くらしに関する取り組み

2019年2月14日 (木)

みらいひろばみらいえ

2/13(水)寒い小雨の中、みらいひろばを開催しました。

本日は第一回・棒サッカー⚽️大会🎊

タオル体操でウォーミングアップした後、ハピ・デリのチラシをクルクル巻いて棒づくり。

B6c0582f6fcd497d8d7cc87c11dbcbfd

託児マットを利用したフィールドに全員がスタンバイ完了!

ルール説明を終えて、いよいよ決戦の時😤
「ピーッツ‼️」
ホイッスルの合図でいよいよ試合開始〜⚽️

0dde175e45b84dd0b9381ec65352b8ef


いっさい手抜きなしの真剣勝負❗️
熱戦が繰り広げられ、どんどんエキサイトして行き😆
得点されるたびに
「ウォー‼️」🎉🎉🎉
歓声が上がりました。

Ea996d1cdbff46888469fafef40de525


普段は大人しく「腕が痛くて上がらないの」と言っていた方もブンブン棒を振り回していたり😅
途中から防御マットがぐちゃぐちゃになる程
皆さん興奮して熱狂されていました。


今月のテーマは
〜高齢者支援〜

皆さんは普段どんな事を意識して過ごしていますか?

「リズム体操をして体を動かし良い汗をかいています」
「天気の良い日は近所の散策に出掛けます。色々な発見があるのよ」
「仲良しの方とお話しをするのが楽しみ。ウキウキします」

など充実した毎日をおくられているそうです。
いつまでも健康で楽しく過ごしたいものですね。

F621bd2a6322472cbe9058dcd0d48322

身体を動かした後は、
co-opのカレー🍛を食べ比べしました。

みらいえの食事にカレーが出たことが無いそうで
「3年ぶりのカレーは美味しいね〜」と何度もおっしゃる方や
無着色・国産野菜の赤くない福神漬けに感心される方、どれも好評でした。

👑人気1位は 🍄きのこカレーでした。


初回から、ご夫婦で毎回参加されている方が今日は時間になっても現れず
心配していると、少し遅れて来られました。
「最近ちょっと体調を崩していてね、でも今日はみらいひろばだから頑張って来ました」
とお話しされ、嬉しくてジーンとなりました😂

風邪など流行っていますが、体調に気をつけて来月も元気にお会いしましょう😊

⚽️千葉4区ブロック委員会⚽️

2019年2月13日 (水)

東京3ブロック みらいひろば目黒区・ 自由が丘 2019年2月開催報告

2月13日(水)に目黒区 緑ヶ丘文化会館にて、みらいひろば 自由が丘を開催致しました。
2月のひろばニュースより、介護のことについて生協の取り組みを知ることが出来ました。pencil
介護のお仕事をされているメンバーさんが、介護の現状を詳しくお話しくださいました。
「決められた時間内に仕事を終えるので精一杯で、ゆっくり座ってお話する時間が取れない。」
というお話に驚き、ヘルパー不足や、今日の問題点について話し合うことが出来ました。

次に、『24節気』についてみんなで季節を表す名称を学びました。book
「立春」や「啓蟄」、「芒種」などの意味を確認しあい、お手紙などに使う季節の言葉として身近に使えたら素敵ですね、との感想も出ました。happy01up

Image

cafe本日の試食
diamondcoop瀬戸内レモンのレモネード
diamondcoopチョコバウムクーヘン9個入
diamondcoopメープルバウムクーヘン9個入
diamondcoop季節限定 生チョコミニ12個入(ミルク、抹茶、ホワイト味)
diamondcoop健康配慮 小魚チップ

季節限定の生チョコは文字通りちょこっとで美味しく、3種類を食べ比べてどれもgood 👍💕
甘酸っぱいレモネードでチョコとのバランスもバッチリ マッチしていました。happy02

mail今後の開催予定
3月 7日(木)10:30~12:00 調理室
4月24日(水)10:30~12:00 調理室
予約不要で地域の方々のお越しをお待ちしています。💕


clover東京3ブロック委員会

認知症サポーター養成講座

2月5日(火)、コーププラザ浦和で「認知症サポーター養成講座」を、参加者28人で開催しました。
コープみらい 浦和介護センター ケアマネージャーさんを講師にお招きしました。

誰にでも起こりうる脳の病気による認知症ですが、認知症の人への対応の3つの心得は
「1.驚かせない。2.急がせない。3.自尊心を傷つけない」ということだそうです。

具体的な対応の7つのポイントとしては、まずは見守る、余裕を持って対応する、声をかける時は1人で、後ろから声をかけない、優しい口調で、おだやかにはっきりした話し方で、相手の言葉に耳を傾けてゆっくり対応する、ということで、このことを知っているだけでも、認知症の方への接し方が変わると思いました。

さまざまなエピソードを交えながら、分かりやすく認知症について教えていただきました。

認知症サポーターは特別なことをする人ではなく、認知症の人やその家族の「応援者」ということだと知りました。
本日の講座を受講された参加者さんには、「埼玉県認知症サポーター証」と「認知症サポーターキャラバンのオレンジリング」をお渡ししました。
「認知症の人を応援します」という意思を示す目印であるオレンジリングは、身につけていることで、周囲にも「あの人は認知症の人のお手伝いをしているんだな」と一目でわかる場合があるので便利だと思います。

Bcada148d80246aebf832f012cfacf32

6652a9a03f10434d8da6e2560b792c67

参加者からは「気軽に認知症を学べたり、知ることができる機会を与えてくれて良かったです」「役立てて家族と向き合っていきたいと思います」「大変分かりやすかった。心を大切にしていると思いました」などの感想をいただきました。

本日の試食は、コープデリ夕食宅配サービスの「舞菜おかず」を皆さんで分け合って召し上がっていただきました。

Fa88944c19ab4a4c841e252b0071b15a

埼玉南部ブロック委員会では、これからも皆さんのニーズにお応えし、また、新たなご提案などができるような活動をすすめていきたいと思います。

埼玉南部ブロック委員会

2019年2月12日 (火)

【埼玉県委託事業】「消費者被害防止サポーター養成講座」

2月5日(火)草加市文化会館にて、【埼玉県委託事業】埼玉東南ブロック委員会・埼玉消費者被害をなくす会共催で『消費者被害防止サポーター養成講座』を開催し29名の方にご参加いただきました。



はじめに埼玉消費者被害をなくす会の紹介を聞きグループ内で簡単に自己紹介をして学習会が始まりました。
まずは弁護士の方から[地域の消費者被害を防ぐには]
・全国の消費者被害の現状
・消費者行政の展開
・地域連携による被害防止
・消費者被害防止サポーターの役割
について、資料にそって説明していただきました。

30年間に相談件数は約6倍に増加している事や高齢者の苦情相談の割合が大幅に増えている事などがよくわかりました。
消費生活センターがある事を知らない住民も役6割いるという事や被害にあった事がある高齢者の役4割の人が「何もしなかった」その理由として「自分にも責任があると思ったから」というのにも驚きました。

その後見守り推進員の方から[消費者被害防止サポーター 埼玉県内の状況]を説明していただきました。
埼玉県では現在699人の消費者被害防止サポーターの登録があるそうですが、市によってはまだまだ登録が1人のところもあるそうです。

午後の部を始める前に朝から長帳場なので少し体操を~と見守り推進員の方が体を伸ばす体操などをしてくださいました。

ここからは埼玉県消費生活コンサルタントの会の消費生活相談員の方から[悪質商法・消費者被害の実例を学ぶ]として
・埼玉県における消費生活相談の状況
・消費者トラブルはなぜ起こるのか
・悪質商法の手口
・被害防止に向けて
を実際あった事をもとにお話していただきました。

実例を聞き消費者として地域の中で自分には何ができるかをグループワークで考え、発表もしました。
最後に消費者被害防止サポーター登録の説明をしていただき、修了証の配布・登録です。
被害者にならない、加害者にしない事も大切だと学び、とても有意義な講習会になりました。

埼玉東南ブロック委員会

「いくらかかる?いくらかける?教育費」

2月1日(金)コーププラザ越谷にて、東南ブロック委員会主催「いくらかかる?いくらかける?教育費」の学習会を開催し16人が参加しました。
講師には、コープデリ共済センターの新玉さんをお迎えしました。



前半は早速教育費についてのお話しです。
具体的な教育資金計画を立てるにあたり、表を使ってライフプランを考えると、どの時期にいくらぐらい必要なのかが把握しやすくなるそうです。

【教育資金設計の流れ】
1…教育方針を決める
2…教育費の見込額を把握する
3…教育費の必要な時期と必要額を把握する
4…教育費を準備する

また奨学金についてもお話ししていただきました。
貸与型の奨学金は借金だということを頭に入れて、ちゃんと返済できるのかよく考えてから申し込むことが必要ということです。
確かに返済できない人が多いとニュースでもよく見ます。
今迄ザックリとしかわからなかったことが、お話しを聞いてよくわかりました。


後半のクッキングの前にブロック委員から食育と栄養についてのお話です。
親は子供の代わりに勉強してあげられる訳ではないので、生活面でサポートすることしかできません。
そんな中でも食事は大切!バランスの良い食事を作ってあげられるといいですね。
今流行りのサバはDHAが豊富なので脳の機能に効果あり!だそうです。

「かんたん夜食・軽食クッキング」では5つのグループに分かれて
*さばみそおにぎり
*さば煮のトースト
*野菜たっぷり焼きおにぎりサンド
*きのこうどん
*スープたこ焼き を作りました。



どれもレンジでチンや、ちょっとした手間を加えるだけで簡単に作れるものです。
さば煮のトーストはなかなか好評でした。
夜食にもいいけど、自分のお昼ご飯にもぴったりという声も。

これからの教育費についてと、受験生を応援する食事作りについても学びとても充実した学習会でした。

埼玉東南ブロック委員会

2019年2月 8日 (金)

ライフプランセミナー 知って得する!未来が見える家計管理

2月6日(水)、比企郡嵐山町の国立女性教育会館(ヌエック)にて「ライフプランセミナー 知って得する!未来が見える家計管理」を開催し、6人が参加しました。中央労働金庫 埼玉県本部の岡田さんを講師に迎え、東松山市店の渉外担当の方2人にも参加いただきました。

教育資金を中心にライフプランに合わせた家計管理全般について学び、中央労働金庫おすすめの「エース預金」と「個人型確定拠出年金iDeCo」について聞き、CO・OPショコラケーキを試食しながら質疑応答と交流があり、個別相談にも対応していただきました。

参加者からは、「お金に対する意識が変わった」「iDeCoに興味があります」「NISAやiDecoなど言葉は知っていましたが、内容がよく分からず利用していなかった。理解できたので検討してみようと思いました」などの感想が寄せられました。

皆さん、真剣にメモを取りながら講義を受けていて、教育費にあまり費用がかからない子どもが小さい時から貯金をし、超低金利時代の現在、NISAやiDeCoを利用して資産形成も考えなければいけない事を学びました。

Photo

埼玉西北ブロック委員会

2019年2月 5日 (火)

地域クラブ交流会

1月22日(火)コープデリ八街センターにて地域クラブ交流会を開催しました。
5団体の方が参加され地域クラブを立ち上げたきっかけ、メンバー構成、活動内容などを話していただきました。

活動報告では

•日頃は手芸の活動を楽しんでいます。「私達の活動が1月号のブロックニュースに掲載されていたの」
•ボランティア活動がしたいと思い社協を訪ねて色々な活動をしています。
•昔はバス見学や学習会も実施したけど、今は難しいのでみらいひろばに参加してます。
•生協の石窯マイスターの資格を活かして楽しんでます。
•年一回くらいしか集まれなくなっているけどお出かけしたり食事会をして楽しんでます。


Photogrid_1549179278480


作成された作品の作り方を教わったり、これから企画があるので、良かったら参加してください🎵とお知らせしたりと楽しく交流しましたhappy01


Photogrid_1549180659825

試食は

★ナッツ&キャラメルベイクド
★プレーンチョコ
★野菜ポタージュバラエティーセット


Photogrid_1549181002130


・このケーキ美味しい❗️
・試食があると色々な商品の味がわかり、自分の好みを見つけられるから楽しいlovely
・このスープ美味しいから安いときに購入しようdelicious

と試食も楽しんでいただきましたnote

千葉3区ブロック委員会

コープみらいカレッジリフレッシュ千葉キャンパス✨交流会✨

1月25日(金)コーププラザ千葉にてカレッジ卒業生の交流会を開催しました。

全3回の講座の写真を見ながら、
その後の生活に取り入れた話などでとても盛り上がりましたhappy01

F215a338b89942598468b3baf99f2003

当初、予定になかった交流会でしたが、
「また集まって話せて良かったわ💖」と笑い声がたえない場となりました。


A50ed2e3cd2d41ce82a98982a5678f18


☕️千葉4区ブロック委員会☕️

認知症サポーター養成講座

1月25日(金)コーププラザ大宮にて 埼玉中部ブロック委員会、さいたま市北部西部圏域シニアサポートセンターゆめの園共催「認知症サポーター養成講座」を8人の講師を招き開催しました。参加者は、熊谷市、日高市、越生町等遠方からいらした方を含め41人でした。
まず始めに北区高齢介護課職員の方から、さいたま市の高齢化率(平成26年に21%超え)に伴い認知症高齢者も年々増加している現状の説明がありました。次に愛の家グループホームの方から、焦りや不安は認知症の症状を進行させ、逆に話を最後まで聞く事は安心につながるなど、認知症の理解と対応についてパワーポイントを用いて詳しく説明していただきました。そして、参加者による徘徊声掛け体験では、後ろから声をかけるのでなく、前に回って 目の高さを合わせ「何か出来ることがありますか?」と優しく話かけていました。
途中、さいたま市包括センターケアマネージャーの方から、コグ二サイズ脳トレゲームがあり、参加者全員で体を動かし楽しみました。
終わりに 今 、家族の介護をされている方や仕事の中で、認知症の方とどのように接したらよいか等、多くの質問がありこの講座のニーズの高さを感じました。最後に認知症サポーター証とオレンジリングをいただき講座を終了しました。

認知証サポーターはなにか特別なことをする人でなく、正しく理解して当人や家族に対して温かい目で見守る「応援者」です。1人でも多くのサポーターが増え、認知証の方々が少しでも改善していただける事を願います。

Img_1709

Img_1708

埼玉中部ブロック委員会

2019年2月 4日 (月)

地域クラブ交流会〜IN 市川店〜

1月25日(金)今回市川店コープルームで開催したことで
新たな地域クラブの方がたくさん参加してくださいました。
「おたっしゃ体操教室はつらつ富岡」のメンバーに
体操を教えていただきみんなで身体を動かしたあと
活動報告をしてもらいながら楽しく交流しました。
普段の活動の内容や課題などで活発な交流が行われました。
長年つつく地域クラブの参加も多く
コープの組合員活動の歴史を感じることができました。

09bc5b758a1c442da6c07b1759eaa0f0

千葉1区ブロック委員会

より以前の記事一覧