子育ての取り組み

2021年9月17日 (金)

オンライン子育て座談会

9/14(火曜日)10〜11時、zoomにてオンライン子育て座談会を開催しました。

今回参加は2名でしたが、年齢差のある3人のお子さんのお母様と6歳の男の子のお母様が参加され幅広い話題が出ました。

まずは教育問題!画一的な日本の教育ってどうなんでしょう?という話題に意見を出し合い、

乳幼児向けの絵本の紹介では、各自おすすめ絵本を紹介。

乳幼児には色や形がハッキリしているものが良い、絵だけでなく文章のリズムが良いものを選ぶ、オノマトペが出てくるものが言葉のリズムを養うなどミニ情報や、自分を好きでいることが大事ということを教えてくれる絵本など紹介し合いました。

また、高校受験を控えた息子さんのいるブロック委員がいたことから、受験情報の話題に。

子育てはまだまだ先が長いなあと思いつつ、色々な話が出てあっという間の1時間。10分ほど延長となってしまいました💦

今回の試食品は「coop スポーツドリンク パウダータイプ レモン味」

1ℓの水に溶かすパウダータイプです。ペットボトル削減にも繋がり、ストックもできるので便利かと試食品に選びました。

感想は、「レモンの酸っぱさがあって、市販のスポーツドリンクより好きです」「薄めの方がさっぱりして後味がよい」と好評でした。

次回は土曜日に開催しようと計画中です!お楽しみに💕

207392c550ec493d8f1051df840ba995

東京6ブロック委員会

2021年8月27日 (金)

8月21日(土)「食育×科学でわくわく実験 光るぷるぷる石けんを作ろう!」 開催報告

821日 江戸川区の小岩区民館で

1ブロック夏休み企画「食育×科学でわくわく実験 光るぷるぷる石けんを作ろう!」を開催しました。

「食育×科学れしぴ研究所」さんの講師をお招きして、光る石けん作りをしました。

 

どうして色は見えるのか?など難しい内容を

小学生にも楽しく、親子で一緒に考える時間を大切にしながら、

わかりやすく教えていただきました。

zoom 参加の講師からは、科学についてのクイズがあり、

子ども達も楽しそうに答えていました。

 

お部屋を真っ暗にして、身近な食材を混ぜて自分で作った石けんに321のカウントダウンで

ブラックライトペンを照らしてみると、、、

光った!!! 実験成功です

ビタミンB2に紫外線を当てると光るんです✨

 

3cbc07aa634944bdb886be22679f894b

 

コロナ禍の夏休み、なかなか楽しい思い出が作れなかったのに楽しい思い出が作れた。

次の企画は何?また参加したい。

など、嬉しい感想を頂き、私達も嬉しい気持ちになりました。

 

ご参加いただいた皆さま、消毒・検温などご協力頂きありがとうございました。

また応募者多数の為、ご参加いただけなかった皆さま、申し訳ありません。

東京1ブロックでは、今後も皆さまに楽しんで頂けるような企画を

感染対策を行いながら、開催していきたいと思っています🎵

 

詳しくは1ブロックニュースやホームページ、Instagramでご確認ください。皆様のご参加、お待ちしています。

 

 

💡東京1ブロック委員会💡

2021年8月24日 (火)

🌻夏休み親子消費者スクール🌻 楽しくつくろう❣️Myオモシロ貯金箱❣️ 🌏〜地球と自分にやさしく〜🌏

 8月21日(土)多摩市ベルブ永山で、夏休み親子消費者スクール「楽しく作ろう!Myオモシロ貯金箱!~地球と自分にやさしく~」が開かれました。

8c01675a4b8144a9baead6944a387a7e

これは、多摩市消費生活センターと、コープみらい地域クラブたまてばこの会との共催で企画されたものです。

子どもは、牛乳パックやダンボール、クリアファイル、布など身近なものを再利用して、遊べる「オモシロ貯金箱」を作りました。

大人は、少しの余り布で簡単に作れる「布製コースター作り」に分かれて、それぞれチャレンジ。

たくさんの応募者がありましたが、抽選で人数制限、2回に分けて開催、念入りに消毒、マスク着用、向かいあって座らない、隣と距離をあける、窓を開ける、など感染対策をしっかりしてスタート。

56aa943c1abf41d499420b62560e7301

オモシロ貯金箱は、お金を入れると、ピンボールのようにいろいろなコースを通って5つの穴に入ります。

5つの穴には、自分が考えたメッセージがついていて、どこに入るか、ワクワク!

世界にたったひとつのオリジナル貯金箱作りに、子どもたちは夢中。

子どもたちのメッセージは……

💙そらをとべる

❤️えほんのなかにはいれる

💙スシローでマグロをいっぱいたべる

❤️おやつを2ばいもらえる

💙あめがふらない   etc.       

 

お母さんやお父さんは、とっても簡単な直線縫いだけで、お洒落な和柄のコースターが出来上がり、その魔法のような仕上がりにビックリ。

お父さんたちの中には、針を持つのは、大人になってからは初めてという人も。

自分がどこを縫っているのか、よくわからないうちに、いつのまにか素敵なコースターができあがり、完成すると思わず感嘆の声が漏れていました。

3ced2e71503f403f85ab34a973965a5a

集中して作るあっという間の時間が終わり、参加者の親子は、互いに自分の作品を楽しそうに見せ合っていました。

身近なもので作った自分だけのオリジナルのお土産に、みなさん、とても満足そうでした。

 

Dc42b694b61c42ad92ee01cdc8609f84




                🍉東京7ブロック委員会🍨

2021年8月23日 (月)

東京7B夏の親子企画🦞里山に集まれ~!見て!聞いて!さわって!学ぼう! 🐞◆自然と希少昆虫に触れ合う学習会 in 町田◆🌿

8月18日(水)   大谷里山農園(町田市)にて奥山英治さん(日本野生生物研究所)を講師にお招きし、夏の親子企画を開催しました。

昆虫好きなブロック委員を中心に生き物が大好きな子供たちの笑顔を想い浮かべながら始まった夏の屋外企画。

新型コロナウイルス感染拡大防止として、午前の部、午後の部に分け、事前申し込みの定員を更に分散させる仕組みを考えたり、アルコールや手洗い用のハンドソープを用意したりしました。

当日は雨が降ったりやんだりでしたが、自然に囲まれた里山で田んぼや池の周りにいるたくさんの昆虫や生き物と触れ合うことができました。

E308c3bbceab4d8c85e998bebc0b6262

イベントタイムは「先生と生き物探しや観察」「お楽しみコーナー」を入れ替え制で楽しみました。

生き物探しでは、虫取り網や魚取り網を手にザリガニ、蛙、イナゴ、トンボとりにみんな夢中!

先生のお話を聞きながら、実際に捕まえた生き物を自分の手で触り観察をしました。

お楽しみコーナーでは4つのブースをご用意!

 

⭐️佐渡トキ応援プロジェクトブース⭐️

佐渡トキについて楽しく学ぶクイズ、ブロック委員手書きの展示、パッケージ等でコープ佐渡トキ応援プロジェクトの取り組みを楽しく学び知ってもらいました。

 

⭐️エコセンスブース⭐️

ブロック委員お手製のco-op牛乳パックで作ったエコセンスにシールやお絵かきをして仕上げてもらいました。

 

⭐️生き物ブース⭐️

昆虫クイズに挑戦。3回チャレンジで奥山先生のイラスト入り手作りしおりをプレゼントしました。

 

145219affb4247b79efd82bd7b6158a0

 

⭐️昆虫ふれあいブース⭐️

タガメやゲンゴロウ等の東京ではなかなか出会えない希少な昆虫との触れ合いをはじめ、カブトムシやクワガタのバトルを楽しんだり、子供たちはもちろん、お父さんお母さんも童心に帰ったような笑顔でした。

 

B47fb4fc44c845829b96e11735b05d28

質問タイムでもたくさんの手が上がり、先生に今日捕まえたバッタ、イナゴ、ザリガニなどの飼育の方法を聞いていました。納得したり、満足できた様子でした。

最後、アンケートと引き換えに7ブロックの活動紹介としてシトラスリボンと7ブロックニュース、参加記念として奥山先生のイラストぬりえ、co-opdeliファイル、ドリンクゼリーをお持ち帰りいただきました。

 

F03eb06b97c641b985a5d3c3383df7ef

 

みなさんの感想にも

「虫取りをする機会もなかったので親子共々楽しめました。」

「クイズも生き物探しも先生の話はとても興味深く楽しかった。」

「子供が喜んで虫に触れられて良かった。」

「本物に出会える機会は貴重でした。」

「コロナ禍の中、屋外で安心して家族で楽しめるイベントに参加でき良い機会だった。」

等々の多くの声がありました。

 

参加した子供たちのキラキラした瞳、笑顔で手を振って帰っていく姿を見て

「開催できて良かった!」と、ブロック委員一同、笑顔を見合わせました。

154800fb837a4900b25409b0292223b7

 

東京7ブロックでは今後も秋の紅葉ウォーキングなどの屋外企画を計画中です。

「7ブロックニュース」や「Instagram」で発信していきますのでお見逃しなく!

みなさまの参加をお待ちしています♪

 

🐸東京7ブロック委員会🌾

 

 

 

 

宿題応援企画 「コープデリ商品検査センター」オンライン見学開催

8月17日(火)    コーププラザ深谷にて、夏休みだヨ‼︎  めざせ!ものしり博士 〜食の安全編〜 として、コープデリ商品検査センターのオンライン見学を開催し、小学生8人が参加しました。

はじめに、コープデリ商品検査センターとコーププラザ深谷をzoomで繋ぎ、職員の方と参加者が交流しながら施設内の見学やクイズをしました。

施設内の見学とともに、食品の安全性を確認するための取り組みや検査の様子などを説明してもらいました。途中、子ども向きのクイズを楽しみながら、最後まで飽きずに参加しました。クイズでは食中毒や食べ物の消化、正しい手洗い方法も教えてもらいました。消費者が安全な商品を受け取れるのは、生産者から消費者へ届くまでの安全管理のバトンがうまく繋がっているおかげで、商品検査センターは中継ぎとして重要な役割を担っている事がわかりました。

次に、身近な食物の性質を調べる簡易実験をしました。

まずオンラインでやり方の説明をしてもらい、その後画面と同時進行で実際に実験をしました。赤しそふりかけと重曹でつくった試液を食材に混ぜ、色の変化で酸性、中性、アルカリ性かを調べました。参加者は、食材によって色の変化が異なる様子に集中して取り組んでいました。

最後に、マイスター認定証とバトンをいただき、商品検査センター職員の方も一緒に参加者全員で記念写真を撮りました。

Aee7122687834147b1be66f0df3cebfc

〔 参加者の感想 〕

◯このまま夏休みの宿題にできるのでよかったです。

◯実験が好きで、とても楽しみにしながら参加しました。

◯楽しかったので次のイベントにも参加したいです。

 

緊急事態宣言発令中のため、保護者の方の協力のもと申し込んだお子さん以外は来室しない、接触を避けるために長机を1人ずつ使用し常時換気をするなど、いつも以上に感染症対策を徹底して実施しました。

「やっぱり、実験は実際やってみるのがいいよね」子どもたちの真剣な眼差しを見て実感。

「今日参加してくれたお子さん、上手に手洗いしてほしいね」コープデリ商品検査センター職員の方もブロック委員も願っています。

埼玉北部ブロック委員会

 

 

2021年8月22日 (日)

夏休み子ども宿題応援企画「子どもSDGsマナビ隊!」

8/16()10時11時半 プラザ立川にて、

夏休み子ども宿題応援企画「子どもSDGsマナビ隊!」を開催しました。

当日は生憎のお天気でしたが、会場参加10名、オンライン参加20名、

総勢30名の小学生にご参加いただきました🤗

 

まずは、講師の先生とじゃんけんゲームからスタート!

会場とオンライン、どちらもじゃんけんで場が和み、子どもたちからも笑い声が上がるようになったところで本題に

 

SDGs全体のお話や食品ロス、ごみを減らすこと、水の大切さ、地球温暖化などに

ついて教えていただきました。

みんなでワークシートを書きながら、一緒に考えたり意見を出し合ったり…

そして、SDGsに沿った問題、例えば「SDGsにあっている行動はどれ? 誰もいない部屋の電気を消した。

◯か✖️か?」など自分の行動と結びつく「◯✖️クイズ」も行いました。

 

79ef406bf1e84fb8bd3bfcf3b8cabed6

 

最後は、「わたしのせいじゃない」という絵本を読み聞かせしてもらい、みんなで相手の気持ちについて考えました。

 

SDGsは、幅広く、難しい内容もありますが、今回は小学生向けの身近な問題を取り入れながら分かりやすく教えていただき、小学生の皆さんも1時間半という長丁場でしたが、最後まで楽しんでくれました♪

アンケートでは、今まで知らなかったことを知ることが出来て勉強になった!など

多くの子どもたちが内容を理解してくれたようです。

966e1e8de3a04c52adf59cd561633e17

 

頑張って参加してくれた子どもたちにブロック委員から

「すごろく、隊員証、◯✖️クイズで使用した団扇」をプレゼント💓

(オンライン参加の子どもたちには、事前に資料と一緒に送らせていただきました)

このすごろくは、SDGsを楽しく学んでほしいという願いを込めて作った東京6ブロック委員会オリジナルすごろくです😁

今後もSDGsマナビ隊として活躍してくれることを期待しています!

0aada2c643b94ad6b07547ac56584826 

 

誰一人取り残さない世界の実現は、とても険しい道のりですが、子どもたち含め私たち大人も身近な社会問題として、日々意識しながら生活していくことが大切だなぁと改めて感じました。

 

またこのような子ども向け学習会を開催できたら、、と思っています。

参加してくださった皆さん、講師の先生、本当にありがとうございました!!!

 

🌻東京6ブロック委員会🌻

2021年8月18日 (水)

オンライン夏休み子ども平和企画🍀「見て!聞いて‼︎学ぼう 戦争と平和のとびら」🍀

8月10日(火) 10時より🍀「見て!聞いて‼︎学ぼう 戦争と平和のとびら🕊」🍀を開催しました。

小学生親子を対象にしたオンライン夏休み子ども平和企画です。
6組の親子が集まってくれました。
まずは、zoomに慣れない子供たちのために、画面の操作方法をレクチャー。
その後、自己紹介で学年と自分の好きなものを話してもらいました。
お友達の声を聞いて緊張が少しほぐれてきた様子です。
Df023e424fbe4042882575fa9f8234c5
戦争と平和について、沖縄の小学1年生の男の子が書いた絵本の読み聞かせと、
地元千葉の戦時中のお話をしました。
🔸7月7日に空襲(七夕空襲という)があり、たくさんの人が亡くなったこと
🔸都市部では、親元を離れ子どもたちだけで遠くの田舎やお寺に預けられ(疎開)
 いつもお腹を空かせていたこと    など。
今の時代は何でもすぐ手に入り、お腹を満たし、家族やお友達といつでも一緒にいられる。
"当たり前に感じる今の暮らしが、実は、とても平和なこと“だとお伝えしました。
画面越しの皆さんは真剣な眼差しで、
高学年のお子さんは一生懸命にメモを取ってくれていました。
本に登場した与那国島のことや昔の暮らしぶりについては、クイズで学びました。
6093939cb0894d459f3d384a58e1df4b  
 
最後の折り紙コーナーでは、好きな色でハートと動物を折り、
大切に想う人へのメッセージを書いてもらいました。 
D8d51824ee9b4567aafa0ea9b1d3a3e9
子どもたちに感想を聞いてみると、
 🍀平和について考えるきっかけになった
 🍀今の生活に感謝
 🍀クイズ、折り紙が楽しかった
 🍀ありがとうを伝えることも大切と思った
終了後、保護者の方のアンケートには
 🔸手書きの子ども宛の封書で、折り紙と○✖︎数字が印刷された紙が届き、
   当日まで親子でワクワクした
 🔸今の生活は平和であればこそ。物のありがたみ、感謝の心を
   教えてもらえたことがとても良かった
 🔸戦争や平和のことをわかりやすく伝えてくださり、参加して本当に良かった
   など、たくさんのご感想をお寄せいただきました。
初のオンライン企画。
どこにも行けない夏休みですが、
私たちの企画が親子で楽しめる場となり、少しでも戦争と平和を考える
とびらを開くきっかけになったなら嬉しい限りです。
ありがとうございました。
      
       🍀千葉4区ブロック委員会 
            🕊子ども平和企画チーム🍀



2021年8月10日 (火)

なつやすみ子どもDay!もったいないを知ろう!

8/5(木)に木更津市の金田地域交流センターで、小学生を対象に

「なつやすみ子どもDay!もったいないを知ろう!」を開催しました。

エコ活ブックを参考に紙芝居を作り、地球が困っている話をしたり、

食べ物のもったいない探しをしました。

食品ロスの話では食品ロスの量をおにぎりで説明し、食品ロスと地球が

大変になってることのつながりを伝えました。

20c11bb2951a440184f0f562d367d12d

話を聞いた後に自分達が地球のためにできることを考えて、おにぎりの台紙に

宣言を書き、まとめの会で1人ずつ前に出て発表してもらいました。

7bf9cc04bea7405e9cc14ac987e90b1f

お勉強の後は野菜の花と実のクイズを行いました。正解すると

「いえーい!」と声があがり、楽しそうでした。

36df050a07d14e0bb3d2b4446b53fe4c

エコに関するつりゲームでは、2チームに別れ、食べ物のもったいないや

リサイクルについて楽しみながら学びました。

密にならないように声をかけたり、竿の消毒をしたりなどコロナ禍ならではの

対応もありました。

D71d21e6085a43b8bab9cc03feafb6a1

終了後の保護者アンケートでは、帰宅後に子供達が家族に食品ロスの話を

したり、食べ残しをしないようになったなどの報告がありました。

コロナ禍で迎える2回目の夏休み、子供達にとってはもったいないについて学び、

保護者にとっては子供達と離れてホッとできる時間になりました。

 

千葉5区ブロック委員会

2021年8月 3日 (火)

熊谷市市政宅配講座「不登校の未然防止と登校支援」開催報告

 

727() 10:0011:30

熊谷市スポーツ・文化村くまぴあにて開催し、大人14人、子ども1人が参加しました。

「熊谷市市政宅配講座」とは、福祉、健康、環境、市民生活など多くの講座メニューから、聞きたいと思う講座を選んで申し込むと、市の職員が講師として出向き、わかりやすく説明してくれる制度です。

 

まず、プロジェクターや資料を使用し、市内の不登校の実態や市の様々な取り組みについて話をしました。

登校支援対策として市立中学に常時配置されているほほえみ相談員、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーの説明や体験活動、相談窓口の紹介がありました。

その後、アイスブレイクをはさみ、34人のグループに分かれ交流しました。和やかな雰囲気の中にも、終始活発な意見交換がなされ貴重な時間となりました。

参加者からは「たくさんの人の話を聞き、本音で話せて気持ちが楽になった」「コロナを一瞬忘れて心が楽になった」「不登校の子を持つ親のフォローを目的とした機関が欲しい」などの声が寄せられました。

今回の学習会には学校に行きづらい子の保護者や学校関係者などの参加もあり関心の高さがうかがえました。不登校の現状が学べ、交流を通して悩みを共有でき、有意義なものとなりました。

 

D97dcb831b04407bb11b13ad0571e6f2Eb98fa9a120649f894148dc00433f334

 

埼玉北部ブロック委員会

ひ・まわり探検隊『巨大カルタで防災を学ぼう!』

7月27日(火) 埼玉西南ブロック委員会は、日高市主催の夏休み子ども体験教室事業「ひ・まわり探検隊」に参加しました。

当日は『巨大カルタで防災を学ぼう!』を開催し、小学1年生から6年生まで13人のお子さんたちが集まってくれました。

 

近年日高市で起きた川の氾濫被害に触れ、段ボールトイレ擬似体験や、一日に必要なお水をリュックに詰め、重さ体験をしました。

「災害が起きたらどうしたらいいかな?」を考える防災クイズにも挑戦 !

難しい問題もありましたが、解説を熱心に聞き理解を深めてくれた様子です。

 

続いて巨大防災カルタ大会です。密を避ける為、デリカタログでロングハンドを作り、2班に分かれていよいよ対戦です。

「自分でロングハンドを作ってカルタをする所が面白い」と楽しんで防災を学んでくれました。

「今日学んだ事を活かしたい!」という感想もあり、来年はどんな企画で防災を伝えようかと今から楽しみです。

日高市の小学生のみなさん、コロナに負けず、また元気にお会いしましょう。

 

D3c000528ec946ae8c78a1f38f1984a9

埼玉西南ブロック委員会

 

 

より以前の記事一覧