埼玉エリア

2018年10月18日 (木)

総代生協施設見学「コープデリ商品検査センター」

10月17日(水)、埼玉西北ブロック委員会主催、総代生協施設見学「コープデリ商品検査センター」を開催し、32人が参加しました。

コープデリ商品検査センターは、フードチェーンにたずさわる一人ひとりが食の安全確保に取り組み、それら全てがつながる「食の安全リレー」をイメージした「サークル=わ(和・輪)」をコンセプトにした施設です。
エントランスホールで、フードチェーンの安全のバトンリレーのつながりを映像で学び、一人一人タブレットを見ながら、検査室を見学しました。「充実した設備で、高い安全がきちんと管理されている事がわかりました」「子どもにアレルギーがあるので、アレルギー検査や農薬について詳しく学べてよかったです」などの感想をいただきました。

05e5ce1f46244b3d815cb6f6fedf4c57_2

2階のトライアルキッチンでは、「展示方法が工夫されていて、自宅のキッチンについて考えさせられました!」「子どもと一緒にもう一度見学に来たいです」との声がありました。

その後、実験室・テストキッチンで「手洗いチェック」と「味の識別テスト」を行いました。「手洗いチェック」では、普段の手洗いでは、なかなか菌が落とせない事、「味の識別テスト」では、「むずかしいですね〜」などの感想があり、味噌汁の適切な塩分濃度は、0.7%と教えていただき、だしを加えることの大切さを学びました。

0ea44848540c461193500f2de6bc531e_2

今回の見学で、「安心・安全で食べることができているのは、たくさんの検査をしているからだとわかりました」「安全のバトンリレーのアンカーが自分だということを忘れないで食事作りをしたいです」と、コープの安心安全の取り組みを知っていただく良い機会になりました。

埼玉西北ブロック委員

なんでも相談会

10月15日(月)コープ幸町店コープルーム(埼玉県志木市)にて、志木市、高齢者あんしん相談センター館・幸町共催
「なんでも相談会」を開催しました。

なんでも相談会とは、自分の健康のこと、家族のこと、介護のこと、成年後見制度のこと、近隣のことなど、ちょっと困っているけど誰に相談したらよいのかわからないことを、なんでも話して相談できる会です。
地域の薬剤師会の協力もありお薬についての相談もできます。

今回は近隣の薬局から薬剤師と薬学部の実習生、さらに、志木市で実習中の立教大学生の参加もありました。

参加者からは
「じっくり話を聞いてもらえてよかった」
「日中に時間を割くのは難しいので、身近にこのような場があると助かる」

実習生からは
「コープが食品以外でもこのような活動をしていることを初めて知った」
「行政と地域をつなぐことの大切さを感じた」
との声がありました。

可能な限り住み慣れた地域で生活を継続することができるような、包括的な支援サービス提供体制の構築を目指す「地域包括支援システム」
組合員活動の場でも「自助・互助・共助・公助」の一端を担いつつ、行政と連携し、このような場・機会を継続して提供する必要性を感じました。

地域にコープみらいがあって良かったと思っていただける活動を今後も続けて行きます。

C466c7915db54e0b8d5a60d92bba2e5d

埼玉エリア西部ブロック委員会

2018年10月17日 (水)

コープデリ本庄センターまつり

10月6日(土) コープデリ本庄センター主催によるセンターまつりが開催され、310人が来場しました。
当日は、台風一過で晴れ、気温も上昇。参加者は、家族連れが多く、買い物にゲーム、エコたんけん隊やエコ工作 など、大人も子どもも楽しんで、賑やかなセンターまつりになりました。
ブロック委員コーナーでは、牛乳パックを使った小物入れ作りをしました。参加費は「北海道胆振東部地震緊急支援募金」としてお預かりしました。
大判色紙や千代紙で飾り付けをし、ハロウィン風の可愛い小物入れができました。 参加者からは、「ハロウィンパーティーに使えそう。」「家族と一緒に参加でき楽しかったです。」などの感想が寄せられました。

Photo_3

0a699fcec4c84aa386c6a91eccf8e3f4

また、たくさんの方にみらいひろばへのお誘いやお知らせができ、つながりを広げる機会になりました。

埼玉北部ブロック委員会

2018年10月12日 (金)

総代施設見学「コープデリ商品検査センター」

10月12日(金)埼玉中部ブロック委員会主催 「総代施設見学 コープデリ商品検査センター」を開催し、25人が参加しました。

この施設は、フードチェーンにたずさわる一人ひとりが食の安全確保に取り組み、それら全てがつながる「食の安全リレー」をイメージして「サークル=わ(和・輪)」をコンセプトにしています。 エントランスホールでフードチェーンの「安全」のバトンリレーのつながり、商品検査センターの役割について映像で学び、そのあと検査室を見学しました。検査室にはたくさんの検査機器が並び、みなさんとても熱心に見学していました。

「とても立派な施設でびっくり。組合員に見学してもらうことを前提にすべてデザインされていてさすがだと思った」「働いている方がきめ細やかに心を尽くして検査をしてくださっている様子が伝わり、ありがたいと思った」などのうれしい感想がよせられました。

1f1879d0000b43fb8c93cd051b0bd249

2階のトライアルキッチンでは、食品を購入した後の管理や流しのスポンジの処理方法など、身近なところに潜む菌について様々な気づきがありました。

最後は実験室で、「手洗いチェック」と「糖度実験」を行いました。

普段の手洗いではなかなか菌が落とし切れていないこと、改めて手洗いの大切さ、どこに見落としがあるかを知ることができました。また普段飲んでいるジュースや清涼飲料水に含まれている糖度についても、実際に目で見て知ることができ、生活の見直しのきっかけとなったようです。

99d16e7335ad4f5b87779ebbe70c97e3

商品検査センターでは一般の見学がスタートしました。今後もぜひ多くの方に見学していただき、コープの安全安心の取り組みを知っていただきたいです。

お申込みは⇒コープデリ商品検査センター

埼玉中部ブロック委員会

2018年10月11日 (木)

総代施設見学 「コープデリ商品検査センター」

10月11日(木) 埼玉西南ブロック委員会主催 総代施設見学 コープデリ商品検査センター を開催し 32人が参加しました。
今年の春にリニューアルしたこの検査センターは、コープデリ連合会で取り扱っている商品の検査を行っています。およそ10もの検査を一手に行うことができ、実験室やキッチンも完備し「食の安心、安全」を体験できる施設です。
総代の皆さんからのぜひ検査センターを見学したいの要望もあり、生協の事業について実際に見て理解を深めていただく機会として開催しました。

一階の検査室では、残留農薬や放射性物質検査、菌や遺伝子にいたるまで、手作業と人の目により検査が進められています。一台ずつ渡されたタブレットで検査の内容や動画が見られることもあり「 最新の見学方法ですね」の声がありました。

Img_2277


二階では、食中毒防止の為のヒントが隠された、からくりキッチンがあり、食品や食器用スポンジの保管方法などを学べます。手洗い体験では、よく洗った手に残ったバイキンの多さに「綺麗に洗ったつもりなのにショックです。正しく洗えるようにしたいです」と安全への関心が高まりました。食品検査体験では、野菜、果実の色変化を実験しました。学生以来の試験管やスポイトにワクワクする姿もありました。


Img_2378_2


「見学にこられ良かった、適切に検査されていて安心しました」「展示も分かりやすくて良かった」「楽しく体験できた」など総代の皆さんから感想を頂きました。生産者から加工、販売と、私たちの食卓に安全安心な食品が届くまでの過程を知る良い機会となりました。
「安全のバトン」を繋ぐ為にたくさんの人々の力があり、改めて食品の大切さも痛感した見学会になりました。

埼玉西南ブロック委員会

2018年10月10日 (水)

コープみらいの食育「たべる、たいせつ」「田んぼのがっこう 稲刈り体験」

10月7日(日) JA埼玉中央 川島カントリーエレベーターにて、子ども49人を含む28 組103人の参加者で開催されました。今日は30℃を超える季節外れの暑さの中での稲刈り体験となりました。
田んぼへ移動して、JA埼玉中央の方から鎌の取り扱い方と稲の刈り方を説明していただき、稲刈りがスタートしました。
参加者の方から「初めてやったら面白かった」「稲刈りは最初は難しかったけれど、だんだん上手に出来て楽しかったです」などの声が聞かれました。

3a7da6253c0442d0b70a69c5b494ce0a

また、コンバインでの稲刈りの様子を見学して「機械は、早くてカッコよかったです」「手で刈る大変さと、コンバインの便利さの対比ができて勉強になりました」「一気に刈って脱穀、稲の列を刈り残しなく進むのが凄いなぁと思いました」などの感想をいただき、稲刈りの大変さを実感されたようでした。

C59e8a9889ff4a8e92764c11b2731e00

稲刈りが終わると「バケツ稲品評会」があり、各家庭で育てられたバケツ稲を会場に持参した8組と写真を持参した2組が参加されました。どの稲も立派に育っていましたが、東京から参加された方の稲が一番大きくしっかり実を付けていると評価され表彰されました。

9c75845af9504da0acca566c607b3070

次回は、いよいよ収穫祭です。今日刈った稲がどんなお米になるのか楽しみにされながら帰られました。

埼玉西北ブロック委員会

2018年10月 9日 (火)

商品学習交流会「株式会社 山安」

10月3日(水)コーププラザ浦和クッキングルームにて 株式会社 山安の商品学習交流会を開催し、20人の方にご参加いただきました。
資料を使って、干物の原料となる魚の原産地や、製品ができるまでの製造工程について学習しました。
その後、干物やレトルトタイプの骨まで食べられる金目鯛の煮付けを実際に調理して、減塩のものと食べ比べなど試食交流しました。

7ccb40d4f6474ab18d55f291090a5aba

参加者からは、「ふだん魚を食べることが少ないが、子供に魚を食べさせるきっかけ作りになった。」
「少量で、簡単にすぐ食べられる商品を知ることができて良かった。」
などの声をいただきました。

埼玉南部ブロック委員会

環境フェスタみさと2018

9月29日(日)三郷市役所南側駐車場にて、三郷市主催の「環境フェスタみさと 2018」が 開催され、コープみらい埼玉東南ブロック委員会ブースに145人の地域の皆さんが参加してくれました。

東南ブロック委員会では、コープデリ宅配のカタログを使ったエコ工作、コープみらい秩父の森の間伐材を使った竹箸作り、そして、コープハウジングの間伐材でのネームプレート作りを行い、コープみらいの環境への取り組みやみらいひろばのお知らせをしました。



朝からあいにくの雨でしたが、毎年人気のネームプレート作りでは、小さなお子さんからご年配の方の参加もあり、松ぼっくりなど色々な材料を組み合わせながら、オリジナリティ溢れる素敵な作品を仕上げていました。
竹箸作りも恒例となり、毎年楽しみにされている方やお子さんの積極的な参加も見られ、親子で一緒に作成する姿が印象的でした。

カタログを使った簡単エコ工作「くるくるハピデリスティック」は、10月14日(日)に開催される「コープみらいフェスタinさいたまスーパーアリーナ」でも行う予定ですので、「ぜひ地域を豊かにゾーン」の「埼玉エリアブロック委員会ブース」にお立ち寄りください。

今回同時開催された夏休み児童生徒環境ポスターコンクールの表彰式にて、小学6年生女児が描いたポスターに、「コープみらい賞」を授与しました。自然や地球を守りたいという気持ちが伝わる優しい色づかいの素敵な作品でした。



埼玉東南ブロック委員会

2018年10月 6日 (土)

「南区 ふるさとふれあいフェア」に参加しました

10月6日(土)、さいたま市南区の浦和競馬場で行われた「南区 ふるさとふれあいフェア」に参加し、175人の方にお立ち寄りいただきました。
南部ブロック委員会では、今年で4度目の参加でしたが、
ブースにお立ち寄りいただいたお子さんには、前回も好評だった方眼画用紙を使った馬の工作「お馬トコトコ」、大人には、コープデリのカタログ ハピデリを使い「ハピデリ コースター」を作っていただきました。

また、ブロックの企画のお知らせや、10月14日(日)さいたまスーパーアリーナで開催されたコープみらいフェスタ、そして、11月18日(日)コーププラザ浦和でおこなわれるプラザまつりのご案内をしました。
プラザまつりは、お米育ち豚の試食、地域の団体さんが持ってきてくださる甘味、パン、しいたけやお豆腐、豚丼、手打ちそばなどの美味しいものの販売、各体験、展示、遊びのコーナーやステージ発表など、誰でも楽しんでいただけるよう準備中です。

地域のイベントに参加することで、たくさんの方々とふれあい、私たちの活動を知っていただき、つながりを深める機会となりました。

Img_3972_2

Img_3981

埼玉南部ブロック委員会

2018年10月 2日 (火)

第7回いるま環境フェア

9月30日(日)、入間市産業文化センターで開催の いるま環境フェア実行委員会主催の環境フェアに埼玉西南ブロック委員会も参加し60人の方が立ち寄ってくださいました。

『いるま』から発信!私の取り組む環境のカタチをテーマに 34の団体がそれぞれ取り組む環境のカタチを発信しました。コープみらいの事業活動での環境保全運動、地域や行政と連携したエコ活動をポスターで紹介し、西南ブロック委員会からは、リサイクルクイズでご来場の皆さんにお知らせして エコメッセージを書いていただきました。

Img_3730

コープデリ宅配入間センターのアンケートとパンチングボールブースに立ち寄り後、コープサービスハウジングの間伐材を使ったプレート作りはご来場のお子さん達の関心が高く 多くの方々に楽しんでいただきました。季節柄 ハロウィン飾りやクリスマスデザインにしたオリジナルネームプレートに笑顔があふれました。

Img_3727

楽しみながら コープの環境への取り組みをご理解いただきエコ活動を発信できた貴重な一日となりました。

埼玉西南ブロック委員会

より以前の記事一覧