« 託児の担い手 子育てサポーター募集説明会&交流会(埼玉南部) | トップページ | みらいひろば戸塚&大久保 6月 »

2018年6月27日 (水)

東京8ブロック「お米育ち豚学習会」開催

6月26日(火)東大和市上北台市民センターにて
東京8ブロック「お米育ち豚学習会」を開催

参加者36名とピンク豚さん帽のほぺたん
講師は「お米育ち豚」のキャラクターモデル、
コープデリ連合会職員の 小川明彦さん

日本人の食生活が多様化し、1人当たり、米年間消費量は
ここ50年間で 118kg から54kg に半減 ⤵️

放置すれば休耕田になってしまう田んぼを守る、
日本の食料自給力向上をテーマに、農業の「持続可能な発展」を目指し、
生産者とともに産直豚を育てるプロジェクトを2008年からスタートさせたこと、

岩手県から始まった産地は、茨城、群馬、千葉、長野県と広がり
飼料米の生産量も 175㌧から 1999㌧へ ⤴️ 、コープはフードチェーン
全体の取り組みで10年間歩んできたこと、などのお話がありました。

♧ 日本の米作りを支える、
♧ 豚さん経由でお米を食べる、
♧ SDGsにつなげる、

試食は「ロース肉のしゃぶしゃぶ」を
「コープクォリティ柚子ポン酢」「胡麻ドレッシング」で

♡ アクが少なく臭みがない
♡ 肉に甘みがあり、やわらかい

と、他の肉との違いを感じて頂けました。

交流の中で

♤ 価格が下がるといいです
♤ 茹でたお湯は「スープ」に使える
♤ 〜おいしく食べて、想いつながる。 〜 ですね、と

選ぶ自由と選んだ責任 ➡️ 価格 = 品種 + 倫理的価値
➡️ ちょっこと社会にお役立ち ・・ ・。

お腹も、心も、満足して頂けたと思います。

これからも各みらいひろばで、試食&交流を通して
美味しいお米育ち豚を多くの方に広めて行きます。
ぜひ、ご参加ください。


東京8ブロック委員会
Img_1417


« 託児の担い手 子育てサポーター募集説明会&交流会(埼玉南部) | トップページ | みらいひろば戸塚&大久保 6月 »

食と商品の取り組み」カテゴリの記事

東京8」カテゴリの記事