« 大地沢ワイワイ外ごはん | トップページ | ちばべじレポート取材第6弾 サトイモ »

2018年8月24日 (金)

バスで行く施設・工場見学「環境科学国際センター」

8月22日(水)、埼玉東北ブロック委員会主催「バスで行く施設・工場見学 環境科学国際センター」を開催しました。
気温36度の猛暑の中、大人と子ども合わせて27名の参加でした。

環境科学国際センターには環境問題について気軽に楽しく学習できる体感型展示や里山の自然環境を復元したビオトープなどがあります。

早速、二つのグループに分かれて、それぞれが館内と敷地内にあるビオトープの見学をしました。館内見学ではメディアワークショップで「未来からのメッセージ」をクイズも交えて大型スクリーンで観ました。
ビオトープの見学では、クヌギの木に集まる昆虫を観察したり、田んぼの稲の生育について解説を聞いたり、100年後の雑木林はどう変化するのかなどを実際に見ることができました。



見学後には「土を使った簡易浄水装置の作製」に挑戦です。本格的な実験にみんなワクワクしていました!




帰りのバスの中で感想を聞いてみると、
○実験、楽しかった‼︎
○浄化した水の透明度の違いが分かって良かった。
○カブト虫の数がすごかった!
○家庭から出るゴミの排出量が多くてビックリ‼︎
○とても勉強になった。親子で共通の話題ができた。
○子ども達が好奇心を大切に大きくなってくれたらいい。
などなど、たくさんの嬉しい声を聞くことができました。

埼玉東北ブロック委員会


« 大地沢ワイワイ外ごはん | トップページ | ちばべじレポート取材第6弾 サトイモ »

埼玉エリア」カテゴリの記事

環境の取り組み」カテゴリの記事

埼玉東北」カテゴリの記事