« 東京3ブロック 世田谷区みらいひろば三茶①② 2019年5月開催報告 | トップページ | 第6期 コープみらいカレッジ川越キャンパス 第3回 »

2019年5月14日 (火)

🎶フードバンクふなばし学習会🎶〜千葉1区ブロック エディター全体会開催報告〜

5月の千葉1区エディター全体会は、船橋市内で活躍している『フードバンクふなばし』の笹田代表と岡田さんをお招きし、フードバンクの活動についてお話をうかがいました😃✨

コープみらいはフードバンクふなばしの活動に賛同し、コープ薬円台店、市川店、鎌ケ谷店の店内に、食品回収専用ボックス『きゃろくんボックス』を設置したり、コープデリ宅配より毎月、袋の破損などで配達できなくなったお米50〜100㎏を提供したりとフードバンクふなばしの活動を応援しています🚩

 

 

 

              7558f26acdf74aecb424be0a409cd958    

 

 

現在、民間やNPO法人が運営しているフードバンクは全国に約80ヶ所あり、私たちの住んでいる千葉県には6年前にフードバンクちばが発足し、2018年5月にフードバンクふなばしが発足しました。

【フードバンクふなばしの主な活動】

 

皆さんからきゃろくんボックス等に食品が寄せられる


                              ⬇︎

 

フードバンクふなばしが回収・保管・仕分け

 

                              ⬇︎

 

支援を必要とする家庭やこども食堂、子育て支援団体へお届け

 

 


書面にて家族構成、アレルギーの有無、調理器具の状況等、細やかなヒアリングが行われた後、
月に1回、3ヶ月間を1サイクルとして支援を必要とする家庭にお届けしています。

支援を受けている事を知られたくない、直接顔をあわせるのはちょっと…というお気持ちに配慮し、お家に配達するのではなく、ゆうパックを使い、箱も田舎のお母さんからの仕送りをイメージしてコープの店舗からもらった段ボール箱📦にメッセージとともに詰めているそうです。

ヒアリングから得た情報により、その家庭家庭に合った食品を選別し、普段はなかなか1人1人に買ってあげられないお菓子🍪を子どもの人数分箱の1番上に入れて、箱を開けた時に子ども達が喜ぶようにと工夫をされているそうです。

その思いが伝わるのか、可愛らしい違った筆跡で「ありがとう」と書かれたメッセージ📝が届くこともあるとか。また、支援を受けたことで心に余裕ができ、お母さんもお子さんも今までよりも優しくなれて、ずっと不登校だったけれど保健室登校ができるようになったり、再就職ができて「もう大丈夫です!」と報告を受けたりと、1つ1つエピソードを話す時の笹田代表と岡田さんの本当に嬉しそうな笑顔が印象的でした。

 

貧困、それは遠い国のこと。それははるか昔の日本。
そう思われる方が多いかもしれません。
しかし、現在の日本の子どもは7人に1人の割合で相対的貧困に陥っています。
遠い国でも、はるか昔でもなく、
あなたの側で、今、起こっていることなのです。
支援を必要としている家庭が、子どもがいる事をどうか知ってください。
そして拡めてください。
皆さんの温かい気持ちで子ども達を笑顔にしませんか?💖

 

 

 

✨寄付いただきたい食品✨

❗常温品で賞味期限が2ヶ月以上あるもの❗

●穀類(お米、麺類、小麦粉、お餅、シリアル、ホットケーキミックス等)

●缶詰、瓶詰等

●乾物(のり、豆、海藻等)

●インスタント食品、レトルト食品(子ども向けにカレーは甘口を!

粉ミルク、離乳食

●調味料

 

 

🎀千葉1区ブロック委員会🎀

 

« 東京3ブロック 世田谷区みらいひろば三茶①② 2019年5月開催報告 | トップページ | 第6期 コープみらいカレッジ川越キャンパス 第3回 »

千葉エリア」カテゴリの記事

くらしに関する取り組み」カテゴリの記事

子育ての取り組み」カテゴリの記事

千葉1区」カテゴリの記事

地域などつながり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。