« 国民平和大行進(柏) | トップページ | みらいひろば大宮北 »

2017年8月 7日 (月)

「戦後72年の証言!戦災孤児として生き抜いて」平和学習会

8/7(月)コーププラザ秋葉原で平和学習会を開催しました。

むしむしとした暑さの中sun大人47名、小学生9名と沢山の
参加がありました。

会場では、戦時中の様子が描かれたパネルや絵本、写真などを
展示しました。

まずクイズ「これは何でしょう?」で実際に戦時中に
使用されていた焼夷弾、お米を精米するための一升びん、
陶器で出来た栓抜きなどについて説明し、参加された
お子さんに精米の体験をしてもらいました。

Img_1365

続いて戦災孤児となられた元木キサ子さんから、
創作童話「ももいろのぼうくうずきん」
戦時中の貴重な体験談をお話いただきました。
配られた赤いセロファン紙を目にあてて、空襲の時に見た真っ赤な
世界を体験しました。

Img_1362_3

戦争は残酷な事と知ってはいましたが、リアルなお話を聞いて
改めて、命を落とされた沢山の方々の無念さ、残されたご家族の
戦時中〜終戦後の想像も出来ない、つらい地獄のような体験が
目に浮かび、心が張り裂けそうな気持ちになりました。

参加された皆さんには、貴重な体験談を聞き、展示物を見て
心に残った感想をアンケートに記入していただきました。

※アンケートより
・じぶんだったらパパとママがいなくなったらいきていけないと
おもいます(1年生)

・苦労されたことに驚きました。これから学校での授業で皆に
伝えてみようと思います(6年生)

・初めて戦争孤児のお話を生で聞かせていただき、大変なショック、
感動を受けました。

・夏休みで親子企画良かったです。

学習会に参加して、このような戦争が再び起こらないことを願い、
現在私たちが平和な生活を送れる事に改めて感謝し、子供たちに
伝えていきたいと思いました。

clover東京1ブロック委員会clover

« 国民平和大行進(柏) | トップページ | みらいひろば大宮北 »

平和の取り組み」カテゴリの記事

東京1」カテゴリの記事