« 千葉4区ブロック みらいひろば 土気 6月 | トップページ | みらいひろばプラザ浦和月組6月 »

2021年6月18日 (金)

模擬ユニセフラブウオークin草加

616()模擬ユニセフ・ラブウォークin草加を

ブロック委員12人、職員1人で行いました。

今回はコロナ禍ということもあり、東南ブロック委員と職員のみの模擬ラブウォークです。

獨協大学前駅を出発し、百代橋矢立橋望楼・松尾芭蕉翁像

おせん茶屋公園(休憩・お買い物)→歴史民族資料館(見学)→草加駅まで歩きました。

草加松原は国指定名勝「奥のほそ道の風景地」になります。

 

当日はお天気の心配もありましたが、雨は止んでいたのでウキウキ気分でスタート!

みんなでおしゃべりを楽しみながら、望楼に到着した頃でしょうか

突然の土砂降り😱

木の下に避難して様子をみましたが、雨が止む気配はありません☔️

そんな中でしたが、ユニセフのお話やクイズの出題など

しっかりとユニセフの学習もしました。

雨はしばらく止みませんでしたが、その後のお買い物休憩では、

パン屋さんやお惣菜屋さんなど、お買い物も楽しみました。

みんなでするお買い物は楽しいですね。

歴史民俗資料館は、近くに住んでいるにもかかわらず、

なかなか自分の足で行く機会はない場所ということもあり、

新鮮な気持ちで草加の歴史について学ぶ事ができました♪

89c14b48c7b44883bf1e0e6abe5c60f5  

2km強の道のりを、寄り道をしながら2時間ほどで完歩しました😊

 

参加者の感想です🌿

🔸おしゃべりしながらのウォーキングはとても楽しかったです。

🔸ユニセフクイズが勉強になりました。室内よりも、

 屋外で学ぶ方がより吸収できると感じました。

🔸草加の町や歴史も学べ、健康にも良く充実感がありました。

48011c09f66947b8b2e69e9dd563698b

今回はお試し品として、「coopマカロニグラタン ホワイトソース」を用意しました。

『ハッピーミルクプロジェクト』に因みコープ牛乳を使ってグラタンを

作って貰うようにお願いしました。

ハッピーミルクプロジェクトとはコープ牛乳の売り上げの

一部をユニセフに寄付するプロジェクトです。

最後にユニセフ募金も行いました。

 

コロナ禍でなかなか思った様に企画ができない中

みんなで歩いた外での活動はとても有意義でした。

次回はぜひ組合員や地域の皆さんと一緒に

ユニセフラブウオークをしたいと思います。

 

埼玉東南ブロック委員会

 

⭐️ユニセフ・ラブウォークとは

私たちがウォーキングなどで、こころよい汗をかく、

それがユニセフを通じて世界の子供たちの支援になるという仕組みが

ユニセフ・ラブウォークで、1965年にイギリスで生まれた活動だそうです。

ウォーキング以外に、水泳、フィットネス運動、ゴルフなどどんな運動でもかまわず

誰でも発案者になってイベントを計画し、実施できるそうです。

« 千葉4区ブロック みらいひろば 土気 6月 | トップページ | みらいひろばプラザ浦和月組6月 »

埼玉エリア」カテゴリの記事

食と商品の取り組み」カテゴリの記事

平和の取り組み」カテゴリの記事

埼玉東南」カテゴリの記事