« コープみらい八街の森 秋まつりが開催されました その2 | トップページ | 多摩NT永山☆10月のみらいひろば »

2016年10月17日 (月)

5ブロック サントリー(株)榛名工場 バス見学会

10月12日(水)にサントリー(株)榛名工場へのバス見学会を開催しました。
久しぶりの晴天の下、バスは左手にうっすら雪をかぶった富士山、群馬の山々を眼前に眺めつつ順調に榛名工場に到着しましたsun
サントリー(株)榛名工場は、榛名山、子持山、赤城山に囲まれ約東京ドーム3個分の緑豊かな広い敷地にたてられています。
ドアは二重になっていて、虫の侵入を防ぐため最初のドアが閉じないと次のドアが開かない構造になっています。
榛名工場では、co・op 取り扱いの「伊右衛門」「ウーロン茶」や「ボス」などをはじめとする清涼飲料水を生産しており、東日本の清涼飲料生産拠点となっているそうです。
またこちらでは環境に配慮して、水源にあたる子持山と赤城山では「天然水の森」として植樹などの整備をしています。
そして工場では、お茶やコーヒーのカスを利用し肥料を作ったり、アルミ缶・ペットボトル・ガラス瓶のリサイクルを行っているそうで、ペットボトル再生ユニフォームの展示を見る事ができました。
製造ラインの見学に入るところで、ガイドさんに「ボス・レインボーマウンテン」のレインボーは7種類の豆をブレンドしていることに由来していると説明を受けると、あちこちから「へ〜」という声が上がりましたflair
工場の内部では、内部の様子をビデオで見ながら説明を受けることができました。

Image_4

見学の後は、窓の大きな休憩室で群馬の山々を眺めながら、榛名工場で製造された、「伊右衛門」「ウーロン茶」「オランジーナ」などの清凉飲料水をいただきました。
よい景色のせいか、いつもよりいっそう美味しく感じられましたnote

Image_5

見学を終えて参加者の方から「大きな工場だが機械化されていて、中で働いている人の少なさに驚いた」「大きなタンクや釜を急須や湯呑みに例えた説明が分かりやすかった」「素晴らしい環境で清潔な工場で製品が作られているのが分かり、安心していただくことができます」「環境への配慮が共感できる」などのご意見をいただきました。
note 5ブロック委員会 note

« コープみらい八街の森 秋まつりが開催されました その2 | トップページ | 多摩NT永山☆10月のみらいひろば »

食と商品の取り組み」カテゴリの記事