« バスで行くユニセフハウス 開催報告 | トップページ | みらいひろば土気 8月 »

2018年8月 5日 (日)

エコたんけん隊 (新所沢店)

8月2日(木)コープ新所沢店コープルームにて埼玉西南ブロック委員会主催「エコたんけん隊 キラキラスノードーム作り」を開催し、子どもたち19人の参加がありました。
高橋店長からお店のエコ、リサイクルについてお話を聞き、「このエプロンはリサイクルで出来ているんですよ」 の説明に驚いていました。
事前学習の後は、いよいよお店たんけんへ出発です。ベーカリーの調理室からは良い香りが漂い「美味しそう〜食べたいね〜」の声が上がりました。リサイクルボックスの前で分別のお話を聞き、バックヤードへの扉を開けると、子どもたちの表情がわくわく感満載になりました。
野菜をカットしているところでは「キャベツの葉っぱはリサイクルしてるんだよ」、お肉やお魚を処理しているところでは、塊のお肉を持たせて貰ったりと、役立つおはなしを聞き、貴重な体験をしました。
そして、業務用の冷蔵庫と冷凍庫へ入る潜入大作戦に子どもたちは大喜びでした。
店内では、環境マークの説明を聞きながら、商品を探すゲームに一生懸命に取り組む姿が印象的でした。

Bcd46a88f58546ffb07f5a8c07a6122d
夏休み宿題応援の「キラキラスノードーム作り」をしました。
持ち寄った空き瓶の蓋にお気に入りのマスコットをつけます。瓶の中には、雪に見立てて細かく切ったチョコレートの銀紙やビーズなどを入れます。洗濯糊を水で薄めて静かに注ぎ、蓋を閉めたら出来上がり。世界に一つだけのスノードームに満足の笑顔が広がりました。
高橋店長から1人ずつ修了証を頂きうれしそうな笑顔の子どもたちでした。
「店長さんが優しく説明してくれて嬉しかった」「冷凍庫が寒くて面白かった」「いろんな環境マークが分かって良かった」「ペットボトルを洗ってラベルを剥がして出そうと思った」「スノードーム作りが楽しかった」など、コープのエコやリサイクルの取り組みを学び、エコ工作を楽しんでくれて、たくさんの嬉しい感想を話してくれました。子どもたちが、環境の取り組みに興味を持つきっかけの1日となりました。

20180802image4_2

埼玉西南ブロック委員会

« バスで行くユニセフハウス 開催報告 | トップページ | みらいひろば土気 8月 »

埼玉エリア」カテゴリの記事

環境の取り組み」カテゴリの記事

埼玉西南」カテゴリの記事