埼玉南部

2018年4月12日 (木)

戸田ヶ原さくらそう祭り2018 & ユニセフ・ラブウォークin戸田ヶ原

4月7日(土)、彩湖・道満グリーンパークにて『ユニセフ・ラブウォークin戸田ヶ原』を開催しました。また、同会場で開催された『戸田ヶ原さくらそう祭り2018 』に協力参加しました。
天気予報では雨だったので、開催されるかを心配していましたが、当日は朝から良いお天気となり、お祭り&ラブウォーク日和となりました。

戸田市水と緑の公社主催の戸田ヶ原さくらそう祭りでは、戸田ヶ原クイズラリーの参加者にco-opたまごスープを提供し、ブロックの活動やみらいひろばのご案内をしました。
Ae8956fbfd33448e8820b146c709c63d

ユニセフ・ラブウォークでは、戸田ヶ原自然再生エリアをボランティアガイドさんに案内してもらい、パーク内を歩きました。
県の花「さくらそう」は、江戸時代には名所となるほどたくさん自生していました。今は市民や戸田ヶ原サポーターさんが株分け、植え付けなどを行い、貴重な自然環境を守っています。

参加者からは
⚫歩きやすく良い運動になった
⚫ガイドさんの説明も詳しくて楽しかった
などの、感想をいただきました。

D02e31cb0bd64761ac33715e2369e8eb

70153ad4c7ab4caea50a50fffa49070c

埼玉南部ブロック委員会

2018年3月 5日 (月)

商品学習交流会 北海道ぎょれん 「北海道の漁業と海の幸」

2月26日(月) コーププラザ浦和にて、北海道漁業協同組合連合(北海道ぎょれん)から講師をお招きし、商品学習交流会「北海道の漁業と海の幸」を開催し、20人が参加しました。

DVDを視聴し、ほたての漁法や、漁場によっての漁法の違いなどを学習しました。
また、資料を見ながら北海道ぎょれんについて、北海道の漁業、鮭漁の方法、いくらのほぐし方、昆布の種類、さんまの見分け方など、たくさんのことを学ぶことができました。

ほたて漁の説明では実際にほたて貝を見せていただき、年数によっての大きさの違いを知ることができました。
Gyoren
最後に、北海道の海の幸(ほたて、いくら、いかそうめん、鮭フレーク)の試食交流を行いました。

参加者からは、
●ぎょれんさんの資料もしっかりしていて、説明も上手で内容がとても分かりやすかった。
●漁師さんの苦労がわかり、海の幸を感謝して頂きたいと思いました。
●魚を買う時の見分け方が参考になりました。
●海の幸丼、大満足です。
などの感想が寄せられました。

埼玉南部ブロック委員会

東日本大震災復興支援募金の呼びかけをおこないました

3月2日(金)、コープ武蔵浦和店(12時30~13時30分)と
コープ南浦和店(11時30分~12時30分)で
「忘れない、伝える、続ける、つなげる」を合言葉に東日本大震災復興支援募金の呼びかけをおこないました。

当日はお店のご協力のもと、店舗のレジの後方に2か所に分かれて立ちました。
準備をしている時から「待っていたのよ」とさっそく募金をしてくださる方や、買い物をしたお釣りをそのまま募金箱に入れてくださる方もいらっしゃいました。
店内放送を何度も入れていただき、多くの方に取り組みを知っていただくことができました。

Img_1731

Img_1736

コープ武蔵浦和店では約40人の方々に募金のご協力いただきました。

311bokin1

311bokin2

コープ南浦和店では約75人の方々に募金のご協力いただきました。

たくさんの方々のご支援、ありがとうございました。

今後も3.11の記憶を風化させず、支援につながる取り組みを進めていきたいと思います。

埼玉南部ブロック委員会

商品学習交流会 UCC上島珈琲株式会社

3月2日(金)、コープ上木崎店コープルームにて「商品学習交流会 UCC上島珈琲株式会社」を開催し16人の方にご参加いただきました。
コーヒーの産地による味の違いや美味しい入れ方を丁寧に教えていただきました。
Image_6

グループに分かれ各テーブル毎にハンドドリップをしました。
9種類のコーヒーの飲み比べをし、「自分の好みがわかりました」という声をたくさんいただきました。

Image_7

コーヒーの奥深さが良くわかり楽しい交流になりました。
教えていただいたことを今後の生活に活かしていきたいです。

埼玉南部ブロック委員会

2018年2月23日 (金)

産地工場見学 イートアンド(株)関東工場

2月20日(火)に大人36人、子ども1人、ブロック委員2人の計39人で、群馬県のイートアンド(株)関東工場に見学に行きました。
天気予報では雪でしたが、当日は晴天で暖かい1日となりました。
館林ICを降りて10分程で工場が見えてきます。
エントランスに入ると、大きな餃子がお出迎えしてくれました。

魚が泳いでいる水槽があり、その中の水は工場で使われた水を浄化し再生されたものだそうです。

Img_1607

2班に分かれて、順番に工場見学と餃子巻き体験をしました。
品質管理の部屋では品質のチェック、味の検査をします。
ラインの見学は、皮と麺を作る→ミンチを作る→冷凍餃子の成型→包装→梱包と順番に見ていきました。
水餃子を作っているラインもありました。
皆さん興味津々で、「1度に何個できるの」「室温は何度くらい」などの質問が出ました。

Img_1608

餃子巻き体験では、担当の方に餃子の巻き方を教えていただき、早速作ってみました。
こちらでは餃子のひだは1つだけです。皮の重なる部分を少なくして優しい食感にしているそうです。
最初は作り慣れない形に戸惑っているようでしたが、何個か作っているうちに手早くなってきました。

Img_1619

お待ちかねの試食交流の時間です。
自分たちで作った餃子の他に、とりの唐揚げ、海老チリ、チャーハン、レバニラ炒め、水餃子、ごま団子を試食しました。

Img_1622

「餃子巻きは目から鱗でした」「工場のラインがきれいでおしゃれ」「工場がきれいで清潔でオートメーション化されていて感動しました」「冷凍食品のクオリティーが高くおいしいです」「皆さんとわいわい言いながら餃子巻き体験ができて楽しかったです」「いつも購入している商品を作っているところが見られて勉強になりました」などの感想が寄せられました。

Img_1599_2

埼玉南部ブロック委員会

エシカルなガトーショコラをつくろう!

2月9日(金) コーププラザ浦和で「エシカルなガトーショコラをつくろう!」を開催し、15人の方が参加されました。

レインフォレスト・アライアンス認証マーク付のハイカカオチョコレートを材料にガトーショコラを作り 、焼きあがるまでの間、コープのエシカルの取り組みについて学習しました。

Image_2

参加者からは
「託児もついて、社会を良くする勉強も出来て、とても楽しい企画でした。」
「エシカル、意識してみたいと思います。」
などの感想が寄せられました。
グループごとの協力しながらの作業も楽しんでいただけました。

Image_5

Image_6

ガトーショコラの甘い香りに包まれて、幸せな気持ちになったひとときでした。
普段の買い物でもエシカル消費を意識していきたいと思います。
そして海の向こうの誰かの笑顔につながりますように。

埼玉南部ブロック委員会

2018年2月13日 (火)

商品学習交流会「はじめての離乳食学習会」

1月30日(火)コーププラザ浦和にて、アサヒグループ食品株式会社和光堂事業部より講師をお迎えして「はじめての離乳食学習会」を開催し、17人が参加しました。
募集人数をオーバーするほど参加希望があり、大好評の企画となりました。

当日は対象の月齢のお子さん同室で、かわいい声があちらこちらから聞こえてくる中での学習会となりました。スライドを観ながら月齢に合わせた離乳食の進め方や食べさせ方などを詳しく説明していただきました。
保護者の方には試食もしていただきました。

269154c201934d079fd746c0a9cc0263

参加者からは
⚫実際に試食できて良かった
⚫進め方が不安だったので参考になった
などの感想が寄せられました。

埼玉南部ブロック委員会

産地工場見学 (株)コープデリフーズ 茨城ミートセンター

1月19日(金)㈱コープデリフーズ茨城ミートセンターの工場見学に行きました。応募者多数の中、抽選で21人の方が参加されました。
到着後工場で、枝肉の解体→脱骨→整体分割の工程を見学しました。一日の生産量約450頭を、熟練した職人さん達が手際よくスピーディーにナイフで捌いていきす。その匠な技に参加者の皆さんからも思わず「すごい」との声が聞こえました。
見学後 、会議室にてミートセンターの説明や豚肉について学習しました。
Image_2

参加者からは、「機械での作業と思っていたので驚きました」
「素晴らしい手付きで行われているのを見て感動しました」
「衛生的な解体作業を見て、コープの豚肉は安心して食べることが出来ます」
などの感想が寄せられました。
Image_3

豚肉が私達の食卓に並ぶまでに、たくさんの方の苦労があること、
そして、大切な生命を日々いただいていることを改めて実感しました。

埼玉南部ブロック委員会

2018年1月24日 (水)

消費者被害防止サポーター養成講座

1月11日(木)コーププラザ浦和3階会議室にて、消費者被害防止サポーター養成講座を開催しました。18人の方が受講されました。
午前は「地域の消費者被害を防ぐには」〜消費者被害防止サポーターの役割〜、午後は「悪質商法・消費者被害の実例を学ぶ」と二つの講座を学びました。
クーリング・オフによる契約の正しい解除方法や被害にあった時に相談する窓口の消費生活センターを知らない現状、被害にあったのに何もしない人の多さ、被害にあったことが自分の落ち度だと強く感じる、相談しても解決出来ないと思ってあきらめている、などの現状を学びました。だからこそ学んだ事を地域に活かせるサポーターさんの啓発活動が重要なのだと感じました。

Image

「消費者として地域の中でできること」のテーマでグループワーク交流では、実体験を通して感じた事や消費者トラブルで疑問に思った事など活発な意見が飛び交いました。

Image_2

参加者からは「少しでも学んだ事が役に立てるようサポーターとして出来る事から始めたい」との感想が寄せられました。また、講座受講された方から消費者被害防止サポーターへ登録された方が15人いらっしゃいました。

埼玉南部ブロック委員会

2017年12月20日 (水)

第39回 ユニセフ募金 コープ武蔵浦和店

12月18日(月)、コープ武蔵浦和店にてユニセフ募金の呼びかけをしました。

11時から12時までの1時間でしたが、店内放送もしていただきながら、
31人の方に募金をしていただきました。

幼稚園帰りのかわいい手にお金を握りしめて募金をしてくださるお子さんや財布の中の小銭をすべて募金してくださった方など、多くの方にご協力いただきました。

Image_28

今年も世界の子どもたちのために、みなさんのあたたかいお気持ちをいただいた募金活動となりました。

Image_29

埼玉南部ブロック委員会

より以前の記事一覧