平和の取り組み

2018年12月12日 (水)

みらいひろば上尾今泉 12月

12月10日(月)コープ今泉店2階コープルームで埼玉中部ブロック委員会主催 「みらいひろば上尾今泉」を開催しました。
12月のテーマは「ユニセフ」です。ユニセフの支援と、CO・OPマークの牛乳を購入することで、その売り上げの一部をユニセフが行うアフリカの子どもたちの支援活動に寄付する取り組み「ハッピーミルクプロジェクト」についてお話しました。またユニセフ募金1円でできることとして、子どもたちの免疫力を高め感染症にかかりにくくするビタミンAカプセル1錠の支援ができることなどを紹介しました。
試食は、牛乳を加えてあたためるだけで手軽にできる「CO・OP日本のかぼちゃスープ」と店舗のベーカリーのパンを試食しました。
冷蔵庫の野菜をよくダメにしてしまう食品ロスの話や消費者トラブルの話などをし、
毛糸で作る帽子のマスコットホルダーも作り、楽しく交流しました。

45d29cae34604ae088e7f06560a6f9ea


Eec1bc39fcfa4eb59a9c91bf41959af4

埼玉中部ブロック委員会

ユニセフ ハンドインハンド募金 inコープ白山店

12月11日(火) コープ白山店において

ユニセフ ハンドインハンド募金活動を行いました。

0e2701883c7340a495dbb6b708e37be7

2ブロックで、店頭で募金活動を行うのは 初めての試みですflair

ほぺたんも 気合い充分で参加rock

とても冷え込んだ日でしたが、

お買い物にいらした方々や お子様連れの方、近所の学生さんやお店の方など

多くの方々が足を止めてくださいましたshine

0069afdfff264df386f3a68bb8b4a48d

ちびっ子はもちろん、中高生にも大人気の ほぺたんheart02

募金のご協力をしてくださった方々には、お花の種をお渡ししましたtulip

ありがとうございましたsign01

bellすべての子どもたちが5才の誕生日を迎えられますようにbell

東京2ブロック委員会

ユニセフ学習会&アフリカ布を使ったテトラポーチ作り

12月10日(月)コーププラザ川越にて、「ユニセフ学習会&アフリカ布を使ったテトラポーチ作り」を開催し、22人が参加しました。
最初に、難民ゲームを行いました。難民になって海外へ避難するとしたらカバンの中に何を持って行くかを考えるゲームです。想像したこともなく最初は戸惑いもありましたが、皆さん知恵を出し合いそれぞれのグループごとに真剣に取り組んでいました。
「初めての体験で、避難する時に何が必要かとても参考になりました」などの感想をいただきました。

930ec1079b7d4e83b85df9305f6edf02

続いて、映像やスライドを見ながら世界の子どもたちの現状とユニセフの活動について学習しました。
栄養不良の可能性を調べる「上腕計測メジャー」を実際に見て、栄養失調の子どもの様子を目の当たりにしたり、水を汲むために毎日8時間の道のりを歩いているエチオピアの少女の姿を見て、知らなかった世界の子どもたちの現状に驚いていました。
「日本の子どもたちにも世界の現状を知ってほしい」「日本が恵まれた環境であることを改めて実感しました」「これから自分にできることがあれば力になりたい」など皆さんの心温かい感想が寄せられました。

学習の後は、アフリカを支援するという思いでブロック委員が企画した「アフリカ布を使ったテトラポーチ作り」をしました。針と糸は使わず、布地用の両面テープを使って作りました。簡単なのに本格的な出来上がりでとても好評でした。

最後に参加者の皆さまにユニセフ募金にご協力いただき閉会となりました。
これからも世界の子どもたちの現状やユニセフの活動を紹介する機会をつくり、募金活動に取り組んでいきたいと思います。

Photo

★12月23日(日・祝)11時~12時に、丸広百貨店川越店前にて第40回ユニセフ ハンド・イン・ハンド募金を呼びかけます。ご協力お願いいたします

埼玉西北ブロック委員会

2018年12月11日 (火)

6ブロックのつどい 2018

12月6日(木)ココブンジプラザにて、6ブロックのつどいを開催しましたnote

今季一番の寒さに加え、雨がシトシトraincrying
みなさん来てくれるかなぁとドキドキしていたのですが…開場するとすぐさま賑やかな声に包まれましたsun

今回もブースは盛りだくさんでしたshine

ハッピーミルクプロジェクトの学習会は、実際にアフリカのシエラレオネ共和国に視察に行った職員2名による「はっぴーみるクイズ」でプロジェクトの取り組み内容を紹介しましたpencil

簡単手芸コーナーでは豆本と消しゴムはんこ作り。
キッズコーナーはペットボトルボーリングとXmas飾り作り。
皆さん、時間を忘れて熱中していましたね〜smileheart04


くらしの助け合い プチトマトの会、地域クラブ(武蔵野のんちゃんクラブ、平和ガイド 武蔵野コースクラブ)、みらいひろばのブースではじっくりと展示物を見て説明を聞いたり質問したりgood

レインフォレストアライアンス認証などのエシカルマークを掲示・紹介しながら、コーヒーや紅茶が飲めるカフェコーナーもとても人気でしたcafenotes

スタンプラリー対象ブースの 花と実クイズ も普段食べている野菜ってこういう花が咲くんだflairと答えが分かった時のみなさんの〝わぁ〜sign03〟という表情が印象的でしたclover

宅配センターコーナーでは、co-opクオリティのかまぼこ と 減塩かまぼこ の食べ比べhappy02や きらきらステップの試食をしましたriceball
そして、大好評のハズレなしのガラポン抽選会も行いましたfuji
大当たり〜のカランカランbellが鳴ると飛び跳ねて大喜びする人もheart01周りも拍手でお祝いして盛り上がりましたupup

そしてそして、今年の一押しはハピデリビンゴ大会sign03
掲示してあるハピデリのミールキットのページから、好きな商品の番号を16個選んでビンゴカードを作ってもらい、さぁビンゴ開始heart02
景品はブロック委員オススメの商品ですっpresent
ビンゴ〜と言って景品が見事当たったみなさんの目のキラキラ具合が遠目にもハッキリ見えましたlovely

みなさんの笑顔、楽しそうで温かい笑い声、そして楽しかったわーの声にたくさんの元気を貰いましたnotes
お越し頂いたみなさま、ありがとうございましたhappy01

これからも6ブロックをよろしくお願いしますshine


5a35921e0fe64fd7ad5a79fd14e913e8


00148217a7034b729cb231d2119687fc

4f5b173ec0bb41108530d21a46e97896


cute東京6ブロックcute


ユニセフ・ラブフィットネス

11月26日(月) 新座市中央公民館(埼玉県新座市)体育室にて「ユニセフ・ラブフィットネス」を開催しました。

ユニセフ・ラブフィットネスとは、「健康づくりのためのフィットネス」と世界の子どもたちの福祉に役立てる「募金」を結び付けたユニークな活動です。毎年楽しみに参加していただいている方も多く、3回目の今年は18人の参加がありました。

はじめに、ユニセフ協会のスタッフ松本さんによるミニ学習会で、ユニセフの活動内容や、実際にエチオピアで活動した時のお話を伺いました。

続いて、フィットネス講師の橋爪先生からは、軽いストレッチで体をほぐしたあとに簡単なフィットネスへ。
みんなで楽しく、心地よい汗をかくことができました。

参加者からは
「ユニセフについて具体的に知ることで、今の生活がどんなに恵まれているか改めてわかりました」
「毎回この企画で運動不足を痛感します」
「久しぶりに体を動かせてよかった」
などの感想をいただきました。

これからもさまざまな企画を通して、平和や世界の子どもたちのことを考えるきっかけつくりをしていきたいと思います。

222803718f8849a59195f7e6dec28b79

埼玉エリア 西部ブロック委員会

2018年12月10日 (月)

世界の子どもたちのことを知ろう!〜ユニセフ学習会〜

12月8日(土) コープ今泉店 コープルームにて 埼玉中部ブロック委員会主催 「世界の子どもたちのことを知ろう!〜ユニセフ学習会〜」を開催し、12人が参加しました。
講師は埼玉県ユニセフ協会の松本真奈美さん。始めにユニセフの役割と世界の子どもたちの現状についてお話いただきました。世界には5秒に1人の子どもが亡くなっていることや生活に必要な水を数時間かけて汲みに行かなければならない子どもがいることなどを聞きました。また、ユニセフで集められた募金がどのように使われるのか、またそのお金でどのような支援ができるのかをお話いただきました。

48e3f04445494fb8ab87282525796a77

ユニセフ学習会の後はお店での募金活動です。短い時間でしたが、多くの方にご協力いただけました。
募金活動の後は、「CO・OP国産小麦のミニロールケーキ」に生クリームやフルーツをのせて、デザートを作り交流しました。
参加された方からは「子どもにとって始めての募金活動で、緊張していましたが、貴重な体験ができた」との感想をいただきました。

B3406d829bcc47018982075f57b0c6ac

埼玉中部ブロック委員会

2018年12月 9日 (日)

東京5ブロック SDGs学習会

12月7日(金)10:30〜12:30 石神井公園区民交流センターにて
CSR推進部の職員による学習会『SDGs〜持続可能な開発目標〜を知ろう!』を、開催しましたhappy01

話題になっているが詳しくは分からないという方も多いSDGs

-Sustainable(持続可能な) -Development(開発) -Goals(目標)の17の目標の説明から、コープみらいの取り組み、今、私たちにできることを詳しく教えていただきました。

17の目標は一度に理解をするのは難しいですが、講義を受け、今、自分ができることを知り、SDGsは身近なところから協力して目指せるものということがわかりましたgood

20181208_11_50_01_2
wink参加者のみなさんからは、
・SDGsの内容をわかりやすく説明してくださりありがとうございます。全く知らないことでしたが、コープみらいの理念や目指す姿と共通している部分がある事はとても心強く思いました。
・生協のいろいろな取り組みもよくわかりましたので、これからも色々と「購入&消費」という形で社会に貢献していきたいと思います。
・エシカル消費は私にもできそうです。未来のために本当にやらなければならない事だと思います。
などの嬉しいお声がありました!

講義の終わりにはSDGs に因んだ、選りすぐりの品々をご試食いただきました!
とりわけ、「お米育ち豚のホワイトボンレスハム」は「脂身まで甘くて、本当に美味しい!」と大好評でした!
これからも継続してSDGsをさらに学ぶ機会があれば…と思います。

東京5ブロック委員会pencil

2018年12月 8日 (土)

東京3ブロック 山本先生を囲む・平和学習会 体験者泉さんのお話

2018年12月7日渋谷区代々木の地域交流センター代々木の杜において青山学院の山本先生から山の手空襲のお話と、実際に空襲を体験され、現在語り部として活躍されていらっしゃる88歳の泉さんに、お話いただきました。

山の手空襲では昭和20年5月25日夜、米爆撃機B29、502機のうち470機が無差別的に
焼夷弾を赤坂・青山・中野など標的に投下されました。
山の手空襲は3月10日の深川など、下町を狙った東京大空襲の倍近い3,258トンもの爆薬が使用され「東京空襲の総仕上げ」とも言われているそうです。
この空襲での死者数は3,651人で、特に表参道周辺には逃げ遅れた人々が殺到し、多数の犠牲者を出しました。

3f62d63d31694d83996640eedd065d79


0b6832e3f9fb496d8130f97a0ffbecf8


その日のことを、昭和5年生まれの空襲体験者泉さんから直接お話しを伺い、当時の地図を指しながらここの銀行 は、避難する人々を受け入れず、扉の前には黒こげの遺体が山となった。一方、山陽堂書店は避難者を受け入れたため、泉さんのお母様は、両手にやけどを負いながらも助かったそうです。
泉さんは、なぜ、山の手空襲を語っていらっしゃるか、現在の政治観点などもお話しくださり、平和について深く考えられ、とても良い学習会となりました。

参加された方から「学習会で得たものに感謝し、これから平和の為に何か行動をしなければ」「本日の話しをしっかり子孫に伝え、二度と戦争に関わらない国になるよう、努めてほしい」などの感想をいただききました。

東京3ブロック委員会

2018年12月 6日 (木)

ユニセフ『ハンドインハンド募金』コープ花見川店

すべてのこどもに 5歳の誕生日を present』 をテーマに

12月5日(水)ユニセフ ハンド・イン・ハンド募金をコープ花見川店にて開催しました。

世界には5歳の誕生日を迎えることなく命を落とす子どもがたくさんいます。
安全な飲み水や食べ物、予防接種や医療へのアクセスなど、日本などとはまったく異なる厳しい環境で生きることを強いられている 子どもたちがたくさんいるのです。

お寄せいただいた募金は、子どもたちが十分なケアを受け、守られ、より良い人生のスタートを切るために使われます。

110a49cd6e344d2e9ce60d6ad31d0d42

今日は、ほぺたん(5歳) も参加してくれましたhappy01

ほぺたん 登場に 沢山の方が喜んで下さり、「ほぺたんに会えるなんて嬉しい❤️」「可愛い❤️頑張ってね」など たくさんお声がけいただきました。

5a80ac7b31fa4b55b477913b1bb3f961

最初は びっくりしていた 女の子も 少しづつ近づいてきて、最後には 「バイバイheart01」と手を振ってくれました。


皆さまからの たくさんの 温かいご支援、ご協力に感謝致します。

お預かりした募金は大切にユニセフへとお届けします。

xmas千葉4区ブロック委員会xmas

2018年12月 5日 (水)

東京7ブロック 「生協の父 賀川豊彦を知ろう!」

賀川豊彦記念松沢資料館より講師(刈谷雅夫 氏)をお招きし、「生協の父」とも呼ばれている賀川豊彦についての学習会を実施しましたbook

B97f4edf6fb54d72bd68f8001c2de56d

1888年に賀川豊彦が生まれて今年は130年になります。
三大聖人の一人としてガンジーやシュバイツァーと並び、戦前、海外で最も知られた日本人です。

1ac2073fdefa45e8be0d1f7055945070

「賀川豊彦夫妻の理念が生協に受け継がれているのだということが分かり、ますますコープみらいファンになりました。」との参加者からの感想がありました。


A916824654f24f2e95db62a1749cf5f6

東京7ブロック委員会

より以前の記事一覧