« みらいひろば 入間高倉の家を開催しました | トップページ | みらいひろば上尾今泉を開催しました »

2017年3月25日 (土)

防災のための備えを考える 〜 伝える 東日本大震災 〜

3月13日(月) コーププラザ大宮にて、埼玉中部ブロック主催 防災のための備えを考える 〜伝える 東日本大震災〜 を開催し、19名が参加しました。



いわて生活協同組合作成のDVD「被災地のいま 〜あの大震災を忘れず、できることをこれからも!〜」を見ながら、6年前の震災時を振り返りました。
ボランティアとして避難所に足を運んだ組合員に、当時の支援活動の様子や今もコープが継続している被災地復興のためのさまざまな応援について話していただきました。支援物資として持って行ったロングライフパンも試食しました。

また、いつ訪れるか分からない災害に備え、いつも携帯しておく防災ポーチを作成しました。常備薬、マスク、ホイッスル、ポリ袋… 必要なものは人それぞれ違います。大事な家族を探すための写真や緊急連絡先一覧を携帯することも大切な備えとなります。

「 忘れない ・ 伝える ・ 続ける ・ つなげる 」

悲しい震災から多くを学び、コープみらいとして、一人一人としてできることを考えるよい機会となりました。


埼玉中部ブロック委員会

« みらいひろば 入間高倉の家を開催しました | トップページ | みらいひろば上尾今泉を開催しました »

埼玉エリア」カテゴリの記事

くらしに関する取り組み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« みらいひろば 入間高倉の家を開催しました | トップページ | みらいひろば上尾今泉を開催しました »