環境の取り組み

2018年2月 5日 (月)

みらいひろば コープ府中寿町店

2月5日(月)コープ府中寿町店にて、みらいひろばを開催しましたheart01

今回は「普段見ることのできないお店の裏側をeye探検!」ということで

初のバックヤードツアーを行いました。



松津店長さんの案内で、まずは売り場へ。

店内は全てLED電球flairを使用、また冷蔵品の棚では冷気が漏れないよう表に

ビニールのカーテンを取り付ける、冷凍品の棚には扉を付けるなど

無駄な電気を使わないECOな取り組みを店舗全体でしていることが

わかりました。



また店舗裏の調理・加工コーナーfishでは、衛生面に注意するのはもちろんのこと

そこに入る前のチェックも厳しく、鉛筆やホチキスなどを持ち込まないというルールを

定め異物混入を防いでいると話がありました。



Img_3983


店舗ではゴミをなるべく出さない工夫としてリサイクルできるものや

その他のものと細かく分別を行なっている。

またどうしても出てしまったゴミは、温度管理のできる保管庫に入れ

臭いなどで近隣の方の迷惑にならないような工夫をしている。

今後もノントレー商品を増やすなど、ゴミを減らす取り組みをしていきたいと

お話をうかがいました。



参加された方からも、店舗や商品について意見や質問も出て

「良い大人の社会科見学だったねhappy01」と感想をいただきました。




Fullsizerender

次回は3月8日(木) コープ府中寿町店3階コープルームにて

みらいひろばを開催します。

皆さんのお越しをお待ちしていますsign01



snow東京6ブロックsnow

2018年1月29日 (月)

イートアンド(株)関東工場バス見学会

 文京区・板橋区のみらいひろば合同で118日(木)大阪王将でおなじみのイートアンド(株)関東工場を見学しました。

 晴天に恵まれ、ガラス張りの建物の中は冬とは思えない暖かさでした。6年前にできたこの工場は「地球に優しく」を謳い、電気の消費量を抑えるために断熱パネルが使われ、食材を洗浄した排水は浄化し、再利用されています。

再利用のお水を使った水槽では魚たちが元気に泳いでいました。


 工場ではていねいな説明を受けながら、餃子ができあがるまでの一つ一つの工程を見学しました。すみずみまで配慮が行き届き、安心安全な商品が作られていることを実感しました。

 
見学のあとは皆さんお待ちかねの餃子巻体験です。職員さんの指導のもと、工場で出来上がったばかりの具材を自分たちで餃子の皮に包みました。表に一つのひだが大阪王将の特徴だそうです。

 仕上がったたくさんの餃子は目の前の厨房で焼かれて昼食に登場。イートアンド()の他の商品とともに味・質・量を堪能しました。

Img_2638_7

 wink清潔な施設に驚いた。 

 wink検査の回数も多く安心。

 confident案内も親切で誠実感あふれる職員の方々だった。 

 deliciousふだん口にしているものがどのように出来上がるのか知ることができ勉強になった。

winkギョーザの新しい包み方を覚えて家族に自慢できる。

 参加者からたくさんの嬉しい感想をいただき美味しい楽しい一日でした。

 

 東京2ブロック委員会

2018年1月22日 (月)

秩父市 それいけ!クールチョイス大作戦

1月14日(日)秩父市歴史文化伝承館にて、秩父市主催の秩父市COOL CHOICE 活動推進事業「それいけ!クールチョイス大作戦〜ちきゅうをすくうのは きみたちだ〜」が開催され、北部ブロック委員会も参加しました。
クールチョイスとは、CO2削減のために、省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動などで「賢い選択」をし、地球温暖化を食い止めよう!という取り組みのことです。当日は、たくさんの家族連れで賑わっていました。
北部ブロック委員会のブースでは、コープみらいの環境の取り組みについてポスターを掲示してお知らせし、商品についている環境マークを探すクイズにチャレンジしてもらいました。
また、短冊に自分にできるエコ活をテーマにエコ宣言を書いてもらい、身近で何ができるのかを考えるきっかけ作りをしました。秩父市 久喜市長を始め、市役所関係者もブースに立ち寄ってくれました。
Img_2856

Img_2855

「コープは色々な取り組みをしているのですね」「環境マーク、見たことはあるけれど意味までは知らなかったです。これから買い物の時は、マークも気にしてみます」「さっそく今日から、水道の水はこまめに止めます」などのお声をいただきました。
1人の力は小さいけれど、みんなでやれば大きな力になります。今回、たくさんの子どもたちにも環境について伝える事ができ、とても有意義な時間になりました。

埼玉北部ブロック委員会

2018年1月16日 (火)

うちエコ診断&手芸カフェ

1月16日(火)コープ東岩槻店 2階コープルームにおいて、埼玉東北ブロック委員会主催「うちエコ診断&手芸カフェ」を開催し、10名の参加がありました。
事前に提出したアンケートに基づき、環境省認定の「うちエコ診断士」の方々が各家庭のライフスタイルに合わせた省エネ・省CO2対策を教えてくださいました。待ち時間を利用して、牛乳パックとはぎれを使ったカードケース作りも行いました。




参加者からは
○優しく丁寧に教えてもらい、安心して受けられた。
○家電の買い替えを検討していたので、紹介された比較サイトを活用したい。
○子どもの成長と共にライフスタイルが変わって行くので、定期的に診断を受けたい。
○勉強になったし、面白かった。知人にも宣伝したい。

などのご感想をいただきました。


埼玉東北ブロック委員会



2017年12月14日 (木)

君津市消費生活展

12月10日 君津市生涯学習交流センターにて開催された第39回君津市消費生活展
に参加しました。
テーマは『地球と人の健康を考えよう』という事で、コープのエコの取り組みに
ついてパネル展示とエコクイズ、保冷剤を使った消臭剤作り体験を行いました。
Image_8

保冷剤を使った消臭剤作りは、ブロック委員の家庭に余っていた保冷剤と空き瓶
をリサイクル。広報でも、余っていたら持参してくださいと呼び掛けました。
袋を切って中身を瓶に移すだけでできる消臭剤作り皆さん興味を持ってくださ
り、子供から大人まで、90名近くの方がブースに立ち寄って下さいました。
Image_9

Image_10

Image_11

消臭剤の瓶は、クリスマスらしくリボンをつけて、飾って使えるようにしました。
Image_12

保冷剤の中身に消臭効果があるということに皆さんびっくりしていました。
「これなら手軽にできるね」「子供の本に載っていて気になっていたから作
れて良かったわ」「いつも生協さんにお世話になって居るのよ、ありがとう」
との声を頂きました。

また、他団体の方との交流もでき、私たちブロック委員も楽しむ事が出来た
1日でした。
Image_13

千葉5区ブロック委員会

2017年12月11日 (月)

第48回府中市消費生活展

12月2日(土)3日(日)府中グリーンプラザ分館1階展示ギャラリーにて、第48回府中市消費生活展が開催されましたhappy01
6ブロック委員会のブースでは、「コープみらいの環境の取り組み」をテーマに展示をしました。

コープデリでんきや、資源物の回収•リサイクル、エシカル消費についての説明をしたり、エシカルマークのついた商品を紹介しましたhappy016ブロックの環境の取り組みについても紹介しました。

来場者からは、エシカルマークのついた商品パッケージを見ながら「これ知ってるflair」「今度お店で見てみるわshine」などの声が聞かれましたear

2日間の消費生活展来場者数は338名となり、エシカル消費や、リサイクルなどの取り組みを知ることで、環境を考えるきっかけになってくれたらいいなと思いますnotes

Image_6

note東京6ブロック

2017年12月 3日 (日)

12/3 江東区消費者展

12月3日(日) パルシティ江東で開催された消費者展に出展しましたhappy01




今回は「みらいのエシカル消費」について展示し、立寄ってくれた方々と交流しました。

まだまだ耳慣れない方も多い「エシカル消費」と言う言葉。

説明をしながら「買い物はマークが目印です!」とパッケージをお見せすると「カエルのマークは知ってるわ!」「漁業を守るマークは初めて見た!」と一気に話が盛り上がりましたnotes




誰かの笑顔につながる消費がさらに増える事を願っていますshine

fish東京1ブロック委員会fish

2017年11月14日 (火)

コープみらいの食育「たべる、たいせつ」「田んぼのがっこう収穫祭」

11月12日(日)JA埼玉中央川島カントリーエレベーターにて「田んぼのがっこう収穫祭」を子ども57人を含む31組116人の参加で開催しました。会場には、大きな鍋で作った130人分ぐらいの豚汁のおいしい香りがただよい、みなさんが育てたお米で作ったおにぎり320個、つきたてのお餅も用意され、皆さん待ち遠しそうです。
JA埼玉中央センター長宇津木様よりご挨拶をいただき、お待ちかねの試食です。温かくておいしい物を食べると笑顔になるものですね。お腹も落ち着いたところで、西北ブロック委員会による“お米に関する数え方クイズ”を行い、みなさん元気に答えてくれました。「楽しかった」との感想もいただきました。
次に修了証とお米の授与式です。参加者は5kgのお米をしっかりと抱かえて満面の笑顔です。6月から苗を植え、7月に稲の成長を見ながら田んぼの生きもの探しをして、命の大切さを学び、10月に稲刈り体験をして、食べ物を作る大変さと大切さを学びました。
「お米を大切に食べます」という言葉に、今までの参加者の笑顔を思い出し、収穫の喜びと大変さを伝えることが出来たのだと実感し、皆さんを見送りました。
Photo

Photo_3 Photo_4

埼玉西北ブロック委員会

2017年10月27日 (金)

第2回 コープみらい学習会を開催しました

1025日 コーププラザ秋葉原にて

 

楽しみながら課題について学べる場として「2回コープみらい学習会」を開催。

ブロック委員など約140人が参加し、「エシカル消費」について学びました。

 

「エシカル消費」は消費の要素「品質」「価格」「安全性」に加え、

「エシカル(社会・地域・環境・人に配慮)」を考えていこうというものです。

 

第1部の講師は 一般社団法人 エシカル協会 代表理事 末吉里花さん

末吉さんはTBS系『世界ふしぎ発見!』のミステリーハンターとして

世界各地を旅した経験から、フェアトレードやエシカルを中心に活動を

展開されています。

Img_0158__20171025103514_4

私たち一人ひとりの消費行動が実は世界と繋がっていることなど、                                            エシカル消費を身近な行動に結びつけて学ぶことができました。

 

第2部の講師は コープみらいの職員

コミュニケーション・CSR推進室の 宮川和之さん

Img_0186__20171025121556_3



代表例としてハッピーミルクプロジェクトや美ら島応援プロジェクト、佐渡トキ

応援プロジェクトなど、「コープみらいのエシカル消費の取り組み」について

詳しくお話しいただき、「エシカル消費」をグッと身近に引き寄せることが

できました。

 

末吉さん、宮川さん 楽しく、わかりやすいお話しありがとうございました!

学習会事務局 SWA

2017年10月24日 (火)

コープみらい 八街の森 秋まつりを開催しました

10月22日(日)、コープみらい 八街の森で「秋まつり」を開催しました。

当日は悪天候にかかわらず、地域の方たちが遊びに来てくださり楽しいひとときを過ごしました。

また、秋まつりの開会に先立ち、東日本大震災及び原発事故を風化させないため、福島県富岡町が取り組んでいる『夜の森さくらプロジェクト』から譲り受けた桜の植樹式を行いました。


Akimaturi1_2



『夜の森さくらプロジェクト』の間を取り持ってくださったコープふくしまの今野理事長からご挨拶をいただいたのち、斎藤理事より鳥羽千葉県本部長へ目録が贈呈されました。
森のはらっぱに、2本の桜の苗が植樹されました。


Akimaturi2_2

秋まつりは雨のため屋外の企画は中止になりましたが、森のおうちの中では食育出前授業の野菜クイズや秋野菜を使ったピザ作り、森の応援団やいきもの調査による楽しい展示や販売などに子どもたちは大はしゃぎでした。雨にも負けない元気な声が響いていました。

Akimaturi4

わたがし作りにも挑戦!うまく作れたかな?

Akimaturi5

竹を使って「ネコの置物」作り。

Akimaturi6

木材の積み木でなにを作るのかな?

Akimaturi7_2

3区ブロック委員会が協力を呼び掛けた「フードドライブ」では、地域の方が食品を寄付してくださいました。

Akimaturi3_4

産直野菜のマルシェでは、生産者の自慢の野菜が並び、その横では産直野菜をふんだんに使った「豚汁」が販売されました。新鮮な野菜がいっぱい入った豚汁は温かくとてもおいしかったです!

Akimaturi8

Akimaturi9

千葉県本部

より以前の記事一覧