埼玉東南

2019年4月 8日 (月)

世界へ目を向けよう!「ユニセフハウス&羽田空港見学」

4月3日(水)埼玉東南ブロック委員会主催で、ユニセフハウス&羽田空港へ親子含む45人で見学へ行ってきました。

ユニセフってなんだろう???

初めて知るお子さんもいるので、バスの車内で、ユニセフの紹介と活動が分かる映像を観ながら事前学習を行いました。

ユニセフハウスでは、ガイドさんのお話を真剣に聞きながら、子どもの生きる権利や育つ権利がない国がまだまだあること、女子が重労働である水汲みに何度も行かなければならないこと、その水は決して衛生的ではなく命を落とす危険さえあり、驚きを隠せないお子さんもいました。

参加されたお子さんたちは、恵まれた環境で生活していることを改めて知り、世界では当たり前でない子どもたちが数多くいることに、自分たちは何ができるかを考える機会になったことと思います。

羽田空港では、大きな爆音とともに飛び立つ飛行機に子どもたちは大興奮、世界が少しでも近くに感じた春休みの一日となったことでしょう。

492786a6f2344bf89d2d552238bba2d9

902744ef43154cd797ec69b0f1f05cd1

Dc110a6550fa45d38b3a8ee8cd2fe854

埼玉東南ブロック委員会

森永製菓(株)小山工場見学

3月28日(木)埼玉東南ブロック委員会主催で、森永製菓(株)小山工場へ親子含む38人で見学へ行ってきました。

広大な敷地に入ると巨大キョロちゃんのお出迎えに大人は懐かしい気持ちに、そして子どもは大好きなお菓子工場とあって、心がワクワク高鳴ります。

77ba4d07454b46eca8e17a67692d0257

映像による森永製菓の歴史や商品について楽しく学習した後は、手洗いを済ませて専用の衛生キャップを被り、コロコロで埃取り、さらに風を受けていざ工場内へ。

窓越しからは、お馴染みのお菓子の製造工程を見ることができ、大量生産とそのスピードには歓喜の声が飛び交い、賑やかな見学となりました。

試食もいただき、ショップでお菓子を購入して、楽しい春休みの思い出となりました。

B0b58c785ed24ea4a24c5d52771d0b2c

埼玉東南ブロック委員会

2019年3月16日 (土)

「子育てサポーター説明会&登録会」

3月4日(月)コーププラザ越谷にて、東南ブロック委員会主催「子育てサポーター説明会&登録会」を開催し、子育て支援に関心のある方や講師、ブロック委員合わせて13人が参加しました。



子育てサポーターとは、組合員どうしの助け合い・預け合いを制度化した有償ボランティアです。
まず、「組合員活動上の託児の手引き」の読み合わせをしながら、新年度からの変更点も交え子育てサポーター制度の説明を行いました。

続いて、保育士の先生からお子さんを預かる際に気をつけることなど事例を交えて具体的なお話を伺い、細心の注意や目配りが必要、子どもの命を預かっているという責任感を持つことが大切だと認識を新たにしました。

お話のあとは、皆さんで歌いながら手遊びをし、試食の和風トライフルを食べながら試食交流。
いくつか質問も出てさらに詳しくお話も広がり、6人の方が登録してくださいました。

次年度も、子育て中のみなさんに寄り添えるような様々な子育て応援企画を計画中です。

埼玉東南ブロック委員会

「コープみらい地域クラブ交流会」

2月22日(金)コーププラザ越谷にて東南ブロック委員会主催の「コープみらい地域クラブ交流会」を開催し、7つの地域クラブ16人とブロック委員17人で交流しました。
「コープみらい地域クラブ」とは、地域の方々がつながり、くらしに関わるテーマで継続的にグループ活動を行い、地域コミュニティの活力となっているグループです。

まず始めに参加者みなさんの気持ちをほぐすために、トークフォークダンスを行ないました。
二重の円の形に座り二人一組になり、司会者からの 質問に向かいあった一人が一分間話し、相手の人は静かに聞きます。
質問毎に相手が変わり、初対面の方とでも、みなさん時間が足りないくらい話が弾んでいました。



そして、各地域クラブの方から活動の様子やクラブのPRをしてもらいました。
健康体操、茶道、フラワーアレンジメント、ギター・ウクレレの演奏、地域活動など、どの地域クラブも様々な活動をされていてとても興味深いお話をたくさん聞けました。

3つの分散会に分かれて、コープ商品を試食をしながら、今年度活動して一番楽しかったことや次の目標、ブロック委員と活動したいことなどの話題で交流しました。

最後は「あんさんぶる」さんの演奏で『もみじ』『バラが咲いた』『天城越え』を合唱して幸せな気持ちになったところへ更に、AKB48の『ヘビーローテション』の歌に合わせタンバリンを使った健康ダンスで盛り上がり、笑顔溢れる大満足の交流会となりました。



埼玉東南ブロック委員会


2019年3月15日 (金)

もしも…の時に役立つ「認知症サポーター養成講座」

2月12日(火) コーププラザ越谷にて、埼玉東南ブロック委員会主催「認知症サポーター養成講座」を開催し39人が受講しました。



越谷市地域包括センターの方を講師に迎え、パワーポイントを使用しながら認知症の種類や症状、行動や心理の症状など要点をわかりやすくお話していただきました。
話の途中には思考や創造性を担う脳の最高中枢と言われている前頭葉を使うゲームも取り入れてあり、楽しみながら受講できました。
ゲームを通して脳を鍛えることも予防のひとつになるとのことです。

身近に認知症者をかかえている参加者もいらっしゃり、切実な思いを質問された方もいました。講師の方はその質問に対して、ご自身の実体験も交えながら答えてくださいました。

本人の自尊心を傷つけないこと、接し方で周辺状況が和らぐので、その為には笑顔で対応が大切なこと、認知症の方には安心が一番の薬であることなどたくさんのことを学ぶことができました。
講座を通して認知症の方の気持ちに寄り添っていける人が少しずつでも増えればと思いました。

埼玉東南ブロック委員会

2019年3月11日 (月)

「なめがたファーマーズヴィレッジ」へ行ってきました!

2/21(木)埼玉東南ブロック委員会主催で、茨城県にある「なめがたファーマーズヴィレッジ」へ見学に行き31人が参加しました。



やきいもファクトリーミュージアムでは映像を見てさつまいもの歴史を学んだり、ガイドの方に説明を受けながら種類や栄養価、製造工程などを詳しく教えていただきました。
残念ながら工場は稼働していなく説明だけでしたが、手洗いの大切さや衛生についても学びました。
見学前に配布された生徒手帳の宿題に見事全員正解、ご褒美にカリカリほくほく大学芋とアツアツしっとり焼き芋をいただくと、皆さん胸が弾み、笑顔が溢れていました。

昼食は施設内のレストランにて地元で採れた新鮮野菜を中心としたビュッフェとパスタを堪能し、お芋のスイーツは格別です。
廃校となった小学校が体験型農業テーマパークとして生まれ変わり、教室や廊下、校庭など懐かしさも残しつつ、工場は衛生的で最新式、そしてお腹も満足。
とっても有意義な一日となりました。

埼玉東南ブロック委員会

2019年2月28日 (木)

お酒の学習会第2弾「(株)東亜酒造羽生工場見学」

2月18日(月)「香りさわやかゆず酒」などコープで取り扱うお酒を製造している東亜酒造羽生工場に参加者9人で見学へ行ってきました。
工場は羽生駅から徒歩で5分ほどの立地、埼玉東南ブロックからは東武線沿線上とあって今回はバスを利用せずに最寄駅集合解散に初チャレンジ。
担当者の方が改札口までお迎えにきてくださり、快晴の中お散歩気分で工場まで歩きました。
320eeda5afb34ef9b06bf2c817c9e3f0

社長を始め従業員の方々に歓迎されながら会議室へと案内され、白衣やキャップ、靴カバーを着用し、丁寧に手を洗っていよいよ見学開始です。
日本酒の製造工程順に、精米所や洗米機、蒸米機、製麹タンクなどの説明を聞きながら1時間半ほど工場内を回りました。
発酵タンクを覗くと発酵の途中段階でポコポコと炭酸ガスが発生し、生きている様子(もろみ)は印象的で、原料であるお米(しかも磨いた中心部のみ使用)とお水が米麹と酵母の力でアルコール発酵を行いながら高アルコールへと化学変化する過程に感服させられました。
F48ca53a935d41419857a5e5bd104475

また、埼玉県越生・毛呂山産のゆずのみを使用したゆず酒漬け込みタンクも覗かせていただくと、黄色いゆずが薄い肌色のジャガイモのような姿に変身。ゆずの香りと美味しいエキスがしっかり抽出されていることを実感しました。

足元にチューブやコードがあったり水で濡れていたり、何より気温が低くて寒かったのですが、間近で見る大きな機械はとても迫力があり、皆さん熱心に説明を聞いて、質問もたくさん出ました。
実際に目で見て見学することで、お酒ができあがるまでの工程がよく分かり、工場の皆さんの苦労や熱意が伝わってきました。

見学終了後は、昼食交流タイム。
まずは「大吟醸 晴菊」で乾杯。ゆず酒やウィスキーを試飲しながらお弁当を食べて、とてもおいしく勉強になった工場見学でした。
F90b233991c643a3b4fa5b3e09b37cc4
埼玉東南ブロック委員会

2019年2月12日 (火)

【埼玉県委託事業】「消費者被害防止サポーター養成講座」

2月5日(火)草加市文化会館にて、【埼玉県委託事業】埼玉東南ブロック委員会・埼玉消費者被害をなくす会共催で『消費者被害防止サポーター養成講座』を開催し29名の方にご参加いただきました。



はじめに埼玉消費者被害をなくす会の紹介を聞きグループ内で簡単に自己紹介をして学習会が始まりました。
まずは弁護士の方から[地域の消費者被害を防ぐには]
・全国の消費者被害の現状
・消費者行政の展開
・地域連携による被害防止
・消費者被害防止サポーターの役割
について、資料にそって説明していただきました。

30年間に相談件数は約6倍に増加している事や高齢者の苦情相談の割合が大幅に増えている事などがよくわかりました。
消費生活センターがある事を知らない住民も役6割いるという事や被害にあった事がある高齢者の役4割の人が「何もしなかった」その理由として「自分にも責任があると思ったから」というのにも驚きました。

その後見守り推進員の方から[消費者被害防止サポーター 埼玉県内の状況]を説明していただきました。
埼玉県では現在699人の消費者被害防止サポーターの登録があるそうですが、市によってはまだまだ登録が1人のところもあるそうです。

午後の部を始める前に朝から長帳場なので少し体操を~と見守り推進員の方が体を伸ばす体操などをしてくださいました。

ここからは埼玉県消費生活コンサルタントの会の消費生活相談員の方から[悪質商法・消費者被害の実例を学ぶ]として
・埼玉県における消費生活相談の状況
・消費者トラブルはなぜ起こるのか
・悪質商法の手口
・被害防止に向けて
を実際あった事をもとにお話していただきました。

実例を聞き消費者として地域の中で自分には何ができるかをグループワークで考え、発表もしました。
最後に消費者被害防止サポーター登録の説明をしていただき、修了証の配布・登録です。
被害者にならない、加害者にしない事も大切だと学び、とても有意義な講習会になりました。

埼玉東南ブロック委員会

商品学習交流会「お酒の学習第一弾『出張お酒講座』」

2月6日(水)コーププラザ越谷にて、東南ブロック委員会主催「お酒の学習第一弾『出張お酒講座』」を開催し、15人の参加がありました。
コープデリ酒類販売(株)三俣和彦さんによる乾杯とともに学習会が始まりました。
乾杯のお酒は、スパークリング清酒「澪」です。



果物を原料としたお酒は、果実酒、蒸留酒、浸漬酒、缶チューハイに大きく分類され、原料や作業工程によって、出来上がるお酒の種類も変わってくるそうです。

自然界にたくさん存在する酵母(微生物)の力によりブドウ糖をアルコールと二酸化炭素に分解することで、芳醇なお酒へと華麗に変身していきます。
まさに大地の恵みと科学が融合した賜物です。

数種類のワインを味わいながら、ワインの製造工程や世界の産地、様々なぶどうの種類、色の変化等々学習し、地球上で一番古いお酒と言われるワインの奥深さに次第に魅了されていきました。



組合員と生産者、メーカーの協力で開発、発売された「香りさわやかゆず酒」を製造している(株)東亜酒造の末村隆さんからは、組合員が収穫体験した埼玉県越生毛呂山産のゆずを使用していることや、工場では手作業で漬け込むお話をしていただきました。
ロックでも、炭酸割り・お湯割りでもとても美味しいです。

次回は第ニ弾として、2月18日に東亜酒造羽生工場への見学を予定しているので、ゆず酒漬け込み過程や酒造りに対する想いを学んできたいと思います。

埼玉東南ブロック委員会

「いくらかかる?いくらかける?教育費」

2月1日(金)コーププラザ越谷にて、東南ブロック委員会主催「いくらかかる?いくらかける?教育費」の学習会を開催し16人が参加しました。
講師には、コープデリ共済センターの新玉さんをお迎えしました。



前半は早速教育費についてのお話しです。
具体的な教育資金計画を立てるにあたり、表を使ってライフプランを考えると、どの時期にいくらぐらい必要なのかが把握しやすくなるそうです。

【教育資金設計の流れ】
1…教育方針を決める
2…教育費の見込額を把握する
3…教育費の必要な時期と必要額を把握する
4…教育費を準備する

また奨学金についてもお話ししていただきました。
貸与型の奨学金は借金だということを頭に入れて、ちゃんと返済できるのかよく考えてから申し込むことが必要ということです。
確かに返済できない人が多いとニュースでもよく見ます。
今迄ザックリとしかわからなかったことが、お話しを聞いてよくわかりました。


後半のクッキングの前にブロック委員から食育と栄養についてのお話です。
親は子供の代わりに勉強してあげられる訳ではないので、生活面でサポートすることしかできません。
そんな中でも食事は大切!バランスの良い食事を作ってあげられるといいですね。
今流行りのサバはDHAが豊富なので脳の機能に効果あり!だそうです。

「かんたん夜食・軽食クッキング」では5つのグループに分かれて
*さばみそおにぎり
*さば煮のトースト
*野菜たっぷり焼きおにぎりサンド
*きのこうどん
*スープたこ焼き を作りました。



どれもレンジでチンや、ちょっとした手間を加えるだけで簡単に作れるものです。
さば煮のトーストはなかなか好評でした。
夜食にもいいけど、自分のお昼ご飯にもぴったりという声も。

これからの教育費についてと、受験生を応援する食事作りについても学びとても充実した学習会でした。

埼玉東南ブロック委員会

より以前の記事一覧