« キッコーマン もの知りしょうゆ館 バス見学 | トップページ | 東京3ブロック目黒さくらプラザみらいひろば »

2016年9月14日 (水)

多古旬のお米くらぶ3回目を開催しました

コープみらいは、田植えや稲刈りを通して、お米が消費者に届くまでの過程を知り、「食」がたくさんの人や生き物とつながっていることを知る“多古旬のお米くらぶ”の3回目「稲刈り」を、9月10日(土)多古町旬の味産直センターの「しんのみくうかん」で、113人の参加者を迎えて開催しました。


稲刈り体験】
子どもたちは、親に手を添えてもらいながら稲刈りをがんばり、一生懸命稲も運んでいました。


160910okome1_5

160910okome2

【脱穀】
刈った稲は穂の向きをそろえたままコンバインに運び、生産者の方に脱穀していただきました。


160910okome3_2

【昼食】
昼食は野菜がたっぷりのバイキング。


160910okome4


160910okome41


【生き物観察】

田んぼやはらっぱで採取した生きものを観察したり、虫博士の林先生から生きものとお米、田んぼの関係の話などを聞きました。



160910okome7


【新米の等級分け検査】

お米に検査棒をさして等級分けの検査体験をしました。お米の品質や検査基準を知りました。

160910okome5

【その他】
玄米、七分米、外国米、古代米、白米、無洗米、もち米など9種類のお米当てクイズや白米、無洗米、安価米の食べ比べをしました。

160910okome6

今日一日を過ごし、普段食べているお米が、稲から白米になるまでにいろいろな工程をへて消費者に届くことを知ることができました。


千葉県本部 広報

« キッコーマン もの知りしょうゆ館 バス見学 | トップページ | 東京3ブロック目黒さくらプラザみらいひろば »

千葉エリア」カテゴリの記事