商品について

2018年2月19日 (月)

産地工場見学 イートアンド(株)関東工場

2月15日(木) 総勢41人で大阪王将を運営するイートアンド(株)関東工場の見学に行きました。
断熱パネルや屋上緑化を取り入れた「地球に優しい工場」の説明を受けた後、2グループに分かれ生産ラインの見学と餃子巻き体験をしました。

生産ラインの見学ではまず検査室に案内され、大腸菌検査など安心・安全な餃子作りのためにさまざまな検査がなされる様子を見ることができました。その後、シート状の皮とあんが機械に吸い込まれた後餃子の形になって出てくる工程などを、みなさん興味深く見学していました。冷凍餃子は蒸した後にマイナス30〜40℃で急速冷凍してあり、中まで火が通ったか心配する必要はないそうです。
見学を終えた方が「機械化されているけれど人の数も多い。機械の効率の良さと人の目で確認する安心感がある。暑さ寒さの中での作業の大変さを知り、商品を決して粗末には扱えないと強く感じた。」とおっしゃっていました。

Eb39cae6d8234ee28e3088e6e23298f8

餃子巻き体験では、特殊な形のスプーンを使ってひだが一つの巻き方を教えていただきました。教え上手・褒め上手な担当者さんのお陰で、みなさん上手にあんを包むことができました。
昼食にはみんなで作った餃子(焼きたて)の他に、チャーハンやエビチリ、唐揚げなども並びおいしくいただきました。
担当者の方が商品の説明をした後に各テーブルを回って質問に答えてくださり、活発な交流ができました。

参加者からは、「衛生管理が行き届き、材料の安全性もわかり安心しました。」「餃子巻き体験は勉強になり、家でも作ってみたいです。」などの感想が寄せられました。

688d774c87874ec6a33233cea0a5b847

天候にも恵まれ、参加者さん同士の交流も深まり充実した一日となりました。

埼玉北部ブロック委員会

2018年2月14日 (水)

ワルツ株式会社 紅茶の学習会 in 小平

2月14日のバレンタインデーの日、
東京小平市にあるコープ回田店で、ワルツ株式会社の小林さんをお呼びして、
美味しい紅茶の入れ方についての学習会を開催しました。

講師の方の横には、色鮮やかな紅茶の数々!
参加者の皆さんは、まずその種類の多さに驚いていました。
Image_4


世界100カ国以上で愛されているディルマ紅茶は、
栽培、茶摘み、発酵、パッケージ・製品化まで全て産地スリランカ国内で行い、
第3国を経由せず直接消費国に届けられている分、鮮度がよく美味しいそうです。

また、鮮度を保持するティーバッグの包装にもアルミ蒸着フィルムを
使っていて、鮮度にとことんこだわった紅茶だそうで、
配られて飲んだ紅茶の美味しさにみなさん納得されていました✨✨

標高の違いで、味も色もかわることを、4つの代表的な生産地域の紅茶を飲み比べて実感し、
そのあとは自分のお気に入りの紅茶を選んで、コープの冷凍チョコケーキと一緒に頂きました。

美味しいだけでなく、ディルマの紅茶を買うことで、
スリランカの茶園地域の人たちの暮らしの改善や教育の充実に役立っていること、
エシカルトレードについても教えていただきました。

紅茶に関心の高いみなさんで、質問も絶えず、「この紅茶をお店で買って帰ります!」
と言ってくださった方もいました😊
紅茶のことをより深く知り、より好きになれたひとときでした💓
Image_3

東京8ブロック委員会

2018年2月13日 (火)

産地工場見学 (株)コープデリフーズ 茨城ミートセンター

1月19日(金)㈱コープデリフーズ茨城ミートセンターの工場見学に行きました。応募者多数の中、抽選で21人の方が参加されました。
到着後工場で、枝肉の解体→脱骨→整体分割の工程を見学しました。一日の生産量約450頭を、熟練した職人さん達が手際よくスピーディーにナイフで捌いていきす。その匠な技に参加者の皆さんからも思わず「すごい」との声が聞こえました。
見学後 、会議室にてミートセンターの説明や豚肉について学習しました。
Image_2

参加者からは、「機械での作業と思っていたので驚きました」
「素晴らしい手付きで行われているのを見て感動しました」
「衛生的な解体作業を見て、コープの豚肉は安心して食べることが出来ます」
などの感想が寄せられました。
Image_3

豚肉が私達の食卓に並ぶまでに、たくさんの方の苦労があること、
そして、大切な生命を日々いただいていることを改めて実感しました。

埼玉南部ブロック委員会

2018年2月11日 (日)

商品学習交流会「深谷ネギ」

2月9日(金)コーププラザ越谷にて、(農)埼玉産直センターのネギ部会の皆さんによる「深谷ネギの学習会」を開催しました。

長ネギ(根深ネギ)と言われるものは全国的に生産されていますが、実は「深谷ネギ」と言う品種名はないそうで、特に深谷市で育った長ネギは柔らかくて糖度が高く甘いのが特徴的です。
深谷市の土質がネギの生育に適していることもあり、生産量日本一でネギのブランドとしても定着しているのも納得です。



生産者のご苦労や熱い思いを伺ったあとは、「深谷ネギ」の調理実習を行い、グラタンやマリネ、焼きねぎ、ベーコン巻き等、脇役ではない、どれも主役級の「深谷ネギ」を堪能しました。
参加者の皆さんは、焼きネギの柔らかさと甘みに感動、薬味やお鍋のネギだけではない華麗な変身に驚きと感動で笑顔が絶えませんでした。





2月21日は第2弾として、埼玉産直センターへ「深谷ネギ」の収穫体験に出掛ける予定です。
生産者の皆さんとまた交流できるのが今から楽しみですね。

埼玉東南ブロック委員会




2018年2月 9日 (金)

商品学習交流会(株)ドトールコーヒー 「ドリップコーヒーのおいしい淹れ方を学ぼう」

1月31日(水) 草加市文化会館にて、埼玉東南ブロック委員会主催の『(株)ドトールコーヒー 商品学習交流会 』を開催し、27人が参加しました。

ドトールコーヒーの商品やお店でこだわりについても詳しく教えていただき
コーヒーの歴史や豆の種類、焙煎方法などを学びました。



コープデリ宅配でも取り扱いのある「ドリップコーヒーオリジナルブレンド」を使って
美味しいコーヒーの淹れ方を教わりました。
少量のお湯を注ぎ30秒間蒸らしたもの、蒸らさないものを飲み比べ。
やはり蒸らしたコーヒーの方が味も濃くしっかりとした味でした。

その後は、SCAJ協会認定コーヒーマイスターでもある川前幸雄さんが淹れて下さった
ドトールコーヒーの「エチオピア イルガチェフェ G1 ゲデブ」をいただきました。
華やかな香りと甘みと酸味のバランスも良いとても美味しいコーヒーでした。



自分で淹れるドリップコーヒーもほんの少しの手間をかけることでとても美味しくなることが
わかり、ぜひ自宅でも飲みたいという感想が多かったです。
毎日の暮らしが豊かになるような、とてもよい学習会になりました。

埼玉東南ブロック委員会

2018年2月 8日 (木)

大人のための食育×科学講座

2月1日(木曜日) 白鷺1丁目第3アパート集会室  にて
キッチンの科学プロジェクト(KKP)から、現役女子大生方2 名happy01を講師に招き開催しました。

キッチンの科学プロジェクトとは、科学を通じて[食]の大切さを伝えるボランティア団体で、 2016年度 コープみらい地域かがやき賞を受賞しています。

午後から雪❄️の予報がでる寒い日でしたが、ほぼ欠席もなく関心の高さが伺えました。

先ずは、紫芋の色素アントシアニンを使って、科学実験
紫芋パウダーを溶かした紫色の水に、レモン🍋汁(酸性)を入れる→ピンク色
重曹(アルカリ性)を入れる→青色に変化する様子を実際に体験しました。 

Img_0618 Img_0617 Img_0616

次は、実験で作った色水を使って和菓子作り

先程作った色水(ピンクと青)と白餡を火にかけて、水分を飛ばしながらよーく練ると、カラフルな求肥ができあがりました。
バレンタインが近いのでチョコレート味の求肥も作り、1人4色の求肥を使って初めてのねりきり作りに挑戦!
悪戦苦闘しながらも可愛い😍ねりきりが出来ました。

最後 はco-op鹿児島県産有機茶葉の粉末茶を飲みながら、自分の作品を試食。
美味しくいただき皆さん大満足でしたshine

        Img_0621 Img_0619 東京4ブロック委員会

2018年2月 6日 (火)

バスで行く!(農)埼玉産直センター New Farmer’s〜若手生産者〜交流会

2月1日(木) 「バスで行く!(農)埼玉産直センター New Farmer’s〜若手生産者〜交流会」を開催しました。
埼玉産直センターへ到着後、ミニトマトのパック詰め、選果センター、セットセンターを見学しました。
選果センターでは、トマト同士がぶつからないように運ばれる日本で最初のコンベアを見学しました。

E139253a142c48e9bcabb7da15ff64e2

セットセンターでは、グリーンボックスのセット工程を見学し、「組合員さんへ届けるために週6日稼働させています。産直センターの中で一番稼働している。」とのお話を聞きました。
その後、歩いて約10分の場所にある肥料センターへ向かい、数年前の大雪で倒壊した時の苦労話や、こだわりの土づくりの工程を教えてもらい皆さん感心されていました。
産直センターへ戻る途中、産直センターの屋根にある太陽光パネルがよく見え、コープデリでんきのお知らせもすることができました。
待ちに待った収穫体験!
若手生産者の方に収穫方法を教えていただき、ほうれん草と小松菜を思う存分収穫しました。

D887911effd84bf4b311a0b524c0e669

たくさん体を動かした後は昼食交流!
トマトやいちご、産直野菜で作った味噌汁を試食しながら若手生産者の方と交流しました。

参加者からは
「若手生産者の熱いおもいが伝わってきて、これまで以上に産直センターの野菜を利用したいと思いました。」
「肥料づくりから大変な手間をかけてできた野菜だという事がよく分かりました。子どもにも今日の事を伝えます。」
などの感想がありました。

どのように野菜ができ私たちの手元に届くのか、実際に生産者の方の顔を見てお話を聞くことができ、さらに産直センターの野菜が大好きになった一日となりました。

09dceb2529c54603a9f0e771ebefc804

埼玉北部ブロック委員会

2018年2月 5日 (月)

みらいひろば西大島

2月5日(月) 江東区総合区民センターでみらいひろば西大島を開催しましたhappy01

今月は調理室で「レンジで簡単!苺大福」に挑戦!
和菓子作りは難しそう…と心配していましたが、coop白玉粉で求肥を作り、餡子と苺を包むとあっという間に完成!



簡単で見た目も華やかshine
不意のお客様にも出せそうと大喜びnotes

予定をはるかに上回るスピードで調理が終わってしまい、急遽「KOTO活き粋体操」で身体を動かしてみました。笑



何をやっても笑顔で楽しむ西大島のみらいひろば。
みなさんのご参加お待ちしていますwink

sun東京1ブロック委員会sun

6ブロックのつどい 2018

2月2日(金) 小金井宮地楽器ホールにて、6ブロックのつどいを開催しましたhappy01

雪が降る中、足をお運びいただいた皆様ありがとうございましたsign03

第一部の映画「0円キッチン」では、普段は捨てられる食材で美味しい料理をふるまう旅をする主人公とともに、食品ロスはどうすれば無くなるのか?を考えるきっかけになりました。
世界各国それぞれに問題は異なり、映画ではたくさんの国を旅しているような気分にもなれましたnotes

第二部では、様々なブースがオープンshine
ナリス化粧品の学習会をはじめ、くらしの助け合いプチトマトの会のブース、保健センターの職員さんによる健康チェックコーナーなど、どこから行こうか迷ってしまうような内容heart04

また、宅配職員コーナーでは、職員さんが考案した「さんちょクイズ(産直のクイズ)」がとても好評で、勉強になったとのお声が多数でした。
ガラポン抽選会でも、ハズレなしでお土産をたくさんいただき、みなさん大満足でしたcatface

そして、簡単手芸では色々な小物を作成し、出来上がると嬉しそうにお持ち帰りになる参加者さんに、準備を頑張ってよかった~と嬉しい気持ちにさせていただけたのでしたlovely

apple東京6ブロックapple

1_2

2

3

『タカキベーカリー』商品学習交流会★豊島区

breadbreadbread1/26(金)生活産業プラザにて『タカキベーカリー』商品学習交流会を開催しました。

今日はどんな学習会なんだろう、パンを焼くのかな?みなさん期待と不安で会場にいらっしゃった方も多かったのではないでしょうか?
企業紹介で、おいしいパンを届けるための努力や、製法などのお話を伺い、冷凍だからこそ余計なものを使わなくてもおいしいパンを食べることができることを学びました。

Img_2844_02

焼成冷凍パンの封を開けた時、パン屋さんのパンの香りがしました。トースターで少し温めると外はカリッと中はしっとり、まさに焼きたてのパンでした。
そのままでもおいしいのですが、サンマの蒲焼き缶を使ったディップを教えていただき、さらにおいしいパンをいただくことができました。

Img_2839_02

学習会が終わるころには、「焼成冷凍パンがこんなにおいしいとは知らなかった」「デリのカタログにあることを気が付かなかったけれど、ぜひ購入したい」という声があちこちから聞こえ、焼立てパンの幸せな香りの中、学習会は終了しました。

bread東京2ブロック委員会bread

より以前の記事一覧