« 東京2ブロック 環境を学ぶ 親子バス見学会 | トップページ | 8月のみらいひろば町屋 »

2019年8月19日 (月)

コープみらい秩父の森で「水鉄砲作り」と浦山ダム見学

8月9日(金) 埼玉西南ブロック委員会主催 夏休み子育て応援!! コープみらい秩父の森で「水鉄砲づくり」と浦山ダム見学を開催しました。
子ども18人を含む39人の参加がありました。

コープみらい秩父の森では、最初にNPO樹恩ネットワークの岩下さんからお話しいただき、準備体操のあとにテントウムシとセミチームの2チームに分かれて、森の環境と生物多様性を学びながらクイズも交えて森を探索。たからものリストを持って自然の中の宝物探しができました。水鉄砲用の竹の伐採も皆で行いました。

さあ水鉄砲作り!ノコギリの使い方が職人並みのお子さんもいてびっくり!お母さんお父さんもここぞと張り切る姿もありました。筒と押し棒の太さの組み合わせが一番苦労している様子。ぽんと良い音がして完成した子どもから水鉄砲を開始。一目散に水バケツに行って試します。的に向けての水鉄砲大会では、歓声をあげながら楽しむ子どもたちの笑顔が満開でした。たくさん遊んだ後は、秩父名物の美味しいお蕎麦と評判の弁天茶屋へ行ってお昼をたっぷり頂きました。

C3f7e9a7b78c40178afc72bda125d85b

昼食後、近くの浦山ダム見学に向かいます。荒川ダム総合管理所ではスタッフの方からダムを理解するためのパネルや仕掛けの説明を受けながら学びました。浦山ダムは高さ156m(日本の重力式ダムでは1m差の2位)で、①洪水の調節(治水)、②水道用水(利水)、③発電、④川の瀬切れ防止(水が無くなり枯れる)と4つの目的をもっています。すごいですね。ダムの上から下を見ると「うわー高ーい」と歓声が上がっていました。眼を前方に向けると秩父山系の眺望が広がり「癒されるねー」の声。ダムエレベーターで地下まで下り、平均気温15度の涼しさを体感。その後地上からダムを見上げるとそびえ立つダム。498段の階段でも上まで登れるそうです。 
参加の皆さんからは、「秩父の森では森の植物をたくさん見ることができて楽しかった」「水鉄砲作りが一番楽しかった」「子ども達の夏休みの良い思い出作りができました」の好評の声がありました。
夏休みの1日、 自然の中での体験を通して、生物や環境、ダムの役割を家族で学ぶ良い機会となりました。

254b712610744176a51cda1b0f8b6562

埼玉西南ブロック委員会 

 

« 東京2ブロック 環境を学ぶ 親子バス見学会 | トップページ | 8月のみらいひろば町屋 »

埼玉エリア」カテゴリの記事

子育ての取り組み」カテゴリの記事

環境の取り組み」カテゴリの記事

埼玉西南」カテゴリの記事