埼玉東南

2017年12月13日 (水)

いきいき健康ひろば越谷 クリスマス会

高齢者の交流と介護予防を目的として、コープみらいと医療生協さいたまが協同で、越谷市の新総合事業通所型サービスBをスタートしました。
新総合事業において購買生協と医療生協が協同で事業を行うのは全国で初めての事例で、毎週コーププラザ越谷とミニコープ千間台店2階コープルームにて「コープいきいき健康ひろば(体操教室)」が開催されています。

12月13日(水)コーププラザ越谷にて、東南ブロック委員会と医療生協さいたま越谷支部の共催でクリスマス会を開催し、25名の参加がありました。
健康体操の後、地域クラブ「あんさんぶる」さんの演奏に合わせてクリスマスソングや懐メロを歌ったり、脳トレ体操などを行い、ミニコンサートを楽しみました。



ブロック委員手作りのユールヤータ(クリスマスオーナメント)に試食を入れて皆さんにお菓子のプレゼントをし、お茶とともに味わいながら、寒さも忘れるほどの笑顔あふれる交流ができました。





埼玉東南ブロック委員会

2017年11月16日 (木)

離乳食「きらきらステップ」を試してみよう!

11月9日(木)コーププラザ越谷にて、埼玉東南ブロック委員会主催『国産素材のこだわり離乳食 co・op「きらきらステップ」を試してみよう!』を開催しました。
当日は親子11組含む30名の参加がありました。



『きらきらステップ』はお子さんとママ&パパを応援する「子どももうれしい。私もうれしい。“家族” がうれしい。」商品です。
実際に子育てをしている組合員モニターの声を商品開発に生かし、経験豊富な管理栄養士への相談体制を整え、商品の大きさや食感、素材の選び方、対象月齢といった商品設計のアドバイスを受けて開発されました。

『きらきらステップ』の紹介をした後、パッケージやトレイの大きさなどを見ながら、乳児食5品と幼児食1品を試食。



・国産米をふっくら炊いた白かゆ
・国産野菜で作ったなめらかキューブ ほうれん草と小松菜&おいも
・便利なパラパラ 国産白身魚のほぐし身
・九州産小麦使用 やわらかいミニうどん
・3種の国産野菜としらすのおかゆ
・5種の国産野菜のミニハンバーグ

利用した事がなく購入を悩んでいた方も、実際に見て試食しこだわりや利用方法を詳しく聞くことで安心し、これからの参考になったようです。

今回は親子ひろばのサポーターさん、コープデリ草加センター職員さんにもご参加いただき、親子ひろばの紹介や、コープデリ宅配のオススメ商品や共済のお話もしていただけました。
参加者同士も普段の離乳食や子育ての悩みなど話し合い、親子でくつろぎながらゆっくり交流していただけたようです。

埼玉東南ブロック委員会

総代学習会『SDGsってなんだろう?』

10月31日(火) コーププラザ越谷にて、埼玉東南ブロック総代学習会『SDGsってなんだろう?』を開催し、34名の参加がありました。

「SDGs」とは2015年に国連で採択された「2030 年までに世界をよりよくするため」の17の持続可能な開発目標です。
日本国内、また地球上で、解決しなければならない問題や課題がたくさんあります。
私達が直面している様々な問題を解決するためには多くの力が必要です、一人一人の力は小さくても、多くの人々が力を合わせればとても大きな力になります。

生協の事業や活動についてより深く知っていただく機会として、また総代のみなさんにSDGsを知っていただき、この目標がみなさんの生活にどう関わっているのか、コープみらいの様々な取り込みが国際社会が約束したSDGs(持続可能な開発目標)につながっていて、目標を達成するために私たち一人一人何が出来るのか、ワークを中心に楽しく交流・懇談しながら学び考えていく学習会になればと思い開催しました。

コープみらいCSR推進室の岩佐透さんを講師に学習し、4つの分散会に分かれコープみらいの取り組みがSDGsのどの目標にあてはまるのかを話し合いました。




試食には、『エシカル商品』
レインフォレスト・アライアンス認証マーク付きのカカオ豆を原料に使用した
「CO・OPカカオ70%チョコレート」
「CO・OPカカオ85%チョコレート」
組合員の声から誕生した、コープオリジナルのハイカカオチョコレートです。
(詳しくはこちらをご覧ください)

国際フェアトレード認証
フェアトレードコーヒーバッグ炭焼珈琲
フェアトレード生産農園限定セイロン紅茶




昼食交流では、女子栄養大学と産学連携包括協力協定により開発した
『健康弁当 からだすこやかシリーズ 』 (コープ北越谷店で購入)



一人一人の考えを聞くことでより理解が深まり、地球規模の問題・SDGs・エシカル消費も交流や試食を通してより身近なことに引き寄せて考え、何が出来るのかを考えるきっかけになりとてもいい学習会になりました。

埼玉東南ブロック委員会



2017年11月15日 (水)

(農)霞ヶ浦有機センターへ行こう!

10月27日(金) 埼玉東南ブロック主催『(農)霞ヶ浦有機センターへ行こう』を開催し18名の参加がありました。

霞ヶ浦は豊富な水と温暖な気候に恵まれた日本一のレンコンの産地です。
土づくりからこだわって育てられたレンコンの収穫体験と施設見学をさせていただきました。
胴付き長靴などを着用し、腰下まで泥水につかり転ばないようゆっくり歩いてレンコン畑の中へ。
高圧の水流ホースで周囲の泥をかき分け手探りでレンコンを掘り上げます。
大きなレンコンを掘り上げた瞬間はみなさん満面の笑みでとても嬉しそうでした。




収穫体験終了後は生産者のみなさんと昼食交流をしながら、レンコンの生育過程や植付けから収穫そして出荷までを詳しく教えていただきました。
レンコン料理の作り方やコツも教わり
・れんこんの団子汁
・れんこんサラダ
・れんこんのきんぴら
の3品をご馳走になりました。




生産者のみなさんの日頃のご苦労やこだわりを直にお聞きし、参加者のみなさんからもたくさんの質問ありとてもいい交流になりました。
産地見学会や収穫体験は生産者と消費者お互いの顔が見え理解を深めるとてもいい機会だとあらためて実感しました。





埼玉東南ブロック委員会

2017年10月23日 (月)

まつぶし町民まつり2017

10月15日(日)松伏町記念公園にて、まつぶし町民まつり実行委員会主催の「まつぶし町民まつり2017」が開催され、埼玉東南ブロック委員会も参加してきました。

悪天候にもかかわらず、大勢の方が来場され、様々な催しを楽しまれていました。
模擬店やステージ発表、キャラクターショーなど様々なコーナーがある中で、東南ブロック委員会のブースでは、子ども向けの「魚釣り・ペットボトル釣りゲーム」を提供し、186人の方にご参加いただきました。



ゲームの景品としてオススメのコープ商品をお知らせし、ブロックニュースをお渡しして、みらいひろばや学習会など組合員活動のお話をしました。
今回の町民まつりに参加することで、地域の様々な世代の方々と楽しく交流することが出来ました。



埼玉東南ブロック委員会

50歳からのシリーズ「今どき葬祭」学習会

10月19日(木)コーププラザ越谷にて50歳からのシリーズ第3弾「今どきの葬儀」を開催し、
25人の参加がありました。




まずは自分の身近で不幸があった場合何をしたらいいのか
一般的な葬儀の流れや色々な葬儀の種類などを紹介して頂きました。
今は一般的な葬儀に他、家族葬、無宗教葬など人それぞれ
お見送り方にも色々な形があるようです。
またエンディングノートの書き方を学び、大切な人へのメッセージを書き入れるページや
これまでの私、これからの私へ、など自分の人生を見つめ直す
ページもありました

学習会の会場には棺の見本や墓石のミニチュアなどの展示もあり
皆さん興味津々に眺めていました。



展示の棺はダンボールで出来ているエコ棺とのこと。
世界の森林伐採で森が減少していくことを食い止める
人と地球のことを大切に思い誕生した棺だそうです
葬儀とエコ、一見結びつかないように思いますが
環境を考えると、これもエシカルな選択です。


学習会後は分散会に分かれ、各テーブルに講師の方々に入って頂き交流しました。
今日の学習内容を振り返りながら色々な質問をし、有意義な学習会となりました。

埼玉東南ブロック委員会

みらいひろば越谷

10月20日(金)コーププラザ越谷にて、みらいひろばを開催し7名の参加がありました。
ブロックニュースを見て若いママさんが2名初参加してくれました。
10月末のハロウィンに因んで、クリアファイルを使った簡単でかわいいハロウィンバッグを作りました。
年配の方でもおしゃべりしながら「楽しいね〜」と笑顔で作られていたのがとても印象的でした。

その後、エシカルをテーマに交流し、MSC認証マークが付いている骨取りさばのみぞれ煮を佐渡トキ応援商品のパックご飯でいただきました。さばはとっても柔らかく、ご飯はツヤよく味もよくどちらもとても好評でした。



埼玉東南ブロック委員会

2017年10月21日 (土)

「国土交通省 首都圏外郭放水路」施設見学

10月16日(月) 埼玉東南ブロック委員会主催で、春日部市にある首都圏外郭放水路の施設見学を開催し、45人の参加がありました。
まず初めに、地底探検ミュージアム「龍Q館」にて、見えない地下で効果を発揮する首都圏外郭放水路の機能や役割の説明を聞いたり、江戸川に関する事業や自然環境についての展示の紹介や映像を見ました。



その後200メートルほど歩いて、階段100段あまりを降り、地下の調圧水槽を見学しました。調圧水槽は地下トンネルから流れてきた水の勢いを弱め、江戸川へスムーズに水を流すため、地下22mの位置に作られた巨大水槽であり、ポンプ運転を安定して行うための役割と緊急停止時に発生する急激な水圧の変化の調整を行う役割があるなどの説明をして頂きました。

今回の施設見学は男性の参加が13名と多く、「最近は水害などの災害が非常に多いので、身近にこのような施設があるのは安心する」という感想があり、環境&防災に関心が高いのが良くわかりました。



埼玉東南ブロック委員会

2017年10月10日 (火)

「そろってGood!」を試してみよう

9月21日(木) コーププラザ越谷 1階 クッキングルームで、東南ブロック委員会主催「そろってGood!を試してみよう」を開催し、8名の参加がありました。

今回試してみたには「そろってGood!」3品
・7品目の彩り筑前煮
・チキン南蛮+野菜スープ
・ダイズラボ大豆のお肉を使った麻婆茄子
「材料がカットされていて、本当に開けたら炒めたり煮たりするだけなんですね」とみなさん驚かれていました。
料理キットに同封されているレシピを見ながら、みなさん手際良く調理を進めてあっという間に完成。



試食をしながらコープデリ草加センター職員から、デイリーコープや夕食宅配についてお知らせをしていただきました。

実際に商品を試していただく事で色々興味を持ち、今まで知らなかった事も発見することができるので、今後も幅広い方にご参加いただけるよう、広くお知らせしていきたいと思いました。




埼玉東南ブロック委員会

2017年9月25日 (月)

みらいひろば 三郷中央


9月8日(金)東和東地区文化センターにてみらいひろば三郷中央を開催し、7人の参加がありました。
9月のテーマが「防災」とのことで、簡単にできる防災グッズを2種類作りました。
はじめに、デリカタログを使って簡単スリッパを作りました。
紙の使い方によって大小とサイズ変えることも出来るので、大人用と子供用を作られる方もいらっしゃいました
つぎに、キッチンペーパーを使った即席マスクを作りました。
キッチンペーパーを蛇腹状にパタパタ折ったら、端に輪ゴムを挟んでホチキスでとめるだけで、簡単に出来ました。




本日の試食品は、ローリングストックできる食品として、
・CO・OP 応援食 たまごクッキー
・CO・OP 野菜の美味しいスープ ミネストローネ風
・CO・OP デニッシュかぼちゃ
・CO・OP コープヌードル しお味
・CO・OP あじわいのカフェオレ

試食をしながら、防災クイズ・防災の備えなどのお話しで盛り上がりました。

埼玉東南ブロック委員会

より以前の記事一覧