« みらいひろばさかえ | トップページ | ちばべじレポート取材第一弾 ミニロメインレタス »

2018年3月31日 (土)

商品学習交流会 信州ハム㈱

3月30日(金) コーププラザ所沢にて、埼玉西南ブロック委員会主催の商品学習交流会「信州ハム~ハム・ソーセージにまつわるお話~」を18人の参加で開催しました。

Img_3082

まず最初に、DVDを見ながら信州ハム㈱河上さんのお話をうかがいました。

原材料入荷から製造、出荷まで一貫した生産システムを導入して、製品の安全性と品質保証に対応していること、アレルゲンや異物混入を防ぐためのきめ細かい対策など、こだわりをもって製品作りをしていることがよくわかりました。

また、【塩せき】と【無塩せき】の違いについて丁寧に説明していただき、参加者も熱心に質問していました。無塩せきウインナーやハムの人気が定着しているそうで、『自然の風味で健康いきいき』をキャッチフレーズに製品作りを進めるメーカーさんの努力が実っているようです。

ソーセージの美味しい切り方、ウインナーの美味しい食べ方、料理レシピなども教えていただいた後は、「焼いておいしいソーセージ」3種類と「信州の薫りウインナー」を試食しました。

              Image3

「製造工程が分かり安心して食べられます」「知りたかった無塩せきの事が分かりました」「料理レシピ試してみます」などの感想をいただき、メーカーさんとCO・OPの食の安心、安全の取り組みを共有できた実り多い時間となりました。

埼玉西南ブロック委員会

« みらいひろばさかえ | トップページ | ちばべじレポート取材第一弾 ミニロメインレタス »

埼玉エリア」カテゴリの記事

食と商品の取り組み」カテゴリの記事

埼玉西南」カテゴリの記事