埼玉エリア

2017年10月23日 (月)

50歳からのシリーズ「今どき葬祭」学習会

10月19日(木)コーププラザ越谷にて50歳からのシリーズ第3弾「今どきの葬儀」を開催し、
25名の参加がありました。




まずは自分の身近で不幸があった場合何をしたらいいのか
一般的な葬儀の流れや色々な葬儀の種類などを紹介して頂きました。
今は一般的な葬儀に他、家族葬、無宗教葬など人それぞれ
お見送り方にも色々な形があるようです。
またエンディングノートの書き方を学び、大切な人へのメッセージを書き入れるページや
これまでの私、これからの私へ、など自分の人生を見つめ直す
ページもありました

学習会の会場には棺の見本や墓石のミニチュアなどの展示もあり
皆さん興味津々に眺めていました。



展示の棺はダンボールで出来ているエコ棺とのこと。
世界の森林伐採で森が減少していくことを食い止める
人と地球のことを大切に思い誕生した棺だそうです
葬儀とエコ、一見結びつかないように思いますが
環境を考えると、これもエシカルな選択です。


学習会後は分散会に分かれ、各テーブルに講師の方々に入って頂き交流しました。
今日の学習内容を振り返りながら色々な質問をし、有意義な学習会となりました。

埼玉東南ブロック委員会

みらいひろば越谷

10月20日(金)コーププラザ越谷にて、みらいひろばを開催し7名の参加がありました。
ブロックニュースを見て若いママさんが2名初参加してくれました。
10月末のハロウィンに因んで、クリアファイルを使った簡単でかわいいハロウィンバッグを作りました。
年配の方でもおしゃべりしながら「楽しいね〜」と笑顔で作られていたのがとても印象的でした。

その後、エシカルをテーマに交流し、MSC認証マークが付いている骨取りさばのみぞれ煮を佐渡トキ応援商品のパックご飯でいただきました。さばはとっても柔らかく、ご飯はツヤよく味もよくどちらもとても好評でした。



埼玉東南ブロック委員会

2017年10月21日 (土)

みらいひろば入間高倉の家

10月18日(水) 入間市高倉老人憩いの家にて 、みらいひろば入間高倉の家を開催しました。10人の参加がありました。
ハロウィンが近いということでハロウィンのリースを作りました。ワイヤーに細く切った布を巻くだけで簡単に作れます。「布を結ぶのは指先の運動になる」と男性は黙々と、女性はわいわいとおしゃべりしながら取り組んで、皆さん完成した時はうれしそうでした。
今回はハロウィンのリースを作りましたが、布を赤と緑に変えるとクリスマスリースに、春ならピンクの布で作ってもかわいいですとアレンジの仕方を紹介しました。

Img_2748_5

Img_2743_3

試食にハロウィン限定パッケージのco・opファミリーチョコレートとco・opチョコバウムクーヘン、co・op淡路島産たまねぎのスープをいただきました。「たまねぎのスープはチーズやパンに合うね」 「ファミリーチョコレートもハロウィンの形になっていてかわいい」 などと好評でした♡ハロウィン気分で楽しく会話がはずみました。

埼玉西南ブロック委員会

2017年10月19日 (木)

地域支え合いマップ体験〜春日部市〜

10月19日 春日部市教育センターにて地域支え合いマップ体験を開催しました。
春日部市PTA連合会環境対策委員会様のご依頼で今年も開催の運びとなり、寒い雨の降る中、46名で行ないました。
春日部駅周辺の大きな地図を使って、避難場所、病院、学校、お店、幹線道路を地図に書き込み地震が起きたと想定し避難訓練をしました。高齢者・妊婦さん・乳児・障害をお持ちの方・外国の方など、立場を考えながら地図上で避難し、日常ではなかなか訓練出来ない勉強会となりました。
防災食の紹介では、水で戻したカップ蕎麦とカップそうめん、ミックスビーンズきな粉和えを試食していただきました。
水でカップメンが食べられる事を知らない方がたくさんいて、「美味しいしお湯を使わないから小さな子どもにも出来る」などの感想が寄せられました。



Listen    to me
Open     心の窓を開いて
Voice     声を出して
Enjoy     楽しみながら、防災を勉強する

LOVEのある勉強会となり、自助・共助を念頭に地域の方々と災害に備えていきたいです。

埼玉東北ブロック委員会

みらいひろば上尾今泉

10月17日(火)コープ今泉店コープルームにてみらいひろば上尾今泉を開催しました。
今月のテーマは「エシカルってなあに?」
コープのハッピーミルクプロジェクトの取り組みや、コープのバナナやコーヒー、紅茶などにもついているカエルのマーク(レインフォレスト・アライアンス)についてお話しました。
この日の試食は「コープみらい10月号」で紹介されていた「パンプキンティラミス」。
「本格的なティラミスが意外と簡単に作れる」「うちでも作ってみたい」という感想をいただきました。





この日は急なお仕事で来られなくなってしまったメンバーさんもいましたが、少人数でほっこりとした時間を過ごすことができました。

埼玉中部ブロック委員会

総代学習会 「コープみらいの電気小売事業について」

10月18日(水)西北ブロックの総代*を対象にコープみらいの事業を学んでいただくことを目的に学習会を開催し14人が参加しました。昨年の一般家庭への電力自由化に、多くの会社が電気小売事業を始めましたが、コープみらいも今年の秋に事業を開始しました。ブロック別総代会議の分散会で「コープみらい電気って何?安いの?」と関心が高かった事を受けて、そのニーズに応え、ブロック委員・総代同士の交流も深めることができました。

*総代とは 組合員の代表として通常総代会での生協の意思決定に参加します。ブロック別総代会議に出席し、コープの報告や提案を聞いて話し合います

コープみらい電気小売事業推進室の職員を講師に迎え、「コープみらいがなぜ電気事業に取組んだか?」という話からはじまり、エネルギー政策の基本的な考え方やエネルギー創出の取り組みと電気の種類、コープみらい電気の特徴について2時間たっぷりと学習しました。「電気は奥が深く、請求書も見ずにしまいこんでいました。難しい内容ですが、私達の生活に直接関係していることです。これを機会に主人と考えます」「コープ電気は、使用料が単に安いと事前知識しかなかったが、エネルギー問題、環境問題も学び、考えていくきっかけになると思いました。ためになる情報が聴くことが出来てよかった」などの感想をいただきました。その後の昼食交流では、各家庭の電気のお話で、盛り上がりました。Image_10
埼玉西北ブロック委員会

2017年10月12日 (木)

総代学習会『コープデリでんき学習会』

10月6日(金)コープププラザ富士見(埼玉県富士見市)にて総代学習会『コープデリでんき学習会』を開催しました。18名の総代にご参加いただきました。

多くの総代からの「もっと詳しくコープデリでんきについて知りたい」とのご要望にお応えするとともに、総代同士、総代とブロック委員との交流を深めることを目的としての開催となりました。

コープデリ連合会 電気小売事業推進室の職員を講師に、約1時間の中で、なぜコープみらいが電気事業に取り組むのか、コープみらいの環境政策も交えて、分かりやすい説明がありました。

皆さん、コープデリでんきについて、とても関心が高く、説明を受けての分散交流では、活発な質疑応答がなされました。

Img_0854_3

学習した後には、エシカル消費とコープイタリアの商品紹介をテーマに選定した試食で分散ごとに交流を深めました。
みらいひろばで好評だったカナッペとスープの軽食とティータイムは大変喜ばれ、会話も弾みました。

Image_11

参加者からは、「参加して良かった」「詳しく聞けて良かった」「変更を検討してみたい」 「何故コープみらいが電気事業に取り組むのかがわかった」などの感想がありました。

埼玉西部ブロック委員会

2017年10月10日 (火)

親子でクッキング

10月7日(土) 10時〜13時「 親子でクッキング」の講師に武蔵丘短期大学 健康生活学科の永島伸浩教授をお迎えし、東松山市の松山市民活動センターにて開催し、親子7組(16人)が参加しました。初めに、食品から栄養を摂ることが大切な事や、消化器官のもつ意味など教えていただきました。

Image_13

調理のレシピは、①にんじんケーキ、②花巻(中華風蒸しパン)、③春餅(具材のみ)豚肉とニラの炒め物・炒め卵・炒めもやし を先生にデモンストレーションしていただいた後、参加者みなさんで調理しました。


Image_17

Image_18


「にんじんケーキはにんじんが1本入っているけど、味も匂いもないので子どもも食べられました」「中華風蒸しパンは、ほんのり甘みがあっておいしいです」などの感想が寄せられました。

Image_19

親子で一緒に食について考え、楽しくクッキングをしていただきました。

埼玉西北ブロック委員会


2017年10月 7日 (土)

コープデリ本庄センター秋祭り

10月7日(土)コープデリ本庄センターにて、秋祭りを行いました。
前日から降り続いた雨が心配でしたが、、当日は天気も回復して、約250人の方が来場してくれました。
会場では、焼きそばやフランクフルトなどの販売や(株)ヨコミゾのギョウザ試食販売、ゲームや抽選会などたくさんの催し物があり、埼玉北部ブロック委員会ブースでは、牛乳パックを使った工作、ハッピーミルクプロジェクトのお知らせをしてユニセフ募金を募りました。

Photo

普段見られない宅配センター内を探検できる「エコたんけん隊」では、センター職員さんから直接リサイクルについてのお話を聞き、環境について学んだり、冷凍庫の中に入り、マイナス22度の寒さを体験したりしました。参加者からは、「普段、体験をすることのない貴重な経験が出来ました。」などの声をいただきました。

Photo_2

良い機会にもなり、たくさんの方と交流することが出来ました。
また、コープのことを地域の方々にも知ってもらうとても良い機会にもなりました。

埼玉北部ブロック委員会

2017年10月 6日 (金)

商品学習交流会 ホクト株式会社 「きのこ」

10月3日(火)コープ狭山台店コープルームにて埼玉西南ブロック委員会主催の商品学習交流会 ホクト株式会社 「きのこ」を開催し14人が参加しました。
きのこの衛生的な生産方法や安全性、栄養価について学びました。低カロリーで栄養たっぷり、きのこのうまみを引き出すポイントは、水から煮るのが良いそうです。また、菌という漢字の訓読みは、「きのこ」だそうです。きのこの秘密をたくさん知ることが出来た学習会となりました。参加者の皆さんからは「試食もびっくりするほど美味しく収穫体験も面白かったです」「きのこの利用法がたくさんあることを知りレパートリーが増えます」「きのこの新たな一面を知り、早速、材料を買って作ります」など好評の声をいただきました。Image1

Image2

埼玉西南ブロック委員会


より以前の記事一覧