埼玉エリア

2019年12月10日 (火)

エコを楽しむ 〜ふろしき活用術〜

12月10日(火)、コミュニティーセンター 進修館 研修室にて東北ブロック委員会主催による「エコを楽しむ〜ふろしき活用術〜」を開催し、18名が参加しました。

『私たちの未来に関わるプラスチックごみ問題を昔から使われている風呂敷を活用することで、少しでも食い止められるのでは❓』
そんなエコを考える機会となりました。

先ずは風呂敷の歴史や語源についてお話を伺い、基本の結び方を習いました。
平包み、お使い包み、隠し包み、ビン2本包み、すいか包みなど、先生が風呂敷をまるでマジシャンの様に
変幻自在に扱って次々と包み方を実演してくださいました。
私たち受講者もひとつ、ひとつ包み方を学び、練習し、実用的で美しい包み方を習得しました✨✨

F397560c77bc4c0f811ee5b9ffc8bffb

13285c0d360d47ccbde28f87ea7347ff

2553911763aa4450a0a87ac6b1d4f2a3

参加者の方からは
「改めてふろしきの重要さを感じた」
「ふろしきについて色々と学べた」
「エコ活用を大いにします!」
「コンパクトで便利、これからはもっと使いたい」
などの感想をいただきました。

埼玉東北ブロック委員会

 

 

 

 

商品学習交流会 有限会社 タカハシ養鶏場「たまご」

12月4日(水)、コープ熊谷店コープルーム(会議室)にて、商品学習交流会 有限会社 タカハシ養鶏場 「たまご」を開催しました。参加者は20人でした。まず、たくさんの画像や資料を使い、養鶏場の一日の流れや鶏の一生、タカハシ養鶏場の3つのこだわりなどをわかりやすく説明していただきました。「ゆで卵は新鮮な卵で作るのがよいか、少しおいた卵で作るのがよいか?」などクイズ形式で卵について楽しく学ぶ事ができました。ちなみに答えは「ゆで卵は新鮮な卵で作るより、一週間位経った物で作った方が、黄身がなめらかになっておいしい」だそうです。講師の高橋光正氏によるオムレツの調理のデモンストレーションではコツを教えていただきながら、手際よくオムレツができ上がる様子を見学しました。ゆで卵も作り、試食しながら交流しました。「たまご」という身近な食材の為か質問が沢山出て、それらに丁寧に答えていただき、多くの知識を得られた学習交流会になりました。

 

8e427d229cb04a26b00ce145ca55b350

 

9ac4a436618642dbbf240305d1724ee3

 

参加者からは「身近な食材なのにはじめて知る事が多く、とても参考になった」「栄養価(コレステロールの事など)や賞味期限の事など、正しい知識がわかってこれからは安心して使える」などの声をいただきました。

 

 

埼玉北部ブロック委員会

ユニセフ ハンドインハンド募金活動 with 越谷アルファーズ

12月7日(土)越谷市立総合体育館にてユニセフハンドインハンド募金を行いました。
毎年恒例のハンドインハンド募金活動ですが、今年は初の試みでプロバスケットリーグB2で活躍している越谷アルファーズの飯田選手と専属チアリーダーのアルファVenusの皆さんをはじめアルファーズのたくさんのファンにも参加していただき
試合観戦にきた方々にユニセフのお知らせと募金にご協力いただきました。

4cb9b49d16164724bf91357c657304a5

11月からコープみらいは越谷アルファーズのスポンサーになっていますので東南ブロックでも応援したいと思います!

7ca6d8e4caa344208a7fc0c5bfc833e0

埼玉東南ブロック委員会

総代産地施設見学(農)埼玉産直センター

12月5日(金)埼玉東南ブロック委員会主催の総代産地施設見学(農)埼玉産直センターを開催しブロック委員を含め31名で行ってきました。
バスの車中では、お野菜クイズで盛り上がり窓からは紅葉や富士山も楽しめました。収穫体験では、生産者の方々に守られ大切に育てられた農研ねぎを収穫させていただきました。

81fb8d3ef50e41d6b8526779f763e215

次に訪れた肥料センターでは、肥料の配合について教えていただいたり粒状になった肥料を見せていただきました。
そして、産直センターではミニトマトの選別場を見学しました。野菜しゃぶしゃぶとミニトマトを囲んでの昼食交流では、生産者や職員の方からお話しを伺いながら新鮮で美味しい野菜を堪能しました。

9edb5c5c2053448aa855cc18b37c952b

手のひらをセンサーに当てるだけで野菜摂取の充足度をその場で知ることができる、ベジチェックという野菜摂取量測定器を体験。
日ごろの野菜摂取が足りているのか結果が出るまでドキドキしながらたいへん盛り上がりました。体験や交流を通して、新鮮な野菜を美味しくいただける感謝の気持ちを改めて感じられる一日になりました。

 

埼玉東南ブロック委員会

2019年12月 9日 (月)

ユニセフ ハンド・イン・ハンド募金inミニコープ領家店

12月5日(木)ミニコープ領家店頭にて「ユニセフ ハンド・イン・ハンド募金」の呼びかけを行い、

多くの方にご参加いただきました。

8634de5ad35f4985a68f39ff176893bb

 

マンスリーサポートを行っているという方や、小さなお子さんにも募金をいただき
「寒い中頑張ってください」といったお声もいただきました。

A647d2aaa2b7449dacea62d0699c50b6

 

私たち南部ブロック委員会では、皆様からお預かりした大切な募金を
ユニセフにお届けするとともに
これからも世界の子どもたちの幸せと希望のある未来を実現するために
ユニセフの活動を紹介し取り組みをご理解いただきながら、
ユニセフ募金へのご協力を呼びかけていきたいと思います。

 

埼玉南部ブロック委員会

みらいひろば上戸田

10月11日(金)上戸田地域交流センター「あいパル」にて、みらいひろば上戸田を開催し、10人が参加しました。

今月のテーマは「知ろう!コープの奨学金」です。
日頃気付きにくい子どもの貧困問題について学習し、意見を出し合いました。
「自分の周りには困っている子どもはいないと思っていたが 子ども7人に1人は貧困状態にあると聞いて気付いていないだけなのかもしれない」
「どの様なサポート制度があるのか知りたい」など活発に声が上がりました。

その後、コープの奨学金が今年度は112人のひとり親家庭の高校生に支給され、
交通費や学習のサポート・部活動の費用など様々な形で活用されている事を学習しました。

9bb0d123c9ac41d8bd44cb46a5968d2c


学習の後には 海のエシカルにちなんでコープのオリーブオイルを使ったシーフードマリネを作ったり、有機甘栗などの秋の味覚の試食をしました。
「サーモンとオリーブオイルの組み合わせは誰にでも食べやすく、美味しい」「有機甘栗は子どもに食べさせるにも安心感があるし ほっくりしていて食べる手が止まらない」などの声が上がりました。

Eb21fa89f46945089ea1a8db9859da5b

産地工場見学 「グリコピアイースト」

11月26日(火)埼玉南部ブロック委員会主催で、産地工場見学「グリコピアイースト」(埼玉県北本市)を開催し、44人の参加がありました。

 

グリコピアイーストでは、ポッキーやプリッツの製造工程や、グリコの歴史を知ることができました。また、見学途中にはクイズブースがあり、皆で参加して盛り上がりました。

111d0599e0474d01ac688ce38ba526d2

 

参加者からは、「グリコの工場に行きたいと思っていたので大満足です」「早押しクイズに力が入りました」「大人の遠足のようで楽しかったです」などの感想が寄せられました。

907cd87ef53841c399dbdd71c8d5e90c

 

埼玉南部ブロック委員会

総代産地見学 (農)埼玉産直センター

11月18日(月)コープみらい南部ブロック委員会主催、総代産地見学(農)埼玉産直センターを開催し、総代29人の参加がありました。
はじめに、キャベツ、ブロッコリーの収穫体験をしました。
B5a503eb11f74954abb3903df56661ef

 

その後、肥料センターを見学し、有機質肥料にこだわった健康な土作りの大変さを実感しました。
昼食時には、産直ミニトマトを試食にいただきながら、生産者の方と交流しました。
参加者からは、「生産途中の野菜と広い畑を実感し、感動しました。」「生産者の方々と交流し、収穫の仕方や野菜づくりへの熱い思いを知ることができました。」「肥料のこだわりを知り、安心して買えることを実感しました。」などの感想が寄せられました。
52983b48fa4f44cfb66b07cb68b3dfa4

 

埼玉 南部ブロック委員会

葬祭ディレクターが教える 今どきの家族葬・直葬

10月15日(火) コーププラザ浦和にて(株)コープサービス コプセ案内センターより講師をお招きして
「葬祭ディレクターが教える 今どきの家族葬・直葬 」のテーマで学習会を開催し33人の参加がありました。

エンディングノートの書き方や、一般葬と家族葬、直葬の違いについてお話をしていただきました。

エンディングノートをすでに持ってはいるが書けないという方には、

今、書けるところを一番に書き、鉛筆で書いて書き直しが出来るようにしましょうとの事です。

特に、今話題の少人数で執り行う家族葬では、情報管理(お付き合いの広い方)、香典収入が少ないなどの注意点、

葬儀費用や参加者の地域の火葬場の費用なども具体的に教えていただきました。

参加者からは

「考えるいい機会になった 親にも説明したいと思う」
「葬式について何も知らなかったのでとても勉強になりました」などの感想が寄せられました。

F9f16898a8fd4f3aaa2db4c998f67433

埼玉南部ブロック委員会

 

2019年12月 6日 (金)

コープみらいプラザまつりin川越

12月1日(日)、コーププラザ川越にて、埼玉西北ブロック委員会主催コープみらいプラザまつりin川越「つながろう❤️楽しさいっぱい♪西北ランド」を開催し、約220人に参加していただきました。地域の諸団体、地域クラブ、コープみらいカルチャーの皆さんなど20の団体にご協力いただきました。

1階では、川越いもの子製麺によるうどん販売、コープみらいカルチャーのビーズアクセサリー販売、デコパージュ&グラスアートによる体験と販売、フルーツ・ベジタブル&ソープカービングによる体験と販売が行われました。

 

2階では、クッキングルームで、10時30分から11時30分まで、親子クッキング教室「ライスバーガーを作ろう〜」を開催し、19人が参加しました。「ライスバーガーを食べた事がなかったので参加しました。簡単にできておいしい」「これなら、子どもだけでも作れますね」と大好評でした。11時30分からは喫茶SEIHOKUに早変わり❗️おにぎりやドリンク販売をして、参加者さんに喜ばれました。

また、女子栄養大学"科学ワールド実行委員会”による展示、長瀞げんきプラザによるクリスマスLEDランタン作り、コープみらいカルチャー折り紙のおさそいによる折り紙体験、きつつきの会による点字体験、コープデリ共済センターの相談コーナー、コープみらい川越介護センターによる脳トレゲーム、医療生協さいたまの骨密度・血圧・握力測定、かわごえ読書会によるヒバクシャ国際署名と小物販売が行われました。 また、ほぺたんが全館を回り、お子さんとジャンケンして、プレゼントを渡しました。小さいお子さんには大人気でした。🎶


5efc80c108bd4ae98bdc8e07211d0630

3階では、小さいお子さんも遊べる魚釣りゲーム&福笑いコーナー、コープデリ宅配センターと(株)ヨコオフーズによる「みつせ鶏のふわふわ団子白湯スープ」の試食、カフェ&ベーカリーどんなときもによるパン販売、地域クラブ虹のカフェによる手作り小物販売、フードドライブもおこないました。

ほぺたんのスタンプを集めるスタンプラリーもおこない、111人に参加していただきました。

ステージ発表では、今年初参加の高階中学校の生徒さんによる「よさこい」で元気よく幕を開けました。コープみらいカルチャー「気軽に楽しむウクレレ」の演奏、ヘルマンハープとメロディーベルの演奏体験では「初めてヘルマンハープを弾いて、もっとヘルマンハープを頑張りたい」との感想をいただきました。その後、女子栄養大学の学生さんによるミニ授業、地域クラブきりかぶによる劇、コープデリ共済センターによる共済クイズをおこない、フィナーレは、全員参加の「ほぺたん大抽選会」❗️ほぺたんがくじを引き、プログラムに印字してある抽選番号に一喜一憂しました。参加者からは「毎年楽しみにして来てるのよ」「大抽選会を楽しみにしていた」などの感想をいただきました。

 

23c8e78cb28b4d8492add55114c400ea

たくさんの笑顔があふれ、地域や諸団体さんとのつながりを感じられるおまつりになりました。

 

埼玉西北ブロック委員会

より以前の記事一覧