平和の取り組み

2019年9月18日 (水)

産地工場見学 「埼玉ピースミュージアム&JAXA地球観測センター」

8月7日(水)埼玉南部ブロック委員会主催で、産地工場見学 「埼玉ピースミュージアム&JAXA地球観測センター」(埼玉県東松山市)を開催しました。猛暑の中、大人17人子ども20人ブロック委員4人の計41人の参加がありました。

行きのバスでは「実現しよう!核兵器のない世界」の小冊子を使い、学習をしました。また、平和クラブさんから教えてもらった平和クイズも行い、ヒバクシャ署名への呼びかけも行いました。

Small_20190808104901

埼玉ピースミュージアムでは、戦時中の展示見学・疑似体験をしました。参加者全員でアニメーション映画「青い目の人形物語」を見たり、ミニ授業も受けて、戦争のことを考えるきっかけとなりました。子どもたちはピースチャレンジの認定書をいただきました。

Small_20190808105202  

JAXA地球観測センターでは、DVD鑑賞後2チームに分かれて展示や屋外の巨大なアンテナの見学を行い、地球観測の意味や仕組みを学びました。

Small_20190808105601  

参加者からは

・バス車内での説明やクイズがあり、平和について親子で学習する機会ができてよかった。

・ミニ授業で焼夷弾のしくみなど、今まで全く知らないことを学べてよかった。

・知らないことがいっぱいわかり勉強になった。

などの感想が寄せられました。

埼玉南部ブロック委員会

2019年9月 2日 (月)

みらいひろば北秋津

8月27日(火)ミニコープ北秋津店コープルームにて、埼玉西南ブロック委員会主催のみらいひろば北秋津を参加者7人で開催しました。

平和ってなぁにをテーマに、核兵器のない世界を目指して〜平和の取り組み〜 ヒバクシャ国際署名にご協力のお願い 、2020年NPT再検討会議・被爆者活動支援募金の取り組みについて話をしました。
「コープみらい平和の旅」に参加された方の話を聞いたブロック委員からの感想と武蔵藤沢店コープルームにて開催した「おじいちゃんに聞く戦争体験」の話をキッカケに、ご自分が体験した長崎が原爆投下され かなり離れていたのもかかわらず、大きなキノコ雲を見た話や、東京でも押入れに、爆弾が投下され逃げ回わった話しなど、いつも穏やかで笑いの絶えないみらいひろばですが、この日は少し違って平和ついての話し合いができ有意義な時間となりました。

10月にさいたまスーパーアリーナで開催されるコープみらいフェスタの話をすると、初めてみらいひろばに来られた方が「毎年 行っているの」とフェスタの様子を話して下さったので、他の方も今年は参加してみようと盛り上がりました。

「奨学金のサポーター募集」の話では、現在御協力頂いているサポーターの方がいらして、丁寧に説明して下さいました。とても、分かりやすかった ので、皆様も御協力の意向を示されていました。

皆さんたくさんおしゃべりをし外の暑さにも負けないあつい時間となりました。

次回は9月24日ミニコープ北秋津店コープルーム10:30〜12:30開催です。防災グッズ作りをします。皆様の参加お待ちしています。
66b868abc8fa4d1ab372f6c0d94e04e4

埼玉西南ブロック委員会

2019年8月30日 (金)

夏休み親子で平和の学習会 〜東南ブロック委員会主催〜

〜第1弾〜
8月5日(月)コーププラザ越谷にて「被爆体験の学びと沖縄料理作り」を開催し、27人が参加しました。
4歳の時に広島で原爆を体験し、その恐ろしさの証言や平和活動をされている、埼玉県原爆被害者協議会(しらさぎ会)の方にお話を伺いました。
ご自身が描いた絵も使用しながら子どもたちにも分かりやすく、時には声詰まらせながら辛い経験を話され、当時の凄まじい光景が目に浮かぶようでした。
6f46158b6eba4590896aa7f757e22549

その後、コープみらいの平和の取り組みである「オキナワ平和の旅」の報告を、同行した組合員理事より写真や映像を観ながら、唯一の地上戦となった悲惨な現地の当時と現在の様子を伺いました。現地になかなか行けなくても戦争や平和について考える良いきっかけになり、後世に伝えていかなければならないと感じました。

最後は参加者の皆さんで沖縄料理の「タコライス」を作って、何気ない日々の生活に感謝をしつつ、これからも戦争のない平和な日々が続くように思いを馳せながら、美味しくいただきました。

 

〜第2弾〜
8月22日(木)「第五福竜丸の歴史を知ろう!」を開催し、夢の島にある第五福竜丸展示館へ参加者26人で見学に行ってきました。
1954年にマーシャル諸島で行われた水爆実験で被爆された木造のマグロ漁船で、原水爆の禁止と平和を願い、当時の船体実物や乗組員の病状、被害状況等が展示されており、学芸員の方から歴史やその後に起きたことの詳しい説明を聞きました。
お子さんたちは、牛乳パックで作る第五福竜丸の工作教室でとても立派な船を作ることができて、実際に水の上を走らせて楽しみました。

昼食休憩のお台場自由散策では、親子で素敵な夏休みの思い出となりました。

平和の学習会第1弾、第2弾の開催を通して、原子爆弾の恐ろしさや戦争、核兵器廃絶について多くの方々が関心を持っていただけることを切に願います。

8f486e18843f47358bb9cf570ec2fb25

8ceaca519b794530b0da7afdc6712310

 

埼玉東南ブロック委員会

 

2019年8月28日 (水)

夏休み施設見学「ユニセフハウス」

8月21日(水)、埼玉中部ブロック委員会主催 バスで行く夏休み施設見学「ユニセフハウス」を開催し、子ども11人を含む25人が参加しました。
ユニセフの願いは、世界の子どもたちの幸せ。ということで、ユニセフハウスに向かうバスの中では参加者のみなさんに、「日常で幸せだなあと思うときは?」と聞いてみました。「家族との旅行」「工作しているとき」「子どもたちの寝顔」など、幸せなシーンを共有して、一同ほっこりしながら目的地に向かいました。


渋滞で少し時間は遅れてしまいましたが、ガイドさんから丁寧に、ユニセフの活動と、世界の子どもたちの現状を教えていただきました。参加者の方は「たくさんの人がトイレや水が使えないことを知った」「子どもたちが学校に行けないこと、兵士にされていることに心が痛んだ」「私たちが当たり前だと思っていたことが当たり前ではなかった」とショックを受けた様子でした。何とかしたいと思う気持ちで、さっそく募金コーナーに足を運んだお子さんもいたようです。知ること、小さくても一歩行動することの大切さがよくわかる、貴重な体験でした。

感想では「世界のみんなが、戦争をしない、平和で、人と人のつながりを大切にするようになってもらいたいと思いました。私もこれから世界の子どものためにできることを考えてみたいです。」「募金になるコープ牛乳をたくさん飲みたい」といったものもいただきました。


その後、羽田空港に移動して昼食をとりました。離陸する飛行機を見て、さらに世界に思いをはせたり、ショッピングでリフレッシュしたり、参加者の皆さんは思い思いの時を過ごすことができました。
87a5ac5182904a818aa51088dd22fb7c 

埼玉中部ブロック委員会

 

2019年8月22日 (木)

おじいちゃんに聞く戦争体験 inヒロシマ・ナガサキのパネル展

8月20日 (火)平和学習会「おじいちゃんに聞く戦争体験inヒロシマ・ナガサキのパネル展」を地域クラブ「ぴょんふぁ」と埼玉西南ブロックの共催でコープ武蔵藤沢店コープルームにて開催しました。子ども4人を含む24人の参加者がありました。

埼玉県原爆被害者協議会 しらさぎ会の「髙橋 溥」氏をお招きし当時のことをお話頂きました。

5歳で広島で被爆された事、そして髙橋さんのお母様が原爆投下 その日のことを書き残された物を読まれました。ご自分は背中に傷を負われながらも柱の下から小さな弟たちを救い出し、乳母車にオムツやミルクを入れて髙橋さんの手を引き火のてから逃げたこと。しばらく行くと道は倒れた人、亡くなられた人で乳母車も引けなくなり、子ども達だけを連れて必死に逃げたこと…。髙橋さんも今でもあの日の真っ白な強い光を忘れられないそうです。お話の後は、当時に比べると具沢山の「すいとん」と coop広島産レモンの「レモネード」を試食し広島そして戦時中に思いを馳せました。

夏休みの宿題のためにと親子での参加の方から、「戦争関連のスライドは写真ではなく絵が多かったので子ども達も目をそらすことなく最後までしっかり見る事が出来ました」「体験された方の話を聞くことで、あらためて戦争はおこしてはならないと強く感じました」と感想をいただきました。

参加者全員で二度と戦争のない平和な世界でありますようにと祈りつつ、次世代に伝える機会として今後も継続していきたいと思いました。

72c98ad541a945c394b842491bc2f6cf

埼玉西南ブロック委員会

2019年8月21日 (水)

8/21 「戦場に連れていかれた動物たち」学習会

8月21日、コーププラザ秋葉原にて「戦場に連れていかれた動物たち」
学習会を開催しました。
東京1ブロック委員会と地域クラブ「平和ガイドコースクラブ両国・浅草コース」
「江東・墨田コース」の共催です。
夏休みのお子さんを含む、多くの方に参加していただきました。

 

まず小学2年生の朗読で、絵本「軍犬になったモモ」を聞きました。
可愛がっていたペットの犬が「お国のために」連れていかれ、 帰ってこなかった、、、
という話です🐶
続いて講師からは、「この写真は何でしょう?」とクイズ形式を取り入れながら、
戦争中は自由な考えを持つことも許されなかったこと、子供の雑誌も戦時色一色
にされていったことが話されました。
ここでクイズです。戦時中は敵国の外国語が禁止されたため、無理やり日本語に
置き換えていました。「辛味入汁かけ飯」とは何でしょう?
正解は「カレーライス」です。👀
人間だけでなく、動物も利用されていった具体例がたくさんあげられました。
鳩は伝書鳩として、馬は軍馬や運搬用に、犬は見張り、番犬、運搬に、
兎は毛皮と食用に、ネズミは生物兵器の実験用に、、、

 

参加者の感想「全てが戦争に利用されていった怖さがよくわかった」「現在でも
本当に大切なことが報道されていない、 戦争の教訓を知り活かす意味で重要な話だった」

Ee1a89a4d9654868ac07a333d6b1eb1b

 

過去の戦争を知り、学び、そこから現在とこれからの平和を考える、そんな学習会を
今後も企画していきます。

 

✨東京1ブロック委員会✨


 

 

2019年8月 8日 (木)

宿題応援「平和」について学ぼう!

8月6日(火)熊谷市立文化センター文化会館にて、宿題応援「平和」について学ぼう!を開催しました。
39度近くまで気温が上がる中、子ども7人、大人9人の方が参加してくださいました。


まず初めに、熊谷市立熊谷図書館学芸員の大井教寛氏より、戦争展示を前に、熊谷空襲についてのお話をうかがいました。熊谷の空襲が始まったのが、昭和20年8月14日午後11時30分ごろ、終戦の数時間前。もうすでに敗戦が決まっていたのにもかかわらず、連絡伝達のタイムラグのため、空襲が起こってしまったとのこと。伝統的な建物も多く立ち並んでいた熊谷は、この空襲のために市街地の3分の2が消失し、犠牲者の数も埼玉県で一番多かったそうです。

 
37bf835d84c94418b9d30e74e1c671b3

次に埼玉県原爆被害者協議会しらさぎ会の高橋溥氏に、広島で被爆された体験を語っていただきました。
爆心地から1.5キロしか離れていないご自宅で被爆されたとのこと。その当時5歳と幼かった高橋さんですが、原爆が投下されたときの閃光や、川に無数の遺体が流れている様子は記憶に残っているそうです。また今でも、被爆の影響の恐ろしさを抱えながら、生活されているとのことでした。


E3701d260c1f47848f7aaddcb7fd28d3  

その後、ヒバクシャ国際署名についてお話しし、最後に全員に感想をお聞きしました。「戦争のない時代に生まれてよかった、これからも平和であってほしい」「お友だちに話して、一緒に国際署名をしたい」など、貴重なお話を直に聞けたことで、参加された全員が一層平和への思いを強くもたれたようでした。

このような戦争を二度と起こさないために、私たちは後世にどう伝えていくべきか、強く考えさせられた学習会となりました。

埼玉北部ブロック委員会

2019年8月 7日 (水)

平和学習会《“死の灰”から65年、第五福竜丸からのメッセージ》

8月2日(金)、コーププラザ新中野にて、

平和学習会「“死の灰”から65年、第五福竜丸からのメッセージ」を開催しました。

猛暑の中ではありましたが、幅広い世代から参加がありました。 3b43c1c1b6f641e8aba2914225557e1f

はじめに元乗組員の大石又七さんのビデオ証言に耳を傾けました。

マグロ漁のさなか水爆実験に遭遇した時の生々しい状況から、今も続く放射能への恐怖、被ばく者への偏見への恐れ、 亡くなっていった仲間たちへの想いに突き動かされての証言は胸に迫るものがありました。

続いて、東京都立第五福竜丸展示館主任学芸員の安田和也さんから詳しいお話を聞きました。

第五福竜丸の誕生から廃船・保存までのあゆみ、マグロやマグロ漁について、 当時の世界情勢から、競うように行われていた核実験について、 第五福竜丸が被害を受けた水爆ブラボーの威力、 元乗組員がどのような被害を受け、苦しんできたのか、 被ばくから半年後に亡くなった久保山愛吉さんの命を削るかのような訴え、 実験が行われた島の人々の今も続く困難。 そして、ビキニ事件をきっかけに広がった核兵器廃絶運動。

子どもたちも理解できる分かりやすい説明と、豊富な資料や貴重なデータを提示しての とても濃い内容の学びとなりました。

いつか核兵器のない世界を実現するため、私たちひとりひとりに今何ができるのか、 改めて考えそして行動へと背中を押された1日でした。

私たち東京4ブロック委員会では、これからも「知り、学び、伝える」機会を広げて行きたいと思います。

東京4ブロック委員会(共催:地域クラブ平和ガイド新宿コースクラブ)

2019年8月 6日 (火)

【豊島区】8月のみらいひろば


8/1(木)に みらいひろば池袋 駒込合同 を開催しました☀

梅雨明けして ムンムンの暑さのなか、
夏休み中お子さんも一緒に 参加してくれるメンバーたちもいました😃


今月のテーマ《平和》から
ヒバクシャ国際署名のお知らせと、
NPT核兵器不拡散条約についての動画を視聴し、意識を深めました。


また、ハピデリのカタログを使って ペーパービーズを作る エコ工作もしました。
ペーパービーズに キラキラビーズを混ぜて、ブレスレットやストラップを作りました。

お子さんも一緒に楽しめて、キラキラ感が夏らしい一品仕上がりましたよ✨✨✨

0831eff1bf4e4c8ea7f806853e8add98

試食は、
🍴クオリティのラムレーズンサンド
🍴クオリティのショートブレッド
🍴夏季限定のあまなつゼリー
🍴co-opステイックカフェオレ
🍴co-opやさしい味ほうじ茶
🍴冷たい麦茶
を用意しました。

みらいひろばは このように
学びを深め、試食や工作をしながら、みんなで交流できる地域の居場所です♪
みなさんのお越しをお待ちしております❣️

次回は、
💠8/27(火)10:00〜11:30に 駒込(駒込地域文化創造館・調理室)
💠9/12(木)10:00〜11:30に 池袋(IKE.Bizとしま産業振興プラザ・和室)
でそれぞれ開催します。

東京2ブロック委員会

2019年8月 1日 (木)

東京3ブロック 夏休み親子企画♪ユニセフハウス見学会開催報告

8月1日木曜日、港区高輪にある公益財団法人日本ユニセフ協会にて、「夏休み親子企画♪ユニセフハウス見学会」を開催いたしました。
猛暑の中にもかかわらず、たくさんの方々にご参加いただきました❗️
ユニセフハウスでは、まず始めにユニセフの活動についての映像を見ました。その後、グループに分かれて専門のガイドさんによる説明を聞きながら世界の子供たちの現状を知り、どのような取り組みをしているのかを学びました。
参加者からは「今なお苦しむ人がたくさんいるということが分かりました」「自分も少しでも支援できるように、心がけたいです」「募金箱にそっとおこづかいを入れている娘を見て、命がつながっていけばいいなと思いました」など、たくさんの感想をいただきました✨

02f34e7382804dbfb4c7e53ddced8a63

Cc45a4720c304c0bbe0bd4b7b24469c7

これからも皆さまの想いに寄り添える学習会を開催していきたいと思います❣️
東京3ブロック委員会

より以前の記事一覧