« ほっぺルーム雷門 | トップページ | 12/13 すくすくスクール出前講座 »

2017年12月15日 (金)

和食のいろは おせち を開催しました

12月6日(水) コープ新所沢店コープルームにて 埼玉西南ブロック委員会主催 「 和食のいろは おせち」 を開催し、14人が参加しました

西南ブロック委員の上田さんを講師とし、年間を通して 日本の伝統料理を学び実習する、「和食のいろは」シリーズです
今回はお正月に向けて おせち作り をしました。

基本のだしの取り方では たっぷりの花かつおを使います
お正月にいただく 雑煮には、地方により味付けや具材にも特長があり
基本のだしに 鶏肉、野菜、焼いた角餅を入れて 塩だけの味付けが 関東風、
白味噌に丸餅を煮たのが 関西(京都) 風 だそうで、どちらも好評でした

黒豆の戻し方にも、プロの技が光ります
熱湯に重そうを入れ 豆を入れて密封すれば 30分で戻り、煮てもひび割れしないんだそうです
これには皆さんびっくりです

続いては 金団 作りです
きれいな金団を作るコツは、さつまいものむき方にあるそうで
切った断面にうっすらある 輪 の内側からむいていきます
皮を厚く切り落としてもったいと思わず、きんぴらや揚げておやつに使えますので思いきってむいて下さい
こし器に乗せ 奥から手前に 一気にこします
なめらかで色鮮やかな栗金団のできあがりです
おいしいおいしいの笑顔がテーブルいっぱいに広がりました

参加者さんの皆さんからは、「毎年おせち料理を作るが、どうしても黒豆が上手く炊けなかったが コツを教わったので今年は上手く出来そう!」「さつまいもの皮はケチらずむいて、自宅でもきれいな金団をつくります」「だし の大切さが分かり、たまには手を抜かず家族に作ってあげたいです」などの感想をいただきました。

今年もあとわずかです
手間と愛情の込もった 手作り おせち で素敵なお正月をお迎えください

Image

Image_4

埼玉西南ブロック委員会

« ほっぺルーム雷門 | トップページ | 12/13 すくすくスクール出前講座 »

埼玉エリア」カテゴリの記事

くらしに関する取り組み」カテゴリの記事

埼玉西南」カテゴリの記事