« みらいひろば東中野5月開催 | トップページ | ほっぺルーム@府中グリーンプラザ »

2016年5月25日 (水)

防災学習会〜我が家の備え、これで充分?

5月24日(火) 目黒区緑ヶ丘文化会館にて、コープみらい参加とネットワーク推進室職員で、コープ災害ボランティアネットワーク代表幹事、日本防災士機構 防災士の大矢憲二さんをお迎えして表記の学習会を
みらいひろばの中で、開催しました。
Image_2

大矢さんは、被災地のスライドを見ながら、「被災地支援からみえた被災地の課題から学び、今出来る備えをしよう!」という観点でお話し下さいました。
阪神大震災の避難所生活の反省から、東北大震災では、受け入れ側も、体育館を区画整理して受け入れるなど、考えられている。でも、半年もの体育館暮しは、大変。しかし、仮設住宅に移れても色々たいへん。そこから、ボランティアの出来ること。などのお話が聞けました。被災地の現状を知ることで、被災地に寄り添い、どのような支援ができるかを考えて行けたら、と思いました。
東京に大震災が起こったら、3日間、救助活動車両以外通行止で、支援物資が届くのは、4~7日後
位だから7日分の食料 の備えを!との事でした。
参加された方の中には、小さな子供さんがいらっしゃるご家庭もあり、お話の後、熱心に質問もされていました。
とても、為になるお話で、皆たくさんメモを取りなが聞いていましたので、他のみらいひろばでも是非、開催して学んでいただけたらと思います。
試食は、防災を意識して、水戻しカップ麺と、黒糖、パンの缶詰めでした。
Image_3


3ブロック目黒担当

« みらいひろば東中野5月開催 | トップページ | ほっぺルーム@府中グリーンプラザ »

東京エリア」カテゴリの記事