« みらいひろば桜町市民いこいの家 | トップページ | 10月 みらいひろば旭 »

2017年10月18日 (水)

4ブロック総代学習会『エシカル消費』

10月13日(金)コーププラザ新中野にて、4ブロックの総代学習会を開催しました。
この学習会は、総代のみなさんに、コープみらいの事業や取り組みについて理解を深めて頂き、今後の論議に生かしていただくためのものです。

今回は、コミュニケーション・CR推進室の宮川和之さんを講師に、『エシカル消費』について学習しました。

まず最初に、『エシカル消費』という考え方が生まれた背景について学習しました。
産業革命以降、世界の人口は増えつづけ、食糧や水の不足、地球環境の悪化、格差の広がりが問題になりました。
このような問題の解決策として、持続可能な開発へのシフトが今、求められています。
その中で、消費行動を意識しようという動きが『エシカル消費』です。
日本語では『倫理的消費』と訳されますが、分かりやすく言い換えると『人や社会・環境に配慮した消費行動』です。

次にコープみらいのエシカルの取り組みについて、紹介がありました。
コープみらいではエシカル消費に繋がる様々な取り組みや商品があります。
例えば、開発途上国に配慮したハッピーミルクプロジェクトとコアノンスマイルスクールプロジェクト。これらのプロジェクト対象商品を購入すると、その売り上げの一部が途上国の人々の生活向上のために使われます。
他にも産地・生産者・地域に配慮した取り組みとその商品の紹介がありました。
そして[CO・OP福島育ちトマトジュース]と[CO・OP伊平屋島産味付け太もずく]の試食をしました。
また、環境配慮商品として、パルプ100%と再生紙100%のテッシュの肌触りを比較しました。

diamondトマトジュースはのどごしがいいわね。ストレート果汁で食塩不使用なのもいい。
diamondもずくはちょっと酸っぱいので、我が家ではきゅうりなどと合わせて食べています。
diamond(テッシュは)再生紙でもパルプ100%でも触った感じに違いがないわ。
といった感想が聞かれました。

エシカルな商品を購入する他にも、ムダなく買い物をしたり、食べられる量を適量調理し、残さず食べること、リサイクルもエシカルに繋がる、というお話しもありました。

講義の後、ブロックからの試食を食べながら、講師を交えて交流しました。
試食は、3月に開設された大宮デリカセンターで製造された「手巻きおにぎり」と期間限定品「CO・OPさわやかブレンド茶デザインボトル」です。

flairエシカルという言葉を最近耳にするようになったけど、よく分からなかった。今日の学習会で分かりやすく説明してもらったので、今後、エシカル消費を意識して買い物をしたい。
happy01エシカル消費について、理解が進みました。学習会に参加して良かったです。
などの感想や意見が出て、エシカル消費について皆んなで楽しく学ぶことが出来ました。

Img_2155

東京4ブロック委員会

« みらいひろば桜町市民いこいの家 | トップページ | 10月 みらいひろば旭 »

東京エリア」カテゴリの記事

くらしに関する取り組み」カテゴリの記事

東京4」カテゴリの記事