埼玉エリア

2019年8月21日 (水)

オレンジカフェ 〜ひとやすみ〜

8月20日(水)コープ武蔵藤沢店コープルームにて、入間市東藤沢地域包括支援センター、入間市藤沢地域包括支援センターと埼玉西南ブロック委員会 共催でオレンジカフェひとやすみを開催しました。
月に1度、認知症の人と家族だけでなく地域の方どなたでも参加できる憩いの場所となっています。
今回は 35人の参加がありました。
あさひ病院の吉田さん石井さんのご指導で口腔体操を行いました。元気なかけ声につられ、参加の皆さんのテンションもあがります。ひまわりのような笑顔から梅干し食べた時のような酸っぱい顔、口を横に縦に大きく開けては閉じて、普段動かさない筋肉をたくさん使いましょう。顔全体が、ほぐれていきます。喉の筋肉が落ちると食べ物が飲み込みにくくなったり呼吸がしにくくなるので、しっかり予防しておくとよいそうです。笑い声もいっぱいに広がって、講師の吉田さんのいいぞいいぞイェーイの声に大爆笑もおこります。
お口の体操後のおしゃべりタイム。いつもに増しておしゃべりが弾みます。coop海老の華とcoop巨峰の味をお茶のおともに賑やかな楽しい時間を過ごしました。
口腔体操後は、無理に笑っていたのが、自然に笑えるようになるというお話通り、素敵な笑顔で会場がいっぱいになりました。
恒例の歌は地域の小野さんご夫妻のハーモニカの演奏で山小舎の灯と海の合唱、季節を感じ懐かしみながら歌いました。
3daa95dbad1d4b58b2e88e757d007f31

次回は、コープ武蔵藤沢店コープルームにて9月11日(水)10時〜11時30分健康体操を開催予定です。地域包括支援センターの看護師さんへ認知症のご相談も出来ますのでお気軽にひとやすみしにお越しください。

埼玉西南ブロック委員会

コープみらい秩父の森バス見学

8月19日(月)、埼玉中部ブロック委員会主催 バスで行く夏休み施設見学「コープみらい秩父の森」を開催し、子ども19人含む31人が参加しました。

コープみらい秩父の森は、行政やNPO、組合員とともに環境保全活動をすすめ、クヌギやコナラ、楓など約1000本を植林し育てています。森の探検では、クイズ形式で森の生態系や環境保全活動の重要性を学びました。
30605b5a76cd4a02971299663dc47d12

そして、保全活動の一環として、NPO法人樹恩ネットワークの皆さんの指導のもと竹の間伐を体験しました。竹林の密度は傘を差して歩けるくらいが良いそうです。子ども達もヘルメットを被り、初めて持つ鋸にドキドキしながらも、真剣な眼差しで竹に切り込みを入れていました。

その後、切り出した竹を使って水鉄砲を作りました。筒と押し棒の太さの組み合わせを考えて親子で協力して竹を切り、製作。完成した水鉄砲で的当てをして盛り上がりました。

また、お待ちかねの流しそうめん体験では、子どもも大人も夢中になり、コロコロと転がってくるミニトマトや枝豆に歓声も上がりました。
6ff83023a5a84b17844314d50df97c37

参加者からは「森の生態系や環境保全活動について学べて良かった」「竹の間伐や流しそうめんなど、なかなかできない貴重な体験をすることができた」「親子共々とても楽しめて、夏休みの良い思い出になった」という感想が寄せられました。

当日の予報では雨が心配されましたが、最後まで降られることもなく、楽しい時間を過ごすことができました。
Fba736b3e87442cc924867431bc8495c

埼玉中部ブロック委員会

2019年8月20日 (火)

エコたんけん隊 狭山台店 ~エコ万華鏡を作ろう~

8月8日(木) コープ狭山台店において、埼玉西南ブロック委員会主催「コープみらいエコたんけん隊〜エコ万華鏡を作ろう」を開催し、小学生11人の参加がありました。
最初に店長さんから、コープみらいが取組んでいるリサイクル活動ついて、DVDを見ながら説明を受けました。ペットボトルを押し潰した大きな塊にビックリ。「潰すの、家でもいつもやってるよ」と声があがりました。低学年にはちょっと難しい話もありましたが、皆さん真剣に聞いてくれました。

今度は店頭に設置された資源回収コーナーを見に行きました。プラスチック容器や牛乳パック、たまごパックなどをその種類ごとを集めている大きな箱です。「隣の大きなベンチもこのプラスチック容器をたくさん使って作られたんだよ」との店長さんの説明に、「木みたい‥」恐る恐るベンチに触ってみる子どもたち。店内でもエコマークのついたトイレットペーパーや水切りゴミ袋を見つけることができました。次は皆が興味シンシンのお店の裏側の探検です。お目当ての大型冷蔵庫と冷凍庫へ入り「寒い」「もう出ようよ」「もう一回入りたい」とワイワイ。キャベツの外葉も捨てずに肥料用にリサイクルする様子も見ることができました。

エコ探検を終えコープルームにもどり、みんなが楽しみにしている「エコ万華鏡作り」をしました。トイレットペーパーの芯を使い、コープの惣菜などが入っている厚手のプラスチック板に黒い紙を貼り、中に綺麗なビーズを入れて作ります。そのビーズはペットボトルを細く切って、色を塗り、オーブントースターで数分焼いて作りました。トイレットペーパーの芯には各自が好きな色紙を貼ったり、絵を描いたり、思い思いに工夫を凝らしました。「綺麗〜」「ビーズをもっと入れたい」などなど、楽しくおしゃべりしながら作りました。皆、満足の笑顔、笑顔!
最後に、店長さんから「エコたんけん隊終了証」を受け取り終了しました。

リサイクルの大切さを学び、関心を持ってもらう良い機会となりました。

463fefa7551f4f02a2c37dc99d90833e

埼玉西南ブロック委員会

2019年8月19日 (月)

ソーラーオンザウォーター桶川&ハートフル桶西水族館バス見学

8月9日(金)、埼玉中部ブロック委員会主催、桶川市 市民生活部環境課共催、桶川西高等学校協力で、バスによる施設見学会「ソーラーオンザウォーター桶川&ハートフル桶西水族館」を開催し、29人が参加しました。
初めに桶川市役所の会議室で、環境課の方から地球にやさしい未来エネルギーについて学習し、工作もしました。その後、バスで移動し「ソーラーオンザウォーター桶川」を見学しました。暑さに配慮し室内からの見学でしたが、後谷調整地に浮かぶ「水上メガソーラー」は、圧巻でした。

D1c56ff7fe5d4122a7aaf38e9bef9a60Aba738dbc57b4c35aa0bf53e1eae180b

次は、ハートフル桶西水族館の見学です。桶川西高等学校科学部の生徒さんが出迎えてくれました。理科の特別教室の一室に手入れの行き届いた30数本の大型水槽が置かれてます。水槽ごとに担当が決まっていて責任を持って管理しているそうです。3〜5人にひとり、ガイドの生徒さんが付いてくれました。世界各地の淡水魚、肺魚などの古代魚、さらに両生類のイモリ、爬虫類のヤモリもいて、生命の進化の一端を実感出来ました。

そのほか手作りのプラネタリウム、紙芝居、折り紙などもあり盛りだくさんの見学でした。生徒さんのガイドは分かりやすく丁寧で、一生懸命で応援したくなりました。

暑い日でしたが、爽やかなひと時を過ごせました。

5014fc5673644cdfa0eab9c46bf51886

埼玉中部ブロック委員会

コープみらい秩父の森で「水鉄砲作り」と浦山ダム見学

8月9日(金) 埼玉西南ブロック委員会主催 夏休み子育て応援!! コープみらい秩父の森で「水鉄砲づくり」と浦山ダム見学を開催しました。
子ども18人を含む39人の参加がありました。

コープみらい秩父の森では、最初にNPO樹恩ネットワークの岩下さんからお話しいただき、準備体操のあとにテントウムシとセミチームの2チームに分かれて、森の環境と生物多様性を学びながらクイズも交えて森を探索。たからものリストを持って自然の中の宝物探しができました。水鉄砲用の竹の伐採も皆で行いました。

さあ水鉄砲作り!ノコギリの使い方が職人並みのお子さんもいてびっくり!お母さんお父さんもここぞと張り切る姿もありました。筒と押し棒の太さの組み合わせが一番苦労している様子。ぽんと良い音がして完成した子どもから水鉄砲を開始。一目散に水バケツに行って試します。的に向けての水鉄砲大会では、歓声をあげながら楽しむ子どもたちの笑顔が満開でした。たくさん遊んだ後は、秩父名物の美味しいお蕎麦と評判の弁天茶屋へ行ってお昼をたっぷり頂きました。

C3f7e9a7b78c40178afc72bda125d85b

昼食後、近くの浦山ダム見学に向かいます。荒川ダム総合管理所ではスタッフの方からダムを理解するためのパネルや仕掛けの説明を受けながら学びました。浦山ダムは高さ156m(日本の重力式ダムでは1m差の2位)で、①洪水の調節(治水)、②水道用水(利水)、③発電、④川の瀬切れ防止(水が無くなり枯れる)と4つの目的をもっています。すごいですね。ダムの上から下を見ると「うわー高ーい」と歓声が上がっていました。眼を前方に向けると秩父山系の眺望が広がり「癒されるねー」の声。ダムエレベーターで地下まで下り、平均気温15度の涼しさを体感。その後地上からダムを見上げるとそびえ立つダム。498段の階段でも上まで登れるそうです。 
参加の皆さんからは、「秩父の森では森の植物をたくさん見ることができて楽しかった」「水鉄砲作りが一番楽しかった」「子ども達の夏休みの良い思い出作りができました」の好評の声がありました。
夏休みの1日、 自然の中での体験を通して、生物や環境、ダムの役割を家族で学ぶ良い機会となりました。

254b712610744176a51cda1b0f8b6562

埼玉西南ブロック委員会 

 

2019年8月16日 (金)

夏休み!ブルーベリー収穫体験 in 美里町

8月5日(月)美里町との共催で「夏休み!ブルーベリー収穫体験in美里町」を開催しました。

最初に集会所にて、美里町がブルーベリーを栽培するようになった経緯や現状を学習し、生産者からブルーベリーについてや選び方、摘み取り方を教えていただきました。

 

316e35a3fb5f4253a7998365eb0ba333

 

学習のあとは、いよいよブルーベリー畑での収穫体験です!

当日はお天気がよかったためとても暑かったですが、無農薬の美味しいブルーベリーを大人も子どもも夢中で摘み取りました。

 

8795efecceab4070a5d1358527148c37

 

ブルーベリー畑が小高い場所にあったため美里町を一望でき、その中で食べるブルーベリーは最高でした!

1時間ほど摘み取った後、集会所に戻り、CO・OP産直生乳で作ったプレーンヨーグルトに美里町のブルーベリーを使ったソースをかけて試食をし「ほてった身体に冷たいブルーベリーヨーグルトが染み渡る」と好評でした。

参加者からは
・無農薬果実に脱帽した。ぜひ、次年度もこの時期に企画してほしい
・ブルーベリーが木になっている様子や、収穫を子どもたちに体験させることができよかった
などの感想をいただきました。

 

今年は8月末ごろまでブルーベリーを楽しめるそうです。
皆さんも是非美味しいブルーベリーを食べに美里町に遊びに来てください。

 

B5d54d40610b4f00819f583e6e7b40c2

 

 

埼玉北部ブロック委員会

2019年8月10日 (土)

エコたんけん隊〜コープ新所沢店〜万華鏡を作ろう

8月8日(木)コープみらい新所沢店コープルームにて、埼玉西南ブロック委員会主催「エコたんけん隊 万華鏡作り」を20人の小学生の参加で開催しました。
DVDと店長のお話を聞き、コープみらいの環境への取り組みについてとリサイクルについて学びました。回収されたペットボトルが大きな塊となって運ばれていくのを真剣に見ていました。
ペットボトルや牛乳パック、たまごパックなどのリサイクルボックスを見学した後、いよいよ普段入ることの出来ない店舗の裏側見学です。
加工される前の魚や大きな肉の塊に「大きい!重いよ!見たことない」と興味津々でした。最も興奮したのが、大型冷蔵庫と冷凍庫です。「寒い!早く出よ!」と大はしゃぎでした。店内の環境マークのついた商品探しにも一生懸命取り組んでいました。
1863a3bc01014355bec4e7a638b37aa7

工作の「万華鏡作り」は、各自持ってきたトイレットペーパーの芯とミラーの代用に透明なプラ板(弁当のふたなど)、彩りを演出するものとしてペットボトルで作ったビーズを使いました。
「鏡だ!映ってる」と驚き「キレイ!」と喜びの笑顔であふれました。十人十色の自分だけの万華鏡の出来上がりです。
590e022f520c4a26b383573cce2db5d2

最後に店長から「エコたんけん隊 修了証」を一人一人が受け取りました。

リサイクルを身近に感じ、関心を持ってもらう良い機会になりました。

埼玉西南ブロック委員会

【エコたんけん隊】今泉店・北本店・指扇店

埼玉中部ブロック委員会主催 夏休み宿題応援「エコたんけん隊」をコープの店舗3カ所で開催しました。
7月31日(水)コープ今泉店 14人、8月1日(木) コープ北本店 14人、8月8日(木)コープ指扇店11人の合計39人の小学生が参加しました。

最初にDVDを視聴してコープの環境についての取り組みを学習しました。
視聴後「今度、お店に来るときはペットボトルを潰して持ってきます。」との声が上がりました。

続いては、店長さんを隊長に「お店たんけん」に出発です。
環境マーク探しでは、みんなが商品を手に取りながら真剣な表情でした。
そして、お楽しみの「冷凍庫体験」へ!
外は40℃近い猛暑というなか、マイナス20℃以下の冷凍庫に子供達は大喜びでした。

探検から戻った後は、牛乳パックでエコ工作「何が出るのかお楽しみ!ドキドキ玉手箱」の時間です。
牛乳パックで作った仕掛けに輪ゴムを引っ掛け、同じく牛乳パックで作った玉手箱の中に仕掛けを入れてビックリ箱の完成です。
「1、2の3!」の合図で、手で押さえていた玉手箱の蓋を一斉に開けた瞬間は、大きな歓声が上がりました。

参加した子どもたちからは
「牛乳パックは色々なものにリサイクルされることを知りました。」
「DVDでペットボトルや缶がひとかたまりにされるのが面白かった。」
「リサイクルで他のものに生まれ変わるのは地球に優しいと思った。」などの感想がありました。

住みやすい地球のために自分たちに何が出来るか、考えるきっかけになれば良いなと思います。

76dc474b452c41d19d52bd602cc74080

埼玉中部ブロック委員会

2019年8月 9日 (金)

エコたんけん隊inコープ幸町店&みずほ台店

7月24日(水)コープ幸町店(埼玉県志木市)、7月28日(日)コープみずほ台店(埼玉県富士見市)にて、エコたんけん隊を開催しました。
暑さの中、元気いっぱいの子ども達34人の参加がありました。

最初に、店長からエコについての話を聞いたり、DVDを見てコープみらいの環境の取り組みについて学びました。
F1f2ec7f9fdd403880eafb25a4848930

学習の後は店長を先頭に、エコたんけんに出発です。
節電の為に、店舗の電気はLEDを使っていることや、閉店後に商品棚にかけるナイトカーテンについて、分かりやすい説明がありました。
バックヤードでは、職員が魚をさばいたり、メロンをカットしている姿が見られました。また業務用の冷蔵庫にも入りました。

資源回収ボックスの前では分別の仕方を学び、ペットボトルや牛乳パック、卵のパックなどを子ども達が実際に分別して回収ボックスに入れていきました。
37b333899bca4d7789deb820082c002e

 

続いて店内で環境マーク探しをしました。みんな真剣にマークを探し、マークの意味についても学びました。

たんけんの後は、牛乳パックを使って「光の万華鏡」を作りました。
C6764827d03d43cfa40b03d97a592511

「楽しかった」「勉強になった」「他のマークも探してみたい」などの感想があり、環境やエコについて楽しみながら学ぶことができました。

 

埼玉西部ブロック委員会

2019年8月 8日 (木)

親子で一緒に調理しよう!商品学習交流会 森永乳業株式会社 M’S Kitchenを開催しました

8月3日 コーププラザ浦和にて、埼玉南部ブロック委員会主催「商品学習交流会 M’S Kitchen」を開催しました。

今回は夏休み中の土曜日ということで、親子で一緒に調理する機会として企画しました。
手の洗い方から、調理の仕方までわかりやすく講師の方が説明してくださり
子どもたちもスムーズに料理することができました。

7fb71461b3f84fb8a5e7c41ff8f5976b
チーズたっぷりライスピザと、レタスのもみもみサラダの2品を作り、
子どもたちからは
「家族にも食べさせてあげたいです」
「夏休みにまた作ってみたいと思いました」
「2つの料理はとてもおいしかったです」
「お父さんと一緒に料理ができてうれしかったです」
との感想が寄せられました。

05ec8169232b4e7dac098378f6838cc9

試食の後は
「牛クイズ」が出題され子どもたちも楽しそうに答えていました。
保護者の方からは
「簡単で美味しく作れた」
「子どもたちに丁寧に教えていただいて、楽しくできました」
などのお声をいただきました。

夏休みにとても良い思い出ができたかと思います。
ぜひお家に帰っても実践してみてくださいね。

 

埼玉南部ブロック委員会

より以前の記事一覧