« 千葉1区 9月のエディター会 | トップページ | みらいひろば武蔵野プレイス »

2021年9月13日 (月)

商品学習交流会「マスク着用による肌荒れ対策を知ろう」(株)スクロール

8月27日(金)埼玉南部ブロック委員会主催、オンライン商品学習交流会「マスク着用による肌荒れ対策を知ろう」(株)スクロール

を開催し、11人の参加がありました。

オンライン企画で、事前に資料と商品サンプルの送付をしたので、手元の資料を確認しながら講義を聞くことができました。

講師は、化粧品メーカーである(株)豆腐の盛田屋の方で、(株)スクロールのグループ会社です。

 

マスクネ(マスクをつけることによってできるニキビのことで、マスクとアクネ〈ニキビ〉を組み合わせた造語)などの肌トラブルは、

摩擦、ムレ、乾燥などから起こり、かゆみ、吹き出物、かさつきetc、の原因に、また角質肥厚のリスクが増え、毛穴のつまり、黒ずみ、シミ

etc、の原因になります。

withマスク時代のスキンケアは優しく、たまにプラス1のケアをすると良いとのこと。

夏場は何度も石鹸で顔を洗いたいが、との質問には「石鹸を使うのは1日1〜2回くらいにして、昼間はぬるま湯などで洗うと良い」と

具体的なアドバイスをいただけました。お顔の体操もして、マスクで固まりがちな顔の筋肉をほぐして、みんなのお顔も表情が明るくなったようでした。

D70f7c1b41814090ab2c35703d8bec3b

参加者からは

「スキンケアは基本が大事だとわかった」「サンプルで試せるのが嬉しい、使うのが楽しみ」「実演があり、お話もわかりやすかった」などの

感想が寄せられました。

98848c2545444718a425953d3f4822e4

 

埼玉南部ブロック委員会

« 千葉1区 9月のエディター会 | トップページ | みらいひろば武蔵野プレイス »

埼玉エリア」カテゴリの記事

くらしに関する取り組み」カテゴリの記事

埼玉南部」カテゴリの記事