« オキナワ平和の旅報告会 | トップページ | 東京7ブロック多摩NT永山企画「JAXA相模原キャンパス」 »

2016年8月 3日 (水)

8ブロック 夏休み環境教室 コープデリ青梅センター

7月30日(土)コープデリ青梅センターで環境教室を開催しました。
晴天の暑い中欠席もなく、25人の子供たちが元気に参加してくれました。
人数が多いので、センター見学とエコ工作の2グループに分けてそれぞれスタートです。

センター内見学では、センターで回収されたデリチラシ、食品トレー、牛乳パック、ペットボトルなどの説明がセンター長からありました。
ペットボトルが今着ている制服に生まれ変わるというお話では、実際に着ている制服を触らせてもらいリサイクルの大切さを改めて学びました。

リサイクルのお話の後は、冷蔵庫&冷凍庫体験!
大人でもじっとしているとガタガタ震えてしまうような寒さの中で、子供たちが熱心にセンター長の説明を聞いてメモにとる姿が印象的でした。

Image_2

エコ工作では、牛乳パックを使った万華鏡を作りました。
みんな思い思いにシールを貼ったりマスキングテープを巻いたり…。
世界に一つだけの万華鏡が完成しました。

見学とエコ工作が終わったら、修了書とミックスキャロット、ほぺたんのノートをもらって終了です。みんなが一生懸命書いてくれたセンター長への手紙は、エコに対するみんなの思いがたくさん詰まったものになりました。

感想の一部です
・たくさんの資源を大切にしていました。資源を大切に今日のことをもっと生活にいかそうと思いました。
・コープがすごく色々なリサイクルをしていたことを初めて知りました。エコ工夫がいっぱいあってすごかったです!私もがんばります!
・コープはほとんどの物をリサイクルしていることを知りました。ドライアイスの変わりに蓄冷材を使っているなど他にもいろんなことがわかりました。資源を大切にします!!
・リサイクルできるものがたくさんあることがわかりました。ゴミではなくリサイクルへ!が大切。

全部の感想を紹介できず残念!
子供たちにとって環境について考える大切な一日になったと思います。

Image_3


« オキナワ平和の旅報告会 | トップページ | 東京7ブロック多摩NT永山企画「JAXA相模原キャンパス」 »

環境の取り組み」カテゴリの記事