« フードドライブ@コープ調布染地店 | トップページ | みらいひろば 長沼原町 »

2019年4月18日 (木)

ハッピーミルクプロジェクト〜コープの牛乳で子どもたちを笑顔に〜

4月16日(火) 埼玉西南ブロック委員会主催の学習会「ハッピーミルクプロジェクト〜コープの牛乳で子どもたちを笑顔に〜」を開催し、12人の参加がありました。

ハッピーミルクプロジェクトはコープ商品の利用を通じて社会貢献に参加できる取り組みのひとつです。コープ牛乳の売り上げの一部がユニセフを通じて、シエラレオネ共和国や干ばつや紛争に苦しむアフリカの人々に寄付されます。
講師は、昨年、現地視察に行って来たコープみらいCSR推進部の三浦康徳さんで、現地の人たちが着ている衣装でお話ししてくれました。

シエラレオネで購入したカラフルな布を会場に展示し、視覚的にもシエラレオネを身近に感じる事ができました。

現地の暮らしや三浦さんが出会った人々、特に年若い母親と、栄養不良で保健センターへ運ばれ、栄養改善プログラムで元気を取り戻した子どもたちの話に、参加者の方たちは熱心に耳を傾けていました。保健センターが妊婦の安全な出産を手助けしていること、また、母親グループを支援する取り組みの話もあり、物資の支援だけでなく、職員の人材育成や、栄養や衛生を学ぶ場を提供していることも興味深いことでした。

C99cae2cc66b4cf191e01c7b68bcba44

お話の後はco.opコープ牛乳を飲みました。そして牛乳を使ってカッテージチーズを作り、カナッペと、乳清にハチミツとレモンを入れたドリンクを添えて試食をしながら、三浦さんを囲んで交流しました。
「コープ牛乳は時々飲んでいますが、それがアフリカのシエラレオネの支援につながっていた事を初めて知り良かったです。カッテージチーズがこんなに簡単に作れたのはビックリです」「とても良いお話が伺えて良かったです。1人でも多くの子供たちが笑顔になりますように」という感想を頂きました。コープ商品を美味しく食べて、誰かの笑顔に繋がっている。そんな取り組みを知る良い機会となりました。

埼玉西南ブロック委員会

« フードドライブ@コープ調布染地店 | トップページ | みらいひろば 長沼原町 »

埼玉エリア」カテゴリの記事

食と商品の取り組み」カテゴリの記事

平和の取り組み」カテゴリの記事

埼玉西南」カテゴリの記事