平和の取り組み

2018年4月23日 (月)

東京5ブロック 「春のピースウォーク 〜むさしの戦跡めぐり〜」

4/21(土)の午後、4月とは思えない「夏日」予報の快晴のもと、5ブロック恒例の「むさしの戦跡めぐり」を開催しました。ガイドをしてくださる、地域クラブ 平和ガイド武蔵野コースクラブのみなさんと共に、毎年大切にしている取り組みです。

かつてこの地にあった「中島飛行機武蔵製作所」は日本有数の巨大な軍需工場であり、最も重要な爆撃目標となりました。繰り返し爆撃を受け、武蔵野市、西東京市周辺では多くの被害・犠牲者がでました。

 

Img_3277_3
「源正寺」(武蔵野市)には、爆撃で欠けてしまった墓石が残っています。

 

Img_3332
「延命寺」(武蔵野市)では、今年もご住職の切実で貴重な戦争体験を聞かせていただきました。

 

Img_3306_2
家族連れで賑わう、「武蔵野中央公園」(武蔵野市)から「東伏見稲荷神社」(西東京市)へと、平和に澄みきった青空の下、参加者のみなさんと恒久平和を祈りながら歩きました。

 

Img_3330_2
最後の「しじゅうから第二公園」(西東京市)はこの公園の近くに4.5トンの「原爆模擬爆弾」が着弾した場所です。長崎に投下された原爆と同型の爆弾に通常の爆薬を入れたものを使って、長崎と同様B29爆撃機によって爆撃訓練が行われたのでした。

「緑豊かなこの土地が戦いに巻き込まれたという歴史はしっかり伝えていかなければならないと強く思いました。」など、たくさんのお声をいただきました。

5ブロックではこれからも平和の活動を続けていきます。

東京5ブロック委員会

2018年3月 7日 (水)

ユニセフ・ラブウォーク in 川越城七不思議めぐり

3月7日(水)“川越城の七不思議”伝説に基づいた場所を歩くユニセフラブウォークを埼玉西北ブロック委員会で開催し、川越市シルバー人材センターさんの案内で参加者17人と3キロ歩きました。童謡の「通りゃんせ」の歌詞に有る♪〜ここはどこの細道じゃ♪の細道を実際に見た時には「ワッ!細い!」と思わず声があがりました。
「場所ごとに説明をしていただいたので、より一層川越を知ることができて良かったです」「健康に良いウォーキングをすることが募金につながる企画があったら、また参加したいです」などの感想が寄せられました。 コースのゴール地点、養寿院で埼玉県ユニセフ協会からの完歩証をお渡しし、みなさん笑顔で受け取られていました。

私たちが「いい汗」をかいてそれが、ユニセフを通じて世界の子どもたちの支援になることをたくさんの方に知っていただけるよう活動を続けていきたいと思います。

Photo_4

2_2

埼玉西北ブロック委員会

2018年3月 6日 (火)

ユニセフ ラブフィットネス

2月26日(月)新座市中央公民館(埼玉県新座市)体育室にて『ユニセフ ラブフィットネス』を開催し、19人の参加がありました。

ユニセフ・ラブフィットネスは、「健康づくりのためのフィットネス」と、世界の子どもたちの福祉に 役立てる「募金」を結び付けた活動です。
ユニセフ協会スタッフによるミニ学習会で、ユニセフの活動内容についてうかがった後、フィットネス講師 橋爪先生の指導のもと、ストレッチ&簡単フィットネスを行いました。

参加者からは
・あらためてユニセフの活動内容を知ることができてよかった。
・普段の運動不足を痛感しました。
・ちょうど良いレベルで心地よく身体を動かせました。 
・また参加したい。
などの感想と、継続開催の希望、運動企画の要望を多数いただきました。

フィットネスだけでなく、ユニセフの学習・募金とのコラボレーションは、とても良い組み合わせでした。
当日の参加費ひとり200円全額とプラスのお気持ちを合わせて、6405円をユニセフ協会に募金しました。

Photo
Photo_2

埼玉エリア西部ブロック委員会

2018年3月 3日 (土)

東京5ブロックみらいふフェス〜つどい・くらし交流会〜開催報告

3/2(金)10:30〜13:00 東村山市市民ステーション サンパルネ にて、「みらいふフェス」を開催しました。
5ブロック(練馬区、西東京市、東久留米市、清瀬市、東村山市)の地域クラブと組合員活動の発表と交流のイベントです。

いろいろな地域で活動している地域クラブの展示や発表がありました。
様々な内容の活動があり、楽しみ方やとりくみ方も工夫されていて興味津々heart

Img_3131

Img_1291_li_2

会場の一画では

商品学習会として、日本生活協同組合連合会とのコラボ企画!
「くらしと生協」のおすすめ&人気の洋服などをメインにした
”春のおしゃれコーディネートnote”ファッションショー  を行いました。

女性お笑い芸人ブ○ゾ○ち○みさんでおなじみの曲にあわせて、ブロック委員8名のモデルが振り返りポーズを決めると、たくさんの拍手と笑いと歓声がおこりましたshine

参加者のみなさんから

「カタログではわからない商品の質感や素材がわかりとても良かった!」
「開発者の想いや説明を聞きながら商品の良さを知ることができ、購入してみたいなぁと思いましたheart01
との、嬉しいお声をいただきました。

ほっぺルーム体験コーナーでは、エプロンシアターを開催!
「私も昔、子どもにやってあげたわ…!」と、懐かしくご覧になっている方もいらっしゃいました。

O


プチトマトの会の活動や、コープデリ電気のブースでは、「直接いろいろ聞いてみたかったのよ!」と、熱心に説明に聞き入る方の姿が見られました。

味覚ステーションではコープ商品の食べ比べや試飲を楽しんでいただきました。
甘味、苦味、酸味、塩味、うま味、を判定する味覚テストのコーナーでは、難問だったにもかかわらず全問正解された方もいらしたとか!

手作りバックチャームのワークショップコーナーでは、参加費を全額ユニセフへ寄付させていただきました。

5ブロックでは初めての開催となったフードドライブの取り組みもたくさんのご協力をいただき、日本初のフードバンクである、セカンドハーベストジャパンを通じて支援の活動ができました。

Img_0069

ご参加くださったみなさん、本当にありがとうございました!

東京5ブロック委員会

2018年2月 9日 (金)

ユニセフ・ラブ フィットネス

2月9日(金)、コーププラザ大宮にてユニセフ・ラブ フィットネスを開催し、15人の方が参加しました。
最初に、埼玉県ユニセフ協会の方から、世界の子どもたちが置かれている現状や現地におけるユニセフの支援についてお話を伺いました。その後、参加者のみなさんからいただいた募金(参加費)をユニセフ協会の方にお渡ししました。参加したみなさんからは、「世界の子どもたちについて知り、視野が広がりました。」「日本に住んでいる自分たちが 、いかに恵まれた環境にいるのかを実感しました。」という感想をいただきました。



後半は、転倒防止健康体操&骨盤体操を行いました。講師の方からは、普段から筋力をつけておくことが将来の健康にもつながるというお話も伺い、参加したみなさんからは「普段あまり身体を動かすことがなかったけれど、これからは意識して取り組んでいきたいです。」「みんなで一緒に体操したので、より楽しく感じられました。」などの感想をいただきました。



埼玉中部ブロック委員会

2018年2月 5日 (月)

6ブロックのつどい 2018

2月2日(金) 小金井宮地楽器ホールにて、6ブロックのつどいを開催しましたhappy01

雪が降る中、足をお運びいただいた皆様ありがとうございましたsign03

第一部の映画「0円キッチン」では、普段は捨てられる食材で美味しい料理をふるまう旅をする主人公とともに、食品ロスはどうすれば無くなるのか?を考えるきっかけになりました。
世界各国それぞれに問題は異なり、映画ではたくさんの国を旅しているような気分にもなれましたnotes

第二部では、様々なブースがオープンshine
ナリス化粧品の学習会をはじめ、くらしの助け合いプチトマトの会のブース、保健センターの職員さんによる健康チェックコーナーなど、どこから行こうか迷ってしまうような内容heart04

また、宅配職員コーナーでは、職員さんが考案した「さんちょクイズ(産直のクイズ)」がとても好評で、勉強になったとのお声が多数でした。
ガラポン抽選会でも、ハズレなしでお土産をたくさんいただき、みなさん大満足でしたcatface

そして、簡単手芸では色々な小物を作成し、出来上がると嬉しそうにお持ち帰りになる参加者さんに、準備を頑張ってよかった~と嬉しい気持ちにさせていただけたのでしたlovely

apple東京6ブロックapple

1_2

2

3

みらいひろばリレ府中白糸台

2月5日(月)リレ府中白糸台にて、みらいひろばを開催しましたsun

今回プチトマトの会から 幹事さんが活動紹介に来てくれました🍅
詳しい説明に 皆さん耳を傾けていて、
ディズニーランドに付き合って頂こうかしら?なんて夢のあるお話も飛び出しましたhappy01

その後、ペットボトルのキャップや瓶の蓋が開けやすくなる滑り止め“便利グッズ”を作りました。
これは、なかなかの優れものですshine
作り方もいたって簡単で、皆さん楽しんで製作していました。
汚れたら手洗いもできますし、早速カバンに忍ばせて、外出先で活用したい❗️
と盛り上がりました。

最後に背伸びや肩回しの簡単な体ほぐし体操をして、工作で頑張った体をいたわりました。

Img_1706

5ブロックの皆さんが、被災地に贈ったかりんとうを試しました。
参加者の皆さんにコープの被災地支援活動を具体的に知っていただけましたし、
震災、被災地を思うきっかけになりました。
また、みらいひろばニュース2月号から今月のおすすめ逸品♪として紹介されている
鹿児島県産有機茶葉の粉末茶葉も美味しくいただきました。たいへん好評でした🍵

東京6ブロック

2017年12月26日 (火)

第39回ユニセフハンド・イン・ハンド募金 川越丸広百貨店前

12月23日(土・祝) 11時〜12時 丸広百貨店川越店前でユニセフ ハンド・イン・ハンド募金をおこないました。青空の中、総勢20人が今年のテーマである「こどもたちに生きるチャンスを」と呼びかけました。着ぐるみのパンダとウサギの呼びかけ効果もあり、募金箱は重くなりました。
小学校で配布されたユニセフのチラシで作った募金袋にお金を入れて届けてくれたお子さん、「外貨があるので持ってきました」と、ずっしりとした包みをブロックニュースを見て届けてくださった方などたくさんの方にご協力いただきました。小さいお子さんには、ブロック委員がお礼に折ったサンタさんなどの折り紙をお渡し、喜んでいただきました。
募金額は14,729円(他外貨があり)でした。本当にありがとうございました。
募金に協力してくださった方々の想いが、一人でも多くの子どもたちに届きますように。

Img_4223_2

Img_4206_2

埼玉西北ブロック委員会

2017年12月25日 (月)

ユニセフ ハンド・イン・ハンド募金〜コープ東岩槻店〜

12月23日(土) 11時〜12時、コープ東岩槻店にてコープみらい埼玉東北ブロック委員会主催による募金活動を実施しました。ブロック委員7名の参加でした。
祝日の土曜日ということもあって、お客様も多く賑わっていました。








「子どもたちに生きるチャンスを!」と皆で声を出したことでたくさんの方に募金していただけました。お預かりしました14581円は幼い子どもたちの命を守るための支援になります。
ご協力いただいた皆様ありがとうございました。

埼玉東北ブロック委員会

第39回ユニセフ ハンド・イン・ハンド募金 草加駅前

12月23日(土)13時から14時、東武スカイツリーライン草加駅前にて、ユニセフハンド・イン・ハンド募金を実施しました。
当日はたくさんの方が呼びかけに耳を傾け、募金をしてくださいました。




今年のハンド・イン・ハンド募金のテーマは「子どもたちに生きるチャンスを」です。
世界ではおよそ5秒に1人の子どもたちが5歳の誕生日を迎える前に命を落としています。

ユニセフ ハンド・イン・ハンド募金にお寄せいただいた募金は、世界150以上の国と地域で、子どもたちの命と健やかな成長を守るためにユニセフが実施している保健、栄養、水と衛生、教育、保護等の事業を支える資金となります。 

多くのみなさまのご協力本当にありがとうございました。


埼玉東南ブロック委員会

より以前の記事一覧