« みらいひろば指扇B | トップページ | 4月 台東区みらいひろば »

2018年4月21日 (土)

東京5ブロック 「春のピースウォーク 〜むさしの戦跡めぐり〜」

4/21(土)の午後、4月とは思えない「夏日」予報の快晴のもと、5ブロック恒例の「むさしの戦跡めぐり」を開催しました。ガイドをしてくださる、地域クラブ 平和ガイド武蔵野コースクラブのみなさんと共に、毎年大切にしている取り組みです。

かつてこの地にあった「中島飛行機武蔵製作所」は日本有数の巨大な軍需工場であり、最も重要な爆撃目標となりました。繰り返し爆撃を受け、武蔵野市、西東京市周辺では多くの被害・犠牲者がでました。

 

Img_3277_3
「源正寺」(武蔵野市)には、爆撃で欠けてしまった墓石が残っています。

 

Img_3332
「延命寺」(武蔵野市)では、今年もご住職の切実で貴重な戦争体験を聞かせていただきました。

 

Img_3306_2
家族連れで賑わう、「武蔵野中央公園」(武蔵野市)から「東伏見稲荷神社」(西東京市)へと、平和に澄みきった青空の下、参加者のみなさんと恒久平和を祈りながら歩きました。

 

Img_3330_2
最後の「しじゅうから第二公園」(西東京市)はこの公園の近くに4.5トンの「原爆模擬爆弾」が着弾した場所です。長崎に投下された原爆と同型の爆弾に通常の爆薬を入れたものを使って、長崎と同様B29爆撃機によって爆撃訓練が行われたのでした。

「緑豊かなこの土地が戦いに巻き込まれたという歴史はしっかり伝えていかなければならないと強く思いました。」など、たくさんのお声をいただきました。

5ブロックではこれからも平和の活動を続けていきます。

東京5ブロック委員会

« みらいひろば指扇B | トップページ | 4月 台東区みらいひろば »

東京エリア」カテゴリの記事

平和の取り組み」カテゴリの記事

東京5」カテゴリの記事