« 6/15 みらいひろば新川 | トップページ | 6/15ちょこっとカフェ(コープ亀有店) »

2017年6月15日 (木)

商品学習交流会「JA全農ミートフーズ株式会社」

6月13日(火)コープ幸町店コープルーム(埼玉県志木市)にて、商品学習交流会「JA全農ミートフーズ株式会社」を開催し、21人の参加がありました。

牛の品種やお肉が食卓に届くまでの流れを学びました。産直牛ってなぁに?ということで、産直牛の5つの基本と、循環型農畜産業として田んぼの維持と食料自給率向上を目指した飼料米の活用に取り組んでいる事などお話しいただきました。

「千葉北部酪農協同組合」の生産者の方から、牛クイズを織り交ぜながら、牛の豆知識を教えていただきました。牛は妊娠期間も長く生まれる子供が少なく、成長に時間がかかり、餌を多く食べるので、鶏、豚より価格が高くなるそうです。そして、育てる段階では哺育・育成・肥育とステージが変わるごとに飼料が変わるなど、おいしく育つよう努力されているのがよくわかりました。

バラ肉、もも肉、ロース肉をしゃぶしゃぶで試食し、味の違いなど楽しみました。


参加者からは、「生産者の苦労が分かりました。改めて命をいただくことに感謝したいと思います」などの感想がありました。

最後に、参加者から生産者へメッセージを送り、全員で集合写真を撮りました。

Img_1646


Img_1647

埼玉エリア西部ブロック委員会

« 6/15 みらいひろば新川 | トップページ | 6/15ちょこっとカフェ(コープ亀有店) »

埼玉エリア」カテゴリの記事

食と商品の取り組み」カテゴリの記事

埼玉西部」カテゴリの記事