埼玉西部

2017年12月11日 (月)

商品学習交流会「株式会社小田原鈴廣(かまぼこ)」

11月29日(水)朝霞市産業文化センター(埼玉県朝霞市)にて、商品学習交流会「株式会社小田原鈴廣(かまぼこ)」を開催し、37人の参加がありました。
お正月のおせち料理の定番であるかまぼこの学習会は、飾り切りの実演もあるということで、キャンセル待ちが大変多く、大人気の学習会となりました。

株式会社小田原鈴廣の講師、菅原さんと吉川さんから、かまぼこは千年以上も前に生まれた伝統食品であることや、魚のパワーがぎゅっとつまっていて高タンパク低カロリーの食材であることなど、クイズも織り交ぜながら楽しく教えていただきました。また、かまぼこの飾り切りは、誰にでもできる簡単なものから、少し難しいものまで紹介していただきました。

かまぼこの食べ比べや、伊達巻きなどの試食もあり、鈴廣さんのこだわりや、おいしさも実感することができました。

参加者の大半が半年に一度か、年に一度しかかまぼこを食べないとのことでしたが、これからかまぼこの出番が増えることでしょう。

参加者からは
cloverおせち料理だけでなく、お弁当にもぜひ入れたい
cloverかまぼこの栄養価の高さがわかった
clover安心安全なことがわかったので積極的にたべたい
clover食べ比べでおいしさがわかった
などの感想がありました。

Img_2070 Img_2072_2 Img_2069_2 埼玉エリア西部ブロック委員会

みらいひろば新座野火止

11月24日(金) 埼玉県新座市西分集会所にてみらいひろば新座野火止を開催し、4人の参加がありました。

11月のテーマ「共通の商品~CO・OP食塩不使用のミックスナッツ~」を囲んで交流しました。
皆さんミックスナッツといえば、そのまま食べるかスイーツのイメージが強いとのことでした。
そこで今回は、ミックスナッツ入り 肉味噌うどんと、トッピングにミックスナッツを使ったキャロットラペを作りました。

Photo

参加者からは
「砕いたナッツは初めての食感でとてもおいしい」
「栄養価が高いことは知っていましたが、料理にも使えますね」
などの感想がありました。

ミックスナッツからオーガニックや健康まで話題が広がり楽しいひろばとなりました。

12月の埼玉西部ブロックのみらいひろばの会場・日時はこちらです。
↓↓↓↓↓
http://mirai.coopnet.or.jp/event/saitama_area/pdf/blockNews/171204_seibu.pdf

埼玉エリア西部ブロック委員会

2017年11月22日 (水)

産地見学「農事組合法人 川越地域生協出荷組合」

11月17日(金)、産地見学「農事組合法人 川越地域生協出荷組合」(埼玉県川越市)を開催しました。
風もなく穏やかな晴天で、絶好の収穫日和の中、21人の参加がありました。

到着してまず畑へ行き、大根、人参、里芋の収穫体験をしました。
収穫をしながら参加者から積極的に質問があがり、とても盛り上がりました。

収穫後、出荷組合のことやコープの産直のこと、野菜のことなどについての説明がありました。
産直とは、産地直送という意味だけではなく、栽培履歴や、組合員と生産者との交流などを含めてのことを言います」
「10月の台風や長雨の影響を受け日照時間が少なく、特に葉物野菜がその影響を受けており、現在収穫が厳しい状況です」
「川越の里芋はねっとりしていて、最高なんですよ」
など、たくさんのお話を伺うことができました。
ここでも参加者から、野菜の保存方法や機械での収穫方法、おすすめ調理方法など、たくさんの質問があがりました。

参加者からは
「里芋がどのようになっているのかがよくわかりました」
「じゃがいもやさつまいもと違い、里芋の収穫は意外と難しかったです」
「里芋をコロッケにして食べようかな」
「川越の里芋はねっとり感がちょうどよくておいしいのよね」
などの感想がありました。

組合員と生産者とが直接交流することができ、とても有意義で、笑顔いっぱいの一日となりました。

Photo
埼玉西部ブロック委員会

2017年11月20日 (月)

親子ひろば 10周年まつり

2017年11月17日(金)10:00~12:00 コーププラザ富士見(埼玉県富士見市)にて、「親子ひろば 10周年まつり」を開催しました。

親子ひろばとは、子育て中のみなさんが自由に集まっておしゃべりしたり、子どもを遊ばせたりできる場所で、コーププラザ富士見では毎週木曜日に開催しています。

いつもより広いお部屋に、いつもよりたくさんのおもちゃがあり、ぷち工作、足型取り、ボーリング、魚釣りゲームなどのコーナーもあり、たくさんの親子が遊びに来てくれました。

今回は10周年まつりイベントとしてカフェコーナーも開き、お子さん向けの商品や、お母さん向けの飲み物なども試食していただきました。

clover「CO・OP産直のはぐくむたまごで作った焼きドーナツ」
clover「CO・OPわいわいスティックゼリー」
cloverアレルギー配慮商品「手作りサクサクおいものクッキー」
cloverアレルギー配慮商品「こめ粉ロールクッキー」

clover「CO・OP味わいしっかりカフェインレス コーヒーバッグ」
clover「CO・OP有機栽培ルイボスティー」

「産直のはぐくむたまごで作った焼きドーナツ」はコープみらいのホームページで、商品に携わる人と想いを伝える「ヒトとコトと」に載っています。

埼玉西部ブロックでは、親子ひろばを3会場(コーププラザ富士見、コープ幸町店コープルーム、ミニコープ羽沢店コープルーム)で開催しています。

詳しい内容はブロックニュースSayingをご覧ください。

Img_2041

みなさまのご参加をお待ちしております。

埼玉エリア西部ブロック委員会

2017年11月10日 (金)

みらいひろば和光

10月24日(火)、埼玉県和光市白子コミュニティセンターにてみらいひろば和光を開催し、6人の参加がありました。

10月のテーマ「エシカル(倫理的)消費」にそって、まずは「エシカル」ってなぁに?ということを話題にしました。

「エシカル消費」とは、毎日のお買い物が誰かの笑顔につながることです。

みらいひろばでも、フェアトレードの紅茶やオーガニックのルイボスティー、レッドカップキャンペーン(国連WFPの学校給食応援プログラム)商品でもあるポタージュスープを試食しました。

参加者からは
「エシカルという言葉やマークなどは知らなかった」
「これからのお買い物の時の参考にしたい」
などの感想がありました。

地球上の誰かの笑顔につながることを願う素敵なみらいひろばとなりました。

Image_5

11月の埼玉西部ブロックのみらいひろばの会場・日時はこちらです。
(朝霞市、富士見市、新座市、志木市、ふじみ野市、和光市、三芳町)
↓↓↓↓↓↓

http://mirai.coopnet.or.jp/event/saitama_area/pdf/blockNews/171030_seibu.pdf

埼玉エリア西部ブロック委員会

2017年11月 2日 (木)

ホッとtime inみよし〜みらいひろばを体験してみよう〜

10月24日(火)コピスみよし(埼玉県三芳町)にて、『ホッとtime inみよし〜みらいひろばを体験してみよう〜』を開催し、7名の参加がありました。

昨年末からスタートした「みらいひろば三芳」をもっとたくさんの方に知っていただきたい!参加していただきたい!お茶を飲んでおしゃべりして、ホッとできる時間を過ごしていただけたら…という思いからの開催です。

以前からみらいひろば三芳に参加されている方のアイデアで、ビスケットやおせんべいを使った簡単なアイシングクッキー作りをしました。
そしてできあがったアイシングクッキーとお茶をいただきながら、子育ての話や地元の情報交換などで盛り上がりました。

参加者からは
「越してきたばかりなので、地域の方たちと交流したり、情報がほしくて参加しました。楽しかったのでまた来たいです」
「家でも子どもたちとアイシングクッキーやってみます」
「新しい友達ができて嬉しいです。来月も楽しみです」
などの感想をいただきました。

Image_9
埼玉西部ブロック委員会

2017年10月12日 (木)

総代学習会『コープデリでんき学習会』

10月6日(金)コープププラザ富士見(埼玉県富士見市)にて総代学習会『コープデリでんき学習会』を開催しました。18名の総代にご参加いただきました。

多くの総代からの「もっと詳しくコープデリでんきについて知りたい」とのご要望にお応えするとともに、総代同士、総代とブロック委員との交流を深めることを目的としての開催となりました。

コープデリ連合会 電気小売事業推進室の職員を講師に、約1時間の中で、なぜコープみらいが電気事業に取り組むのか、コープみらいの環境政策も交えて、分かりやすい説明がありました。

皆さん、コープデリでんきについて、とても関心が高く、説明を受けての分散交流では、活発な質疑応答がなされました。

Img_0854_3

学習した後には、エシカル消費とコープイタリアの商品紹介をテーマに選定した試食で分散ごとに交流を深めました。
みらいひろばで好評だったカナッペとスープの軽食とティータイムは大変喜ばれ、会話も弾みました。

Image_11

参加者からは、「参加して良かった」「詳しく聞けて良かった」「変更を検討してみたい」 「何故コープみらいが電気事業に取り組むのかがわかった」などの感想がありました。

埼玉西部ブロック委員会

2017年10月 5日 (木)

みらいひろば富士見みずほ台

9月27日(水)コープみずほ台店(埼玉県富士見市)にて、みらいひろば富士見みずほ台を開催いたしました。
暑さの残る気持ちのよい秋晴れの中、5名の方にご参加をいただきました。

9月のテーマ『防災・減災・被災地支援』に沿って、確認をしたり、意見を出し合ったりしました。
初めに、防災食の缶詰(ひじき・ツナ・コーン)を使った、混ぜるだけでできるサンドイッチを作りました。

Image_6

お住まいの地域のハザードマップ(地震・洪水・土砂災害)を使って、危険な区域の確認をしました。
ハザードマップをご存知ない方もいらしたので、お知らせできてよかったです。

Image_7

『~被災地サロンにお菓子を届けよう~』の取り組みで、西部ブロックから宮城県に送ったお菓子も試食しました。


10月の埼玉西部ブロックのみらいひろばの会場・日時はこちらです。
(朝霞市、富士見市、新座市、志木市、ふじみ野市、和光市、三芳町)
↓↓↓↓↓↓
http://mirai.coopnet.or.jp/event/saitama_area/pdf/blockNews/171002_seibu.pdf


埼玉西部ブロック委員会


2017年9月12日 (火)

商品学習交流会 山菱水産株式会社

9月11日(月)コープ幸町店コープルーム(埼玉県志木市)にて、商品学習交流会「山菱水産株式会社 まぐろをおいしく食べよう!」を開催し、30人の参加がありました。

まぐろの種類について、漁業方法について、まぐろの鮮度の違いについて、山菱水産株式会社の安全と衛生面のこだわりについてなどを学習しました。

また後半は刺身だけでなく「カルパッチョ」や「ねぎま汁」など、まぐろを使ったメニューも教えていただき大好評でした。

〜参加者の皆さんからの感想〜
・まぐろについて今まで知らなかった知識を学べてよかったです。
・今まで冷凍まぐろは購入したことがなかったが、今日の学習会で品質にこだわっていることがよく分かりました。ぜひ購入してみようと思います。
・色々なメニューを知れてよかったです。

組合員と生産者・メーカーとが直接交流し、まぐろの知識と安全安心を学べた商品学習交流会になりました。

埼玉西部ブロック委員会

2017年9月11日 (月)

夏休み親子クッキング

8月23日(火) 新座市中央公民館でにて、子育て支援、食育として、夏休み親子クッキング「肉あんとカボチャあん 二種の中華まん作り」を開催しました。

講師に、水井恵美子さんをお迎えし、7組16名の参加がありました。
まずは手洗いの必要性を子どもたちに説明し、 入念に手洗いをしたあと調理開始。
親子協力して、皮をこねこね、あんを混ぜ混ぜ…家庭ではなかなかしにくい作業に夢中になりました。

皮の材料に牛乳を使ったので、アフリカを支援するハッピーミルクプロジェクトのお知らせもしました。

その後 蒸し器で蒸して 出来上がり‼️

熱々の 中華まんを頬張る子どもたちの満足気な様子に、おとなも笑顔になりました。

しいたけやカボチャが苦手なお子さんも「 美味しい」と残さず食べることが出来ました。
参加者からは、「中華まんが手作り出来るなんて 嬉しい 」 「鍋を使った蒸し器の代用法などを初めて知った」などの感想を頂きました。水井先生 参加者のみなさん ありがとうございました。

Image2jpg
埼玉西部ブロック委員会