埼玉東北

2018年2月14日 (水)

商品学習交流会『辻安全食品株式会社』

2月13日(火)、栗橋コミュニティセンター(くぷる)にて埼玉東北ブロック委員会主催の商品学習交流会『辻安全食品株式会社』を開催し、12名が参加しました。




薬剤師の田中貴子さんを講師に迎え、食物アレルギーの最新の話題について話を伺いました。
アレルギーを持つ人は増加しており、2人に1人が何らかのアレルギーを持つ時代だそうです。飽食故に増えていることもある、治療方法の変化や成長と共にアレルギーが自然消失することも多いことなどを学びました。
アレルギー除去のお菓子とコーンスープを試食しながら、参加者の質問にお答えいただきました。
参加者からは、「アレルギー対応食が試食できて良かった。元祖板チョコが美味しかった」、「アレルギーがなくても食生活に留意することが大切と改めて感じました」などの感想をいただきました。

埼玉東北ブロック委員会



2018年2月13日 (火)

みらいひろば久喜A

2月13日 火曜日 ミニコープ久喜東店2階コープルームにて「みらいひろば久喜A」を開催しました。
2名の方が参加して下さいました。




今月のテーマは、高齢者支援です。
コープみらいの高齢者支援の取り組みのお話から認知証サポーター養成講座について話題になりました。
参加者の方から認知症サポーター養成講座を最近再受講されたお話がありオレンジリングや、サポーター証(カード)についても教えていただきました。

今日の試食は豆腐白玉を作り、十勝産小豆のぜんざいと北海道小豆のゆであずきを食べ比べしました。
「良くこねた豆腐白玉はツルツル滑らかで美味しい」
「ゆであずきより甘すぎないぜんざいとの相性が良い」
との感想がありました。

朽ちるまで歩き続けたいとおっしゃっている参加者の方は、午後はグランドゴルフへ行くと颯爽と帰られました。


埼玉東北ブロック委員会

2018年1月24日 (水)

施設工場見学「森永製菓(株)小山工場」

1月24日(水)埼玉東北ブロック委員会主催、施設工場見学「森永製菓(株)小山工場」を開催し、30名の参加がありました。



ビデオで森永製菓の歴史や小山工場で作られているお菓子について学習しました。

見学の際には私たちもヘアーキャップを着用して
①エアーシャワーを通過②洋服を粘着テープでコロコロ③手洗い④アルコールで消毒
4段階を経て、やっと工場内へ入ることができました。

安全で安心なお菓子づくりを第一に考えて、徹底した衛生管理に努めていることがわかりました。

参加者からは
・普段食べているお菓子の製造過程を見ることができてよかった
・お菓子の歴史がわかり勉強になった
・衛生管理がすばらしい、今後は味わって食べたい
などの感想をいただきました。

埼玉東北ブロック委員会

2018年1月18日 (木)

商品学習交流会「日本生協連 国産うなぎ」

1月18日(木) 、杉戸西公民館にて埼玉東北ブロック委員会主催による商品学習交流会「日本生協連 国産うなぎ」を開催し、17名が参加しました。





私たちが食することのできるうなぎの、およそ99%が養殖である事。また、うなぎが絶滅危惧種である事に皆さん驚かれていました。
近年、その養殖にするシラスうなぎの不漁が続いているため、行政、産地、生協による様々な「うなぎの資源保護」の取り組みが行われているそうです。生協では、1パック購入すると10円の寄付になり、保護の活動に当てられています。

「うなぎを24時間管理している生産者の苦労もよく分かった。」
「美味しさは、この生産管理の下で作られているからだと納得した。感謝していただきます。」などの感想を沢山いただきました。

埼玉東北ブロック委員会

2018年1月16日 (火)

うちエコ診断&手芸カフェ

1月16日(火)コープ東岩槻店 2階コープルームにおいて、埼玉東北ブロック委員会主催「うちエコ診断&手芸カフェ」を開催し、10名の参加がありました。
事前に提出したアンケートに基づき、環境省認定の「うちエコ診断士」の方々が各家庭のライフスタイルに合わせた省エネ・省CO2対策を教えてくださいました。待ち時間を利用して、牛乳パックとはぎれを使ったカードケース作りも行いました。




参加者からは
○優しく丁寧に教えてもらい、安心して受けられた。
○家電の買い替えを検討していたので、紹介された比較サイトを活用したい。
○子どもの成長と共にライフスタイルが変わって行くので、定期的に診断を受けたい。
○勉強になったし、面白かった。知人にも宣伝したい。

などのご感想をいただきました。


埼玉東北ブロック委員会



2018年1月12日 (金)

みらいひろば久喜B 『親子で遊べる羽子板作り』

1月9日(火)ミニコープ久喜東店2階コープルームにて開催。
親子1組が参加し、羽子板作りを楽しみました。



好きなシールをペタペタ貼ってかわいい羽子板の出来上がりです。
お母さんが持った大きな羽根をついて遊ぶところですが、ブロックやオモチャの電車が気になるようです。いつの間にか羽子板はうちわに変身してしまいました。

今月の試食は残りがちなお餅のアレンジ料理“いなりもち”を紹介しました。味付いなりあげにお餅を入れてレンジにかけるだけの簡単レシピです。甘辛い味が良いですね〜家でも作ってみます!と喜んでいただきました。

帰る頃には眠くなってきたのか、何度もあくびをするお子さん。
また、いっぱい遊ぼうね…来月もお待ちしています。

埼玉東北ブロック委員会

2017年12月25日 (月)

ユニセフ ハンド・イン・ハンド募金〜コープ東岩槻店〜

12月23日(土) 11時〜12時、コープ東岩槻店にてコープみらい埼玉東北ブロック委員会主催による募金活動を実施しました。ブロック委員7名の参加でした。
祝日の土曜日ということもあって、お客様も多く賑わっていました。








「子どもたちに生きるチャンスを!」と皆で声を出したことでたくさんの方に募金していただけました。お預かりしました14581円は幼い子どもたちの命を守るための支援になります。
ご協力いただいた皆様ありがとうございました。

埼玉東北ブロック委員会

ユニセフ ハンド・イン・ハンド募金〜春日部駅西口〜

12月23日(土)11時〜12時、春日部駅西口で埼玉東北ブロック委員会主催の「ユニセフ ハンド・イン・ハンド募金」を行いました。参加者は13人でした。



今年は「子どもたちに生きるチャンスを」をテーマに、駅に出入りする人たちや待ち合わせしている人たちに声がけをしました。



お子さんや若い男性も募金してくださり、21000円の募金をお預かりしました。

募金活動に参加した子ども達からは
「お金をいっぱい入れてくれて嬉しかった。」
「種(ユニセフの取り組み紹介についている)を渡したかったけど、忙しそうで渡せなくて残念。」
などの感想がありました。
皆様からお預かりした募金は日本ユニセフ協会を通じて世界各地の支援事業に使われます。ご協力ありがとうございました。

埼玉東北ブロック委員会

2017年12月20日 (水)

日本食を見直そう 〜お正月料理〜

12月13日(水)、大利根アスタホールにおいて、埼玉東北ブロック委員会主催による「日本食を見直そう 〜お正月料理〜」を開催し、16名の参加がありました。コープ商品を使ってお正月料理を作りましたsmile



6種類の料理をワンプレートで盛り付けて完成ですshine




⚪︎フライパンで簡単伊達巻き
⚪︎飾りかまぼこ
⚪︎レンチンチキンロール
⚪︎裏ごしさつまいもの茶巾しぼり
⚪︎ミックスナッツとじゃこの田作り風
⚪︎黒豆ヨーグルト

飾りかまぼこは色々な形があり、皆さん時間をかけて真剣でした!完成した料理を試食しながら元日、元旦の違いや門松、鏡餅の意味など勉強しました。

簡単にできる!家でも作りたい!全ておいしかった!などなどたくさんの嬉しい声をいただきましたhappy01

埼玉東北ブロック委員会

2017年12月 9日 (土)

みらいひろば岩槻

12月8日(木)、コープ東岩槻店コープルームにて『みらいひろば岩槻』を開催しました。7名の方に参加いただきました。
今回は、クリスマス企画ということで、みらいひろばのメンバーの方に、『豆腐のチーズケーキ』と『リンゴのパウンドケーキ』を教えていただきました。どちらも粉もふるわずに混ぜるだけの簡単レシピでしたhappy01








ケーキを焼いている間に、FSCマークやハッピーミルクプロジェクトのことについてお知らせをしました。また、くらしのたすけあいの会ミニハートと埼玉東北ブロック共催で開催された『口腔ケア』の学習会に参加された方から、お勧めのマッサージなども教えていただいているとケーキが焼きあがり、みんなで楽しく試食をしましたrestaurant「豆腐を使うことでヘルシーでよいですね。」「紅玉の酸味がとても美味しいですね。」などの感想があり、みなさん大満足の2時間となりました。

次回のみらいひろば岩槻は、1月12日(金)10時〜12時 コープ東岩槻店2階コープルームにて開催予定です。

埼玉東北ブロック委員会





より以前の記事一覧