埼玉西部

2017年10月12日 (木)

総代学習会『コープデリでんき学習会』

10月6日(金)コープププラザ富士見(埼玉県富士見市)にて総代学習会『コープデリでんき学習会』を開催しました。18名の総代にご参加いただきました。

多くの総代からの「もっと詳しくコープデリでんきについて知りたい」とのご要望にお応えするとともに、総代同士、総代とブロック委員との交流を深めることを目的としての開催となりました。

コープデリ連合会 電気小売事業推進室の職員を講師に、約1時間の中で、なぜコープみらいが電気事業に取り組むのか、コープみらいの環境政策も交えて、分かりやすい説明がありました。

皆さん、コープデリでんきについて、とても関心が高く、説明を受けての分散交流では、活発な質疑応答がなされました。

Img_0854_3

学習した後には、エシカル消費とコープイタリアの商品紹介をテーマに選定した試食で分散ごとに交流を深めました。
みらいひろばで好評だったカナッペとスープの軽食とティータイムは大変喜ばれ、会話も弾みました。

Image_11

参加者からは、「参加して良かった」「詳しく聞けて良かった」「変更を検討してみたい」 「何故コープみらいが電気事業に取り組むのかがわかった」などの感想がありました。

埼玉西部ブロック委員会

2017年10月 5日 (木)

みらいひろば富士見みずほ台

9月27日(水)コープみずほ台店(埼玉県富士見市)にて、みらいひろば富士見みずほ台を開催いたしました。
暑さの残る気持ちのよい秋晴れの中、5名の方にご参加をいただきました。

9月のテーマ『防災・減災・被災地支援』に沿って、確認をしたり、意見を出し合ったりしました。
初めに、防災食の缶詰(ひじき・ツナ・コーン)を使った、混ぜるだけでできるサンドイッチを作りました。

Image_6

お住まいの地域のハザードマップ(地震・洪水・土砂災害)を使って、危険な区域の確認をしました。
ハザードマップをご存知ない方もいらしたので、お知らせできてよかったです。

Image_7

『~被災地サロンにお菓子を届けよう~』の取り組みで、西部ブロックから宮城県に送ったお菓子も試食しました。


10月の埼玉西部ブロックのみらいひろばの会場・日時はこちらです。
(朝霞市、富士見市、新座市、志木市、ふじみ野市、和光市、三芳町)
↓↓↓↓↓↓
http://mirai.coopnet.or.jp/event/saitama_area/pdf/blockNews/171002_seibu.pdf


埼玉西部ブロック委員会


2017年9月12日 (火)

商品学習交流会 山菱水産株式会社

9月11日(月)コープ幸町店コープルーム(埼玉県志木市)にて、商品学習交流会「山菱水産株式会社 まぐろをおいしく食べよう!」を開催し、30人の参加がありました。

まぐろの種類について、漁業方法について、まぐろの鮮度の違いについて、山菱水産株式会社の安全と衛生面のこだわりについてなどを学習しました。

また後半は刺身だけでなく「カルパッチョ」や「ねぎま汁」など、まぐろを使ったメニューも教えていただき大好評でした。

〜参加者の皆さんからの感想〜
・まぐろについて今まで知らなかった知識を学べてよかったです。
・今まで冷凍まぐろは購入したことがなかったが、今日の学習会で品質にこだわっていることがよく分かりました。ぜひ購入してみようと思います。
・色々なメニューを知れてよかったです。

組合員と生産者・メーカーとが直接交流し、まぐろの知識と安全安心を学べた商品学習交流会になりました。

埼玉西部ブロック委員会

2017年9月11日 (月)

夏休み親子クッキング

8月23日(火) 新座市中央公民館でにて、子育て支援、食育として、夏休み親子クッキング「肉あんとカボチャあん 二種の中華まん作り」を開催しました。

講師に、水井恵美子さんをお迎えし、7組16名の参加がありました。
まずは手洗いの必要性を子どもたちに説明し、 入念に手洗いをしたあと調理開始。
親子協力して、皮をこねこね、あんを混ぜ混ぜ…家庭ではなかなかしにくい作業に夢中になりました。

皮の材料に牛乳を使ったので、アフリカを支援するハッピーミルクプロジェクトのお知らせもしました。

その後 蒸し器で蒸して 出来上がり‼️

熱々の 中華まんを頬張る子どもたちの満足気な様子に、おとなも笑顔になりました。

しいたけやカボチャが苦手なお子さんも「 美味しい」と残さず食べることが出来ました。
参加者からは、「中華まんが手作り出来るなんて 嬉しい 」 「鍋を使った蒸し器の代用法などを初めて知った」などの感想を頂きました。水井先生 参加者のみなさん ありがとうございました。

Image2jpg
埼玉西部ブロック委員会

2017年9月 7日 (木)

みらいひろばプラザ富士見

9月4月(月) コーププラザ富士見(埼玉県富士見市)にて、みらいひろばプラザ富士見を開催しました。初めての方を含め13人の参加がありました。こちらの会場は子育て中のママの参加が多く、お子さん12人を託児でお預かりしました。今回は、ひんやりデザートを作りながら楽しく交流しました。



試食メニュー
clovercoopプレーンヨーグルトを使った「ふわふわゼリー」
clovercoopロールパンで簡単サンド(coopツナマヨネーズ風味、ひじき)
clovercoopポテトチップスうす塩
clovercoopアーモンドチョコレート





また後半は、「ヒバクシャ国際署名」核兵器のない世界を目指す取り組みについてご案内し、署名にご協力いただきました。
平和絵本を朗読し、母だからこそ強く願う「子ども達に平和な世界を作っていきたい」という想いを皆さんで共有しました。



小さなお子さんと24時間一緒に過ごしているママ達から「みらいひろばがリフレッシュの場となっています」という嬉しいお声をいただきました。また次回もご参加お待ちしております。


9月の埼玉西部ブロックのみらいひろばの会場・日時はこちらです。
(朝霞市、富士見市、新座市、志木市、ふじみ野市、和光市、三芳町)
↓↓↓↓↓↓


http://mirai.coopnet.or.jp/event/saitama_area/pdf/blockNews/170904_seibu.pdf

埼玉西部ブロック委員会

2017年8月 9日 (水)

九州北部豪雨災害緊急支援募金活動

8月9日(水)コープ幸町店(埼玉県志木市)にて,九州北部豪雨災害緊急支援募金活動を行いました。

子どもたちの協力により、総額27,966円募金が集まりました。

夏休みなので、お買い物に来ていた子どもたちも、お小遣いから募金してくれました。

中には朝倉市出身の方もいらして、とても心配している、決して他人事ではないとのお声も頂きました。

組合員ひとりひとりの力は小さいかもしれませんが、このように募金をお預かりするとともに、多くの温かい想いも届けられるような気がします。

1日も早い復旧と、被災された方々が1日も早く平常の生活に戻られることをお祈りいたします。

Img_1848

Img_1842

埼玉西部ブロック委員会

工場見学「 コープデリ連合会 エコセンター」

8月2日(水)千葉県野田市のコープデリ連合会エコセンターにバスで行きました。

大人17人、子ども14人の参加がありました。

バスの車内ではエコ川柳クイズ、ミックスキャロットクイズを行い、うちとけたところで、コープのリサイクルの取り組みについてのDVDを観ました。

エコセンターに着き、最初にエコセンターの職員から取り組みについての具体的なお話がありました。

飲料が入っていた紙パックやペットボトルやアルミ缶などは必ず洗って潰すことの必要性やその他、形を変えて私たちの暮らしに役立つものになる過程も丁寧な解説がありました。

工場内の見学では手作業での仕分けの様子を見学しました。

沢山のプレスされたアルミ缶や紙類、プラスチックの山がたくさんありました。その大きさに圧倒されましたが、きちんと並べて置かれていて、ほとんど下に落ちているものがなくきれいでした。

今回は夏休み宿題応援も兼ねて紙すき体験もあり、紙パックを原料にしてハガキを作りました。

時間を忘れてシールや押し花でオリジナル作品を仕上げることができました。

参加者からは

・リサイクルする上で匂いの問題があるのでペットボトルやアルミ缶はしっかり洗いたい。
・一度にたくさん運べるようにしっかりつぶすことが重要だということがわかった。
・今までよりもっと環境のために真剣にリサイクルに取り組みたい。
とのお声をいただきました。

子どもたちの真剣なまなざしが印象的で、私たちが住み続ける地球のために、1人ひとりが出来ることを考えた1日となりました。

Image_29

Image_30

Image_31

埼玉西部ブロック委員会

2017年8月 5日 (土)

エコたんけん隊 コープみずほ台店・コープ幸町店にて開催

2017年7月28日(金)コープみずほ台店(富士見市)・7月31日(月)コープ幸町店(志木市)にて、エコたんけん隊を開催しました。
コープみずほ台店では14人の子どもたち、コープ幸町店では9人の子どもたちが参加しました。

先ずは、店長の地球温暖化対策などの環境・エコの取り組みやリサイクルの取り組みなどのお話からスタート。

DVD視聴後、店長を隊長にして店舗探検へ。
普段は入ることができないバックヤードやさばく前のぶりなどの魚を見ることができ、子どもたちはわくわく、そして、目をキラキラさせながら、店内外・裏側を探検。牛乳パックをリサイクルしたものがトイレットペーパーなど(コアノンにも)になるお話やナイトカーテンの説明などを店長から受けました。

続いて、ブロック委員が引率しての環境マーク探し。どこに環境マークがあるかな?と子どもたちは、積極的に参加しました。

子どもたちからは「いつもだったら入れない場所に行けて嬉しかった。」「裏の冷蔵庫が寒かったけど、楽しかった。」「また参加したい!」「マークがたくさんあってびっくりした!」などの声があがりました。

そして、ブロック委員から手洗いについての指導後、エコクッキング開始。
きゅうりとトマトのまるかじり・ツナとひじきとマヨネーズを使ったロールパンのサンドイッチ・ヨーグルトとバニラアイスと4種のベリーミックス(ブルーベリー)を混ぜ合わせたデザート。
全て大好評!!5大栄養素を取り入れてのクッキングとなりました。
きゅうりやトマトが苦手な子どもたちも自ら進んで、頑張って食べました!

最後に、店長から修了証を授与。そして、記念撮影。

参加した子どもたちは、エコについて大いに学び、有意義な一日となりました。







埼玉西部ブロック委員会

2017年7月28日 (金)

コープみらい コープだいすき プラザまつりin富士見~コープの魅力を発見してね~

2017723日(日)コーププラザ富士見にて、「コープみらい コープだいすきプラザまつりin富士見 コープの魅力を発見してね!」を開催しました。

小雨が降ったりするあいにくのお天気ではありましたが、300人を超える来場者があり、地域の皆さんや地域でさまざまな活動をしている団体と楽しく交流しました。

ステージのオープニングには富士見市の星野 光弘市長にもごあいさつをいただきました。

ステージ発表では、子どもバレエやウクレレ、ハワイアンなどは見て楽しく、朗読教室は聞いて楽しく、体操や太極拳などはみんなで参加して体験して楽しむこともできました。

そしてステージの最後は、ほぺたんとじゃんけん大会でとても盛り上がりました。

1

イベントブースでは、いろいろな体験コーナーがあり、ブレスレット作り、おり紙工作、食育体験、こどもアート体験、囲碁体験、点字体験、ペン字体験、トールペイント体験など、大人も子どももいろいろな体験を楽しみました。

2_2

4

販売ブースでは、生花やビーズ小物、エコたわしなどの小物販売や、うどんとカレーの販売車が来たり、パンやフランクフルトなどの食品の販売もあり、お買い物も楽しめました。

3

産直クイズラリーでは、4つの産直野菜と果物のクイズに答えてゴールすると、電子くじとお菓子すくいができ、子どもだけでなく、大人もドキドキしながら電子くじのボタンを押して楽しみました。

「フードドライブ」にも取り組み、集まった食品をフードバンク埼玉に寄付しました。

多くの団体を始め、来てくださった方たちとのつながりをこれからも大事にしていきたいと思います。

参加の皆様、ご協力ご参加ありがとうございました。

埼玉西部ブロック委員会



2017年7月12日 (水)

『志木市いろは百歳体操』体験会

7月6日(木) コープ幸町店 2階コープルーム(会議室)にて 志木市、志木市高齢者あんしん相談センター館・幸町、コープみらい西部ブロック委員会共催で『志木市いろは百歳体操』体験会を開催し、20人の参加がありました。

最初に志木市役所長寿応援課の職員の方より、スライドを使用しての高齢者の現状や志木市の取り組みについての説明がありました。

その後、地域でご活躍されている「シルバービューティー」(いろは百歳体操活動グループ)の方々が講師となり、いろは百歳体操を体験しました。

「ゆっくりの運動だけど、意外ときつくてじわじわと効いてきますね」
「いい汗がかけますね」
などの感想があがりました。

体験終了後には、ブロック委員会よりカフェコーナーを設け、参加者のみなさまと我々ブロック委員も含め、楽しいひと時を過ごすことができました。

12月には同じくこちらで認知症サポーター養成講座も開催予定です。
(詳しくはsaying11月号にて掲載予定です)

このつながりを大切にし、これからも継続的に交流できたらと思います。












埼玉西部ブロック委員会