすめの商品を試食しながら交流タイム。
試食の商品で盛り上がったり(ぴよっちサブレに目がついてる!にこにこ顔のもある!など)
ご近所情報で盛り上がったりと、時間があっという間に過ぎました。

商品をかこんでおしゃべりをして、ちょっとお楽しみもあり。いつも参加してくださっている方も、はじめての方も、みらいひろばの楽しさを体験していただけたのではないでしょうか。

これからも地域ニーズを探りながら、笑顔あふれる楽しいみらいひろばを開催していきたいと思います。
ぜひ、お近くのみらいひろばに足を運んでみてください^^

B3d4f98e0f1a4e6d8715f2f461c499cc

埼玉エリア西部ブロック委員会

より以前の記事一覧