埼玉エリア

2021年9月13日 (月)

商品学習交流会「マスク着用による肌荒れ対策を知ろう」(株)スクロール

8月27日(金)埼玉南部ブロック委員会主催、オンライン商品学習交流会「マスク着用による肌荒れ対策を知ろう」(株)スクロール

を開催し、11人の参加がありました。

オンライン企画で、事前に資料と商品サンプルの送付をしたので、手元の資料を確認しながら講義を聞くことができました。

講師は、化粧品メーカーである(株)豆腐の盛田屋の方で、(株)スクロールのグループ会社です。

 

マスクネ(マスクをつけることによってできるニキビのことで、マスクとアクネ〈ニキビ〉を組み合わせた造語)などの肌トラブルは、

摩擦、ムレ、乾燥などから起こり、かゆみ、吹き出物、かさつきetc、の原因に、また角質肥厚のリスクが増え、毛穴のつまり、黒ずみ、シミ

etc、の原因になります。

withマスク時代のスキンケアは優しく、たまにプラス1のケアをすると良いとのこと。

夏場は何度も石鹸で顔を洗いたいが、との質問には「石鹸を使うのは1日1〜2回くらいにして、昼間はぬるま湯などで洗うと良い」と

具体的なアドバイスをいただけました。お顔の体操もして、マスクで固まりがちな顔の筋肉をほぐして、みんなのお顔も表情が明るくなったようでした。

D70f7c1b41814090ab2c35703d8bec3b

参加者からは

「スキンケアは基本が大事だとわかった」「サンプルで試せるのが嬉しい、使うのが楽しみ」「実演があり、お話もわかりやすかった」などの

感想が寄せられました。

98848c2545444718a425953d3f4822e4

 

埼玉南部ブロック委員会

2021年9月11日 (土)

食品ロスを科学する

9月10日(金) 埼玉東北ブロック委員会主催 学習会「食品ロスを科学する」を開催し、8人の参加がありました。

緊急事態宣言に伴い、ハイブリッド開催からオンラインのみとしました。

 

日本の食品ロスは年間612万t。

そのうち284万tが家庭から出ているとのこと。

これを1人当たりに換算すると、1日132g、年間48kgもの食品ロスを出していることになります。

食品ロスの原因は主に3つ。

①食べられる部分まで過剰に除去している

②食べ残し

③賞味期限や消費期限切れ

今回の学習会では「①食べられる部分まで過剰に除去している」ことについて、講師の方に詳しくお話していただきました。

 

【野菜の皮むき体験】

包丁、ピーラー、レンチンでじゃがいもに皮むき検証をおこない、参加者も自宅で体験しました。

その結果は、レンチンしたじゃがいもが一番薄くむけることがわかりました。

皮の厚さに差があり、どれだけ余分に捨ててしまっていたのかが一目瞭然!

参加者の皆さんも驚いていました。

9040ca49dff246a9ad57880ff6884b95

【農薬クイズ】

キャベツやじゃがいも、バナナは皮ごと検査していること。

水性の農薬を使用することが多いため、簡単に水で洗い流せること。

残留農薬について日ごろから感じていた不安を解消することができました。

 

【栄養がもったいない?実験】

大根の皮と可食部をそれぞれすりおろし、ヨウ素を加えることでビタミン含有量を比較しました。

ヨウ素を入れることで色が変化する実験に皆さん興味津々。

捨てたり厚くむいたりしてしまう皮のほうにビタミンが多いことがわかり、栄養を無駄にしているもったいなさを実感しました。

D3087028833947e499b29ce06cb74450

体験やクイズにも積極的に参加してくださり、質問や感想も多く出た今回の学習会。

◎学習したことで、食品ロスの問題を身近に感じられた

◎化学実験が新鮮で、よく理解できた

◎生ゴミを減らすなど、できることから取り組んでいきたい

など、食品ロスに対して前向きな感想が寄せられました。

 

最後に、野菜の捨ててしまう部分で作る「ベジブロス(野菜だし)」の作り方も教えていただきました。

抗酸化力を高める「ファイトケミカル」がたっぷり摂れるベジブロス。

これで皆さんも免疫力up!そして美肌でイキイキした毎日が送れるようになりますね。

524b7a3d899649d983dfb12eab7ba9d0

ブロックから、フードドライブについてもお知らせをしました。

家庭で眠っている食品を無駄にしないことは食品ロスにもつながります。

 

検査センターで細かい検証を独自にしていただき、そのデータを基にした貴重なお話も聴くことができました。

この学習会を通して、食品ロスについて興味を持っていただけるきっかけになれば幸いです。

 

埼玉東北ブロック委員会

2021年9月10日 (金)

オンライン商品学習交流会「株式会社タニサケ~愛されて30年以上 元祖ゴキブリキャップ~」

830日(月)Zoomにて埼玉中部ブロック委員会主催、オンライン商品学習交流会「株式会社タニサケ~愛されて30年以上 元祖ゴキブリキャップ~」を開催し、24人が参加しました。(以下、ゴキブリはGと表記させていただきます。)

 

学習会では、講師の方から会社の歴史やGキャップ製造工程、品質管理などについて動画を交えて分かりやすくお話ししていただきました。Gは仲間を呼び寄せるフェロモンがあり、その効力は強く、1年近く誘引効果を保つそうです。糞や死骸からもフェロモンが出ており、死してもなお誘引が続くことには驚きました。置きっぱなしのダンボールやあまり動かさない冷蔵庫周辺などが、かっこうの住処にもなるそうです。

また、1つの卵から約30匹のBabyGが産まれるくらい繁殖率が高く、そうなる前に確実に駆除したいと思いました。

7436e72901fa492f9d75e80644417397

近年、地球温暖化の影響や住宅環境によりGの活動も夏場だけとは限らなくなっています。

Gキャップは開封から1年間の有効期限があるので、姿を見てからではなくGを寄せ付けないように、今から来年を見据えた駆除をしてみようと思います!

 

講師の方のユーモア溢れるお話しで、とても楽しい学習会となりました。

また、参加された方からは多くの感想や質問が寄せられ、関心の高さが伺えました。

 

〜参加者からの感想〜(一部抜粋)

*駆除方法が知りたかったので、対処法やGの習性を学べて今後はうまく退治していきます。

*内容が分かりやすく、成分や安全性などを知ることができました。

Gキャップ10年以上使っています。日用品の学習会はあまりないので、参加出来てよかったです。また、参加したいです。

 虫の日に供養されていると聞いて、すごくいい会社だなと思いました。これからも、愛用し、友達にも勧めます。

ホウ酸だんごの凄さを知る事ができました。値段が高くても、タニサケさんのを購入しようと思いました。

「ゴキブリアレルギー」というアレルギーがあることを初めて知り、ゴキブリ対策の必要性も学ぶことができました。

 

埼玉中部ブロック委員会

2021年9月 3日 (金)

8/30(月)アロマで蚊よけをしよう!

8月30日(月)、埼玉南部ブロック委員会主催Zoom を使ってオンライン「アロマで蚊よけをしよう!」を開催し、8人の参加がありました。

開催日前までに香りサンプルを参加者の方にお送りしました。最初に簡単なクイズをしてから、蚊よけになるアロマ「シトロネラ」「レモングラス」「ゼラニウム」の3種類を紹介しました。

香りサンプルで香りを嗅いでいただき、皆さんの感想とアロマ活用法などの意見交流を行いました。

普段からアロマを使用している方が多く、お互いの知識や活用法を聞くことが出来ました。

参加者からは、「いろいろな方の話が聞けてよかった」「香りのサンプルがあってよかった」などの感想が寄せられました。

 

33af94c9fb4a46fb87cc8a21b8247a2c

 

埼玉南部ブロック委員会

みらいひろばについて

みらいひろばは、コロナ禍にあっても、“地域に開かれた笑顔あふれる居場所”をめざし、実参加での開催やオンラインでの開催などを進めていきます。
実参加で開催する場合は、安心して参加いただけるように、感染予防対策をしっかりと行います。
それぞれの地域でできることを話し合い、工夫しながら、進めていきますので、引き続き皆様のご理解・ご協力をよろしくお願いします。
※国や自治体、行政等からの発信、行動制限要請内容も踏まえてご案内します。

91_20210903083101

92_20210903083101

2021年9月 2日 (木)

夏休みオンライン学習会 コープデリ商品検査センター 〜クイズde学ぼう食の安全〜

8月25日(水) 、夏休み親子オンライン学習会 コープデリ商品検査センター 〜クイズde学ぼう食の安全〜を開催し,親子6組12人が参加しました。
コープデリ商品検査センターは、組合員のために2018年にリニューアルオープンされた施設です。建物内の案内をビデオで見ながら、私たちの手元に食品が届くまで、食の安全リレーのバトンをつなぎながら安全・安心について考えていきました。検査室では、残留農薬検査や、食中毒予防のための微生物検査など、厳しい訓練を受けた検査職員が行っているそうです。家庭での手の洗い方のポイントや、冷凍庫のアイスはなるべく奥の方に保存することなど、クイズを交えながら学びました。
1248a18e6e43431aa46baa38d9ee846e

次に3つの実験をしました。
『温度でビタミンCは変化するのかな?』の実験では、ブロッコリーを電子レンジ加熱と茹でた場合のビタミンC量の差を調べました。ブロッコリーを茹でると茹で汁にビタミンCが溶け出してしまうので、お味噌汁などにすると無駄がないことがわかりました。
『ビタミンCが多い野菜や果物はどれかな?』では、にんじん、パプリカ、きゅうり、りんご、オレンジの中で、ビタミンCがたくさん入っている食品を、うがい薬を使って確認しました。パプリカに一番たくさんのビタミンCがあることが判明すると「そうなんだ〜」と親子で驚いたり、「やった〜」の歓声が画面越しに聞こえるようでした。

参加者に用意していただいた、しその葉を使って、におい玉は、葉っぱの表面にあるのか?裏面にあるのか?全員で実験しました。におい玉は葉っぱの裏側に多くあり、こするとしその良い香りを感じることができました

606fa0e2caa645b19367f32c7c0fb30d

最後に、お子さんは食の安全マイスター認定証を受け取り、各家庭に食の安全リレーのバトンをしっかりと受け継ぐことができました。
盛りだくさんの内容で、参加者からは
「自宅にいながら、親子で楽しいクイズに参加することができました」
「ビタミンCの実験で色が変わったのがおもしろかった」
「夏休みの最後に良い思い出ができました」
などの感想をいただき、楽しい時間を過ごしていただけたようです。
コープデリ商品検査センターでは、たくさんの企画や実験を用意しているそうです。新型コロナウイルスの感染が落ち着いたら、親子で見学に行っていただきたいです。

 

埼玉西北ブロック委員会

2021年9月 1日 (水)

親子でオンライン見学!コープデリ商品検査センター

7月30日(金)埼玉南部ブロック委員会主催「親子でオンライン見学!コープデリ商品検査センター」を行い、

5組12名のご家族が参加しました。

通常なら商品検査センターに行き見学ができますが、コロナ禍という事でオンラインでセンターの中を見学することに。

センター見学では、放射能、残留農薬、微生物検査などを見ることができました。

その後、取引先でもあるニチレイの炒飯の製造過程が見られるオンライン工場見学もありました。

その中の、冷凍食品についてのクイズコーナーでは、

皆さんとても楽しんでクイズに参加していました。

Photo_20210817002501

商品検査センターに画面が戻り、センターでの実験では、ブロッコリーのビタミンCの残存量を調べました。

小学生のお子さんは理科の実験そのものを画面越しではあるものの、間近で見ることができ、とても興味深く観察していました。

参加者からは、

「ブロッコリーの実験が楽しかった」

「工場の製造過程では幼稚園児でも興味を持って見ていた」

「またやってほしい!」

「実際の見学も良いがオンラインで間近に見られる良さもあった」

などの感想が寄せられました。

オンラインでの商品検査センター見学でしたが、

センターでは施設の説明、そして様々な検査やコープの取り組みを紹介し、

科学的な食の安全情報を発信、バトンリレーで食卓まで

安全を届けるという業務内容や、フードチェーンの説明、実験、

冷凍食品の工場見学等、盛りだくさんに見ることができ、あっという間の2時間でした。

71b01a9392bf4297beed4a063047cdfa

 

参加者にはバトン(食器乾燥マット)や認定証を送りました。

 

 

埼玉南部ブロック委員会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年8月25日 (水)

大人も子どもも オンラインでLet’sエコ探検!〜コープデリ宅配センター〜

86日(金)Zoomアプリを使い埼玉東南ブロック委員会主催「大人も子どもも オンラインでLet’sエコ探検!~コープデリ宅配センター〜」を、親子でご参加の3組の方々を含む、合計12名で開催しました。

エコたんけん隊の資料や工作キット、お試し品の「co-op再生原料を使用したエコバッグ(ミニトート)」などは、あらかじめ郵送しました。

5d842e5f96e7446cb573747c0b9bd070

エコたんけん隊の動画を中心に、三郷と草加のコープデリ宅配センターの写真と動画紹介や、工作、読み聞かせ、クイズなど、盛りだくさんの内容で、コープデリのエコ活や環境問題について、みんなで楽しく学びました。

エコたんけん隊の動画の合間に、簡単工作のペーパーヨーヨーを作ったり、絵本「プラスチックのうみ」という絵本を読みました。

そして、三郷と草加のコープデリ宅配センターさんが提供してくださった写真や動画で、コープデリのリサイクル活動の様子や、センターの職員さんの一日について学びました。

日ごろ、見ることのできないセンターの中や職員さんの様子、そして、たくさんのデリトラックの映像などに、お子さんはもちろん大人も見入ってしまいました。

クイズやエコマークのついた商品紹介も行いました。

19422796fe6845d3b93d7255842b310b

🍀参加者の感想🍀

🔹エコマークなどで知らないマークがあり勉強になった

🔹最近のゲリラ豪雨た酷暑は、地球温暖化が原因だのだと思った

🔹普段見られないセンターや職員さんの様子や、デリトラックについて知ることが出来た

🔹オンラインなので周りを気にせず、親子で内容について話し合えた

などの感想を寄せていただきました。

参加者の皆さんの笑顔が何より嬉しかったです。

ご協力いただいた多くの方々のお陰で開催することが出来ました。ありがとうございました。

 

      埼玉東南ブロック委員会

2021年8月23日 (月)

宿題応援企画 「コープデリ商品検査センター」オンライン見学開催

8月17日(火)    コーププラザ深谷にて、夏休みだヨ‼︎  めざせ!ものしり博士 〜食の安全編〜 として、コープデリ商品検査センターのオンライン見学を開催し、小学生8人が参加しました。

はじめに、コープデリ商品検査センターとコーププラザ深谷をzoomで繋ぎ、職員の方と参加者が交流しながら施設内の見学やクイズをしました。

施設内の見学とともに、食品の安全性を確認するための取り組みや検査の様子などを説明してもらいました。途中、子ども向きのクイズを楽しみながら、最後まで飽きずに参加しました。クイズでは食中毒や食べ物の消化、正しい手洗い方法も教えてもらいました。消費者が安全な商品を受け取れるのは、生産者から消費者へ届くまでの安全管理のバトンがうまく繋がっているおかげで、商品検査センターは中継ぎとして重要な役割を担っている事がわかりました。

次に、身近な食物の性質を調べる簡易実験をしました。

まずオンラインでやり方の説明をしてもらい、その後画面と同時進行で実際に実験をしました。赤しそふりかけと重曹でつくった試液を食材に混ぜ、色の変化で酸性、中性、アルカリ性かを調べました。参加者は、食材によって色の変化が異なる様子に集中して取り組んでいました。

最後に、マイスター認定証とバトンをいただき、商品検査センター職員の方も一緒に参加者全員で記念写真を撮りました。

Aee7122687834147b1be66f0df3cebfc

〔 参加者の感想 〕

◯このまま夏休みの宿題にできるのでよかったです。

◯実験が好きで、とても楽しみにしながら参加しました。

◯楽しかったので次のイベントにも参加したいです。

 

緊急事態宣言発令中のため、保護者の方の協力のもと申し込んだお子さん以外は来室しない、接触を避けるために長机を1人ずつ使用し常時換気をするなど、いつも以上に感染症対策を徹底して実施しました。

「やっぱり、実験は実際やってみるのがいいよね」子どもたちの真剣な眼差しを見て実感。

「今日参加してくれたお子さん、上手に手洗いしてほしいね」コープデリ商品検査センター職員の方もブロック委員も願っています。

埼玉北部ブロック委員会

 

 

オンライン学習交流会『おうちでエコたんけん隊』


202185()Zoomアプリを利用して、埼玉中部ブロック委員会主催 『おうちでエコたんけん隊』を開催しました

Img_0548_20210818200101

例年、夏休み宿題応援企画として大人気のエコたんけん隊ですが、今年はコロナ禍のため、事前にブロック委員がコープ指扇店とコープデリ大宮センターに取材・撮影に行き、実際にたんけんしているように感じてもらえるような動画を作成し、小学生と保護者のみなさん20人に視聴していただきました。

動画視聴後の質問コーナーでは参加した小学生から多くの質問があり、店長とセンター長にわかりやすく答えていただきました。

 

また、事前に郵送した資料の中から1つ牛乳パックを使ったエコ工作を作っておいていただき、一人ひとりのエコ宣言のあとに作品を発表しました。

それぞれが一生懸命に工夫された作品でした。

 

最後に親子で作れるエコレシピの紹介やブロックからのお知らせなどをおこないました。

画面越しですが親子で楽しく参加している様子が感じられた学習会でした。

Img_0596_20210818195801

 

参加者の小学生と保護者のみなさんからは、

「環境マークの種類や意味が知れてよかったです。センターの裏側を見れたのが面白かったです。工作も作るのがむずかしかったけど、たのしかったです」

「楽しかった(^ ^)色々ありがとうございました。頑張ってください」

「環境問題やエコ活動について親子で話すいいきっかけになりました。これからも日常生活の中で少しずつ話していきたいと思います」

「コロナ禍の中で楽しく体験させていただきありがとうございました」

などの感想が寄せられました。

 

オンライン学習交流会『おうちでエコたんけん隊』に楽しく参加していただき、少しでもエコについて考えるきっかけとしていただけたらとてもうれしく思います。

来年の夏は実際に皆さんと顔を合わせ一緒に「エコたんけん隊」を楽しみたいと願っています。

 

埼玉中部ブロック委員会

 

より以前の記事一覧