« みらいひろば のぶと 2月 | トップページ | お酒の学習会第2弾「(株)東亜酒造羽生工場見学」 »

2019年2月27日 (水)

“カラッ”と揚がる天ぷらのコツ教えます!

2/27(水)成田市のもりんぴあこうづ公津の杜コミュニティセンターキッチンスタジオにて開催しました。
千葉製粉(株)さんに講師で来ていただいて、天ぷらの揚げ方のコツを伝授してもらいました。


まずは野菜のかき揚げ。
野菜の水気をしっかり取ってから打ち粉をする。
冷水に天ぷら粉を入れてさっくり混ぜる。
油は鍋の2/3ほど入れて、できるだけ温度を一定に保つ。
アルミカップに材料をふんわり盛り、カップごと油の中へ。

デモンストレーションでコツを教えてもらい、今度は各テーブルで1人ずつ挑戦
その揚げたてを食べました。
この方法だと、材料が油の中で散らばることなく、
お店で売っているような立体的なかき揚げを作ることができました
揚げ時間は両面1分程度ずつでOKしかもサクッと軽い仕上がり
カレー塩とあおさのりの味付けで食べました。


21339bf5dc2742da9c938e11ec51a145


次は海老の天ぷら。
こちらも同じようにコツを見せてもらい実際にやってみました。
背ワタをとるのはもちろん、しっぽの先を切り、中の水気も出す。
腹側に切れ込みを入れマッサージ師のように海老を伸ばす。
しっぽは広げた状態で持ち、腹側を下にして油の中へ。
油に入れてすぐ離さず、10秒くらいはしっぽを持ったままいる。
浮いてきた海老に上からスプーンで衣をポタポタかけるとボリューム感アップ

こちらも華やかなえび天の出来上がり
今までも作ったことのある天ぷらでしたが、
自分のやり方との違いに気づき、とても参考になりました。

3792cfad524948acb205ee1d6d1f50fc


おもてなしにも使える天ぷらが、参加者の得意料理の1つに加えられ、
家族やお友達に振る舞って喜んでもらえると嬉しいです


千葉3区ブロック委員会

« みらいひろば のぶと 2月 | トップページ | お酒の学習会第2弾「(株)東亜酒造羽生工場見学」 »

千葉エリア」カテゴリの記事

食と商品の取り組み」カテゴリの記事

千葉3区」カテゴリの記事