« みらいひろば櫛引 | トップページ | みらいひろば袖ケ浦 »

2019年8月30日 (金)

夏休み親子で平和の学習会 〜東南ブロック委員会主催〜

〜第1弾〜
8月5日(月)コーププラザ越谷にて「被爆体験の学びと沖縄料理作り」を開催し、27人が参加しました。
4歳の時に広島で原爆を体験し、その恐ろしさの証言や平和活動をされている、埼玉県原爆被害者協議会(しらさぎ会)の方にお話を伺いました。
ご自身が描いた絵も使用しながら子どもたちにも分かりやすく、時には声詰まらせながら辛い経験を話され、当時の凄まじい光景が目に浮かぶようでした。
6f46158b6eba4590896aa7f757e22549

その後、コープみらいの平和の取り組みである「オキナワ平和の旅」の報告を、同行した組合員理事より写真や映像を観ながら、唯一の地上戦となった悲惨な現地の当時と現在の様子を伺いました。現地になかなか行けなくても戦争や平和について考える良いきっかけになり、後世に伝えていかなければならないと感じました。

最後は参加者の皆さんで沖縄料理の「タコライス」を作って、何気ない日々の生活に感謝をしつつ、これからも戦争のない平和な日々が続くように思いを馳せながら、美味しくいただきました。

 

〜第2弾〜
8月22日(木)「第五福竜丸の歴史を知ろう!」を開催し、夢の島にある第五福竜丸展示館へ参加者26人で見学に行ってきました。
1954年にマーシャル諸島で行われた水爆実験で被爆された木造のマグロ漁船で、原水爆の禁止と平和を願い、当時の船体実物や乗組員の病状、被害状況等が展示されており、学芸員の方から歴史やその後に起きたことの詳しい説明を聞きました。
お子さんたちは、牛乳パックで作る第五福竜丸の工作教室でとても立派な船を作ることができて、実際に水の上を走らせて楽しみました。

昼食休憩のお台場自由散策では、親子で素敵な夏休みの思い出となりました。

平和の学習会第1弾、第2弾の開催を通して、原子爆弾の恐ろしさや戦争、核兵器廃絶について多くの方々が関心を持っていただけることを切に願います。

8f486e18843f47358bb9cf570ec2fb25

8ceaca519b794530b0da7afdc6712310

 

埼玉東南ブロック委員会

 

« みらいひろば櫛引 | トップページ | みらいひろば袖ケ浦 »

埼玉エリア」カテゴリの記事

子育ての取り組み」カテゴリの記事

平和の取り組み」カテゴリの記事

埼玉東南」カテゴリの記事