埼玉西部

2018年11月20日 (火)

食と農林業ドリームフェスタ

11月17日(土)18日(日)の両日、朝霞の森(埼玉県朝霞市)にて、2018彩の国 食と農林業ドリームフェスタが開催され、大勢の来場者で賑わいました。

コープみらいの出展ブースでは、簡単なアンケートをお願いしながら、パンチングボールや大豆ドライパック、おしりふきウェットティッシュなどを配布し、コープデリ宅配をPR。
その隣では西部ブロック委員会も協力してCO・OP  CAFEをオープン。
レインフォレスト・アライアンス認証のブレンドコーヒーとカカオ70%チョコをセットで販売し、コープのエシカルの取り組みもご紹介。

20181119_180402

「なぜカエルのマークなの?」「カエルは環境の変化にとても敏感だからだそうですよ」
「コーヒー、いい香りね」「ちょっぴりビターなチョコがコーヒーにピッタリ」
「買い物に疲れたところに、ひと休みできて落ち着いたわ」
など、みなさんとの会話も弾みました。

天候にも恵まれ、組合員のお子さんのお手伝いの力も加わり予定数を完売。
コープの安全・安心をお伝えしつつ、地域のみなさんとのつながりを実感した2日間となりました。

1542618366569

埼玉エリア西部ブロック委員会

2018年10月30日 (火)

埼玉西部ブロック総代施設見学「コープデリ商品検査センター」

10月30日(火)埼玉西部ブロック委員会主催 総代施設見学 コープデリ商品検査センターを開催し30人が参加しました。
総代の皆様からの『ぜひ、検査センターを見学したい』の要望もあり、生協の事業について実際に見て理解を深めていただく機会として開催しました。

このセンターでは、「食の安全」というバトンを「食卓」というゴールまでしっかり届けるために、さまざまな検査を行い、科学的なデータで食の安全の取り組みをバックアップしています。 今回は、総代の皆様に直接見て聞いて知っていただくことにより、コープの安全安心の取り組みへの理解をより深めていただくことができました。

38cfff09999142e7bdfd7871773e0f89

3a6f56df85f64a3581a32930829aa27b

9032d116dd884382b654b8458bbb8d87

参加した総代からは
「コープは安全安心!だけど、改めて食の安全を実感しました」「子どもも連れて来たい」「他の組合員にも伝えたい」
などの感想がありました。

今後も組合員の声を大切に、コープの安全安心やフードチェーンの取り組みなどを学ぶ機会をつくります。

埼玉エリア西部ブロック委員会

2018年10月24日 (水)

みらいひろば志木幸町

10月24日(水)コープ幸町店(埼玉県志木市)にて、みらいひろば志木幸町を開催しました。

10月のテーマより、コープみらい財団の奨学金給付事業の取り組みについてご紹介しました。

今回のお楽しみはちょこっと工作「小枝のリース」作り。
星の形に小枝を組み、花、木の実、リボンで飾ります。
同じ材料を使っているのに、星の組み方や飾りの位置で違いがでて、オリジナルなリースが完成しました。

リース作りの後はヨーグルトの食べ比べをしました。なかなか食べ比べをする機会のないヨーグルトですが、並べてみると味も見た目も違います。

工作や試食をしながら、埼玉県民の日の話題から、ディズニーランドの話、埼玉こども自然動物公園の話、お子さんを産んだ病院の話など、おしゃべりに花が咲きました。

これからも、楽しく作って、食べて、しゃべって、いろいろなことを知り、つながって、参加のみなさんがリフレッシュできるようなみらいひろばを開催していきます。

Photo

埼玉エリア西部ブロック委員会

2018年10月23日 (火)

商品学習交流会「株式会社ヨコミゾ」

10月23日(火)コーププラザ富士見(埼玉県富士見市)にて、商品学習交流会「株式会社ヨコミゾ 冷凍ギョーザのおいしい焼き方・食べ方」を開催し、21人の参加がありました。

映像を見ながら、会社説明があり、
「香港ギョーザができるまで」
「安全安心の取り組み」
「おいしさの秘密」
「香港ギョーザのおいしい食べ方」
を学びました。

その後、デモを見てコツを学んでから調理実習。
手際よく香港ギョーザとギョーザピザが焼き上がり、野菜たっぷりのスープギョーザとともに試食交流。

参加者からは
*簡単に焼けてジューシーで、冷凍ギョーザのイメージがアップ!
*説明にあった通り、いくら食べても飽きがこないおいしさ
*ギョーザピザは子どもも喜びそう
*ぜひ買って作ってみようと思う
*和気あいあいとした雰囲気で楽しかった
との嬉しい感想をいただきました。

これからも、「参加して良かった」と思っていただける商品学習交流会を開催していきます。

Img_2949

埼玉エリア西部ブロック委員会

2018年10月18日 (木)

なんでも相談会

10月15日(月)コープ幸町店コープルーム(埼玉県志木市)にて、志木市、高齢者あんしん相談センター館・幸町共催
「なんでも相談会」を開催しました。

なんでも相談会とは、自分の健康のこと、家族のこと、介護のこと、成年後見制度のこと、近隣のことなど、ちょっと困っているけど誰に相談したらよいのかわからないことを、なんでも話して相談できる会です。
地域の薬剤師会の協力もありお薬についての相談もできます。

今回は近隣の薬局から薬剤師と薬学部の実習生、さらに、志木市で実習中の立教大学生の参加もありました。

参加者からは
「じっくり話を聞いてもらえてよかった」
「日中に時間を割くのは難しいので、身近にこのような場があると助かる」

実習生からは
「コープが食品以外でもこのような活動をしていることを初めて知った」
「行政と地域をつなぐことの大切さを感じた」
との声がありました。

可能な限り住み慣れた地域で生活を継続することができるような、包括的な支援サービス提供体制の構築を目指す「地域包括支援システム」
組合員活動の場でも「自助・互助・共助・公助」の一端を担いつつ、行政と連携し、このような場・機会を継続して提供する必要性を感じました。

地域にコープみらいがあって良かったと思っていただける活動を今後も続けて行きます。

C466c7915db54e0b8d5a60d92bba2e5d

埼玉エリア西部ブロック委員会

2018年10月 2日 (火)

みらいひろば新座栄

9月20日(木)栄公民館(埼玉県新座市)にて、みらいひろば新座栄を開催しました。

9月のテーマは、『防災・減災・被災地支援』ということで、簡単防災グッズ作りと缶詰を使ったアレンジ非常食作りをしました。

防災グッズとして『キッチンペーパーでマスク』『デリカタログでスリッパ』『ゴミ袋でポンチョ』を作りました。
身近な材料で簡単に作ることができました。
非常食作りでは、さばの水煮缶とアボカドでサラダ・味噌煮缶とざく切りトマトでお惣菜、切り干し大根とわかめをみかん缶のシロップで戻して乾物サラダを作りました。

どれもいざという時に役立つ学びになりました。

これからも地域にひらかれた居場所を目指し、『また来たい』と楽しみにしていただけるようなみらいひろばを開催していきます。

0c430e3a119c48adb98b7a48b828e972

埼玉エリア 西部ブロック委員会

2018年9月27日 (木)

商品学習交流会「辻安全食品株式会社」

9月20日(木)コープ幸町店(埼玉県志木市)にて、商品学習交流会「辻安全食品株式会社」を開催しました。

辻安全食品株式会社の薬剤師・田中貴子さんを講師に迎え、アトピー性皮膚炎についてと合併しやすい皮膚の病気、さらには薬について、種類や使い方などを学習しました。

皮膚のしくみについて学び、肌のバリア機能を保つには、汚れを落とし、しっかり保湿し保護する、などの基本を教えていただき、スキンケアの大切さを改めて感じました。

参加者からは
*わかりやすかった
*参考になった
*アレルギー対応の食品はおいしくないイメージがあったが、とてもおいしくて驚いた
*資料が豊富なので、家に帰ってからじっくり読みます
などの感想をいただきました。

これからも、「参加して良かった」と思っていただける商品学習交流会を開催していきます。

Ea06195a5423483b8d487e5bde608786

埼玉エリア西部ブロック委員会

2018年9月12日 (水)

商品学習交流会「株式会社クラブコスメチックス」

9月10日(月)コーププラザ富士見(埼玉県富士見市)にて、商品学習交流会「株式会社クラブコスメチックス」を開催しました。22人の参加がありました。

商品学習交流会は、生協ならではの取り組みで、組合員と、生産者、メーカーが直接交流しながら学び、理解を深める事を目的としています。

今回は、コープ化粧品の良さを知ってもらう機会として、株式会社クラブコスメチックスの関麻衣子さんを講師に、コープ化粧品の歴史や、こだわりなどを学びました。また、ひとりひとり肌診断をして、乳液を使ったリンパマッサージもしました。

参加者からは
*コープ化粧品の良さがよく分かりました
*子どもが小さいので、スキンケアはオールインワンでしたが、きちんとステップを踏んだケアをしたいと思います
*いろいろ試してとても良かったので、実際に買って使ってみたいと思います

などの感想がありました。

これからも、生産者、メーカー、組合員のつながりが実感でき、「参加して良かった」と思っていただける商品学習交流会を開催していきます。

6d25058c37a3407088aa1dfc21409dd2

埼玉エリア西部ブロック委員会

2018年9月 8日 (土)

みらいひろば朝霞朝志ヶ丘

8月22日(水)朝志ヶ丘市民センター(埼玉県朝霞市)にて、みらいひろば朝霞朝志ヶ丘を開催しました。

8月のテーマは平和ということで、ヒバクシャ国際署名のお知らせや、平和についてのお話をしました。

また、空き瓶や保冷剤を使った消臭剤作りと、長崎カステラをアレンジしたトライフル作りをしました。
どちらも、材料を重ねていくと完成します。とても簡単ですが見た目が良く、好評でした。

トライフルを試食しながら、日頃のスキンケアなどの話で交流しました。
回を重ねるごとに参加者どうしも親しくなり、「月に一度がとても楽しみ」と話してくださるようになりました。

これからも、笑顔あふれる地域の居場所づくりを大切にしていきます。

Photo_2

埼玉エリア 西部ブロック委員会

2018年8月27日 (月)

夏休み 親子計量教室

8月20日(月)コーププラザ富士見(埼玉県富士見市)にて、埼玉県計量検定所との共催「夏休み 親子計量教室」を開催しました。

検定所の方から
1時間目 「はかること」ってなんだろう?
2時間目 はかりを作ろう!
3時間目 食べ物の重さを調べよう!
と、3時間構成で学びました。

1時間目は、生活に身近で大切な「はかること」について教わり、電子ばかりや水道メーターのはかりなど、さまざまなはかりを実際に触り、体験しました。
2時間目は、ペットボトルなどを使って、はかりを作りました。
細かい作業もあるので大人の力を借りながら慎重に、丁寧に作りました。
完成したはかりでハサミや消しゴムなどをはかると…1g単位で正確にはかれることにびっくりです!
3時間目は、お菓子やパスタをはかり、袋に表記されている重さと、実際の重さが合っているのかを調べました。

参加した子どもからは
「目盛りを書くのが難しかったけど、自分ではかりを作っていろいろな重さをはかるのが楽しかった」
大人からは
「本格的なはかりを作れたので驚いた」
「親子で楽しめた。とてもいい学習だったので、いろんなところでやってほしい」
など、嬉しい声をたくさんいただきました。

大人も子どもも楽しみながら学べた一日でした。

Cc17db4a01cd4cdd93776d7da1dc248b

埼玉エリア 西部ブロック委員会

より以前の記事一覧