埼玉東南

2019年1月 6日 (日)

コープいきいき健康ひろば越谷「ミニクリスマス会」

12月12日(水)コーププラザ越谷にて、東南ブロック委員会と医療生協さいたま越谷支部の共催でミニクリスマス会を開催し、25名の参加がありました。
昨年より、高齢者の交流と介護予防を目的として、コープみらいと医療生協さいたまが協同で、越谷市の新総合事業通所型サービスBをスタートし、毎週コーププラザ越谷とミニコープ千間台店2階コープルームにて「コープいきいき健康ひろば(体操教室)」が開催されています。



健康体操の後、ショコラケーキと紅茶を召し上がりながら、地域クラブ「あんさんぶる」さんの素敵な演奏に合わせてクリスマスソングや懐メロを歌って踊ってミニコンサートは大盛況でした。

そして、ブロック委員による野菜の花当てクイズを実施したり、ブロックニュースのお知らせをしながら、交流を楽しみました。
いつも皆さんから元気を頂くので、また来年もお会いできるのをお互いに楽しみにしたいと思います。



埼玉東南ブロック委員会

商品学習交流会「くらしと生協」人気商品を試そう!

12月7日(金)コーププラザ越谷にて埼玉東南ブロック委員会主催「くらしと生協」の商品学習交流会を開催し、15人の参加がありました。



コープデリ宅配でおなじみの、くらしと生協のカタログ商品を多数ご持参いただき、ひとつひとつ丁寧に商品特徴を伺うことができました。
実際に手に取って生地感や手触りを確かめたり、試着をすることでサイズのイメージもしやすく、楽しく会話も弾みました。
人気商品でもある冬用の敷パットは綿素材でぬくぬく感もあり、愛用している参加者の方々は納得の商品だと絶賛していました。



当日、参加者の方で全身くらしと生協でコーディネートされたお洋服を着てこられた方がいらっしゃり、いつも利用されているファンだそうです。
このような機会を季節ごとに開催できると購入前にとても参考になるので、定期的に開催できたらと思いました。

埼玉東南ブロック委員会

2018年12月27日 (木)

「ユニセフ ハンド・イン・ハンド募金活動」〜コープ北越谷店〜

12月2日(土)コープ北越谷店にて「ユニセフ ハンド・イン・ハンド募金」を実施し、支援の輪を広げる活動に取り組みました。
今年の募金活動のテーマである「すべての子どもに5歳の誕生日」テーマに、参加した子どもたちと一緒に呼びかけを行いました。



世界の子どもたちの現状をお知らせしながら、すべての子どもの命と権利を守るユニセフ活動を知っていただく機会となりました。
たくさんの方々に募金の協力をしていただき、大変ありがとうございました。
集められた温かいお気持ちは、全額日本ユニセフ協会を通して世界の子どもたちの支援のために活用させていただきます。

埼玉東南ブロック委員会

『しめ飾り作り』〜田んぼの教室 特別授業〜

11月30日(金)コーププラザ越谷にて、埼玉東南ブロック委員会主催の「しめ飾り作り〜田んぼの教室特別授業〜」を開催し18人が参加しました。

今年度の田んぼの教室吉川会場では、5月に田植え体験9月に稲刈り体験をしました。
その時に収穫した稲わらを譲っていただき、今回の特別授業として東南ブロックでは初めての「しめ飾り作り」を開催することができました。

まずはしめ縄・しめ飾りの由来や意味を学んだあと、2人一組になり作っていきました。
稲わらを軽く濡らし柔らかくし、一握りの束の端を縛り、束を二等分にして二つの束を同じ方向にねじります。
同じ方向にねじりながら二つを絡めていくと自然と絡まっていくので、形を整えて端を縛り完成です。



しめ飾り作りの後は、田んぼの教室の取り組みについて田植えから稲刈り収穫までのお話と、日本の田んぼと食料自給率や地産地消について学び、今年10周年となる「お米育ち豚」についてもお知らせしました。
その後は各自作ったしめ飾りを見せ合いながら、田んぼの教室でいただいた新米「彩のきずな」とお米育ち豚で作った東南ブロック特製『豚丼』で試食交流しました。



「田んぼの教室」は、食べ物を育てる喜びと苦労を知り、食べ物を大切にする気持ちを育てる取り組みです。
今回の特別授業では、田植えや稲刈りに参加できなかった方にもこの取り組みについてお知らせすることができ、しめ飾りを楽しみながら多くのことを学んでいただけたとてもよい機会になりました。
今後もこの取り組みを続けていければと思います。

埼玉東南ブロック委員会

2018年12月26日 (水)

『マヨネーズができるまでのヒミツにせまる!』キユーピー(株)五霞工場見学

11月27日(火)東南ブロック委員会主催の『マヨネーズができるまでのヒミツにせまる!』産地工場見学 キユーピー(株)五霞工場を開催し、24人が参加しました。
工場のエントランスに入ると、大きなマヨネーズのオブジェや季節柄クリスマスツリー等が飾られていました。



はじめにキユーピーの歴史の説明やマヨネーズのおいしさの秘密を映像を見て学びました。
工場内の見学では、マヨネーズで使う卵黄を卵から仕分ける高速割卵機が急な点検のため稼働しておらず残念ながら見ることができませんでしたが、ドレッシングのラインはドレッシングボトルが高速で大量に動いているのに驚きました。

マヨネーズには卵黄しか使いませんが卵白はお菓子やかまぼこに使用され、殻もカルシウム強化食品や肥料にと無駄なくゴミを出さないように環境にも配慮している取り組みをされているそうです。
試食会場では、カット野菜に色々な種類のマヨネーズやドレッシングが試食ができたので、皆さん普段食べた事のないドレッシングやマヨネーズを楽しく試食していました。参加者からは「子どもと一緒に参加できて良い経験になりました」「マヨネーズのレシピ本を見て家でも作ってみます」など感想がありました。



来年はキユーピー(株)創業100周年とのことですので、また今度は動いている割卵機を見学しに訪れたいです。

埼玉東南ブロック委員会

「使いきり!食べきり!フードロス・ゼロキッチン」

11月26日(月)コーププラザ越谷クッキングルームにて、埼玉東南ブロック委員会主催「使いきり!食べきり!フードロス・ゼロキッチン」を開催し19人が参加しました。

前半は、県政出前講座の学習会「フードロスをなくそう」で、フードロスの現状や、廃棄される食品を少しでも減らすための取り組みなどについて学びました。
若い世代の「フードロス」認識度が低いとのことで埼玉県内の大学でフードロス削減に向けた啓発授業もおこなっているそうです。



講習の後は、食材を無駄にしない使いきりクッキング。
テーブルごとに、消費者庁募集の食べきりアイディアレシピ 掲載の、余った野菜をホットケーキミックスで焼く『ケークサレ』を作りました。
その後「それぞれ班ごとに工夫して食べきり料理を一品作ってください!」という楽しい調理企画でした。
皆さん、最初は戸惑っている様子でしたが、協力して美味しそうな料理があっという間に完成しました。

さらに残った食材で特製残り野菜スープや、ブロッコリーの茎と大豆のザーサイ風、切り干し大根とコーン缶・ツナ缶サラダも作り、食材を無駄なく使って 盛りだくさんの試食を残さず食べきりました。
しっかり学習し、楽しく「フードロス・ゼロキッチン」ができました。

埼玉東南ブロック委員会

2018年12月25日 (火)

産地工場見学 『(株)ミツカンフレシア』納豆工場を見学しよう

11月22日(木)東南ブロック委員会主催の産地工場見学 『(株)ミツカンフレシア』を開催し、26人が参加しました。

こちらの工場では主に納豆を生産しており、バスから降りると工場の外でも納豆独特の発酵の香りがしていました。
中に入ると帽子で髪を覆い、つぎにコロコロ粘着シートで細かいゴミや髪の毛を取り除き、細かいところまで安全安心への対策がされていると感じました。
会社概要と納豆の出来るまでを説明していただき、敷地内にある第1・第2工場を合わせると、なんと全国の納豆生産量の約半分の量で、年間では約6億4千万トレーもの納豆を生産していることに驚きました。



納豆の製造工程を学んだ後は、工場内の見学と納豆試食の2班にわかれての行動となりました。
11種類もの納豆がテーブルに並び、その中には熟成前の納豆もありました。
まだ暖かく食べてみると豆本来のお味でしたが、自然の甘さがあり美味しかったです。
これは売ってないの?という質問があったほどでした。
いろいろな種類を食べ比べすることで、豆の大きさによって食感や味の違いを知ることができました。



さて、ここで納豆クイズです。
・納豆1パック(極小粒 50g)の大豆は何粒でしょうか? → 答えは 約300粒
・納豆を一番消費する都道府県は? → 答えは 福島県
逆に一番消費しないのは、和歌山県だそうです。

納豆について様々なことを学び、さらに納豆が大好きになった1日となりました。

埼玉東南ブロック委員会

産直野菜を使った料理講習会 「里芋」

11月20日(火)コーププラザ越谷にて、農事組合法人 川越地域生協出荷組合による「商品学習交流会 産直野菜を使った料理講習会 里芋」を開催し22人が参加しました。

はじめに生産者の方から里芋についての説明をしていただきました。
畑から掘った里芋をそのまま持って来て下さり、親芋の周りに子芋などがたくさんついている様子を見せていただきました。
川越の里芋は濃い旨味が特徴であること、ビタミンCや食物繊維の他に、デンプンをエネルギーに変えるビタミンB1、脂肪を燃焼させるビタミンB2なども含まれていること、芋類の中でもカロリーが少ないので女性にはうれしい食材であることなどを教わりました。



次に女性部の方からレシピについてのお話しがあり、皆さんが楽しみにしていた料理の時間です。
里芋ご飯、里芋のつぶし焼き、里芋と小松菜のサラダ、里芋と鶏肉のたっぷり煮の4品を各班ごとに分担して作りました。
サラダとつぶし焼きは里芋を皮付きのままゆでて皮をむく方が調理しやすいことなどを教えていただきました。



試食の時間には生産者の方、女性部の方にもはいっていただき、色々なお話しを聞きました。
お店で購入する際の美味しい里芋の見分け方やジャガイモやサツマイモと同じ用に和風料理だけでなく、洋風料理にも合うことなど新たな発見もありました。
・種芋にたくさんついているのを初めて見ました
・里芋そのものがとても美味しかった、特にサラダが美味しかった
・下処理がたいへんだと思っていたが、色々教えて頂いたので家でも作ってみます
・もともと好きだが、更に好きになりました、デリで見つけたら必ず買います
などの感想をいただきました。

里芋の魅力にお腹も心もいっぱいになり笑顔あふれる学習会となりました。
来年度はぜひ収穫体験もできたらと思います。

埼玉東南ブロック委員会

2018年12月 5日 (水)

「きらきら子育てフェア」

11月16日(金)コープ北越谷店別棟2階コープルームにて、埼玉東南ブロック委員会主催の「きらきら子育てフェア」を開催し、親子60組を含む約140人が参加しました。

乳幼児と子育て中のご家族が気軽に参加でき、笑顔で楽しい毎日を過ごすための食やくらしの知識や情報を学び体験しながら交流が出来る場として。またコープみらいの事業や活動をより多くの方に知っていただく場として開催しました。

第一部は日本赤十字社 幼児安全法指導員の長島須美子さんを講師にお迎えし
「いざという時に役立つ こどもに多い病気・症状の手当て学習会」23組の親子が参加しました。
具合が悪くなった時の初期対応の仕方や心構えなどを学び、熱の測り方や手洗いなどの実技もしました。




第二部は 「コープみらいの事業や活動を体験する9つのコーナー」



「co・opきらきらステップ」 (乳幼児むけ冷凍素材)の試食
・九州産小麦使用 やわらかいミニうどん
・国産野菜で作ったなめらかキューブ 5種の緑黄色野菜&根菜
・5種の国産野菜のミニハンバーグ ひじき入り
・北海道小麦のふんわりプチホットケーキ ほうれん草入り
おすすめ簡単手作り離乳食・幼児食の試食
・米粉ホワイトソース
・冷凍豆腐の昆布だし煮

ベビーマッサージ

絵本の読み聞かせ・紙芝居・手遊び

手形足形アート (子育てひろば)

コープデリカタログで簡単工作

「コープデリミールキット」 実演調理・試食(コープデリ草加センター)
・ビビンバ ・青椒肉絲 ・八宝菜

コープデリ宅配限定化粧品の紹介とお試し ナリス化粧品『スハダモ』

「コープ共済」 相談コーナー

きらきら子育てスタンプラリー
・事業コーナー・活動コーナー・コープ北越谷店内 各1つ以上のスタンプを集めると
パンチングボール・ほぺたんグッズ・手作りペットボトルペンケースをプレゼント

参加者の声として
「初めての子育てでわからないことが多く不安でしたが、いろいろなことを教わり充実していて気持ちも少し軽くなりました」
「気になっていた離乳食やミールキットを試食できて購入したくなった」
「コープのことをたくさん知れて楽しめてとてもよかった」
「またいろいろな企画にも参加したい」などの感想がありました。

組合員活動に初めて参加の方も多く、家族で参加・体験し交流出来る場が求められていることをあらためて実感しました。これからも子育て中の方が楽しく気軽に参加できる場作りをしていきたいと思います。

埼玉東南ブロック委員会

2018年11月21日 (水)

お米育ち豚10周年試食会〜コープ早稲田店〜

11月13日(火)コープ早稲田店店内にて、東南ブロック委員会主催「お米育ち豚10周年試食会」を開催しました。
これからの寒い季節にぴったりなしゃぶしゃぶの試食です。



「お米育ち豚」のばら肉を使い、「コープクオリティゆずのぽん酢」と一緒に試食していただきました。
お天気が少し心配でしたが、店内はたくさんのお客さまが来店しており、お子さんも含め50人以上の方に試食していただけました。

試食していただきながら、ブロック委員作成のお米育ち豚についてや豚肉の部位についての展示物を見ていただいたり、お米育ち豚のパンフレットをお渡しして取り組みについてお話しました。
皆さん「お米育ち豚いつも購入しています、美味しいですよね~」「ぽん酢のゆずの香りが良いですね」「初めて食べました、お肉とぽん酢だけ買えば今日の夕食になるね」などいろいろな感想をいた
だきました。

お米育ち豚10周年を知っていただき、その美味しさと取り組みに共感していただいて、皆さん笑顔でとても楽しい試食会となりました。

埼玉東南ブロック委員会

より以前の記事一覧